2019年02月28日

オーダースーツはどこへ向かうのだろう?



巷ではオーダースーツがブームでお陰様でビッグヴィジョンもヨシムラも関連縫製工場もその恩恵を受けておりますが、このオーダー業界はここ4〜5年で業界地図が大きく変わろうとしています。

業界地図は大きく分けて@老舗系 AIT系 B既製服系 Cその他に分かれますが代表企業で言うとこんな感じです。

@老舗系:ビッグヴィジョン、花菱、銀座山形屋、グローバルスタイル
AIT系:ZOZOタウン、FABRIC TOKYO
B既製服系:ディファレンス、アオキトーキョー
Cその他:小規模テーラー(オーダースーツのヨシムラ)


こんな中で最近話題をさらっているのがAB

Aについては、読者の皆さんも昨年目にすることがあったと思いますが、ZOZOスーツが一番有名でしょうか?
良い結果には結びつかずZOZOの代表的な失敗例となってしまったのが大変残念ですが、老舗系にはない発想で老舗系オーダー店は脅威に思っていたことと思います。
(私は必ず失敗すると確信しておりましたが、、、)

Bは、少子高齢化で販売数量を伸ばせない既製服業界がオーダー業界に目を付けたもので、既存の我々から見るとオーダースーツ業界という小さな池に巨大魚がやってきたみたいなもので大変な脅威でした。

さて、そんな小さなオーダー業界に色んな企業がひしめくようになりましたが、消費者の皆さんとしてはどう受け止めれば良いのでしょうか?
業界人でなければ上記@〜B、あるいは個別企業を見ても差が分からないのではないかと思います。

●スーツはファッションですからファッション感度の優劣
●それともオーダースーツだから身体にフィットさせる技術の優劣
価格

これはどちらも重要ですよね。

ファッションの優劣ではベースとなる型紙が重要ですから意外と既製服業界が優れているのかも知れません。
身体にフィットさせる技術で言えば、消費者的には見落としがちですがお客様の体型を把握する『審美眼』は半年1年の経験では磨けませんから、老舗系が強いと思います。

ZOZOスーツはこの体型補正の審美眼を人に頼らず、ITの力でやろうとしましたがご承知の通り大失敗しました。それだけ体型を見る目は大切です。

一方、
●IT系は利便性を最大限に活用しているのが特徴です。
昨年のZOZOスーツは大失敗でしたがあれもビッグヴィジョンのような老舗系としっかり組めば少し変わった結果になったのだと思います。

こんなところが業界地図とその特徴ですが、それぞれ善し悪しがありますが、ファッション感度、技術、価格、利便性(IT)そんな価値判断で消費者の皆さんは自身のお店選択をされているのだと思います。

そして上記@〜Bの各業態も自分達の得意分野だけでなく、従来不得手だった部分を克服しようと日々努力しているようです。

そんな中、今日、ガリバーAOKIがアオキトーキョーというオーダースーツ店を銀座と池袋に出店したという報道を業界新聞で読みました。
猫背や反身、肩の位置、O脚・X脚の補正などが出来るとのことで、正直これが出来れば老舗テーラー系と全く遜色ない(イージー・パターン)オーダーだと思います。

個人的には、ズボンは腰で止めて後は下に落しているだけですから、特にO脚X脚の補正が型紙上どうなっているか興味がありますが、接客ベースでお客様に対してどのような案内・説明がされるか是非話を聞いてみたいです。

近代はシステム的にはかなり優秀になっていますが、果たしてこれを使いこなす人材がどうか?
お互い切磋琢磨して学ばないといけませんね。

そんな中、ビッグヴィジョンは老舗系ですので技術力としてはグループに縫製工場がありますから他社より優れていると思いますが、広告や企業規模では大手にはるか及びませんが、それでも新たな武器を得ようと日々努力しています。

今年は特に、IT化による利便性の向上納期短縮が鍵だと思って日夜奮闘しています。

IT化では4月頃からビッグヴィジョンの全店舗でI-PADによる受注を開始して、新工場が立ち上がる秋からは短納期対応が出来るように頑張っています!

他社に負けないよう頑張らねば。。。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:35| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

マウスウォッシュ配布中



読者の皆さんは、口臭を気にされますか?

「気にする!」まぁ、当たり前の反応ですよね。

学生の頃は、そこまで気にならなかった(?)口臭ですが、社会人になれば営業で気にするのは当然ですし、40代半ばを過ぎると歯周病も気になりますし、最近では舌のクリーニングをされる方も増えてきているようです。

ちょっと普段と違った毛並みの話題から今日のブログを始めましたが、実は、ただ今ビッグヴィジョン全店では、製薬会社さんからのご依頼をいただき、口臭ケアのマウスウォッシュ(薬用洗口液)を無料でお配りしています


190205-2.jpg


第一三共製薬(ブレスラボ)
 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_breathlabo/?cid=yh_cpc_blb_22


メーカーは大手製薬会社の第一三共製薬さん

ひょんなご縁から、ビッグッヴィジョンのお客様にお配りいただけないか?

スーツのご注文の方、お引取りの方を中心に無料でお配りしていますので、店舗のカウンターで見かけた際は一声お掛け下さい。
(きっと黙っていてもスタッフがお配りすると思いますが・・・)




posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:31| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

義理チョコはパワハラか?


先日、WebのNewsでこんな事が書いてありました。

義理チョコはパワハラか?

そう、そろそろバレンタインデーも近いですから若い男女がそわそわする時期になりました。
(そわそわするのは中学生ぐらいか?)

それはさておき、なにやら物騒な“パワハラ”発言。
最近の経営者はハラスメントに敏感です。

見出しを一読した時、私はそうだ!そうだ!(拍手喝采)と思いました。

何故って?
だってそうじゃないですか!
女性が男性に優劣をつけてプレゼントを渡したり渡さなかったりするからです。
貰えない男性はさびしいものですよ、、、

世の中はハラスメントハラスメントといってセクハラ筆頭に、特に女性の側に有利なハラスメントが主張されています。(←この一文だけを読むとちょっと不適切ですが文意でご判断下さい。)

その中で、チョコをもらえない男性の側がハラスメントを受けている、と初めて男性でも弱者になれることを指摘した!と思ったのです。

義理チョコにも色々あります。
個人的には、昔のハートチョコなら嬉しいですが、チロルチョコはちょっと・・・
時に、義理チョコすら貰えない人もいます。

・・・ということで、喜び勇んで記事を読んだのですが、内容は私の考えとは全く違っていました!

義理チョコはハラスメント
それは・・・義理チョコを“要求する”のがハラスメントなんだそうです。

おいおい、義理チョコ要求するって、、、
そんな人いるのかな?

これはこれで大変寂しいことですネ。

私は中高男子校でしたから経験が少ないですが、バレンタインデーでそわそわする甘酸っぱい青春が羨ましいです。







posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする