2018年09月07日

嶽きみってご存知?そもそも読める?



9/3のブログの通り最近は嫌がおうにも青森にばかり出張している私ですが、折角出張するのであればその土地の良い部分を知ることもまた大切なことです。

そこでこのブログでも時折、青森の紹介をしておりますが、今の時期(お盆明け〜9月初旬)に青森で旬を迎えるものって何かご存知でしょうか?

それは、、、トウモロコシなんです。

dakekimi-1.jpg

トウモロコシって言うと、そんなの千葉でも茨城でも全国どこでも沢山あるよ!って言われそうですが、青森県ならではのトウモロコシとしては

嶽きみ(だけきみ)というのがあります。

青森に所縁のない人は絶対ご存知ないであろう、この“嶽きみ”は津軽富士と言われ日本の名峰に数えられる岩木山の麓にある“嶽(だけ)温泉”の近くで今の時期に取れるトウモロコシを言いますが、

山間部に位置する“嶽温泉地区”は昼夜の寒暖差が大きく、それ故、甘いトウモロコシが取れるのです。

その人気は県内では絶対の人気で、この時期の週末は嶽温泉近辺では嶽きみの出店が沢山出て大賑わいになります。

そこで、私も1つお願いして嶽きみを購入してみました!

見た目は、、、普通のトウモロコシですが甘みが別格です!

鈴木農場 http://www.dakekimi.com/

私はこちらで買いましたが通販もあるようですので良かった皆さんも是非どうぞ♪ 割引はありません(笑

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:12| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

何故地方はアベノミクスの恩恵が来ないのだろうか?



社用ブログに政治的なことは書くつもりはないのですが、最近気になっているのは自民党の総裁選です。

下馬評では国会議員票は安倍総理が7割方を押さえ、一方党員票特に地方票は石破氏が結構票を持っているのではないか?という議論。

中でも、石破陣営は地方にアベノミクスの恩恵が届いていない!という不満があると主張しています。

ですが、私が地方にある縫製工場の経営者としてこれには異論があります。

というのは、アベノミクスの恩恵を(実質・名目)所得増だとすると、私共の経営している縫製工場ではこの5年間、毎年20円前後の最低賃金引き上げに伴い、大幅な賃金引上げを行なっています。

実際の水準を掲載すれば

青森県で、2014年 679円 ⇒ 2019年 738円 

つまり5年間で給与が8.7%もアップしているのです。

もちろん所得増を最低賃金で比較すること自体、話を矮小していると思いますが、労働集約的な縫製工場は元来、人件費の安いところに立地し、相対的に低い人件費でもって利益を出す構造業種ですから、最低賃金が適用されたり、それに引っ張られた給与水準の人は多いと思います。

ですから9%近い給与アップはかなり大きな貢献だと思うのです。

にも拘らず『地方にアベノミクスの恩恵が届いていない!』というのは何故でしょうか?

これについては、最近私は地方出張が多く、なんとなくですが分かったことがあります。

それは・・・地方の物価が東京より高いケースが多いことです。

えっ?地方の方が物価は安いんじゃないの?ってお思いだと思います。

実は違うのです。

例えば、
●ガソリン これは輸入品ですから本来どこでも一緒ですが地方には製油所が近くにない所では東京より高くなりますし、地方は客が少ないですから固定費を回収するため1客あたりの利益率を高くしなければなりません。

●食べ物 食べ物も確かに地の物については安いですが、今の世の中自給自足ではなく地元産品だけでは生活できません。そういう物は県をまたいだ輸入品ですから大量消費で競争が激しい都会と比べると総じて割高です。
良い例が、ジュース類です。ジュースは都会では安い100円自販機は少し探せばありますよね。地方にはそういうのがなく130円なんです。

●家賃 地価が安い地方は家賃も安いだろう!とお思いかと思います。
確かに、東京の賃料と比べると地方は格段と安いですが、実は、高いのは首都圏だけで大阪辺りでワンルームだと3万円ぐらいのところもあり、地方にはワンルームはあまりなく2DKだとするとやはり4万円ぐらいしますから、部屋は広くて良いですが実はコストは割高になってしまうのです。

こう考えると、実は地方の生活は全然豊かではないのです。

また、加えて言えば、最近は大企業(特にスーパーや飲食チェーン店)などが地方に進出して、これが元々あった零細個人事業主の生活を圧迫しています。
よくいうシャッター商店街などです。

これら大資本によって、生活は便利になるけれど、実は余計な支出を強いられていて生活観に豊かさを感じなくなったのではないでしょうか?

一方、地方にも問題があると思います。

それは、差別的に聞こえたら悪いのですが、東京の豊かな生活を真似しすぎることではないかな?と思います。
都会から地方に長期出張している私の立場では、地方は地方でお金を使わない生活、私の趣味等で言えば休日はお金の掛からない釣りをするとか、夜、街に出かけるのではなく、犬などを飼って散歩するなどをすればお金も掛からなくて良いのではないか?と思います。

フランス等でもそうですが、海外でも大抵は都会はお金持ち、地方は生活は質素だけれど豊かな生活をしています。

こういったところにも価値観を見出せばよいのではないかと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:47| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

工場の新設



このブログで書くのは初めてだったかな?
実は、吉村・ビッグヴィジョングループでは来年に向けてただ今大きなプロジェクトが進行しています。

その1つ>は何度か写真もアップしている吉村本社の建替えなのですが、
もう1つは、青森工場の新工場への移転です。

この話はかれこれ1年以上前から進行していたのですが物件の入札があったため、皆さんに事前に紹介することが出来なかったのです。

一方で、入札で落した後は、新工場の建築計画が忙しくブログにアップするのを失念しておりました。

で、どんな事になるのか?というと、、、

これまで吉村・ビッグヴィジョングループはスーツ工場として青森に2工場、秋田・山形に1工場を要し、シャツは新潟工場で縫製しておりました。

生産規模で言うと、青森工場が日産220着、山形秋田が合わせて日産100着、シャツは新潟で日産350枚の縫製をしていたのですが、

このたび(といっても来夏ですが)、青森の第1・2工場を近隣の小学校跡地へ移転します!!!

因みに、場所南津軽郡田舎館村(いなかだて村)

ただでさえ、東北の片田舎の青森なのに、それに加えて地自体の名称に“田舎”が入ってしまい凄いなぁ、、、と思われるかも知れませんが、意外とそこまでの田舎ではなく、こんな村です。


田舎館村(村のHP): http://www.vill.inakadate.lg.jp/


ご覧頂くとトップページに出ていますが、田んぼを使った田んぼアートが有名で、数年前には天皇陛下もお立ち寄りになった...という素晴らしいところ。

青森では大都市の弘前(ひろさき)市の隣に位置している、皆さんが想像するよりはずっと都会な場所です。

そんな田舎館村ですが、全国的な少子高齢化の波には勝てず、廃校となる小学校があり、それを当社が譲り受けたのです。

工場の移転は、稼動が下がるお盆前後しか引越し作業が出来ないため、移転作業は平成31年夏になりますが、これから1年掛けて色々と改装工事に入ります。

まずは、校舎内の教室と教室の仕切りを解体したり、体育館のステージを解体したりと解体工事ですが、いやはや、何をするにもお金がかかり大変です。

吉村ビルの建替えと併せ、新設工場の進捗状況もこちらでご紹介したいと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:55| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

ねぶた祭り



ねぶた祭りというと、読者の皆さんは青森のねぶた祭りのことだろ?とそんな事知っているよ!という方も多いと思います。

でも読者の皆さんは、ねぶた祭りとねぷた祭りがあることをご存知でしょうか?

180808-1.JPG

また、ねぶた祭りは歌舞伎役者が腰を低く手を広げるような横長の張りぼての山車を想像すると思いますが、実はこのねぶた/ねぷたは青森県下のそれぞれの市町村によって違ったスタイルのねぶたがあるんです。

例えば、一番有名なはこれが一番ポピュラーで前述の横長の物ですが、弘前市のは画像のように扇型をしています。

180808-1.5.jpg

そして、このねぶた/ねぷた祭りは毎年8月上旬県下の各地でそれぞれお祭りを行ないます。

で、私は8/8〜10日で青森出張に出掛けていたのですが、現地スタッフに聞くと、この日は五所川原市のねぷた祭りの最終日とのこと。

そこで会社が終わるや否や、大急ぎで五所川原ねぶたを観に行ってきました!

五所川原のねぶたは前述の青森や弘前のねぶたとも違い、その特徴は背が高いこと

五所川原(ごしょがわら)立佞武多(たちねぷた)と言って、高さはなんと!ビル4-5階建てほど約20mの高さがあり、これをゴロゴロ引いて練り歩くのが特徴です。

写真をご覧下さい。皆さんがイメージするねぶたと随分違うでしょ?

180808-2.JPG

この20mぐらいの立佞武多が4台も細い路地を練り歩くと、その姿は圧巻。
なかなか見物でした。

また、この立佞武多は青森県を少し知っている人なら知ってる情報だと思いますが、実際お祭りに行ってみると、それ以外のオモシロねぶたが沢山ありました。

私が興味を持ったのは、、、

まぐろねぷた  ・・・さすが青森!
ガリガリ君ねぷた・・・赤城乳業は群馬の会社なのに?!
カブトムシねぷた・・・人が着ている?ねぷた?君はいったい誰?

180808-4.JPG 180808-3.JPG 180808-5.JPG

いやいや、なかなかオモシロかったです!
グループに縫製工場があるため月に2度ほど青森出張していますが、ちょっとしたタイミングでちょっとだけ無理をしてこうした各地の文化に触れることは、出張の辛さを癒してくれますね!

機会があれば、ヨシムラやビッグヴィジョンのお客様を集めて青森ツアーでもしてみたいものですね。




posted by オーダースーツのヨシムラ at 20:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

国会議員の夏



仕立て屋をしておりますと、意外と国会議員の先生のご注文を頂きます。
私は最近は売り場に立っていないので直接担当させていただくことはなくなりましたが、つい先日お店に行った時に、偶然、某衆議院議員の先生にお会いしました。

その先生は当選2回の若手議員

議員になられるかなり前からの当社のお客様ですから気楽に話しかけられる間柄のセンセイです。

久しぶりにお会いしたので色々と話をしたのですが、その中で国会のない8月は何をしているんですか?ということを質問したときに、、、

いや〜っ、吉村さん、8月こそ大変なんですよ!
今週は朝7時から選挙区の●●駅で辻立ち(よく選挙前に駅前でビールケースの上に立ってしゃべっていること)です。
週末は、商店街の夏祭りや盆踊り一日6〜7件挨拶に行かなければならないんです。
加えて、支援者の自宅を訪問してポスター張りを依頼したり、、、

と、無茶苦茶大変そう。

よく見ればその議員先生、よく日に焼けています。

最初はゴルフ焼けか(羨ましいなぁ)と思っていましたが、どうやらこの日焼けは辻立ちのドカタ焼けのよう。

その先生は、超一流進学校から東大  東大大学院  中央官庁勤務  衆議院議員 と凄いキャリアなんですが>、そんな凄い先生がこのクソ暑い熱い中、辻立ちしているんですよ。

凄いですね。。。
是非、地盤をしっかり固めて、この国を良い方向に進めて行って欲しいものです。


因みに、、、
週末、夏祭りを7件はしごした時、商店街のおっさんから来るのが遅い!もっと早く来い!的なことを言われたそうです。(別のところでは会費を要求されたとか)
自分のプライベートな時間を使い、地元の人達の役に少しでも立てればと思って、商店街周りをしている議員にこんな一言を投げかける人がいると思うと悲しくなりますね。。。
どこの国でも国を代表する議員はそれ相応の敬意が払われるべきと思うのですが、、、



posted by オーダースーツのヨシムラ at 19:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

今日の吉村ビル



今日から月が変わり8月。
いよいよ真夏となり連日猛暑続きですが皆さんお元気でしょうか?

私の方はというと、最近は秋冬物の販促計画など今の時期ならではの仕事をしていますが、最近、自分のルーティーンワークとなっている仕事を紹介しますと、それは建替え中の本社ビルの進捗状況確認、というのをやっています。

7月から解体工事が始まり、ほぼ毎週、現地確認をしてその都度写真を撮っているので、折角ですからこのブログでもこれからその状況を報告いたしますが、
今日は月初ということもあり、いつもより早く出社し、写真を撮ってきました。

前回、本社ビルを撮影(掲載)したのが6/26でしたから、ほぼ1ヵ月後の吉村ビルはこうなりました。。。

180801-83408-thumbnail2[1].jpg

仮設の足場を立て、子供が入らないよう鉄板の壁を作り、、、
中は見れませんが、中の内装物等の搬出を終え、

そろそろ本格的にビル本体の解体を始める、そんな感じです。

しかし、解体という仕事は大変です。
なにせこの暑い中、クーラーはないんですから。
働いている人たちは中米系のガタイの良い外国人労働者の方が多いのですが、本当に脱帽です。

今日は早朝来たので、誰もいませんでしたが、日中行く時には飲み物の差し入れでもしないとな。。。

BOSSのコマーシャルではありませんが、どこも現場は大変です。
ありがとうございます。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:07| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

秋の味覚


はなはだプライベートな話題ですが、先日、友人に朝、築地の寿司屋に行こう!と言われ、早朝から豪勢にお寿司を食べに行くことになりました。

行った先は、築地城内の寿司屋で、待ち時間が1〜2時間にもなる有名な大和寿司というお店だったのですが、いやはや朝から良い思いをしてきました。

本当でしたらインスタ映えするような写真を掲載すべきなのですが、すみません、、、
食欲に負けて寿司の写真を撮影するのを忘れてしまいました。。。

それはさておき、食後に折角築地に来たのだから、場内を散策しようということで色々と中を見せてもらいました。(友人が築地で顔が利くため彼に付いて行き見学です。)

魚も、定番の鯛や鮪の他、旬のアナゴ、コチ、スズキetc分からない魚も沢山いましたが私が興味を持ったのは、場内に少しある八百屋さんで売られていた松茸

松茸というと、秋の味覚の王様です。

それが外国産ですが7月のこの時期から市場では出回っているんですね。

そうか、松茸の走りか、、、
いいなぁ、出始めの旬の食材はさぞ高いんだろうな・・・

そう思い、八百屋さんに画像の松茸の値段を聞いてみました。

180727-thumbnail2[1].jpg

そこで質問です。皆さんこれ幾らぐらいだと思います?
中国産ですが、概ね1本15cm前後。長いので20cm。
スーパーではなかなかお目にかかれない立派なサイズが10本。


答は、この箱で10,000円。

これを高いか安いかどう考えるかは人それぞれだと思いますが、私は安いと思いました。
自分の中では3-40,000円ぐらいかと、思ってました。

えっ?意外に安いんですね?と大将に聞くと、

大将いわく『松茸は秋の味覚と思われているからこの暑いさなかだと売れないんだよ。だから今の時期は安いの!』ですって。

そうか、確かに今の時期、土瓶蒸しは食べないよな。BBQで食べるにも贅沢すぎるし、、、
ちょっとイメージと違って驚きました。

で、この日は画像の大松茸10本入りの箱はリッチな友人が購入し、私は10-15cmぐらいのが6本入った小さいのを買いましたが、それはなんと!1,000円

今晩はちょっと贅沢に松茸のホイル焼き&松茸ご飯です。

秋の味覚を一足早く、しかも安く堪能します!みなさんも是非

posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

宴の後



先日ご紹介した旧吉村ビル(本社)の解体工事

7月から解体と聞いていましたので、素人の私はすぐ大型機械でばりばり壊すのかと思えば違っていました。
業者さんによれば、これから2〜3ヶ月掛けて、まずは内装のゴミを分別しながら出し、その後、天井・床を順次落しながらゴミを捨てて、最後に壁を取り壊すのだそうで、現状の外見は6月末の時点と殆ど変わりありません。

が、、、中はというと、こんな感じ

旧吉村ビルは仕立て屋としての店舗のイメージが強いと思いますが、実は2階以上は生地屋の倉庫だったり事務所でもありました。
画像は2階事務所のあと
7月に入るや否や、第2回ボーリング調査のため、床を抜いてしまいました。
廃棄用の事務机が物悲しいです。

180709-1.JPG

こちらは3階倉庫部分
反物を保管する生地棚は市販の棚だと重量に耐えられないので、鋼鉄製で要所要所を溶接してある特注品

180709-2.JPG

次は4階の倉庫
4回は倉庫というかサンプル帳用に生地を小さいサイズに裁断する裁断場
写真の機械は生地を小さくカットする機械(の一部)ですが本当はアーカイブとして倉庫に移設する予定だったのですが、あまりにも大きくて分解できず急遽解体・鉄くず屋さんに売ることになってしまいました。

180709-3.JPG

生地屋の仕事はファッション業界全体が2月8月の閑散月になり停滞する頃、逆に納品のピークを迎え忙しくなり、アッという間にこの棚が溢れんばかりに一杯になります。

それが、シーズン中に少しずつ在庫がなくなり、シーズンオフのセールが終わる頃には期初の3割ぐらいの在庫まで減ってしまいます。
あ〜っ!今期も頑張って売ったなぁ・・・と思うのもつかの間、また次のシーズン向けに反物がどんと入荷する。
生地屋はそんなことの繰り返しでした。

でも、こうやって生地がなくなってしまうと、、、やはり寂しいもの。

須田町で60年を過ごした宴の後はこんな感じでした。

やはりこの写真も寂しいですね、、、
せめて写真だけは記録に残しておきたいと思います。




posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

NEWバージョン



もうかれこれ半年前になりますが、こんなことをご紹介しました。

そう、ビッグヴィジョンの配送車が新しくなった際、折角なのでラッピング広告をしてそれのお披露目でした。

当時のを見ると、今でも色あせずなかなか格好良いのですが、いかんせん、これは秋冬物のスーツでした。
それ故、春夏シーズンになると、爽やかさという点ではどうにも季節感が違うため、、、

ラッピング広告を春夏バージョンに切り替えました!
(ちょっと遅いですが、、、)

180627-2.JPG

どうですか?
春夏バージョンのラッピング広告

時期的にライトグレイのスーツなどはピッタリですね。

ということで、9月一杯はこのバージョンが都内(主に山手線内側)を走り回ることになります。

レアキャラですので気付いた人はその日一日ハッピーになれるかも知れません。(笑

1806287-3.JPG

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:16| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

長かった。


ようやく吉村本社の引越しが先週末終わりました。

3月に入居していたビッグヴィジョンの本社移転を行い、その後、オーダースーツのヨシムラ閉店セール(〜3/20)、その後は生地屋としての吉村株式会社の閉店セール、そして6月に入ってからは吉村本社の引越し&ゴミだし、と、この3ヶ月間、閉店セールとゴミだしに追われていたヨシムラ&ビッグヴィジョンスタッフですが、先週末ようやく全ての引越し作業が終わり、後は解体を待つのみとなりました。

180626-1.JPG

昭和40年代前半に建てられたこの建物。
ヨシムラのお客様には閉店セールの際、とても名残惜しいと懐かしんでいただいたこの建物。

恥ずかしいのであまり語りませんでしたが、実は建物は真ん中のところに縦に線が入っていますが(右側シャッターの右側)、これは2つの建物を後から無理やりくっつけたための境目です。

そう、吉村株式会社は戦後先代が大阪から出てきて東京支店を建てた際は角地ではなく、画像の右半分が当社の敷地でした。

その後、昭和40年代前半に画像手前の角地を買い増し、外見で分からないように同じタイルで手前部分を建替えたのです。
(当初は綺麗だったのですが、経年劣化、地震の影響等で今は縦に筋が入ってます。)

そんな築50年の古い建物ですが、私にとっては思い出深い建物
子供の頃は(他所に住んでいましたが)よく亡父に呼ばれ、神田の寿司食べたさによく来ました。
当時は、会社に父の友人の絵描きさんが居て、(会社のイラスト物などを書いてもらっていたのですが)その人に絵を教えてもらったり。
⇒結果は何も成果が出ず、私に絵心はありませんでした。

大学生になって小遣いを貰いにきたときに、当時は社員に見られるのが恥ずかしくて裏口からコソッと入って、父に小遣いを貰った物でした。
(その時がヨシムラの三谷さんとの初めての出会いだったなぁ・・・)

今は、皆退去して、ひっそりたたずんでいます

こんな張り紙をして、、、来月から解体工事です。

180626-2.JPG

解体が始まるまであと僅かですが、今のうちに忘れぬよう脳裏に焼き付けておこうと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:51| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする