2017年08月26日

秋田県大仙市の大曲花火大会

一昨日、山形県新庄市の『新庄祭り(宵祭り)』を観に行った私ですが、それから2日後の8/26は秋田県大仙市の大曲花火大会を観に行っておりました。

え〜っ、また〜、遊びすぎでは?とお思いかと思いますが、実は山形県新庄市と秋田県大仙市は電車で1時間ほどの距離で、私的には当社グループの縫製工場がある山形工場(新庄市)と秋田工場(大仙市)の2工場に出張するついでのお祭りです。

また、こちらも大仙市さんからのご厚意で桟敷席をいただき、特等席で観覧しましたのですが、花火大会の内容よりも今回は一連の顛末を書いた方が良いと思いますのでそちらをブログに書かせて頂きます。

顛末?なに?と思われるかと思いますが、ニュースになったのでご覧になった方も多いかと思いますが、実は今回の大曲花火大会は、直前の大雨の影響で当日の朝まで開催が危ぶまれたイベントでした。

またご存じない方も多いと思いますので補足しますが、大曲花火大会は全国の花火職人さん達のコンテストを兼ねていることから、日本一の花火大会とも言われ、
田舎の河川敷で行なうことの影響もありますが、東京(都市型)花火大会は住宅が密集しているため花火が高く上がりますが、田舎のためか花火を上げる高さが低く、火花が地面まで落ちてくることもあるほどの大迫力の花火なのです。

そして、主催の大仙市はこの花火大会を町おこしの中心に置いて、この日の花火は県内外から80万人もの人たちが集まるという日本最大の花火大会の1つなのですが、今回私が伝えたいのは、主催者側の情熱です。

今回の花火大会は、前々日に大雨が降って、会場の河川敷は土手が決壊寸前になるぐらい水というか泥まみれになっていました。

私が、前日に会場を見にいった時は、河川敷に用意した簡易トイレは溢れた泥水の中でプカプカ浮いている始末。
桟敷席として用意した板張りの席はもちろん泥水の中でした。

それを業者さんや市職員の皆さんが何と!当日の朝午前2時までかかって清掃、消毒をしてようやく会場を作ったのです。

花火を観るのはわずか数時間ですが、これを支える人たちは1年がかり。
河川敷という自然が相手の部分もありますから計画通りに行かないことも多々あります。

そんな中、このイベントを盛り上げようと皆必死なんでした。

冒頭にも書きましたが私はこのお祭り(花火大会)でも市から頂いた席に座らせていただきましたが、市から配布された席ということで市職員さんが挨拶に来られたのですが、本当皆疲れた顔をされながらもホストの大役をしっかり果たしていました。
前日よく寝てないのでしょう。
目を血走らせながら挨拶に来られる皆さんのお顔を拝見すると目頭が熱くなりました。
・・・更には、市長さんまで挨拶に来られ、、、本当に恐縮です。

気合や根性とはよく言いますが、それ以前に皆さんこの花火大会を大いに愛しているんだな、こういった愛情が難局を乗り越える原動力になるんだな、と改めて考えさせられました。

今日は大きなイベントを陰で支える人たちのことを少し書かせて頂きました。

花火の方は・・・?
もちろん圧巻でした!こちらも来年も行きたいと思います!

20170826.png

posted by オーダースーツのヨシムラ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

新庄祭り(宵祭り)

8月はどこの土地でも夏祭りなどで盛り上がりますが、今週はグループ会社の縫製工場がある山形県新庄市の新庄祭りを観に行ってきました。

読者の皆さんは、新庄祭りと言ってもピンと来ない方が大半だと思いますので簡単にご紹介しますが、

新庄祭り

新庄祭りは山形県新庄市で8月に行なわれる五穀豊穣を願って行なわれる夏祭りで、豪華絢爛な『山車』を使い練り歩くのが特徴で、昨年 ユネスコ無形文化遺産になったことで一躍有名になりました。

170824.jpg

そんな大規模なお祭りなのですが、工場が新庄市にあるということで、市からご招待をいただき、桟敷席で観させて頂きました。

観て、一言、圧巻!
山車は1台が中型トラック1台分ぐらいの大きさなのですが、イメージとしては中型トラックの運転席のない台車の上に、歌舞伎の一場面などを表現した山車が乗り、その前に山車を引く人たち、山車の後ろには太鼓を叩く人やお囃子の笛を吹く人達が並び、練り歩きます。

これを新庄市内の各町会(?)がそれぞれ独自の山車を作り、総勢20台ぐらいが練り歩くのですが、山車には電飾があり、夜はこれがとても綺麗に映えますから宵祭りはお祭り最大の目玉です。

それを桟敷席で観ることができ、とても良い思い出になりました。

また来年も呼んでいただきたいものです。

皆さんも機会があれば是非一度山形(新庄市)へお越し下さい。

因みに、画像はお昼ご飯

170824-2.JPG

新庄はこれがご当地食で、何と!今日のラーメンは“冷やし”トリモツラーメンで氷が入って冷たいのです。

冷たくさっぱりしていてとても美味しかったです。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

老舗の倒産

先日、懇意にしている焼き物屋(←実は違いますがそういうことにして下さい。)から1通の手紙を頂きました。

手紙なんて珍しいな、、、と思い、開封してみると、

『前略、、、
 〜倒産してしまうことになりました。
 ○日までは通常営業いたしますが、どうかそれまでは内密にして下さい〜

とのこと。

そこのお店は、個人的にも大好きで私個人は沢山そこの商品を愛用していました。
またお店での対応が好きで、友人知人にも何人にも紹介していたのに、、、
地元では老舗中の老舗で、創業も150年以上あるのに、、、

本当に残念です。

しかしどうして倒産なのかな。
自分がその状況に置かれていたらどうしてたかな?

同じ商売をする者として、商売には時代の大きな流れには逆らえないものがあります。
例えばそれは、昔ながらの足袋を売っているお店があったとすれば、時代が和装から洋装へ、技術の進歩でスニーカーが生まれれば当然その業種業態は衰退しなくなっていくことは良くあることです。

近年の例で言えば写真現像のDPE業界などはパソコン・スマホの不況で業界自体が死滅してしまいました。

でも、焼き物(←実は違う)でもそうなのかなぁ、、、

確かに日本人は日本の古き良き物を軽視する傾向がありますよね。
文化芸術でも妙な舶来思考が強すぎ、国内の良い文化を大切にしないところがあります。

でもこういった文化や芸術はなくなった後に気付くものではないでしょうか?

これを国富の消滅といわず何というのだろう・・・

そう思わずにはいられませんでした。

PS:ほとぼりが冷めた頃、↑で伏せた業界やそこで購入した素晴らしい製品の写真を掲載したいと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする