2018年07月09日

宴の後



先日ご紹介した旧吉村ビル(本社)の解体工事

7月から解体と聞いていましたので、素人の私はすぐ大型機械でばりばり壊すのかと思えば違っていました。
業者さんによれば、これから2〜3ヶ月掛けて、まずは内装のゴミを分別しながら出し、その後、天井・床を順次落しながらゴミを捨てて、最後に壁を取り壊すのだそうで、現状の外見は6月末の時点と殆ど変わりありません。

が、、、中はというと、こんな感じ

旧吉村ビルは仕立て屋としての店舗のイメージが強いと思いますが、実は2階以上は生地屋の倉庫だったり事務所でもありました。
画像は2階事務所のあと
7月に入るや否や、第2回ボーリング調査のため、床を抜いてしまいました。
廃棄用の事務机が物悲しいです。

180709-1.JPG

こちらは3階倉庫部分
反物を保管する生地棚は市販の棚だと重量に耐えられないので、鋼鉄製で要所要所を溶接してある特注品

180709-2.JPG

次は4階の倉庫
4回は倉庫というかサンプル帳用に生地を小さいサイズに裁断する裁断場
写真の機械は生地を小さくカットする機械(の一部)ですが本当はアーカイブとして倉庫に移設する予定だったのですが、あまりにも大きくて分解できず急遽解体・鉄くず屋さんに売ることになってしまいました。

180709-3.JPG

生地屋の仕事はファッション業界全体が2月8月の閑散月になり停滞する頃、逆に納品のピークを迎え忙しくなり、アッという間にこの棚が溢れんばかりに一杯になります。

それが、シーズン中に少しずつ在庫がなくなり、シーズンオフのセールが終わる頃には期初の3割ぐらいの在庫まで減ってしまいます。
あ〜っ!今期も頑張って売ったなぁ・・・と思うのもつかの間、また次のシーズン向けに反物がどんと入荷する。
生地屋はそんなことの繰り返しでした。

でも、こうやって生地がなくなってしまうと、、、やはり寂しいもの。

須田町で60年を過ごした宴の後はこんな感じでした。

やはりこの写真も寂しいですね、、、
せめて写真だけは記録に残しておきたいと思います。




posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

NEWバージョン



もうかれこれ半年前になりますが、こんなことをご紹介しました。

そう、ビッグヴィジョンの配送車が新しくなった際、折角なのでラッピング広告をしてそれのお披露目でした。

当時のを見ると、今でも色あせずなかなか格好良いのですが、いかんせん、これは秋冬物のスーツでした。
それ故、春夏シーズンになると、爽やかさという点ではどうにも季節感が違うため、、、

ラッピング広告を春夏バージョンに切り替えました!
(ちょっと遅いですが、、、)

180627-2.JPG

どうですか?
春夏バージョンのラッピング広告

時期的にライトグレイのスーツなどはピッタリですね。

ということで、9月一杯はこのバージョンが都内(主に山手線内側)を走り回ることになります。

レアキャラですので気付いた人はその日一日ハッピーになれるかも知れません。(笑

1806287-3.JPG

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:16| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

長かった。


ようやく吉村本社の引越しが先週末終わりました。

3月に入居していたビッグヴィジョンの本社移転を行い、その後、オーダースーツのヨシムラ閉店セール(〜3/20)、その後は生地屋としての吉村株式会社の閉店セール、そして6月に入ってからは吉村本社の引越し&ゴミだし、と、この3ヶ月間、閉店セールとゴミだしに追われていたヨシムラ&ビッグヴィジョンスタッフですが、先週末ようやく全ての引越し作業が終わり、後は解体を待つのみとなりました。

180626-1.JPG

昭和40年代前半に建てられたこの建物。
ヨシムラのお客様には閉店セールの際、とても名残惜しいと懐かしんでいただいたこの建物。

恥ずかしいのであまり語りませんでしたが、実は建物は真ん中のところに縦に線が入っていますが(右側シャッターの右側)、これは2つの建物を後から無理やりくっつけたための境目です。

そう、吉村株式会社は戦後先代が大阪から出てきて東京支店を建てた際は角地ではなく、画像の右半分が当社の敷地でした。

その後、昭和40年代前半に画像手前の角地を買い増し、外見で分からないように同じタイルで手前部分を建替えたのです。
(当初は綺麗だったのですが、経年劣化、地震の影響等で今は縦に筋が入ってます。)

そんな築50年の古い建物ですが、私にとっては思い出深い建物
子供の頃は(他所に住んでいましたが)よく亡父に呼ばれ、神田の寿司食べたさによく来ました。
当時は、会社に父の友人の絵描きさんが居て、(会社のイラスト物などを書いてもらっていたのですが)その人に絵を教えてもらったり。
⇒結果は何も成果が出ず、私に絵心はありませんでした。

大学生になって小遣いを貰いにきたときに、当時は社員に見られるのが恥ずかしくて裏口からコソッと入って、父に小遣いを貰った物でした。
(その時がヨシムラの三谷さんとの初めての出会いだったなぁ・・・)

今は、皆退去して、ひっそりたたずんでいます

こんな張り紙をして、、、来月から解体工事です。

180626-2.JPG

解体が始まるまであと僅かですが、今のうちに忘れぬよう脳裏に焼き付けておこうと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:51| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

何が正しいか分からない時代


最近は悲惨な事件が多いですよね。
今週は新幹線での殺人事件。

何でも犯人は、何度も家出をしたとか、自殺願望があったとか。

成人している人が、家出というのも?ですが、自殺願望の人が何故人を危めるのか?正直理解できないことだらけです。

そしてこれを報道するメディアがお亡くなりになった方が犯人を制止したことが逆上を誘った、と批判されていますが、私には全く理解が出来ません。

私にとって、この事件で思い出すのは実は亡父の思い出です。

何がこの事件から亡父を髣髴させるかというと、私が高校生の頃、実は同じような事件がありました。
詳細は忘れましたが、通り魔殺人が起きた際に学生がそれに立ち向かい逆に刺されて殺されてしまったという事件です。

その際に、亡父は『雅隆、この(亡くなった)学生をどう思うか?」と聞かれ、

私は「立派な人だと思う」と答えたところ
『これは立派ではないよ。』肩を落として父が話すのが印象的でした。

父の考えとしては、亡くなった方の親御さんの気持ちになってごらん、ということなのでしょう。
正義を貫くのは大切だし、素晴らしい志、心がけだが、時として失うものを考え逃げることも大切なんだ、と教えられました。

こういうことを書くと、被害者のご家族に失礼だとも思います。

でも、それをあまりに制約しすぎることは、自由な意見を出す場がなくなってしまうことも事実です。

自分がその場に居合わせたらどうすべきだったか?
これは、その人それぞれが答えを持つ、どれが正解・不正解ではないのではないでしょうか。
自分だったらどうするでしょうか。

正義、誠実、勇気 VS 恐怖、自己保身、無関心 との闘いかもしれません。

事件の報道に触れ、お亡くなりになられた方のご冥福を祈ると共に、少し独りで考えてみたいと思いました。

(ブログとしては不適切かも知れません。ご容赦下さい。)




posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

青森恐るべし!



吉村とビッグヴィジョン、そして青森工場の3足の草鞋を履いている私は、最近月に2回は青森工場に出向いています。

特に今年から来年にかけては青森工場が移転を控えているため、色々と忙しく青森出張が多くなっているのですが、折角、青森に行くのだから機会があったら色んな経験をしてみたい!と思い、時間が出来る都度いろんなことをしています。

そのうちの1つが、3月のヨシムラの閉店セール慰労の青森旅行でしたが、

詳しくはこちら↓
http://vightex.seesaa.net/article/458703151.html?1528958397

今回の青森出張は丁度週末にかけての出張で金曜の晩は会食があり東京に戻れないので、土曜日一日を青森で遊ぶことにしました。

古くからのヨシムラのお客様ならご存知の方がほとんどだと思いますが、実は私の趣味はゴルフ・・・ではなくて釣りなんです。

そこで、折角なので青森で釣りをすることにしました。

狙うは、鯛!

鯛というと関東では上手く行けば1日で2〜3枚釣れれば御の字。

私のような下手くそでは1枚上がれば万々歳です。

少々難易度の高い釣りではありましたが、友人が乗合船の予約をしてくれたので行ってきました!

行った先は、下北半島と津軽半島に囲まれた陸奥湾の中で、その出口(下北半島と津軽半島が近接した場所)です。

何でも冬の間、外洋に出ていた鯛が産卵のため陸奥湾に入ってくる、丁度その入り口なのでよく釣れるのだそうです。
青森港から船で1時間半も掛かるところでした。

そこで夜明け前から糸を垂らすと・・・

釣れるは釣れる!!!

関東では30-40cmの鯛が釣れれば狂喜してしまうものが、50cmが当たり前。
釣行をコーディネートしてくれた友人はなんと!60cmと70cmの大鯛をGET

下手くそな私ですら4〜5時間で鯛だけで8枚も釣ってしまいました!

過去最高の大物です。
しかも外道で釣ったメバルまで過去最大

釣れた魚は普通は大切にクーラーボックスに入れるものなのですが、ここでは雑にこんな感じです。

180609.JPG

180609-2.JPG

鯛がバケツからはみ出してる。

いや〜っ、大変良い経験ができました!

青森工場は来年夏竣工予定です。

その際は、釣り好きなお客さんを集めて、青森ツアーでもやりましょうか?
それとも温泉好きを集めた温泉ツアー
はたまたゴルフ好きのためにゴルフ合宿

その前にやるべきことが山ほどあるのですが、ついつい現実逃避してしまいました。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:00| Comment(0) | 趣味のこと(釣り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

日大フェニックスに思う、、、


最近と各話題になっている日大アメフト部の悪質タックル問題

まぁ、大方の見方どおり私もあれはどうみても監督が指示しているし、監督が全責任を負うべきことだろうと思っています。

そのことは議論しても私の代りはいくらでもいるでしょうから、監督うんぬんはやめておいて、、、
私がタックル問題で思い出すのは、最近のコンプライアンス意識の高まりです。

話が少し変わりますが、20ン年前、私が学生の頃、悪いことばっかりしていました。

飲酒運転で原付に乗って、自転車の警官に呼び止められた時、振り切って逃げたり、、、
泥酔して、渋谷のハチ公の噴水(当時はハチ公前に噴水がありました!)で先輩の命令に従い、裸で泳がされたり、、、(←これ高校時代、酷いですね)

更には、サークルの飲み会で大量の泥酔者を出し、急逝アルコール中毒で救急車が3台並んできて、8名が担ぎこまれたことがありました。

今となっては、全て良い想い出なのですが、、、

しかしながら昨今の学生を取り巻く状況は変わってきています。

数年前には、とある創立50年以上の名門テニスサークルの飲み会で、未成年学生で急性アルコール中毒を出してしまい、そのテニスサークルが大学から即刻お取り潰しになってしまいました。

創立50年以上の私の大学では知らない人はいないほどの名門サークルだったのですが、不祥事一発でお取り潰しです。

その事実を知った際、『世知辛い時代になったものだなぁ』と思った反面、自分もその世代の子供を持つようになり、『親の気持ちとしたら当然だろうなぁ』という2つの気持ちで揺れ動き、やはり親の気持ちの方が世知辛さより大切だろうと思いました。

振り返って今回の日大の事件ではどうでしょうか?

日大フェニックスは、関学ファイターズと共に大学アメフト界では名実共にトップに君臨するクラブです。

ですが、今回のことが刑事事件になるのであれば、どんなに歴史があり、どんなに実力があっても解散せざるを得ないと思います。

この辺、どこか上場企業での不祥事とよく似ています。
私が不思議なのはちょっと前のことですが、ライブドア事件ではホリエモンは逮捕され、有罪となり、刑務所に入れられましたが、東芝はライブドアの比でない粉飾を行ないながら不正会計と言われ、誰も刑務所には入っていない。

人の生き死に(や傷害)と企業活動とは違うとはいえ、世の中には有名でお行儀正しい人たちは悪いことをしても罪を問われないところがありますが、さてさて今回はどうなるのでしょうか?

それにしても日大の監督は、日本国民全員を敵に回してしまいましたね。
日本のような狭い島国では、このようにムラ(社会・国)全体を敵にすると生きていけなくなるため、若ければバドミントンの選手のように国外逃亡すれば良いですが、いい年をした監督ではそうもいかないでしょう。
可愛そうに、、、

悪いこととはいえ、周りで面白おかしく村八分にするのもどうかなぁ、と思います。
この辺、日本はどこか変な意味で厳しいんですよね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

久しぶりの新潟出張


GW谷間の5/2は、翌日からのお休みを越後湯沢で過ごすということもあり、久しぶりに新潟工場(シャツ工場)まで出張してきました。

180502-1.JPG

ここのところ、青森工場が工場の移転、大改築を予定しているため、どうしても地方出張が青森中心となり、新潟工場へは暫くご無沙汰していただけに、久しぶりに工場長他とじっくり話が出来ると楽しみにしていました。

読者の皆さんは主として都会にお住まいかと思いますので、地方のこと(縫製)工場のことはご存知でない方が殆どだと思いますので、少しご案内しますと、実の所、今、“地方”のローテク“縫製工場”ではこんなことが起きています。(一般論として)


●少子高齢化で働き手が減っている(地域全体)
●その中で、低賃金の縫製業から他業態へ人の移動が起きつつある。(従業員純減)
●しなしながら、受注は国内景気回復で繁忙をきたしている。(オーダー人気)


180502-2.JPG

そういう状態で、当社に限らずですがオーダー関連の縫製工場は、注文は沢山あるけれど、縫う人が足りず、生産数量が上がらない状況が続いています。

当社関連の縫製工場は新潟も青森も比較的人は集まりやすい所に立地しているのですが、それでも両工場とも昨年は従業員数が純減、それ故、生産数が上がらず、一方ご注文が多いため納期遅れを起こしている状態です。

そこで、この春、従業員の待遇改善(給与のベースアップ)を実行しようと色々と画策しているのです。

4月に青森工場で実施し、今月は新潟工場、両工場とも多分、その地域の“縫製工場”としては良い水準になったと自負しています。

とはいえ、↑で指摘した人材が他業態に逃げている状況は、これは給与水準を縫製業界の水準だけを見てはいけないということで、もっともっと頑張らねばならないということです。

そして給与水準を上げるためにはそれだけ利益を上げなければならないということで、生産効率をどう上げるか?あるいはお客様に工賃という形でどうご負担いただくか、色々問題山積です。

一歩先を行っている青森工場では早速ベースアップの影響からか、人材の応募が増え、少し胸をなでおろしていますが、これからこういうことがもっと増えるのでしょうね?!

アベノミクスでいう働き方改革やインフレ目標(このための実質賃金up)というのはこういった形で地方に現れてきていますが、会社も社会の一員として歯を食いしばって付いていくしかありません。

ともあれ、社長としては社員の待遇を上げられることは幸せなことだと感じてます。

ご参考:新潟工場は日産350〜360枚
オーダーシャツの工場では日本で1・2の規模です。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

解体が始まりました。


既に何度かご案内のように吉村本社は今年の7月から解体し、新築工事に入ります。

その関係で、オーダースーツのヨシムラは3/20までの営業で4/1から神田西口へ移転
その後、4月の第1週で同居するビッグッヴィジョン本社が移転しました。

現在は、生地屋としての吉村株式会社が閉店関連のセールを実施していて、まだビルは完全閉鎖には至っていないのですが、、、

本日から一部の解体工事が始まりました!

実の所、解体は少し言い過ぎで、駐車場部分だけ一足早くボーリング調査を行なうためのハツリなのですが、ボーリング調査(穴を開け、杭を土中数10mまで入れて、地盤調査をすること)のために、櫓(やぐら)を組むため、駐車場部分の天井を一部落とすことに。。。

その時の画像がこちら。

180407.JPG

見事に2階の床が抜けています。

1階駐車場部分は騒音防止のためシャッターを閉めていたのですが2階は採光が良かったため上が明るく、なんかフランダースの犬のラストシーンのようです。

明るい将来を暗示するものなのか?
勝手に言っているだけのようにも思えますが、思わずパチリと撮ってしまいました。

本格的な解体工事は7月からです。

神田須田町で60年。
私も物心付いてからずっと通い続けたこのビルがこんなになるなんて、、、感慨深いです。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

新店オープン


月が変わり今日から4月。
世間では今日から新しい期を迎える会社も多いと思います。

そんな中、今日から新しいオーダースーツのヨシムラがスタートです。
ヨシムラのお客様は既にご存知かと思いますが、今年ヨシムラは60年に渡って住み続けた神田須田町の本社ビルが建て替えを行なう関係で、今日から新店舗でリスタートです。

場所は、以前のビッグヴィジョン神田西口店を改装し移転しました。

移転と共に看板もこれまでの無骨な『吉村株式会社』から『 Master Tailor YOSHIMURA&SONS 』に!

20180401.JPG

いかがでしょうか?
なかなか格好良く仕上がったのではないでしょうか?

写真では良く見ないと分からないかも知れませんが、ショーウインドーのバックには、スーツの型紙を模した壁紙にしたりとちょっと凝った雰囲気です。

お近くの方は是非一度お越し下さい。

4/12〜5/6までオープニングセールを実施しています。

  http://www.vightex.com/new/2018/03_newopen/index.html

それはさておき、今日のブログでは新しい看板となる『 Master Tailor YOSHIMURA&SONS 』の由来についてお話します。

MASTER TAILOR については、これは私が付けました。
どうして、MASTER TAILORなのかといえば、今や当社(グループ)はビッグヴィジョンの各店舗をあわせると30店舗もの、結構大きなオーダースーツ店になりました。
その中で、ヨシムラは2店舗しかないため規模ではビッグヴィジョンには遠く及びませんが、オーダーの内容的には直近までハンドメイド縫製を行なったりと、技術力・提案力ではグループの中で筆頭店舗だと考えています。

ですから、ビッグヴィジョングループの頂点に立つTAILORとして。
また、日本中のテーラーの中でも上位のTAILORを目指そう!と考え、MASTER TAILORの名を冠しました。

続いてYOSHIMURA & SONS”の由来
これは玉岡氏が発案したのですが、私に兄弟がいて、兄弟で経営していればブルックスブラザーズのようにしたのかも知れませんが、あいにくそれが出来なかったため、悩んだ末に“& SONS”を考えたのだそうです。

実の所、私には息子がおりますが、息子が会社を継ぐか分からないため玉岡氏には息子が継がなかったら変なネーミングにならないか?と聞いたのですが、その際に玉岡氏が

大丈夫です。我々がSONSですからと言ってくれて、胸のもやもやがなくなりました。

『そうか、ヨシムラという名の元に集まった仲間であり、家族であり、だからこそSONSなんだ・・・』

どうですか?
なかなか良いネーミングだと思いませんか?

新店舗では、看板などは新しくなりますが、接客テーブルなどは古きよき時代のヨシムラを髣髴させるよう、生地を裁断していた一枚板の(通称)切り台を半切し、それをテーブルにいたしました。
※:大阪店の接客テーブルも同様に切り台を再利用したテーブルです。

シックで重厚感がありますのできっと内装にも似合うと思います。

新しい時代を取り入れつつ、古き物も大切に。

まさに当社らしい新店舗です。お近くにお立ち寄りの際は是非お越し下さい。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

新たな旅立ち


今日は月末、明日は4/1です。

4/1といえば新入学、就職などなど新生活を始める人も多いですし、企業も期が変わり、気分一新、一からリスタートです。

そんな中、寂しいお知らせとなるのが長らくヨシムラグループでハンドメイド工場として営業していた三久服装のハンドメイドスタッフの去就。

既に告知済みですが、ハンドメイド縫製を行なっていた三久服装は色々訳あって年始から新規受注を休止し、3月末までに残務整理を終え、事実上の休眠状態となりました。

このため職人さんたちが3月末で離職することになりました。

一部高齢の職人さんはリフォーム部門で働くことになりましたが、残念ながら若手職人達は三久から離れることになりました。

会社としては若い彼らの将来を考え(これでもオーダー業界ではそこそこ知名度があるため)就職が決まらなければ“就職先を斡旋するよ”とは言っていたのですが、そこは優秀な彼らでした。
自ら自分の道を決めて春からの働き口を見つけておりました。

それで今日でお別れです。

4人いる若手スタッフは1名は某有名アパレルに、2人はそれぞれ別ですが銀座の某テーラーへ、もう1名もパターンナーへの道へ、巣立っていきました。

明日からは別々の道を歩みますが、住んでいる業界は同じです。
またご縁があって再会することもあるでしょう。

それぞれが一緒に仕事をしたことを誇りにし、再会した際にお互い自らが恥ずかしく感じないようこれからも切磋琢磨していこう。
皆、頑張ってください!
私も皆に恥じないよう諸事頑張ります。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする