2020年10月24日

7DAYS好調につき・・・


この日は、東北地方の某所まで出張に行ってきました!

どこへ行ったかというと、実は某オーダースーツ縫製工場に行ってきました。

私の立場はオーダースーツ販売店のビッグヴィジョンの代表でもあり、縫製工場のオリテック青森の代表でもありますから、縫製工場へ訪問するというのはある意味競合相手コンペティターの先に行くことでもありますので、警戒される側面もありますが、今日は別の目的だったのでOKでした。

そして、訪問の目的というのが、、、

そこの縫製工場で7DAYSオーダーの対応ができないか?という内容。

その打ち合わせに行ってきました。

Webでも何度かご案内していますが昨年からビッグヴィジョンで始めた7DAYSオーダーは、実のところ縫製作業の点では工程数を減らして楽をしたり、それによって時間短縮はしていません。

7DAYSで短い納期でも対応が出来るのは専ら受注のデジタル化によってもたらされたものです。

簡単に図式で表すとこんな感じ

(従来)
販売店(紙媒体・FAX・宅配便で送付) ⇒ 縫製工場のCADへ手入力 ⇒ 裁断
 ⇒ 縫製


これを7DAYSでは

販売店 ⇒ 工場(データのデジタル受信・同時にCAD処理)⇒ 裁断 ⇒ 縫製

となっているためそこだけで従来のやり方より1週間ぐらいは短縮できているのです。

で、本題に戻り、出張までして訪問した縫製工場に、実のところ当社で受けたご注文の一部の縫製を青森工場ではなく、その工場で縫ってもらえないか?という話。

無論、デジタル投資までを相手先に求めることはできませんから、ビッグヴィジョンが受注した物を翌日、青森工場でデジタル受注・CAD・CAM処理、裁断した物を、先方へ送って、そこから縫ってもらうという流れです。

この流れが出来れば、ビッグヴィジョンでの7DAYSオーダーのキャパシティーを飛躍的に伸ばすことが可能になります。

今は、7DAYSオーダーは一日当たり70-100着が上限ですが、ここのところの受注状況を見てみると来年には週末明けの月曜日などは、100着のキャパをアッという間に超えてしまうと思います。

私が今行っているのはそうなる前の準備なのです。

オーダースーツ屋として他社と差別化しなければならないこと。
世の中のSDGsの流れ。
IT化の流れ。

これらをしっかり見つめながら、世の中の3歩先を歩くのがが自分の仕事です。

20201024-1.JPG

20201024-2.JPG

追伸:帰りは東京に戻らず青森に寄ってから帰りました!
一日延泊し、十和田湖で紅葉(釣り・温泉)を堪能してきました!
湖の釣り人がいる写真の真ん中緑色の釣り師がワタクシです!
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 仕事(営業戦略) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

アイソレーションガウンの生産が終了しました。



この夏、私の仕事の中で大きな部分を占めていたのが、医療用防護服縫製の仕事

何度かブログにも上げましたが、厚労省から50万着という大量のオーダーをいただき、自社だけでは縫製しきれず、全国の縫製工場に依頼をして製造していた物でした。

オーダースーツ屋の我々としては正直、素材が違えば、工程も違う、しかもオーダーではなく既製品ということもあり、色々と難儀した一連のプロジェクトもようやく本日最終の出荷を済ませ、無事終了しました。

あ〜っ、、、
長かったようで短かった3カ月でした。

この防護服は色んな意味で、日本の、また日本全国の縫製工場を救った国の事業でした。
この点では安倍政権には感謝の言葉しかありません。

医療機関を救うという点では、防護服は3〜4月ぐらいにはコロナ患者の増加に伴い、マスク同様入手(主として中国からの輸入)が困難になったため、国が旗振りとなり、国内縫製工場に製造を依頼したことで、安定供給につながりました。
(今現在は、コロナ第2波、第3波に備えた備蓄が出来てきています。)

一方、縫製工場にとっては、新型コロナでファッション業界が壊滅状態になる中、この国からの仕事は工場運営にとっては生命線でした。
(工場を一時的に閉めれば、雇用調整助成金は貰えますので一応の維持はできますが、これが働く側にとって良いことかどうかは別問題です。)

実際、この50万着というのは、50-60名規模の工場で一日2,000枚×25日/月=5万枚ですから、500-600人規模の雇用を維持できた公算になりますので、コロナで受注が激減した(というか、ゼロになった)縫製工場にとっては救いの神でした。

弊社工場でもこの夏は売上が2/3になりましたから、コロナの打撃は大きかったのですが、工場の1/3相当をガウン縫製に充てたおかげで決算も赤字を逃れることが出来たのは、ガウン縫製様様でした。

20201013.JPG

画像は最後の出荷の際に撮った写真。

無機質な段ボールの画像ですが、東京の本社ビル内の会議室は一時、この段ボールでいっぱいになっておりました。

季節は秋になり、オーダースーツのご注文も少しずつ入るようになりました。
どこの会社も売上は前年対比で考えるところが多いと思いますが、ようやくここにきて前年の売上を上回るようになり、少し安堵できるようになりました。

空けた穴を埋めるにはまだまだはるか遠いですが。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:06| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

久々のGood News!!



最近というか、今年は新型コロナの影響で、どこもかしこも当社も良いNewsというのに、とんと出会っておりません。

聞くのは、やれ懇意にしていた居酒屋が閉店したとか、仕事では前年比〇〇%ダウンとかの話ばかりで、気持ちがどんどんシュリンクしてきます。

このことは当社でも同じことで、正直社長をやっていてこんな苦しい1年はこれまでありませんでした。

何故なら、当社ぐらいの規模でしたら社長は雇われ社長ではなくオーナー社長ですから、オーナー社長ということはつまりは私財をなげうって商売している訳です。

それが例えばコロナで会社が赤字になるということは、1年死ぬほど頑張ってその対価がマイナスということになるんです。

仮に、お給料を貰っていたとしてもです。

これは正直堪えますよ。
お金の実入りが少なくなるならともかく、頑張っても残高が減っていく訳ですから。

あっ、話が逸れました。タイトルのGood News!!に話を戻します。

実は、最近久しぶりに良いNEWSがあったんです!

それは、今年3月に落成したヨシムラの新社屋が・・・

なんと!令和2年度のグッドデザイン賞を受賞したんです!!

20201001.jpg

グッドデザイン賞は多岐に渡りますが、建築物のジャンルの中だけでも相当数の応募があるのですが、数ある応募の中から当社の新社屋RAXA神田須田町が選ばれたんです!!

詳しくは。。。
 グッドデザイン賞のサイトへ


何故、選ばれたか?
当社が応募したのではない(ゼネコンが応募書類を作成した)ため、選考過程のことはよく分かりませんが、業者の方から聞いた話では

・100年以上の老舗企業が
・昔のイメージを残しつつ(アイコンとしての鋏の展示?)
・地域と調和のとれた(神田は古くからの生地屋街、神田お茶の水は昭和大正レトロが残る街)


建物だったからだそうです。

いや〜っ、神田本社ビルの建て替えは20年来の夢でしたし、計画には労力が掛かりましたが、一気にそれが報われた感じです。

これなら先代や先々代も喜んでくれるのではないでしょうか?

ただ、仏像はただ作っただけではダメで『仏像作って魂入れず』になってしまいます。
これからしっかりと仕事をして企業として従業員に地域に貢献できて初めてこの建物に魂が入る訳ですから益々精進しなければなりません。

大変なプレッシャーですが、何はともあれ、今日はこの喜びに浸りたいと思います。

20201001-2.jpg



posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする