2016年10月30日

政治家は“顔”か?

私は仕事柄、政治家や実業界のリーダー、スポーツ選手などのスーツの着こなしには注意を払っていますが、最近、あることをきっかけにこれとは全く逆のことを思い出す出来事がありました。

あることとは何かというと、アメリカの大統領選。

政治的なことを言うつもりはないので、クリントン氏、トランプ氏、どちらの肩を持つ訳ではありませんが、どうにもクリントン氏の顔が醜く、これが共感を得られない原因の1つにあるんではないか?と思ってしまいます。
(※:国内の政治、人の話でしたら、顔が醜いなどとは大変失礼な発言で、自粛すべきことと思いますが、よもや私のコメントがアメリカ大統領選に影響するとは思えませんので暴言ご容赦下さい。)

なぜこのようなことを思うかというと、
実は昔、大学時代にある大学教授※が政治家は能力よりも顔だ!と言っていたのが強く記憶に残っていたのです。

※:小泉政権下で内閣府特命顧問をやられた慶應義塾大学の有名教授島田晴雄先生

当時(平成元年頃)は、宇野総理大臣という方が総理になって半年も経たない内に、愛人問題でスキャンダルになり辞任したという事件があって、先生は宇野総理の外見と国民の反発を指して言われた言葉でしたが、
『(男性の)政治家はハンサムでなければ、ダメなんだ!』と言われていたのが、学生時代の自分には、顔で出世が決まってしまうなら、努力する必要はないじゃないか?と反発したのを覚えております。

しかし、あれから25年以上経ってアメリカ大統領選を見るとご年齢のこともあろうかとは思いますが、私にはクリントン女史の悪代官風の見た目が際立ってマイナスに見えるのです。

女性蔑視の気持ちは全くありませんし、トランプ氏も決してハンサムでもなく、こちらもむしろ醜悪ぐらいですが、これまでのアメリカ大統領のイメージとは全く違う、なんか醜悪なんです。

スーツは人の欠点を隠し、男性なら力強く、誠実に、女性なら美しく、清廉に、より良く見せるツールの1つです。
そんな中、隠しきれない物もあるんだな、というのを痛感した最近の出来事でした。

しかし、大統領や総理大臣というのは激務ですね。
皆さん、就任前と退任後では随分見た目がお変わりになられています。

オバマ大統領も就任当時はスタイリッシュで若々しかったですが、最近は少し老け込んだ気がします。
国に自分を捧げ、生も根も尽き果てたというところでしょうか。
脱帽します。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

米山隆一知事おめでとう!

私の年齢(48歳)になると世の中でいろんな人が出てきます。

大企業で社長になる人起業してブレイクする人、そんな人もいれば、50を目前に出世街道から外れ、子会社に出向する人や、最悪のケースではリストラにあってしまう人まで様々です。

そんな中で、私にとって数少ない国立大学卒の友人米山隆一君という人がおります。
http://www.yoneyamaryuichi.com/index.html

彼とは学生時代にとある懸賞論文で入選し、一緒に米国視察旅行に行った仲(ルームメイト)だったのですが、彼の履歴書はそれは凄いものでした。

東大医学部卒、その後司法試験合格、更にその後ハーバード医学博士

つまり、医者であり弁護士でもあり、更には海外でも医師として活躍していて、、、まぁ、凄いの一言です。


ですが、そんな彼ですが実は長〜い苦難の時代がありまして、

かれこれ10年以上前に、彼は新潟出身なのですが、田中真紀子さんが自民党から民主党に鞍替えした時の選挙で『田中真紀子の刺客』として自民党から立候補し落選。
その後も、政党を幾つか変えて、民主党、みんなの党、維新の党などなど(すみません。間違った情報かも知れません。)二転三転してなかなか、政治の世界では彼の実力を発揮することがありませんでした。

その彼が、今日、新潟県知事に初当選しました!

同じホテルの隣のベッドで寝ていた彼が知事かぁ・・・

自分とは違う世界で頑張る彼ですが、自分ももっともっと頑張らなくてはいけないなぁ・・・
彼の浪人生活の10年の苦労に比べれば自分の日々の苦労なんて大したことないな。
よし!自分も頑張ろう!

友人の活躍というのは嬉しいものです。
自らを発奮させる材料になります。

米山知事、がんばってください!

一応、当社にも新潟工場がありますから、一度遊びに来てくださいね!(笑

posted by オーダースーツのヨシムラ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする