2018年01月16日

教育・指導とは・・・

お客様にはまだ影響が出ていないことですが、実は当社の主力工場である青森工場の技術顧問に今年から新しい方が加わりました。

技術顧問と聞くと年配の技術者を皆さん想像すると思いますが、その方はなんと!私よりずっと若い30代の方です。

えっ?30代で?とお考えかも知れませんが、技術を伝えるのに年齢はない!と思い、昨秋からアプローチしてその結果今年から青森工場に来ていただくことになりました。

まぁ、このことははっきりした形で製品力に繋がるのは暫く先でしょうし、見えない部分でのことが多いためお客様が気付くことはあまりないのだと思うのですが、この方が来られたことで幾つか改めて教育・指導とはなんぞや?ということを改めて考えさせられました。

今年50歳になる私は実は2つの時代(価値観)を生きているのではないかと思っています。

1つは、昭和の時代の価値観
>>>私はバブル世代ですが、仕事を教えてくれた方は昭和世代の方。
つまり仕事は盗んで覚えろ!
営業は気合と根性で取って来い!飛び込み訪問なんのその
...といった価値観です。

そしてもう1つは、平成の?価値観とでも言うのでしょうか?
>>>仕事はマニュアルで覚える、システマティックに仕事を作ることでミスをなくし効率を上げる。
仕事は“仕組み”で取ってくる(顧客の側から欲しいといってもらえる)
...といった価値観。

個人的には、歳相応に昭和の価値観で生まれ育ち、平成の価値観で今を生きているというのが私自身なのですが、縫製工場という情報が遅れた地方の会社古い体質の青森工場ではこれまで昭和の価値観が横行していました。

今や欧米企業を中心に人の評価は360度評価と言われる中、立場が上の人が下の人を一方的に評価したり、論理で教育せず、経験で教えようとするやり方はやはり限界があると思います。

私の本業である生地屋(吉村株式会社)もそうでした。

若い頃「○○について教えて欲しい」と聞いても「それはアレでコレだから」みたいな、記録でなく記憶だけを頼りに教育がなされて、そこでマニュアルを書いてくれと言って、作られた業務のマニュアルが紙切れ1枚でしかなかったり、と散々苦労して来ました。

あっ、何か愚痴っぽくなって来ましたが、閑話休題

新しい技術顧問の方はその点では凄かったです。
まずは現場が目から鱗。
これまでは、不良品が出てこない限り業務改善をしなかったところを、『これは○○と重複した作業ですから割愛しましょう』とか『品質のためには△△にした方が上です』とか現場にぐいぐい入ってきます。

これまではどちらかというと、検品でハネられた商品をどう直すか?ということが中心だったため、不良品率が下がらなかったのですが、今回は元を正す方向に動いていることに感心しました。

製品精度が高まることが一番ですが、働く側としては前向きな気持ちが形になって表れることが何より嬉しいですね。

昭和が良いか、平成が良いか?はたまたその先がどうなるか?は分かりませんが、教育は、された人が一歩一歩前に進む気持ちになることが一番大切だと思いました。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

戌年にあたって

読者の皆さんはこの切手をご覧になったことありますか?

180107-1.jpg

そう、今年は戌年ですから切手の図柄に干支が描かれたものって毎年ありますから、それです。

ではこの犬何をかぶっているのでしょうか?

見てみると青い竹の笠と、目を凝らしてみるとを頭に載せています。

これの意味をご存知ですか?

実は、これは竹を2つ頭に載せた犬。
つまり竹冠に犬を書いて、笑うという意味と、笠をダブルで被っているから重ね重ねという意味で縁起物なのです。

へ〜っ、、、でも何で吉村がこんなことを知ってるの?

...とお思いだと思いますが、実はこの“犬の人形”を売っているのが浅草は浅草寺仲見世の江戸趣味小玩具『助六』さん

180107-2.jpg

...で、その旦那と私が友人ということもあり教えてもらったのです。

因みに、私も1つお正月に買わせていただき、今はパソコンの前に鎮座しています。

180103-3.JPG

パソコンの上に置くことで、今年も一年笑顔でいられたらと思います。

180103-4.JPG

追伸;お正月に銀座の鳩居堂に行った際、鳩居堂の前にもこんな犬がおりました。
慌てて、助六さんに電話をしたところ、これは笠が1つしかないから、ダメだ、、、と言われてました。
どっちが本物なのか分かりませんが、どちらもなかなかキュートですね。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます。

読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。
2018年も穏やかに始まりましたが皆さんのお正月はいかがですか?

私の方はというと、暮れが12/29まで仕事だったこと、年始はBVでやっている楽ちんオーダーの関係で1/1夜には仕事に戻らなければならなかったため、お休みは12/30〜1/1(昼)までの2.5日間だけがお休みでした。
加えて、1/3にはBVが全店で営業を開始し、ヨシムラでも1/5には初売りお年玉企画がありますから、物販を行なっている会社の社長はお正月とはいえ、なかなか休めないものです。

それはさておき、今年2018年はどんな1年になるのでしょうか?
世界を見るとブレグジット問題やトランプ政権の通商政策、イスラエル問題などいつの時代もそうですが問題山積です。
加えて、日本で言えば北朝鮮問題がありますから、株式相場がどんなに上がってもミサイル一発で大暴落ということにもなりかねません。

そんな中ですが、今年の当社(ヨシムラ、BV、青森工場)はいろんな面で挑戦の1年になりそうです。

1番は、老朽化したビルや工場の建て替え・移転問題
近々、ヨシムラのお客様にはご案内状をお送りしますが、当社は本社ビル(神田)を今年建て替えます
このためヨシムラは3月に閉店し、近隣に移転します。
(⇒ご案内状はその閉店セール等のご案内です。)

今はビッグヴィジョンも本社がヨシムラビルの中に入っていますから、当然そちらも移転します。

加えて、、、実は年末の最後の最後に、青森工場の移転がほぼ決定いたしました。
場所は現在の青森工場の近くですが、廃校となった小学校を譲り受け、そこに工場を移転します。
これにより人員増が出来れば、生産キャパは20%程向上する見込みです。

⇒ただし、工場は設備を移動するタイミングに問題があり、早ければ今夏、遅ければ来年夏に移転することになります。

そんなこんなで、今年のヨシムラ・BVグループは引越しの1年になりそうです。

2つ目の挑戦は、IT化の推進です。
中小企業の当社は残念ながらIT化の流れにおいては後塵を拝していました。
しかしながら時代の流れには逆らえず、今年可能な限りBVと青森工場のIT化を進めます。
丁度、BVは一昨年から昨年にかけて新システムを稼動したばかりでしたので、1年待っていた状態でしたのでこのIT化を進め、店舗で受けたお客様のオーダー情報がデジタルで工場に届くようなシステムを確立したいと考えています。

更には、工場のIT化です。
現在工場ではお取引先さんによっては店舗からの採寸データをデジタルで読み取ることは対応していますが、新しい工場を作る際には、これを進展させ、工場内の工程状況を把握できるようバーコード管理などを行ないたいと考えています。
こちらも実現すれば省力化にも繋がりますし、納期短縮にも繋がります。

ただ、残念なことは最新式の縫製工場の事例を国内で見ることができないことで、こういった最新設備は中国に行かないと見れないのが残念です。

とまぁ、やることだらけの1年になりそうですが、スタッフと力を合わせ頑張りたいと思います。

思い起こせば、この5〜6年で私の仕事も随分変わりました。
一番変わったのは、接客が出来なくなる一方で経営的なことばかり考えるようになったこと。
接客が出来なくなると不安です。
何故なら会社の方向性を指示する立場としてお客様の考えが見えなくなるから。
そうならないよう、日頃からお客様からのメールは全て目を通していますが、やはり販売の最前線が懐かしいです。

とはいえ、人は歳相応に変わるもの。
やりやすいことをするのが自分の仕事ではなく、無から有を作る仕事が自分の仕事です。

初心やお客様を忘れることなく、今年も1年自らに厳しく頑張りたいと思います。

50を前にした年頭の抱負として書き留めました。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 06:00| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする