2019年05月19日

銀河鉄道999

働き方改革この言葉が言われるようになったのは安倍内閣が始まってからだと思いますが、今年ほど“働き方改革”が言われ、かつこれが浸透した年はないのではないかと思います。

私は企業経営者の立場ですからこの働き方改革には消極的と思われても仕方ないのかも知れませんが、今日は思ったところを少しお話したいと思います。

まず現実の話・・・
この働き方改革が企業経営にどのような影響を与えるかといえば、、、
簡単に言うと短期的には思いっきり収益悪化要因です。

特に、当社が関わるような労働集約産業※1においては、有給休暇の強制取得は5日間×従業員数×日当がそのまま減益要因※2となります。
とはいえ、これまで取得を全く認めていない企業というのも少ないでしょうから、実際には2日か3日×従業員数×日当ぐらいと思いますが、例えば当社グループ縫製工場においては従業員数400名×2.5日×日当10,000円=1,000万円分利益がそっくりなくなります

※1:労働集約産業とは機械やITなどではなく、主として人間の肉体労働(人の手)を介して売上を上げるような会社。
※2:減益要因 売上がその分減るのではなく利益がその分減るので企業経営にはより厳しい要因です。

またこれに加えて政府は全国平均の最低賃金を平均1,000円にしたいと言っていますが、例えば青森の現在の最低賃金762円が1000円に上がると238円up
238円×一日労働7.5時間×25日×12ヶ月×400人=2億1400万円です。

現実的には残念ながら東北が全国平均の最低賃金にはならないでしょうから現実的な東北の最低賃金を850円に仮定しても

(850-762円)×7.5時間×25日×12ヶ月×400人=7900万円です。

うぉ〜!利益が吹っ飛んで赤字になるわ〜

従業員側からみれば最低賃金UPや有給の強制消化は間違いなくありがたいことですが、7900万の人件費上昇と1000万の有給によるコストアップは地域経済(特に労働集約産業)には大打撃を与えることは間違いないでしょう。

私は企業経営者としてこのことで政府批判するつもりはありません。

むしろこのことを認識した上で会社の収益を高めるように努力しようと思ってます。

ただ、これだけの変革が起きると地方社会には色んなひずみが出てくることは間違いないと思います。

そこでどんなことが起きるか想像してみました。
(当社というのではなく一般論でお考え下さい。)


身近な問題として・・・
@賞与がなくなる
・・・企業から見れば給与も賞与も人件費。給与が上がり、会社収益が上がらなければ当然ながら賞与を減らして人件費の調整を行います。
⇒これはすぐにでも影響が出るでしょう。

A外注が増える
・・・今回は給与・有給の問題ですが、これ以外にも従業員を雇うと掛かるコストの1つに社会保険などの負担があります。
企業にとってはこれを含めた人件費ですから外注のような雇用責任を負わないビジネスモデルが増えるでしょう。
この最たる例は最近話題になっているコンビニオーナーかもしれません。

B機械化が進む
・・・上述のように人に対するコストが高まればこれを代替する機械に対する投資は間違いなく増えることになります。
そうなると、機械に置き換わる仕事はどんどん減っていくことになるでしょう。

当社青森工場は先月から生地を保管する倉庫を自動倉庫(デジタルで出し入れする倉庫)に切り替えましたが、これにより従来3〜4名の作業者が必要だった業務が2名程度で出来るようになります。
こういった形で作業がどんどん機械化し従業員が要らない会社が生まれてくるようになると思います。

また機械化が進むというのはある意味では経営者と労働者の差が極端になるということかも知れません。
つまり経営に入れば、機械を使って利益を上げ、それを少ない人数で分配する=一人当たりが増える。
一方で、労働者は機械の変わりだから低いまま。といった図式です。

C外国人労働者
・・・個人的には外国人労働者の問題は少子高齢化の影響と思っていますが、人に対するコストが上がれば、コストが安い方法を探すのも企業経営ですからやはり外国人労働者が増えるでしょうね。

さてさて、ここまでの変革を日本はあと何年でやるのでしょうか?

お金持ちは機械化で人を使わずお金儲けをして、
貧乏人は敵は機械となって戦わなければならなくなる。

なんか子供の頃に見た、銀河鉄道999の鉄郎(?)とメーテルを思い出しました。

そんな時代があと5年ぐらいで来るかも知れません。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

神田祭



読者の皆さんは江戸三大祭りってご存知でしょうか?

有名なところでは浅草三社祭がありますが、実は三社祭はその中には入っていないようで、wikiで調べたところ、神田祭(神田明神)・山王祭(日枝神社)・深川祭り(富岡八幡宮)』の3つが三大祭のようです。

その江戸三大祭の1つ、神田祭が今週末神田近辺で行われました。

ヨシムラ・ビッグヴィジョンの本部がある神田でのお祭りです。

私も子供の頃から親しんできましたが、これがなかなか凄いお祭りなんです。

どこが凄いかというとやはりお神輿の数でしょうか?

ご存知のように神田や日本橋には神田○○町とか日本橋○○町とかが多いですが、その○○町という全てがお神輿を持っていると言っても過言でなく、神田明神のお祭りでは神田地区、日本橋地区からそれぞれの町が持つお神輿が一斉に集まります。そのお神輿の数は200基以上だそうです。

(間違っていたらごめんなさいなんですが)
神田祭ではだいたい、土曜日には各町会でお神輿を町会内で練り歩き、翌土曜日には全町会がお昼頃から一斉に神田明神を目指し、集結します。

神田明神は秋葉原の裏手にあるのですが、日本橋地区、神田地区から集まる神輿は、ヨシムラ本社(ただ今建替え中)の近くの須田町交差点(靖国通りと中央通の交差点)を通るため、日曜日の午後は、お神輿が大渋滞(?)してこれがまた壮観なんです。

今年は天気もよく人も沢山集まっているようで、凄い賑わいでした。

190512.JPG

で、『吉村は神輿を担ぐの?』という疑問をもたれる方もいると思いますが、さにあらず私は非力なので全く担ぎません。
(神田は商売は長いですが生まれ育ちは神田でないため地元に住んでいる人との関係が希薄なんです。)

ということもあり、今日(日曜日)は仕事をしにきていました。

ここで不覚が!!!

というのは、週末なので会社には誰もいないですので車で出勤したら。。。
神田祭のためどこもかしこも細い路地は皆通行止め
幹線道路も駐車禁止だらけ。
コインパーキングは既に祭り関係者で使われて空きがなく車を置けない!

こんな日に仕事をしようと思った自分がアホだったようです。

仕方がないので、会社に行って資料だけ回収し家で仕事をすることにいたしました。
まぁ、2年に一度のことですからね。仕方ありません。

写真は会社の近くで撮りました。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

クールビズが始まりましたが・・・



早いところではGW明けからクールビズが始まるという会社もあるようですが、皆さんの周りは如何でしょうか?

仕事柄どうしても、そういったことが気になってしまうのですが、休み明け電車に乗っていると意外にもクールビズスタイルで出勤されている人は多くないように感じました。

どうやら今年のGWは特に前半が天気が悪く、例年ほどは暑くなっていないからかも知れません。

かくいう私はどんな服装をしていたかというと、きちんとネクタイをタイドアップして、夏物のスーツ上下で出勤です。

通勤路に丁度桜並木があるのですが、葉桜になった並木道を、明るくなった早朝(私は6:00に家を出ます)に歩くのが心地良く、今の時期は汗をかきませんから、タイドアップしてビシッと気合を入れてGW明けの出勤です。

やはりネクタイを締めると気が引き締まりますね!

丁度、先日購入したビジネスバッグが届いたこともあり、まっさらな黒鞄を片手に持ちながら歩きました。

今年のGWは長かったですから、きっと休みボケをしてしまった方も多いかも知れませんが、こうやってファッションで自らを奮い立たせるのも良いことですね!

本格的に暑くなる6月下旬まではこのスタイルで行こうと思います。

それにしても通勤のスタイルは、スーツからジャケパン、ビジネスバッグからリュック、新聞からスマホに変わっているのに、私のスタイルは古いですね。。。

個人的には古さの中には、時代に左右されないソフィスティケートされたものがあると信じているんですがね。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

気付けば1月更新してませんでした。



いや、すみませんでした。
4月はビッグヴィジョンが3月末決算ということ、青森工場の工事でバタバタしていたこと、GWが始まったこと、等々で気付けば4月にブログ更新をしておりませんでした。

これはブログを初めて10年以上で初めてのことかも知れません。

大変失礼しました。

さて、そんな私の最近の出来事ですが、ブログに書き上げるような立派なことは全く出来ておりません。

というのも、青森工場の工事は順次進んではいますが、写真でばーん!と紹介できるような派手なことは全くなく、、、
吉村本社の建替え工事もビルの基礎工事の写真をアップしてもどなたもそれほど興味を持たないでしょうから。。。

そうすると書くことがなくなってしまうのです。

そこで最近は少し控えていたのですが個人的な出来事を書かせて頂きたいと思います。

GW期間中はお陰様でのんびりさせて頂きました。
(もちろん立場上、10連休の途中で何度かは出社しておりましたが・・・)

で、そんな中でブログにアップできるような出来事は・・・と、考えてみると、、、

そうだ!趣味の釣りに久しぶりに行って来ました!

釣り物は、アナゴ
東京湾(木更津沖)の江戸前アナゴです。

ご損時の方もいらっしゃるかも知れませんがアナゴは夜行性
ですので、夕方18時頃に出船し、21頃まで釣る短時間の釣りです。

でも、これがなかなか良いんです!
何が良いかというと、夕方18時に出船して船に30分ぐらい揺られるんですが、夕陽を見ながら缶ビール1本呑むのが。

写真をご覧下さい。
こんな感じです。

20190505-1.JPG


魚の方は暗くなってからでないと釣れないので夕陽が落ちる頃は暫しのリラックスタイム
とてものんびり出来ました。

さて、釣りの方はというと短時間ということもあり8匹しか釣れませんでした。(それでも船中で12人中3番手!)

で、釣った魚は翌日早速調理して、大好きな煮アナゴ白焼き、余った骨は骨せんべいにして食しました。

20190505-2.JPG

のんびりリラックスできて、その後、美味しいおかずにありつける。
最近はお付き合いでゴルフばかりの吉村でしたが、本来の自分を取り戻せたようなGWでした。

皆さんはどんなGWをお過ごしでしたか?

posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:54| Comment(0) | 趣味のこと(釣り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

小僧寿し債務超過


私の世代(50代)は思い入れもあるのではないでしょうか?
小僧寿しチェーン

駅に隣接した立地で、持ち帰り寿司の代表銘柄。
京樽と併せて若い頃はよく利用したものでした。
(個人的には京樽の茶巾寿司が好きでしたが)

その小僧寿しチェーンが経営不振で何でも債務超過に陥ってしまったそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190328-00415161-fnn-bus_all

最盛期には2,300店舗!もあった店舗数は現在約1/10の240店舗だそうで、業績不振の原因は、回転寿司チェーンとの競争に負けたことと、お寿司を食べるならスーパーでもコンビにでもあるから、だそうです。

NEWSを読んで、あの小僧寿しが?!と思うと同時に、私が良く利用していた頃(20-25年前)とは時代も大きく変わったんだな、と改めて感じました。

当時は寿司を販売するチェーン店ではガリバーだったのでしょう。

どんなガリバー企業も大きな時代の流れでは次の一手を打たないと凋落していくんだと改めて感じました。

このことは【オーダースーツ販売業界】でも【縫製工場業界】でも同じことです。

何もしなければ黙っていても売上や利益は落ちていく。
新しく何か挑戦して、そこで増やした売上(利益)がその落ちた分を穴埋めする。

企業経営者は業績が良いとついつい自身の経営能力を過信し、次の一手が遅くなるもの。

常に、次の一手を考えて行動しないといけませんね。

ウチの会社(ビッグヴィジョン、青森工場、吉村)はどうだ?
一応、次の一手の準備はしているつもりですが、すみません!こればかりはブログでは語れません。。。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:25| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

自動倉庫試運転



3月はビッグヴィジョンの決算ということもあり、忙しい月なのですが、今週来週は、青森まで出張に行かなければなりません。

...というのも、青森工場がただ今、移転で色々と工事をしていることは何度か皆さんにご紹介しましたが、3月末に、生地の反物の『自動倉庫』が稼動するため、その立会い等々に行かなければならないのです。

自動倉庫を検討し始めたのが丁度1年半ぐらい前でしょうか?
お客様(販売店さん)からお預かりした反物を一箇所で大量に保管し、かつ人手を省いて大量に出し入れできる自動倉庫は新工場の核の1つになると考えています。

その工事が先日終わり、試運転するとなれば私が行かない訳にはいきません。

ということで、行ってきました!


190315-1.JPG

どうですか?巨大でしょ?
人の大きさと比べるとその長さ、高さがお分かりいただけると思います。


本当は、、、動いている動画を掲載しても良かったのですが、撮影したのは初日も初日だったため上手く動かすことが出来ず、恥ずかしいので動画は止めました。

来週から少しずつ自動倉庫内に生地・反物を格納して4月から本格稼動です。

来月は、ボイラー室スポンジングマシンが新工場に搬入されます。

先は長いが、お金は湯水の如く出て行く・・・

写真が少ないので、岩木山の写真を掲載。
画面右にビニールハウスがありますがその横に白鳥が7〜8羽います。
雪が溶け出すこの時期に、白鳥は田んぼにあつまり落穂か?虫か?を食べてます。
アヒルのようですが白鳥です!

190315-2.JPG

posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

基礎工事中



吉村ビルが更地になって1ヵ月半
そろそろ基礎工事が本格化してきました。

新しいビルは容積率的には11階建てまで可能なのですが、色々と考え、階数を増やし部屋数で家賃を上げるより、天井高を高くして高級感を出して、入居率を高めよう!ということで10階建てです。

地下はというと、地下は作らないのですが、、、
ご覧の通りただ今基礎工事のため穴を掘っています。

190313.JPG

深さ目算で3〜4m。

地下階がなくてもピットとか配管用のスペースなどが必要ですから少し掘るとは聞いていましたが、意外と深くてビックリ

改めて建築工事というのはスケールが大きく、危険を伴うものなのだなぁと感心してしまいました。

ゼネコンさんに聞くと、基礎工事に2ヶ月、あとは1フロア1ヶ月と考えると、あと12ヶ月ですよ!とのこと。

来年の今頃、ここにキチンとした新築ビルが建っているなんてとてもじゃないですが想像できません。

う〜む。楽しみでありつつ、一抹の不安が・・・

工事関係者の皆さん、安全第一にお願いします

posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:06| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

最低賃金 業種別に一律化検討




仕事柄毎日新聞やNewsは見るのですが、今日のこの(タイトルの)Newsには驚きました。

『 最低賃金 業種別に一律化検討 』

詳細はまだまだこれから検討のようですので分かりませんが、
言葉通りに理解すると、例えば、ハイテク産業は最低賃金が時給1,500円、農業は生産性が低いから800円、飲食店は人手不足だから1,000円とでも決めるのでしょうか?
そうすると縫製業は、、、やはり生産性の低さから850円ぐらいかな?

そんなことが想像できるかと思いますが、これって無茶苦茶危険な政策です。

何故なら、、、という話の前に、給料は何が根拠で決まるかを改めて考えて見たいと思います。

お給料は何で決まりますか?
経済学的には、労働に対する需要と供給だとか、生存費説とか色々ありますが、一般的に考えられているのは、

給料の高い会社は・・・
特殊な技能・技術は高い(専門分野)
儲かっている会社の給料が高い(上場企業?)
生産性の高い会社の給料は高い(少ない数で大きな商売をしている会社)

逆に給料の低い会社は・・・
労働集約的な業務をしている会社
(機械でなく人の頭数で仕事をする会社 ⇒ 縫製業が代表例)
地方の会社
儲かっていない会社

(これに個々人の評価や立場(責任)の差による評価がありますが、この点は敢えて今回割愛して、↑の点に話を集中します)

ざっと、こんなところでないでしょうか?

このように賃金の格差は個別企業や業界、地域によって随分変わっていますが、これをお国が決めてしまうということはどういうことかというと・・・

例えば、、、

例1ハイテク企業は儲かっているから最低賃金を高くします!
⇒儲かっている内は良いですよね。。。
でも、TOYOTAと日本で一二を争った日産自動車もかつては一度倒産しかかり、ご存知のルノーの傘下になっている訳ですし、今の栄華が未来永劫続く訳ではありません。

それを国が決めてしまっていいのでしょうか?

例2飲食店
⇒全国どこにでもある飲食店の時給を一律最低賃金で決めてよいのでしょうか?
高い東京の最低賃金に合わせれば、地方の飲食店は倒産するか、値上げをしなければならなくなります。
(個人的には、値上げは出来ず潰れるでしょう。何故なら食べ物なら自分でこさえれば良い訳ですから。)

逆に、東京の飲食店の最低賃金を下げてはどうなるか?
どうなるんでしょうね?東京だから多分どこの店も最低賃金以上にして、そこは今と変わらないのかも知れません。

例3縫製工場 ★これが言いたいんです!!!★
では、全国にある縫製工場はどうなるのでしょうか?(業界外の人はローテク企業と置き換えて考えてください。)

話を少し脱線させますが、縫製業は歴史的に九州と東北に多く存在しています。
何故か?理由は簡単で、辺境の地で人件費が安いからです。
特に、東北は冬の時期仕事がなく出稼ぎ労働が多かった地域において、地場で年間を通じた雇用があることは大変ありがたい事で、それ故に他地域と比べ低賃金でも喜ばれたのです。
(九州は良く分かりませんが、やはり辺境だからだと思います。)

ですから東北・九州に多い縫製工場ですが、とはいえ東北・九州以外にも沢山の縫製工場があります。
それが地域の特性、生活水準とは別に最低賃金が決まったら・・・

安く決まるなら自社(自地域)の基準で給与を決めれば良いですが、これが強制的に一気に大幅に上げられたら、、、

販売価格は、販売側から制約を受けますから簡単には上げられない。
大変なことになります。

その賃金が高ければ、地方では経営が成り立たなくなるので廃業が起き、地域経済に悪影響を及ぼすでしょう。(縫製業は雇用者が多いのでかなりの打撃です。)
逆に、相対的に安くなる地域が出るとすれば、そこが縫製業特区みたいになってしまうのではないでしょうか?

果たして国がここまで産業に直接的に影響を与えて良いのでしょうか?
これではリベラルや大きな政府を通り越して、社会主義になってしまうような。。。

これからどんな議論がなされるか興味がありますが、お隣韓国では最低賃金を急激に上げすぎて、賃金増に耐えかねて、雇用が減少する事態に陥っていますから、あまりに性急な行動は控えるべきだと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:36| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

デサントVS伊藤忠



繊維関係の業界で最近ちょっと話題になっているのはスポーツ用品で有名なデサントと大株主である伊藤忠との株式公開買い付け(TOB)問題

ウチのお客様は事情通も多いと思いますので詳しい説明は割愛しますが、ようはデサントの筆頭株主であった伊藤忠商事がデサントが言うことを聞かないので持ち株比率を上げて、影響力を高めようとしているという内容ですが、

内容的には

・デサント株を時価より高い価格で市場から購入する
・持ち株比率が十分高まった段階で現在のデサント経営陣には退いてもらう


という至極よくある内容ですが、私が『へ〜っ』と思ったのは、デサントの経営陣や従業員の受け止め方です。

まず経営陣はTOBを仕掛けられてもMBO(現経営陣などが逆に株を買い取り経営権を確立する方法)など対抗措置対抗政策を策定せず、ただただ“伊藤忠支配に反対”と言っているのが、上場企業にあって資本の論理を分からずオーナー企業のような振る舞いをしている経営陣に驚きました。

厳しいようですが、市場に株を出しているということは、その株を大量に保有する人がオーナーであり、社長は所詮雇われです。
それが嫌なら上場しないか非上場化すれば良い訳で、上場するけれど支配は続けたいというのは(保有株式の割合にも因りますが)無理なことなのです。

こんなことがここ1〜2ヶ月、伊藤忠とデサントでバトルをしていたのですが、今日業界新聞を読んでいるとこんなことが書いてありました。

『デサント、従業員労働組合と退職OB組合がTOBに反対』

えっ?そう出るの?というのが正直な感想。

まず、OBの皆さん、出しゃばりすぎではないでしょうか?
気持ちは分かりますが、、、

そして、従業員の皆さん、どうして現経営陣が善で、伊藤忠が悪なんでしょうか?
寄らば大樹という言葉を信じるかどうかは別にして、繊維業界で伊藤忠の影響力は絶大ですよ?
それが、(細かくなりますが)韓国ビジネスに偏重しすぎている今のデサントは経営的リスクを背負っていると思いませんか?
(まして、日韓の政治状況がこんな状況なのに。不買運動でも出てきたら危ないですよ。)

私、上場企業はもっと理性的に行動するものと思っていましたし、従業員も労働組合という総意で行動するならばもっと思慮深くあるべきでないか?と思います。

ひょっとして私が知らない情報があるのかも知れません。
あくまで例え話ですが、伊藤忠から乗り込んでくる役員がとんでもない人物だとか。
奴隷労働させられるとか、、、
(そんな事あるまいし。逆に冷や飯を食っていた人は出世するかも知れない!)

資本主義の根幹の1つには株式市場があると思うんですが、何か前近代的な考え方と思えてなりません。

繊維関係の業界人の皆さんはどう考えているのだろう?


posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

ハイテク日本の現実



読者の皆さんは日本はハイテク技術に優れて他国の追随を許していないとお考えの方が多いと思います。
事実、本当の最先端技術では日本の優位性は由来ではいないと思いますが、今日はハイテク最先端ではなく、ただのハイテク(?上手い表現ではない?)について縫製工場の側で書かせていただきます。

さて
縫製工場でのハイテク装置って何でしょうか?

ニッチな世界ですから大きなポイントだけお話しするとざっくりと2つあります。

1つは、型紙をコンピュータで自動的に設計するCADとそれを裁断するCAM(自動裁断機)

そしてもう1つは、通常のミシンではない特殊ミシン
襟周りのハ刺しミシンとかポケットを作るPWミシン、ボタンホールの穴かがりミシンや手縫い風ステッチを入れるピックステッチミシンなど。

これらは前者のCAD/CAMはそれぞれ1,000万以上
後者は一番高いのは襟周りのハ刺しミシンで1,500万、ピックステッチのミシンでも200万円ぐらいでどれもこれも非常に高額です。

こんなハイテクミシンですが、CAD/CAMなら日本メーカーで言えばCADなら東レとか旭化成、CAMなら島精機など早々たる大企業が素晴らしい製品を出していますが、
実際、世界レベルで見てみると、もはや中国製が圧倒的になっています。
(⇒当社はCADソフトにオリジナルの補正を加えている関係からこれらは全て国内メーカー製の物を使用しています。)

190301.JPG

画像は昨年訪問した中国武漢の縫製工場
ここでも中国製CAMが活躍していました。
画像のCAMは格子柄用のCAMでしたが、格子柄を裁断するCAMは一般のCAMより高い技術力がないと出来ません。


そして、もう1つの特殊ミシン類ですが、こちらは日本ではJUKIやブラザー、ペガサスミシンなどが大手ですが、これも中国製に圧倒されています

実は、今日、1台青森工場から新工場に向けて特殊ミシンが欲しいという稟議が上がりました。
お値段、ドイツ製なら300万円のところ国産メーカーだと180万円。

仕方ない購入やむなしかな、、、と思いもう少し値下げできないか、担当者に詳細を聞いてみると、、、

担当者からそんなに値段を下げられないとのこと。
なんで?と聞くと、このミシンは国産メーカーの名前で売っているけれど、中身は中国製だから、メーカーも実質的には商社のように仕入れて転売しているだけだから利鞘が少なく値下げが出来ないのだと。

まるでパソコンです。
つまりちょっと前まで東芝やNECのブランドで売られていたパソコンは、その中身の全てが中国で作られていてブランドタグだけが国産メーカーでしたよね。
あれと同じなんです。

それが縫製の世界でもか・・・
日本のハイテク技術というのは本当に風前の灯になっています。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:18| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする