2019年12月25日

新社屋上棟間近



クリスマスも終わり、師走も押し迫ってきましたね。
皆さんの今年1年はいかがでしたか?

私はというと、『いやぁ、今年は忙しかった』の一言に尽きます。

何が忙しかったかと言えば、従来のビッグヴィジョンの経営のほか、青森工場の新工場稼動と吉村ビルの新築工事があったから。

それも年末を控え、青森工場の方は8月末の移転で無事初期の目的を果たせましたので、あと今年残った仕事は、吉村ビル関係だけになりました。

で、吉村ビルは?というと、流石にまだ完成はしておりませんが、年末には上棟まで出来そうです。

よく建築の時に上棟式とか言いますが、どんな状態を“上棟”というかご存じない方もいらっしゃるかと思いますので説明しますと(実は私も“上棟”ってどんな状態か知りませんでした。)

上棟とは棟(むね)上げと言って、柱や梁など建物の骨格部分が出来たことを意味していて、ビルで言えば骨格の箱が出来た状態をいいます。

ですから、年末に上棟といってもまだビルには外壁は出来ても外壁タイルは貼っていない、部屋の内装は外壁はあるけれど、内部の間仕切りは出来ていない状態です。

とはいえ、大きな節目ですので久しぶりにビルの内部を見てきました。

今の内部はこんな感じ。。。

20191225-3.JPG

低層階:オフィスビル仕様なので間取りは広いですが、まだまだ何も出来ていない状態。ようやく窓のサッシがついたぐらいですね。。。

20191225-2.JPG

高層階:賃貸マンションとなるため、工事の進んだ階では内壁を作り早いところではユニットバスまで入りました。

20191225.JPG

正面:正面は足場の関係でよく見えませんが、ファサード(正面のデザイン)のイメージ作りのため吉村のYRロゴを印刷して貼ってイメージ確認



とまぁ、完成までにはまだまだ時間がかかりそうですが、これが来年3月末に出来上がるってんですから凄いですね。。。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

通勤電車でのコート



師走も半ば過ぎると朝夕の通勤が辛くなりますね。
私の場合、満員電車が嫌いなので朝は6:00前に家を出て会社へは7:00時には着いていますから、ラッシュはまだ楽ですが、それでも寒さには適いません。

そんな辛い冬の通勤ですが、読者の皆さんはコートをどうされていますか?

私の場合、コートは用途に応じてトレンチ、チェスター(グレイ)、カシミヤ(黒)、アルスター(キャメル)、スポルベリーノと普段は5枚のコートをスーツのコーディネートに合わせて使い分けていますが、どちらにも共通していえることは、かさばること。

まぁ、温かさのためにはそこそこの肉は必要ですから仕方のないことですが、今日皆さんに提起?したいことは、これを電車でどうされていますか?(特に着座の時)

私は、先述の通り朝が早いため、座って通勤できるのですが、その時に、必ずコートは脱いで、畳んで座っています。

ですが、自分の周りを見るとほぼ95%ぐらいの人がコートを着てそのまま着座しています。
これは車通勤の方も同じでしょうか?

私は仕立て屋・生地屋としてとても悲しく思います

まず1つは、隣の人に迷惑です。(これは仕立て屋としての発言ではなく)
最近の電車は7名?で綺麗に一列に座れるように途中に棒があったりと1人1人のスペースがある程度分かりやすくなっています。

その中で肉厚のコートを着てしまえば、当然その分膨らんで座りにくくなります。

もちろん小柄な女性なら大丈夫でしょう。
でも、大柄な人や太目の人が隣にいるとどうしても座りにくくなります。

実際、私の通勤時間帯でも席は空いているけど、スペースが少なく遠慮して立っている人が多く見られます。(ラッシュになればそうも言っていられないのでしょうけれど)
とても残念なことです。

2つ目生地が傷むことです。
コートには皆さん、温かさが第一、その次に肌触り、艶感などを求めるでしょう。

耐久性の高い綿や化学繊維素材でしたら良いかも知れませんが、肌触りが良く艶感がある、カシミヤ・シルク・ウール・アンゴラなどの素材は、摩擦に弱い特性があります。

これが着座で、しかも振動がある中で着ていたら、、、
毛玉になったり、繊維をいためて折角の風合いが台無しになります。

これは生地屋としてとても悲しいことです。

では、どうすれば良いのか?

私は面倒ですが、必ず畳んで膝の上に置きます

置く時も、コートの内側肩の部分に両手を入れて、ひっくり返し、裏地が表に出るようにして、折り返し、くるっと丸めて畳みます。
こんな感じです。

191220-1.JPG

191220-2.JPG

これならコンパクトになりますし上品に見えます。

是非試してみて下さい。

ところで、このような私の振る舞いは時代遅れなのでしょうか?

私は時計収集が趣味で機械式時計を数個持っていますが、正直今の時代時計なんてなくてもスマホの時計で十分ですし、仮に時計を持ったとしても、電波時計の時代に機械式の時計を持つ意味なんてないかも知れません。

でも、男性は女性と違いファッションで魅せるアイテムが少ないため、時計は必須のアイテムだと思うんですよね。

クールビズでもシャツとズボンだけになってしまうとお洒落するアイテムが殆どなくなってしまうではないですか。
そうなると、無個性な作業着になってしまいつまらない生活になるのではないかな?と。

読者の皆さんはどうお考えですか?


posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

社長業

今日はちょっと自分がお客様になった立場でのお話を1つ。

週末、某東証一部上場の家具屋さんのお店に行ってきました。

実は、本当はクリスマスプレゼントを買いに百貨店に行ったのですが、食事まで時間が余ったので、
“そういえば、この家具屋さんが某電気屋さんの子会社になったっていう報道があったなぁ”と思い出し、こういう状況で従業員はどんなモチベーションで仕事をしているんだろう・・・と純粋な興味から見に行ってきました。

特段、近々引っ越す予定がある訳でもない私が売り場を見に行ったのですから、冷やかしと言われても仕方がありません。

ベッドを見て、ソファーを見て、ふと、絨毯のところで足が止まりました。
(全くの偶然、たまたまです。)
ペルシャ絨毯 150万円、、、たっ高い・・・
と思いつつ、これも織物と思い、縦糸は横糸はとちょっと触っていたところ、40歳前後の店員さんが声を掛けてきました。

「いらっしゃいませ。何かお探しですか・・・」

こちらは買う気はなかったので、ちょっとだけ「これはシルク100%ですか?」「この柄は手織りですか?」と、自分で分かる範囲のことを質問していたのですが(一応生地屋ですからシルクかどうかは触れば分かります。)その受け答えが大変良かった

詳しくは話が逸れるので書きませんが、流石、プロというか、高級品を販売する人は他にはない知識と接客スキルがあるからこそ高級品が売れるんだ!と改めて感心しました。

ところで、本題なのですが、実は私が接客を受けている時、
なんと!女性社長さんが絨毯売り場に立ち寄らました。(私の横5mぐらいに)

2〜3人の人に囲まれて、売り場で写真を撮っていました。

その時のことなんですが、私もテレビでお顔は存じていましたので“へ〜っ”と彼女を見ていたのですが、彼女は私に声を掛けないどころか、一瞥さえされませんでした

私には別の意味で、“へ〜っ”と思いました。

何故なら、自分だったら必ずお客様に声を掛けるからです。

『いらっしゃいませ!お騒がせしてすみません。ちょっと●●で撮影がありまして、、、』
なんて感じでお客様に声を掛けると思います。

それが全くなくてとても残念な思いをしました。

きっと私がビッグヴィジョンの売り場に立っても自分が社長だと気付く人なんて殆どいないでしょう。
一方、こちらの家具屋さんはあれだけTVに出ている訳ですから当人は知らなくても彼女の顔を知らない顧客はいないはずです。
でも、声を掛けないんだ・・・

ちょっと驚くと共に、自分とは違う社長業のあり方に少し驚きを感じました。


因みに、私はこの会社(社長)の行動を以前から注目していました。

・高級品の小売業であること
・社長が2代目3代目であるということ
・社長のキャリアが自分と非常に近いこと
 (こちらの社長は90年91年位に大学卒業、1Stキャリアは銀行で同じ)


とかが非常に近いからですし、一会社経営者として危機管理を学ぶ上で3年前の親子喧嘩以降、マスコミに叩かれているこの会社がどう再生するか?
自分ならどうするか?という目線でずっと見ていました。

自分のやり方が正しいなんて思うことはありませんが、自分との違いを凄く感じさせる出来事でした。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:02| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

反響がぞくぞく

10月からビッグヴィジョンの方で始まった7Daysオーダー

生産する青森工場のキャパの問題があり、当初はスロースタートでじっくり行こう!と関係者に話しておりましたが、
10月には10着/日だったものが、11月には15-20/着、週末土日で50着とご注文が増え少しずつですが反響が出てきました。

どうやらここ1〜2週間急に寒くなったことも影響しているようで、店舗では

『夏物で冬を乗り切ろうと思ったけど、急に寒くなったからね、、、
 早く秋冬物スーツが欲しくて、、、』

なんて言葉を頂くことが増えてきました。

生産キャパも10月は20着/日でしたが、11月は30着/日となり、12月からはベストも7Daysで仕立てられるようになり良い感じです!

と思っていたところ、先日 HPからの問い合わせにこんなコメントを頂きました。

お問い合わせ種別:注文内容について
お問い合わせ内容等:成人式で着るスーツを頼みたいです。
他のメーカーに問い合わせた所、時期がギリギリなので間に合わないとのことでした。
12月8日に採寸をして、成人式に間に合わすことは可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

※:個人情報部分は除外しております。

確かに年が明けたらもう成人式ですよね。(来年は1/13)

一般的なオーダー店ですと12月の第1週が年内納めの限度ですから、12月になると納期が厳しくなってきます。

そこで、7Daysオーダーの年内納めの最終期限を調べてみました。

なんと!12/22(日)

まだまだ半月以上余裕があるんです。

まぁ、ぎりぎりになってご注文されるのもどうかと思いますが、成人式に限らず、暮れのパーティー用のスーツやちょっと先ですが卒業式。入社式用スーツなど出来上がりまでの日にちでお困りの方ご相談下さい。

あっ、それと、この7Daysオーダーですが、12月からはシャツも出来るようになりました。
まだまだ一日あたりのキャパは少ないのですが、7Daysオーダーのスーツと一緒の方に限り、シャツも7日間でご自宅まで届きますので、是非ご活用下さい!(スーツとシャツ一緒にお届けします!)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:12| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする