2022年01月25日

オミクロン感染者



最近でこそ、コロナ陽性者が出ても差別をする/されたという話は減ってきましたが、一昨年の流行当初は「石を投げられた」とか「東京からの人はお断り」とかありましたよね。
(当社の工場のある山形(某市)では、早い時期に感染者が出て、人口が少ない都市だけに感染者が村八分になったという事がありました。)

あれからかれこれ2年近く経とうとしていますが、読者のみなさんの周りでは感染者はどうでしょうか?

私個人では、これまで累計で友人で数名、知人で10名程度がコロナ患者になりましたが皆、問題なく回復しております。

で、会社の方はどうか?というと、
ヨシムラの方は、人数が少ないこともありゼロ。
BVは昨年の早い時期に1名。(無事生還)
縫製工場の方は、青森2名、秋田・山形・新潟ゼロといった状況です。

でも、オミクロンが出るまでは青森もゼロでしたし、何分にも青森工場は大規模(従業員250名)ですから、結構頑張っているのではないでしょうか。

しかし、このオミクロン、感覚的にはこれまでのコロナと違って地方での感染の広がりが大きいような気がします。
もちろん、東京など首都圏は人口が多いですから絶対数は圧倒的に多いですが、今回はこれまでマンボウの対象とならなかった、青森が初めて要請するなど、相対的に地方に広がっているようです。

このため工場のスタッフが怖がってしまい大変です。

生産効率を高めなければならない工場では、本質的には人と人の感覚は密”にならざるを得ません。
それは、分業の中で1工程目から2工程目に物を運ぶ時距離があるだけで非効率になるからです。

それだけに沢山の工程のある縫製工場は構造的に密”状態が多く、席を間引くとか間隔を開ける、アクリル板を置く、などいう措置は容易には出来ません。

今できることは、会社を含めた日常生活における個人の基本的な密回避の行動と家庭内での感染をしない努力だと思います。

このため今工場では、家庭内で発熱者がいた場合は、原則休んでいただくことにしています。(もちろん家庭内に濃厚接触者が出た場合も、同様です。)

縫製工場は今が繁忙期。
今、稼がないと7〜9月の夏枯れの時期に死んでしまいます。

アクセルを吹かしつつ、無理をさせない、微妙なかじ取りが必要な難しい局面を迎えています。

※起こらないように最大限努力しますが、万が一工場内でクラスターが生じた場合、納期が1〜2週間想定より掛かることが起こり得ると思います。
その際には、即座に情報公開いたしますが、どうか明日は我が身ということでご理解・ご容赦ください。(そうならないよう努めるのが私の責務ではありますが)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

ビッグヴィジョン千種店のいま



先週末で初売りセールが終了しましたが、名古屋では昨年暮れに大きなセールを行っていました。

それは、ビッグヴィジョン千種店の完全閉店セール

完全閉店というと、通常の(改装)閉店と比べると在庫を一掃する必要性の高さから、セールの規模が1周り大きくなります。

そしてその千種店の完全閉店セールは暮れの12/25にひっそり終えたのですが、、、

クリスマスに閉店してから、お正月休みを経て、他のお店では初売りセールを行い、2週間のセールが終わった今の千種店の姿が、これ。


20220117-1.jpg

20220117-2.jpg


そう、解体工事中です。

名古屋のビッグヴィジョンには、実は古い歴史がありまして、今から20年以上前にビッグヴィジョンが名古屋地場の4〜5店舗を持つオーダースーツ店を買収したことに端を発します。

当時はマスヤという屋号でチェーン展開していたのですが、この千種店はそのマスヤの本社だったのです。

ですから、実はこの物件は自社物件
チェーン展開をしているお店で自社で不動産を持つのは珍しいですよね?!
それはここがマスヤの本社だったからなのです。

名古屋では千種区の覚王山とか本山というと東京の感覚でいうならば、世田谷区の高級住宅地
その中でも、姫池通りというと東京で言えば、駒沢通りのイメージ(かな?)

とても良い立地なのです。

ですが、築50年の寄る年波には勝てず、今回は建て替えをすることにいたしました。

といっても建替えには2〜3年かかりますし、この立地がオーダースーツ販売店として相応しい立地か?というと微妙ですので、近くの同じく高級住宅地の八事(やごと)という所に移転することにいたしました。

※実はこの八事、30年前私が銀行員時代に(名古屋勤務でした!)独身寮があった場所のすぐそばです!(ですので、とても感慨深い場所です)

八事店のご紹介はもう少ししてから内装が出来始めたらまたご紹介します!

今日は、閉店した千種店の今をご紹介しました!
ここは、グループ会社が賃貸マンションを建築し、2023年3月竣工予定です。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他力本願な人たち


最近、変な事件が多くなりました。

昨年の小田急線殺傷事件や京王線でのジョーカー事件、そしてここにきての東大前での殺傷事件

色んな見方があると思いますが、私は、犯人に対して家庭環境が悪かったなどとは全く思わず、本音を言えば「死にたいなら青木ヶ原へ一人で行ってくれ・・・」という風に思っています。

もちろんこの考えは、犯罪心理学とか、別の見方をすれば、逆効果だと指摘されるかもしれません。(私にはその手の知識がなく分かりません。)

そういった事件を見聞きすると思いだすことが2つあります。

1つは、亡父(弁護士)が言っていたこと。

それは、、、こういった凶悪犯が出ると刑罰を重くすべきという議論が出るが、これは法律の専門家からすると、間違った方向だと言っていたこと。
えっ?これは凶悪犯が増えても厳罰化で犯罪抑止をしないのか?ということになりますが、その通りだそうです。

刑罰の考え方(法律の心とでもいいましょうか)としては、法律を破る人は、『法律を破ると自分に跳ね返ってくる(痛い目を見る)ということが理解できない馬鹿者※なんだ。馬鹿だから理解できないのだから、いたずらに刑罰を厳しくしてもその事が理解できないのだから、厳しくしても仕方がない』
※差別的な表現ですが、文意から判断下さい。

私は法律の専門家ではないので、正しいのか分かりませんが、これが「法律の心」なのかと、学生時代に感心したものでした。

2つ目は、全く違う視点なのですが、『何でこういう事件が起きると親や学校など犯人の育った環境で、「環境が悪いんだ」という議論が起きるのか?』という不思議。

今回の東大での犯人は進学校に通っていて東大を目指していたけれど、先生から「お前は東大は無理だ!」と言われ、ショックで犯行に及んだとの報道です。
これって学校や先生に責任があるでしょうか?

こういう時いつも思うのは、本人は致し方ないのですが、マスコミが「本人の責任を他人の責任にすり替えること」

確かに東大事件は未成年だから最終的には本人の責任は問えません。
しかし、学校が、とか社会が、というのは飛躍しています。

しっかりやる人は、それこそ小学生の頃からしっかりやります。
別に、勉強だけではないでしょ。
将来Jリーガーやプロ野球選手になる人は小学生の頃から目的をもって、それをず〜っと、努力し継続し、結果を出して、プロになっているのですから。

もちろんプロになれない(職業までに至らない)人も山ほどいます。
でも、そうして脱落した人でも、別の分野で頑張ることで、別の価値を見出す人も沢山います。
そうやって若いうちに挫折をし、それをバネに頑張るのではないでしょうか?

20-30代の若い頃、私は慶應ボーイと言われ3代目金持ち坊ちゃんのように陰で嘲笑されていました。(そこまでお金持ちではありませんでしたが)

嘲笑した人たちはしらないのでしょうけれど、私は中学受験で慶應に入りましたが、それはそれは苛烈な受験戦争でした。
親が東大法学部卒でしたから、当然親は開成→東大コースを考えていたのでしょうが、私は残念ながらそこまでに及ばず、不合格。

たまたま慶應に入れましたが、その中学受験では毎週テストの上、テストの成績が悪いと殴られました。
家の中での安住の場所は、部屋に鍵がなかったので、トイレでした。
殴られ過ぎで頭の形が今でも少しイビツなのはそのせいです。
殴られて骨折したこともありましたし、精神的なプレッシャーで中学受験が終わるまで、おねしょをしていました。(受験が終わったとたん治りました。)

それでも真っ当な大人になってます。(たぶん)

人生に苦難があることは当たり前のことです。
どうか苦難を人のせいにせず、自ら受け入れて努力してもらいたいものです。
(とはいえ、日本は社会復帰した人に対してあまりに不寛容だと思いますが)

父の命日が近いこともあってか、今話題の事件を若い頃の記憶と結びつけてしまいました。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:29| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

新年おめでとうございます。

読者の皆さん

新年おめでとうございます。

えっ?新年も1/10を過ぎてから年始の挨拶?

???と普通お思いになりますよね?!(私も非常識と思います。)

が、これには訳がありまして、今年の年始はずっと海外にいてブログ更新ができなかったのです。
・・・というのは嘘で、新年は元旦からずっとWebの仕事に奔走して忙しく、ようやくお正月休みを頂いたのがこの週末だったんです。

そう、実は年始はビッグヴィジョンは1年で最大の初売り半額セールがあり、ヨシムラの方でも初売りセールがあり、全社員みな、大変なのです。
BV初売り半額セール https://www.big-vision.co.jp/news/detail.php?id=97944

特に今年は、新型コロナで会社も人員が減ったこともあり、本部スタッフも店頭に出せる人は皆、店頭応援に行ってもらい、本部で勤務しているのは私だけの状態で1/4までを過ごしました。

ですから、実は元旦も家でおせちを摘まんだ後に出社して、楽ちんオーダーのメール対応を。
1/2〜は全店営業開始ということもあり、もちろん私も本部で楽ちんオーダーのメール対応。

私の担当(楽ちんオーダー)
https://www.big-vision.co.jp/rakuchin_ordersuit/index.php?post_id=97979

以来、今日までほぼ休みなくメール対応をしておりました。

で、では年始はどうだったか?というと、お陰様で昨年よりはずっと良い初売りのスタートとなりました。

これも皆々様のおかげです。

ご来店されるお客様にも感謝ですし、
何より正月2日から(ヨドバシ系店舗では元旦から)出勤している社員には頭が下がります。

私も、店頭に立てばそれなりに役には立つと思うのですが、誰かがメール対応をしなければなりませんので、これは私一人で孤独に頑張りました!

まぁ、どんなに厳しい環境下でも売上が上向いている分には疲れは感じないものです。(本当に辛いのは頑張っても売上が落ちている時ではありませんか?)

どっちにしても今年はアフターコロナ元年になるよう頑張ります。

オミクロン株の蔓延も取りだたされていますが、悪いことを言い訳にしても始まりませんから、頑張るのみですね。

【言い訳だけなら30歳にもなれば誰でも言える】
【言い訳を言って、自分の責任を他者の責任にすり替えるのは止めよう】


これをモットーに今年も頑張ります。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:22| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

私らしくないのですが、、、

私らしくないのですが、今日のNYタイムズの記事になぜか私の写真が載っております。。。

https://www.nytimes.com/2021/12/23/business/japan-taxes.html
※:本文はメルアドを登録しないと見れません。全文英語です。


実は、数日前、同紙の記者から取材の依頼を受けました。

『えっ?NYタイムズ紙が?』

それもそのはず、だってNYタイムズですよ?
繊維関係の専門紙の取材とはワケが違います。

「俺、そんなに有名?」もちろんそんな風には思いませんから、取材の依頼を受けた時は訳が分かりません。

で、記者さんに『なんで私?』と伺うと、何でもこのブログをご覧になって興味を持たれたのだそうです!

お〜っ、そんな数奇なお方もいらっしゃるんだ・・・(素直な驚き!)

で、取材内容はというと、
「日本の総理大臣が代わって数カ月経ち、新政権が次々と経済政策を立てているが、企業オーナーとしてどのように感じているのか伺いたい!」とのことでした。

で、でしたらZOOMとかでしたら「良いですよ〜」と軽く返事したら、すぐZOOMで取材を受けることに。
このスピード感、これがアメリカなんでしょうね、、、見習わなければ!

で、1時間ちょっと取材を受けて「ありがとうございました〜」となるかと思いきや、『後でカメラマンを向かわせていいですか?』と言われ、写真掲載が決定!

なんと取材から3時間でプロのカメラマンが現れ、パシャパシャ撮影です。

いや〜、全てが早い早い!驚きの連続でした。

取材の内容に戻しますと、主として縫製工場の社長の立場で発言したのですが、

岸田政権の掲げる賃金アップの政策が、(収益性の低い)労働集約的な地方の縫製工場ではメリットが少ない。という話をしました。

もっと具体的にいうと・・・

・賃金アップをしても消費が冷え込んでいるので価格転嫁が難しい
⇒会社収益が悪化する。

・岸田政権は、賃上げすれば法人税を減税すると言っているが、利益が出ない=法人税を払わない(払う額が少ない)のに減税されても意味がない。

・設備投資の補助金・助成金も賃上げがなされなければ受けられない。

⇒1,000万円の補助金のために1,500万円の賃上げを将来に渡って行うのは本末転倒(事実上、設備投資の助成金が資本集約産業に限定されてしまっている)

なんてことを、お話ししました。

が、記事にはあんまり書いてありません。(ちゃんちゃん)

まぁ、写真は素晴らしく格好良く撮られていますので、それをたんとご覧ください。

20211224NTTimes.jpg

20211224NTTimes-3.jpg

20211224NTTimes-2.jpg

※3枚目はお客さんも参加。Sさん、たまたま居合わせただけなのにご協力ありがとうございました!
結構楽しんでましたよ ね?


〜少し真面目な補足〜

上記、軽く書いていますが、実のところ経営者として今非常に悩んでいます。
それは、縫製工場での大型設備投資と、東京の販売スタッフの待遇改善問題です。

工場の大型設備投資は、地域の最低賃金+30円を当該事業所の最低賃金にしないと、補助金(ものづくり補助金)にエントリ―すら出来ません。
因みに、当社工場で今年の最低賃金改訂で、会社全体で17-18百万円の減益ですが、それをもう1度しないと助成金を受けられないのです。

ですが、従業員の待遇改善は社長の使命でもあると考えているので、賃金を上げたくないから補助金を諦めるといったロジックには陥りたくないと考えています。
⇒苦しみながらもやる方向で検討中

販売店側の待遇改善は、、、こちらは正直に言うと販売者がもっと勤勉にプロとしての日々の研鑽をすればどんどん出来る問題だと思います。
ですが、これは当社に限りませんが、今の時代、努力して何かを勝ち得て上に上がっていくという、少年ジャンプ的な野心・向上心を持つ人が少なく、これまたいつも葛藤しているところです。

経営者は賃金を上げたくないのではないのです。
仕事の質や結果が上がるのであれば、賃金に見合った働きをしてくれれば、賃金をすぐにでも上げたいと思っている経営者も多いと思います。
だって、どんな経営者でも年齢には勝てず、いつかは後継者に譲らなければならないからです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:36| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

人を殺すということ・・・



今日は何でも1年以上ぶりに死刑囚の執行がされたそうです。
私は死刑廃止論じゃでも賛成論者でもなく、このことに意見をするつもりはありません。

ただ、この報道を目にして、報道機関自身が毎日毎日死刑執行をしていることを誰も議論しないことが不思議に思います。

何が言いたいかというと、いつも全てのマスコミがほぼ同じ方向で、絶えずお金持ちや地位の高い人、成功した人を報道という名の元に、執拗に攻撃し続けているからです。

例えば、この報道

> 北陸道の「あおり」JR西社員に懲役6年

出典元:Yahoo News 北国新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/b88753c018de3ae864c7713197d025bd53533982

この報道は、JR西の社員が、職務上ではない時間に、車で危険運転をし、
事故を起こし人を死亡させたという事件ですが、このタイトルに何故「JR西社員」が必要なのか全く分かりません。

JR西社員 ⇒ 特権階級 ⇒ だから許せないというのがアリアリと出ているからです。

事件は、重大な事件だと思います。
ですが、そこは一般人だろうが一流企業だろうが同じ話であって、何故ここでその人の全く関係のない氏素性(勤め先)を出す必要があるのでしょうか?

私にはどうしても前述 『JR西社員 ⇒ 特権階級 ⇒ だから許せない』の構図が見え隠れして仕方ありません。

その他にも色々あります。
例えば、先の衆議院選挙です。
石原伸晃氏が残念ながら落選しましたが、あの報道は執拗かつエンドレスだと思いませんか?
選挙後無職になった同氏が政府から参与職を受けた後、どうしてあそこまで必要に追い落とす必要があったのでしょうか?
批判の向きがあるのは、報道の自由ですから著名人ですから仕方のないことだと思います。
しかしながら誰も肩を持つ意見が出てこないのが異常です。

皆さんは、お隣韓国で慰安婦批判をしたり、徴用工を批判したらバッシングをされて大変なことになることについてきっと批判的でしょう。
特に文政権でのある種の言論統制について批判的だと思います。

だけど、日本でやっていることも同じに思えて仕方ありません。

私は、選挙区は違うのですが石原氏の選挙区の近くに住んでいたため選挙運動を時々見ていました。
読者の皆さんは、石原氏がご子息を含め、今回の衆院選で過激派に妨害を受けていたことをご存じでしょうか?
時に、暴力を振るわれ、被害届も出していることをご存じでしょうか?

この事ってどこのメディアも報道しません。

そう、メディアが石原氏を抹殺しているのです。

人を殺すのは、物理的に殺す以外にも、やり方はいくらでもあります。
不謹慎な発言かもしれませんが、本当に殺すよりももっと残酷な生殺しです。

大切なのは報道を盲目的に信じず、自分の信念で考えることではないでしょうか?

石原氏がケチだ?参与の仕事日当2万円が欲しい?
コロナ給付金60万円もらった?
要らないでしょう?もっとお金はあるでしょう。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

仲間内の忘年会



師走も20日にもなると忘年会もピークになります。
今年は、コロナの影響で表立って大々的に忘年会はまだ憚られますが、この日は大学の仲間内でこじんまり忘年会をすることになりました。
(今年は大学の同窓会の幹事年度だったため、同期が中心となり、Webイベントを開催したのですが、打合せは全てTV会議でしたからリアルで仲間と会うことが出来ず、今回はイベント終了後の最後の打ち上げでした。)

で、詳細はプライベートのことなので割愛しますが、私はとあるパートを任されていたので今日の小打ち上げは私のパートで手伝ってくれた方への慰労もあっての会合です。

1年間色んな人に協力いただいたし、、、
パートの責任者として何かお礼を、、、

と考えた時、思い浮かんだのは、簡単なプレゼントをしよう!ということでした。

良くありますよね、クリスマスに皆で500円以内でプレゼント交換しよう!なんて企画。
今回は私からの一方的なプレゼントですが、それぐらいの予算なら皆、負担に感じず気軽に受け取ってもらえるかと思い、プレゼントを用意しました。

で、その中身がコレ!

折角だから、吉村らしさを出し面白おかしくしたかったので、青森名物だけを集めてプレゼントを用意

20211220.JPG

中身を紹介すると

青森ニンニク
 青森はニンニクの生産量日本一。中国産と比べると高額ですが、地元に行くと意外とお手頃価格

カップ麺(カレー味噌牛乳ラーメン)
 これが美味いんです!

カップ麺(煮干しラーメン)
 これも美味い!青森県民は朝からラーメンを食べてます!(朝ラー)

ニシンの切り込み
 ニシンの麴漬けですが、お酒のアテにぴったり!

どうですか?
青森はリンゴやホタテだけではなく、色々名産品があるんですよ。

好評だったら次回は山形版、秋田版、新潟版でお土産を準備したいと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

価格改定×××



巷ではこの秋から色んな物が値上げになっています。
特に食料品が良い例ですが、小麦から牛肉などの食料品のみならず、石油が上がっているからガソリンから石油精製品まで殆どの世界では物価が上がってますね。
コロナで苦境に陥っていた飲食業界も、営業再開した際には結構値上げをしている店も多いように思います。

でもまぁ、その分給料が上がれば問題なしか・・・という鷹揚な方もいるかも知れませんが、実は私の知る限り上がっていない業界が・・・

そう、ファッション業界です×××

実際のファッション業界は、どうかというと、

輸入品は、、、、円安(105円⇒115円)に加え、海外縫製の工賃上昇、物流コスト増で海外製品もコストアップ

国内製品は、、、最低賃金上昇、物流コストアップ、石油製品価格アップによりこちらもコストアップ

されど、どこも値段を上げられない。

競合他社が上げていないからということもあるのでしょうが、それにしても厳しいです。
当社もまたしかりで、今年最低賃金は793円から822円に3.7%もアップ(青森県)しました。
実のところ、当社(縫製工場)ではこの上昇だけで年間15百万円の利益が吹き飛びます。

縫製工場は設備産業でもありますので、このコスト1年間設備投資を全くしなければ凌ぐことはできます。

でも、それをすると将来の成長力をそぐことになりますから短絡的には出来ません。
そうするとどうしても値上げが必要になってきます。

う〜ん、どうすれば良いか?

価格を改訂するとすれば、シーズンの変わり目に行わざるを得ず、多分これは来年の3月からの春夏物になると思います。

セールの時にオーダースーツがセールで(税抜き)1着2万円以下で手に入るというのは、この冬が最後になるかもしれません。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:05| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

クリスマスプレゼントとオーダースーツ



11月も半ばになると街は少しずつクリスマス色に変わってきます。
都内も、表参道辺りを定点観測すると、少しずつ赤と緑のクリスマス装飾が増えてきてワクワクしてきますよね。

「今年のプレゼンとはどうしようか?」
「自分用には何にしようかな?」

こんなことを考える時期になりました。

ところでタイトルに書いたクリスマスプレゼントオーダースーツ

オーダースーツをクリスマスプレゼントに!ということですが、実はオーダースーツとクリスマスプレゼントというのは相性が悪いと言われています。

えっ、なんで?
オーダースーツはお値段的にも手頃な物もあるから相性は良いんじゃない?って、考えられる方も多いと思います。
実際、セーター、マフラーや手袋などファッションアイテムはクリスマスには非常に適したアイテムですから。

ではなんでオーダースーツはダメなんでしょうか?

実はこれには訳があります。

それは、、、納期の問題です。

つまり、一般的に消費者の方がクリスマスプレゼントを意識しだすのは早い人で11月中旬ぐらい。普通の人は12月のボーナスサンデー・サタデーでお店に行って考えます。

で、もちろんスーツ類もその候補に挙がるのでしょうけれど、そこで店員さんに聞くと・・・

『今日のご注文で、仕上がりまで3週間・1カ月かかります』

となり、クリスマス当日に間に合わないケースが殆どなのです。(場合によっては越年してしまう)

それ故、スーツ屋さんでのクリスマス商戦というのはどうしても小物類(マフラー・手袋・ネクタイ等)に限定されて、今一つスーツは盛り上がりません。
(既製服業界は分かりませんが)

ですが、ここにきてビッグヴィジョンでもヨシムラでもオーダースーツを1週間でお仕立てする7DAYSオーダーが浸透してきました。

この仕組みを使うとクリスマス当日にお渡しするご注文を12/19注文分まで対応可能なのです。

これはきっと喜ばれるに違いない!

211111.jpg

・・・ということで

クリスマスプレセントにオーダースーツを!

是非ご利用ください。(ちょっと宣伝が多くてすみません。)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:50| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月01日

人となり会社となり


先月のブログで書いたH縫製さんの縫製生産中止の話、いよいよ当社へも連絡が参りました。
当社はグループ会社に縫製工場がありますが、そこの工場はレディースには長けた工場でしたので、ヨシムラでは自社グループ(こちらもレディースは可能)には職出しをせず、敢えて長い取引先であるH縫製を優先してこれまで仕事をお願いしておりました。

にもかかわらず、廃業の連絡は、封書一枚

11月末に工場を閉鎖するから、それ以前に仕立てた物の直し・修理はそれまで。
というA4サイズ2枚ぽっきりの案内文、しかも押印は朱肉でされず、押印した物のコピーが送られてきました。(なにゆえに・・・)

これが企業の慣れの果てか・・・

工場をおやめになるので、過去の話は深くは出さないようにしますが、元は同族会社であったこの会社は、会社の内部がお客様へ向かわず、内部の(上司・同族)に向かう傾向があり、私は以前から反面教師のつもりでおりました。
(ワンマンは仕方ないにしても、私物化や顧客志向は失わないようにという程度ですが)

それだけに最後のこの仕打ちは、まぁ予想できたというか、最後まで顧客志向が不足していたんだな、と思わずにはいられませんでした。

合掌
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:02| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする