2017年11月22日

ウチの業界の常識、世間の非常識

生意気な書き方をしますが、会社を経営する立場になりますと、会社ではなかなか正直に社長のことを批判してくれる人はいません。

だから多くの会社で、どこか自分が王様になったかのように誤解するワンマン社長が生まれるのでしょうけれど、
こういったことを、私は●●(例:ヨシムラ)の常識、世間の非常識、世間の常識、●●の非常識と言って批判し、自らを律するようにしています。

とはいえ、のように偉そうに書いていますが、実際実行できているのか?やはり気付かないのは本人だけなのかも知れません。。。

さて、
ちょっと変わった書き始めをしましたが、の話題で最近気になっているのが、横綱日馬富士の暴行問題

私はお相撲はあまり詳しくありませんが、聞けば、暴行は間違いないにも拘らず
・なかなか被害届を出さない
・被害届を出すのに、本人の意思だけでなく相撲協会や親方が出す出さないを言っている。
・警察の同席した力士への調べに対して“場所中だから”という理由で、休場した力士からだけ事情聴衆をする


などなど、おかしなことだらけだと思います。

こんな考え、私だけなのかも知れませんがよく空手や柔道の有段者は段位を持っているだけで喧嘩をしたら人間凶器で不利になると言いますが、今回のケースでは当事者両人が人間凶器だったとしても、脳震盪まで起こす暴行事件なのですから、即座に逮捕なり立件するなり警察も行動を起こすべきなのではないでしょうか?

そこに相撲協会や親方、部屋への気遣いなど無用で、場所中だから事情聴取しないというのであれば、ビジネスマンが刑事事件に巻き込まれたとき『仕事中だから休みの日に事情聴取してよ!』なんて言えますか?
あるいは警察の方が気を遣って『休みの日に来て下さい!』なんて言いますか?

被害者がどこかに置き去りにされているなんとも不思議な世界です。

まして相撲界は何年か前に、“可愛がり”によって若い力士を死に至らしめたこともあるのに、何を反省したのでしょうか?
素直に、司直の判断に委ねるべきではないでしょうか?

詳しいことは分かりませんが、相撲という狭い業界の中の論理を世間一般の論理に擦りかえるのは良くないことだと思いました。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ヤマトが時給2,000円って

今朝Newsを見ていたところ、年末の繁忙期にクロネコヤマトのアルバイト時給が神奈川で2,000円になるとの記事がありました。

年末年始はクリスマスに、年末商戦に、とアルバイト需要が高まりますから時給が上がるのはある程度読めることですが、それにしても昨年1,500円だった時給が2,000円ですからね、昨年比1.3倍です。

そこで色んなことを思い出しました。。。

自分が始めてアルバイトをした頃(高校生の頃)は時給は500円だったこと。
>>>そういえば、少しでも高い時給を求め、神宮球場でビール売りのバイトをやったなぁ・・・

バブル期ピークの1990年には、これまた高い時給を求め、年末年始に東京駅の中央郵便局で年賀状仕分けのバイトをやったなぁ・・・(因みに夜通し)

そんな過去の想いが走馬灯のように思い出されたのですが、もう1つ重要なことを思い出しました。

それは、、、ある小学校の友人のこと。

私は中学から私立に行ったので中学以降は接点がなくなってしまったのですが、彼は裕福な家庭に生まれたにも拘らず、勉強がいま一つ好きではなく、高校生時代にドロップアウト(中退)してしまいました。

実家からも疎まれてしまい家を出たのですが、そんな彼はバブル経済の伸展と共に、いわゆるフリーターをやり、当時は結構な給料を貰っていました。

大学時代に彼に会った時も、貧乏学生の私から見た彼は羽振りが良く、彼の自由さ」と「羽振りの良さが羨ましかったものです。

ですが、そんな彼もバブル崩壊と自身の加齢によりどんどん貧しくなっていき花形?のフリーターから小さな企業に就職、長く続かず職を転々派遣会社勤務など絵に描いたような転落をしていきました。

どうしているのかな?と思うと共に、今日のクロネコヤマトの記事を見て、『よしこれだ!』と飛び込む人が彼と同じようにならなければと思いました。

人様の人生ですから、私の友人やクロネコヤマトの時給を見て魅力を感じる人を私が批判する資格はありません。

が、物事は長期的に見ることが必要で、一時の美酒に酔うことは良いですがそれが未来永劫続くほど人生は甘くないので、冷静に判断すべきでは?と思った次第です。

若いうちは見た目も良いし、体力もあります。
だから肉体労働的な仕事では高額な給料を貰うことも可能でしょう。
でも、40代50代となり体力が仕事に付いていけなくなった時、またそういった年齢では扶養家族を抱えてお金が必要な時期でもあると思いますが、この頃になって身体で勝負する仕事は正直きついと思います。

それまでに体力でなく知力で勝負できるスキルを身につけることが大切なのではないでしょうか?

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

本社ビル建替え

ヨシムラが東京(神田)に進出してはや60年
もちろん私自身は生まれていないのですが、その当時はこの神田須田町界隈は須田町交差点に都電が2経路走り、万世橋には国鉄の駅があり、と今では想像できないほどの活気だったそうです。
蛇足ですが、パチンコ屋さんや特殊浴場なども複数あり、相当な繁華街だったようです。

そんな神田須田町に当社がビルを建てて50年が経ちました

ご存じの方はいないっと思いますが、進出当時は50坪ほどの土地建物で今の約半分の広さでしたが、昭和30年代に隣地を購入する形で、約100坪程度になりました。

このため、後から立て直したビルを古いビルに無理やり一体化させた形状になっています。

そんな歪なビルのため6年前の東日本の震災では亀裂が入り、上層階はその後雨漏りがしたりと色々と大変でした。

まぁ、築50年以上ですからね、仕方ないのかも知れません。

そんな伝統ある?本社ビルですが、とうとうこの度建替えることが決まりました。

来夏から建替え工事を始めて、オリンピックの2020年春に完成予定です。

建替え後は、現在は5階建てのこの建物がなんと!倍の10階建てになります。
10階全部を当社で使用することはありませんが、それにしても10階建てになるとは、驚きです。

そんなこんなで、今の私の仕事の大きな部分を建替え検討に費やさなければならなくなっています。

目下のところ、外見的なデザイン等はあらかた決まりましたので、これからは移転準備や在庫の整理などをどうするかの検討です。

どこかの段階では在庫処分セールなども行ないますので、その際は是非皆さんご協力をお願いいたします。

それにしてもやることが多くて大変です。。。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:38| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする