2017年11月22日

ウチの業界の常識、世間の非常識

生意気な書き方をしますが、会社を経営する立場になりますと、会社ではなかなか正直に社長のことを批判してくれる人はいません。

だから多くの会社で、どこか自分が王様になったかのように誤解するワンマン社長が生まれるのでしょうけれど、
こういったことを、私は●●(例:ヨシムラ)の常識、世間の非常識、世間の常識、●●の非常識と言って批判し、自らを律するようにしています。

とはいえ、のように偉そうに書いていますが、実際実行できているのか?やはり気付かないのは本人だけなのかも知れません。。。

さて、
ちょっと変わった書き始めをしましたが、の話題で最近気になっているのが、横綱日馬富士の暴行問題

私はお相撲はあまり詳しくありませんが、聞けば、暴行は間違いないにも拘らず
・なかなか被害届を出さない
・被害届を出すのに、本人の意思だけでなく相撲協会や親方が出す出さないを言っている。
・警察の同席した力士への調べに対して“場所中だから”という理由で、休場した力士からだけ事情聴衆をする


などなど、おかしなことだらけだと思います。

こんな考え、私だけなのかも知れませんがよく空手や柔道の有段者は段位を持っているだけで喧嘩をしたら人間凶器で不利になると言いますが、今回のケースでは当事者両人が人間凶器だったとしても、脳震盪まで起こす暴行事件なのですから、即座に逮捕なり立件するなり警察も行動を起こすべきなのではないでしょうか?

そこに相撲協会や親方、部屋への気遣いなど無用で、場所中だから事情聴取しないというのであれば、ビジネスマンが刑事事件に巻き込まれたとき『仕事中だから休みの日に事情聴取してよ!』なんて言えますか?
あるいは警察の方が気を遣って『休みの日に来て下さい!』なんて言いますか?

被害者がどこかに置き去りにされているなんとも不思議な世界です。

まして相撲界は何年か前に、“可愛がり”によって若い力士を死に至らしめたこともあるのに、何を反省したのでしょうか?
素直に、司直の判断に委ねるべきではないでしょうか?

詳しいことは分かりませんが、相撲という狭い業界の中の論理を世間一般の論理に擦りかえるのは良くないことだと思いました。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ヤマトが時給2,000円って

今朝Newsを見ていたところ、年末の繁忙期にクロネコヤマトのアルバイト時給が神奈川で2,000円になるとの記事がありました。

年末年始はクリスマスに、年末商戦に、とアルバイト需要が高まりますから時給が上がるのはある程度読めることですが、それにしても昨年1,500円だった時給が2,000円ですからね、昨年比1.3倍です。

そこで色んなことを思い出しました。。。

自分が始めてアルバイトをした頃(高校生の頃)は時給は500円だったこと。
>>>そういえば、少しでも高い時給を求め、神宮球場でビール売りのバイトをやったなぁ・・・

バブル期ピークの1990年には、これまた高い時給を求め、年末年始に東京駅の中央郵便局で年賀状仕分けのバイトをやったなぁ・・・(因みに夜通し)

そんな過去の想いが走馬灯のように思い出されたのですが、もう1つ重要なことを思い出しました。

それは、、、ある小学校の友人のこと。

私は中学から私立に行ったので中学以降は接点がなくなってしまったのですが、彼は裕福な家庭に生まれたにも拘らず、勉強がいま一つ好きではなく、高校生時代にドロップアウト(中退)してしまいました。

実家からも疎まれてしまい家を出たのですが、そんな彼はバブル経済の伸展と共に、いわゆるフリーターをやり、当時は結構な給料を貰っていました。

大学時代に彼に会った時も、貧乏学生の私から見た彼は羽振りが良く、彼の自由さ」と「羽振りの良さが羨ましかったものです。

ですが、そんな彼もバブル崩壊と自身の加齢によりどんどん貧しくなっていき花形?のフリーターから小さな企業に就職、長く続かず職を転々派遣会社勤務など絵に描いたような転落をしていきました。

どうしているのかな?と思うと共に、今日のクロネコヤマトの記事を見て、『よしこれだ!』と飛び込む人が彼と同じようにならなければと思いました。

人様の人生ですから、私の友人やクロネコヤマトの時給を見て魅力を感じる人を私が批判する資格はありません。

が、物事は長期的に見ることが必要で、一時の美酒に酔うことは良いですがそれが未来永劫続くほど人生は甘くないので、冷静に判断すべきでは?と思った次第です。

若いうちは見た目も良いし、体力もあります。
だから肉体労働的な仕事では高額な給料を貰うことも可能でしょう。
でも、40代50代となり体力が仕事に付いていけなくなった時、またそういった年齢では扶養家族を抱えてお金が必要な時期でもあると思いますが、この頃になって身体で勝負する仕事は正直きついと思います。

それまでに体力でなく知力で勝負できるスキルを身につけることが大切なのではないでしょうか?

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

本社ビル建替え

ヨシムラが東京(神田)に進出してはや60年
もちろん私自身は生まれていないのですが、その当時はこの神田須田町界隈は須田町交差点に都電が2経路走り、万世橋には国鉄の駅があり、と今では想像できないほどの活気だったそうです。
蛇足ですが、パチンコ屋さんや特殊浴場なども複数あり、相当な繁華街だったようです。

そんな神田須田町に当社がビルを建てて50年が経ちました

ご存じの方はいないっと思いますが、進出当時は50坪ほどの土地建物で今の約半分の広さでしたが、昭和30年代に隣地を購入する形で、約100坪程度になりました。

このため、後から立て直したビルを古いビルに無理やり一体化させた形状になっています。

そんな歪なビルのため6年前の東日本の震災では亀裂が入り、上層階はその後雨漏りがしたりと色々と大変でした。

まぁ、築50年以上ですからね、仕方ないのかも知れません。

そんな伝統ある?本社ビルですが、とうとうこの度建替えることが決まりました。

来夏から建替え工事を始めて、オリンピックの2020年春に完成予定です。

建替え後は、現在は5階建てのこの建物がなんと!倍の10階建てになります。
10階全部を当社で使用することはありませんが、それにしても10階建てになるとは、驚きです。

そんなこんなで、今の私の仕事の大きな部分を建替え検討に費やさなければならなくなっています。

目下のところ、外見的なデザイン等はあらかた決まりましたので、これからは移転準備や在庫の整理などをどうするかの検討です。

どこかの段階では在庫処分セールなども行ないますので、その際は是非皆さんご協力をお願いいたします。

それにしてもやることが多くて大変です。。。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:38| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

当選率100%

衆議院選挙も終わりましたね。
皆さんはどちらに投票されましたか?
また票を入れられた方はその後どうでしたか?

社用ブログで特定政党や政治家を応援するのは良くないと思い、控えておりましたが、衆院選も終わりましたのでお話できるようになりましたが、
実は、当社のお客様で今回の選挙で立候補された方が2名いらっしゃいましたが、なんと!お二人とも当選されました!!
(工場の方ではその他数名の立候補者のスーツを受けておりました。こちらは元総理の息子でしたから難なく当選されていましたが)

政治家の方のスーツって結構難しいんです。

・・・というのも衆議院議員ともなると偉い方では総理大臣に会ったり、更には天皇陛下に謁見する機会がありますから、良い物ハンドメイドで最高級の物をお仕立てしますし、
逆に(といっては失礼ですが)選挙では投票される方に親近感を持って貰うためにも庶民的なスーツを着たりします。

ですからある意味相矛盾するスーツを作るため切り替えが大切なのですが、そんな中、今回は選挙用のスーツでお二人とも臨んだと思うのですが結果が良く出て、仕立てた私たちの方もほっと一安心でした。

政治家とはいえお客様の個人情報にも繋がりますから積極的には出せませんが、その中から1名だけご紹介

それは、鈴木隼人議員 https://www.suzukihayato.jp/

TVにも随分露出していたためご記憶の方も多いと思いますが、そう、東京10区で希望の党の若狭候補とガチンコ対決された方です。
結果、若狭候補は失速、かくして40歳の若き候補が勝利しました!

鈴木議員は、経産省の役人時代からのかれこれ15年ぐらいの付き合いですが、どんどん出世していく姿を見るのは嬉しいものです。

うちのスーツを着れば当選する!出世する!って言われるようになれば良いですね!

ともあれ、選挙戦で汚れたスーツは一度水洗いで綺麗にリフレッシュさせてあげようかと思います。
私からの当選祝いのプレゼントにでもしようかな?

↑鈴木先生持ってきて下さったら水洗いの当選祝いをいたしますヨ。笑


posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 仕事(お客さんのこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

新車!

新車!というと、おっ!吉村金持ちだな?ベンツでも買ったか?って思われそうですが、さにあらず。
実は、今日ビッグヴィジョンの配送用のトラックが新車に代わりました。

へ〜っ、配送用のトラック、、、

読者の皆さんのテンションが下がるのが目に見えるようですが、従来は単純にWビッグヴィジョン”とカタカナで書いてあったこの配送トラックが、こんな感じに生まれ変わったのです!!

003-25%.jpg


どうですか?
なかなか格好良いでしょう?

このブルーレッド&ブルーのラインは訳あって私がどうしても!とお願いしたカラーなのですが、配送用トラックを宣伝に使うアイデア、なかなか良いのではないでしょうか?

でも、実はこの配送用トラックを宣伝に使うアイデアは、ある学習塾の社長さんから頂きました。

アドカーというと秋葉原などでは時々大手飲料とか新宿のロボットレストランとか派手な業界が使っているケースがありますが、
その学習塾は、何でも広告のために学習塾のロゴを入れたトラックで住宅街を走らせるのだそうです。

そのお話を聞いたとき、アドカー=繁華街と固定観念を持っていた私にピーンと響くものがありました。

ビッグヴィジョンでは納品のためトラックを走らせていますが、そのトラックは必ず店舗の前に止まりますし、何よりビジネスマンの多い都心を常時走ってます。

だから効果的な広告になるのでは!と思ったんです。

ですから、広告面はトラックの左側(歩道を歩く人から見える側)にはビッグヴィジョンのイメージを付けられるようにモデルさんがスーツを着たイメージ画像を。
そして、意外に効果的かも?!と思ったのはトラックの後ろ面。

後ろの車は必ずずっと見なければなりませんからね。

ですから、ここにはPriceなどを書いて、、、

トラック背面.JPG

こんな車が都内を走っていますので、見つけた方は是非お声掛け下さい?
注:運転される方は配送業者さんのため当社スタッフではありません。


PS:この写真はシーズン毎に季節感も変わりますし、トレンドも変わるので半年毎に写真を入れ替える予定です。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:49| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

神戸製鋼にみる日本の物作り文化

最近、大企業の不祥事が目立ちますね。

直近では、日産自動車の無資格検査問題や今週発覚した神戸製鋼の性能データ改ざん問題
特に、神戸製鋼問題は鉄鋼という物作りの屋台骨に関することで自動車や新幹線、ビル鋼材まで及ぶ大問題なだけに、影響が大きいですし、何より海外から見た『日本品質神話』が崩れてしまうのが一番の打撃ではないでしょうか?

でも、どうしてこんなことをやってしまったんでしょうね?

それを考えた時に、思い浮かぶのは過剰なコスト削減要求です。

これはどういうことかというと、バブルが崩壊し不景気になったこの25年(失われた25年)の間、企業はデフレと戦いながらそれでも利益を上げるよう努力してきました。

しかしながら、、、物には原価がある訳で、原価を超えた低価格などはありえないのです。

“ありえない””出来ない”はずなのに、それを取引先から強く求められるからつい悪いことを“やっちゃった”というのが実情ではないでしょうか?

読者の中にはご記憶がある方もいらっしゃるかと思いますが、もう10年ぐらい前でしょうか?北海道で肉まんにダンボールを入れたダンボール肉まん事件もそうですし、富山(?)の焼肉屋でレバ刺で死亡事故が出た際も、そのお店は100円焼肉なるものをやっていましたが、1皿100円で焼肉なんて出来る訳ないのです。

こういった店で、不快な思いをされた方にこんな言い方は失礼かも知れませんが、そろそろこういったことに日本人も気付く必要があるのでは?とつくづく思います。

振り返って、今度は自分達の業界ですが、

40代以上の方なら覚えているかと思いますが、今から12-3年前にはオーダースーツは最安値で10,000円というのがありました。
当時は中国の人件費が今の1/3ぐらいで極端に安く、また為替も円高だったこともあり、セールの目玉として販売していたのですが、残念ながらやはりそれも“物には原価があり”今を思えば粗悪なものでした。

でも、日本には別途、『(中国製ですが)日本企業が販売する物は優れている』という神話があり、それに盲目的だった人たちが喜んで買って行きました。
:ヨシムラでは海外縫製品の販売はしておりません。

ですが、やはり良くない物は良くないのです。

中には消費者の方でその粗悪さに気付く人もいて、こういった商品にクレームを付け、返品交換を求める人もいましたが、私から見るとそれはもはや“因縁”に近いものでは?と当時は遠くからそう思っていました。

つまり、悪い物を安く買って、良い物を出せと言っているようなものです。

こういった考え方を消費者が変えない限りは、安物買いの銭失いはこれからも起こるのではないか?と思います。

とはいえ、鉄鋼の製品性能など、一般の人には分かりませんからね、、、

それだけに根が深い問題だと思います。

まぁ、とにかく物には原価があるのです。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

クレイジージャケット見本服

いよいよ本格的な秋冬シーズンが始まってきました。
皆さんはこの秋冬をどんな格好で過ごされますか?

トレンドを外さず、さりとてあまり尖らずコーディネートするのは、意外と悩みの種ですよね。
特に、スーツは分かりやすいから良いけれど、ジャケットが難しい...という声をよく聞きます。

お店ではそんな時のためにお店のショーウインドウの飾り用に各シーズン何着かイメージ見本となるスーツやジャケットを作るのですが、今シーズンは特にジャケットに力を入れよう!ということで、数店舗でジャケット見本服を作っています。

えっ、そんなの普通では?
と思われると思いますが、今回は少しひねりを加えたジャケットです。

それは、、、クレイジージャケット

クレイジー●●といってもピンと来ない方も多いと思いますが、クレイジー●●というのは、普通は1枚の生地でジャケットやシャツなどを作りますが、これを全く色柄の違う生地でそれぞれのパーツを作って1着に仕上げたものを、クレイジー●●というのです。

一般的には、クレイジーシャツが有名ですが、それをジャケットで仕立てたからクレイジージャケットなのです。

ただ今、縫製中のため画像の用意がまだできないのですが、例えばABCDEという柄の生地があったら、右袖はA、左袖はB、右の前身頃はC、左の前身頃はD、背中はEなんて感じで生地をバラバラに仕立てるのです。

出来上がりは、通常のジャケットの何倍もの存在感があり、これを店頭に飾れば、前を通る方が注目すること間違いなし!

そんなクレイジージャケットを作っているのですが、実はこれを仕立てるのが超大変

何と言っても、パーツ毎に使う生地が違う訳ですからCAM(自動裁断機)を使う訳にもいかず、全部手裁断ですし、作業する人も、あれこれは袖だったっけ?と訳が分からなくなります。

当然、1着あたりの加工賃もイレギュラー対応のため割高になってとても無駄の多いオーダーになります。

それを、、、ただ今作っているのですが、さてさてどんな見本服になるのか?
出来上がりが楽しみです。

あれっ、冒頭、お客様は『トレンドを外さず、さりとて尖らず...』を求めるって書きましたっけ?
クレイジージャケットはあまりに尖りすぎて参考にならないかもしれませんね?!



posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:12| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

秋の岩木山

今週は青森工場まで出張に行ってきました。

時期はちょうど9月末。
東京では、ようやく朝夕過ごしやすくなってきた頃です。

今回の仕事の内容は、工場との打ち合わせや工場の営業関係の話でしたが、週末に掛かった出張でしたので休みの日に会社の車を借り、岩木山の近くまでドライブに行ってきました!

行った先は嶽(だけ)温泉という岩木山の中腹の温泉地
ご存知の方は少ないと思いますが、温泉としても江戸時代には既に東西有名温泉地にランキングされるほど歴史ある湯治場ですし、
また、今では嶽(だけ)きみというトウモロコシが名物で、わざわざ遠くからこれを買いに来る人が来るぐらい有名です。

山も、岩木山は津軽富士とも言われ、高さは標高1600m程でそれほど高くはありませんが、その稜線はとても美しく、青森(特に弘前市周辺)の人にとっては心の故郷といっても過言ではないかも知れません。

そんな岩木山中腹の嶽温泉へ行き、温泉に入ると心身ともにリフレッシュ。

あぁ、日本の地方は本当に素晴らしい...

帰りにお土産用に嶽きみを買ったお店から岩木山をパチリ。

170930-1.JPG

山は少しずつ紅葉をはめていました。

青森に縁のある方も多くはないと思いますが、機会があればぜひ皆さんも一度訪ねてみてください。

こちらの画像は工場の近くで夕方撮りました。↓

170930-2.JPG





posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

1000人の入札が集まったら?!

いよいよ今日から人気のNET限定企画が始まります。

ビッグヴィジョンでは毎年この時期にNET限定企画を開催していますが、
季節が良いことや対象商品がゼニアでも特に人気が高いエレクターシリーズということもあり、毎年その年のNET企画では最大の入札数を頂いております。

ですが、このイベント今年はちょっと例年になく熱を入れております。

それはなにか?というと、実は今春のNET限定企画(クールエフェクト)を開催した際に、総入札者数が900件を超え、あともうちょっとで大台の1,000件に入札が届きそうになったことがあり、今回は頑張れば入札1,000件行くんじゃないか?

、、、と期待しているんです。

で、社内でその議論をしている時、ある人から

『でも、結果的に1,000件になって喜ぶより、お客様も巻き込んで楽しんでもらう方が良いのでは?』

という意見があり、それでは事前に「入札が1,000件行ったら何かプレゼントをしよう!」ということになり、1,000円キャッシュバックをすることにしたのです。
  1000b.jpg 詳しくは>>> NET限定ゼニア企画(エレクタ) 


さてさて、どうなりますでしょうか?

折角開催するイベントですから精一杯盛り上げたいと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:28| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

どうなんだろうねぇ

世界的なトランペッターである日野皓正氏が中学生にビンタした動画が出て、話題になっていますが、テレビの番組を見ていると、意外とこれを是認する評論家が多いのでビックリしています。

皆さんはどう思いますか?

私は誤解を恐れずに言いますと、実は一定の体罰については容認主義者です。
一定の体罰とは、子供が悪いことをした時に頭を小突くとか、耳を引っ張るとか程度ですが、実の所、子供を育てるとき(私の子供はもう成人していますので、子育て時代を終えております。)他人様の眼が気になったものです。

ですからこれまでの一般的な報道、やれ教師が悪いことをした子供にビンタをして停職や減給になったというこれまでのニュースを聞くと、教師は可愛そうな職業だ。
愛情があるからこその体罰というのも存在する訳で、体罰の全てを否定することは愛情のない教育を生むのでは?と考えておりました。

特に、ワイドショーなぞの無責任な評論家が、状況を見ないまま『体罰は一切許さない』といっているのには、閉口しておりました。

ところが、今回の“日野皓正氏のビンタ”は何故か好意的で、親や本人が許しているからOKだ!と言っているんですよね。

私は体罰肯定派とはいえ、人前で理由なく(理由はあるのでしょうがその場の人が納得できるものだったか不明)ひっぱたかれたら、ひょっとしたら舞台に上がって日野皓正氏をひっぱたいたかも知れません。

まぁ、個別状況は分かりませんが、いずれにしても人によってこの人は許され、この人はアウトってのはおかしいと思います。

同様に、青森県のどこぞの町の町議会議員さんが村八分にあっている衆議院議員の秘書をやっているからといって、町議会議員さんを批判するのは、明らかにやりすぎでは?

メディアは自分達の正義を振りかざし過ぎ、遠山の金さんにでもなっているつもりなのでしょうかねぇ?


話は変わりますが、私の会社でもこれだけ従業員がいれば色々と意見が分かれることがありますが、社内では1つ大きなルールを作っています。

それは是々非々という概念

良いこと(是)は良いし、悪いこと(非)は悪い。

これは立場が社長であっても非は是にならない。と自身も肝に銘じていますが、時にお客様とのクレームの際にも内々に都合の良い報告などを聞いたときにも、是々非々で照らし合わせてどうなの?と聞くようにしています。

蛇足ですが、実は私は大変なスパルタ教育の中で幼少期を過ごしました。
成績が悪ければ殴られ、殴られて骨折したことや一生傷も幾つか残っています。
そういえば、家の中で一番落ち着く場所はトイレだったなぁ・・・
時代は変わったものです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする