2021年07月24日

オリンピック始まりました。



いよいよオリンピックが始まりましたね。祝日となったこともあり、読者の皆さんも連日TVにくぎ付けではないでしょうか?

かくいう私は、というと、実はあまりオリンピックを見る気がありません。

何故かというと、オリンピックの精神は本来は「友情、連帯、フェアプレーの精神」ですが、コロナ禍での開幕ということもあるのだとは思いますが、どうにも友情とか連帯ではなく、(ちょっと概念的に違いますが)不寛容の精神がはびこっているため、本来の精神がすすけて見えてしまうからです。

とはいえ、開幕式は自宅で一杯やりながら見ました。

入場行進は、密を避けるうえでも間延びするのは止む無しと納得しましたが、その後、演出は、残念ながら微妙な感じでした。

確かに二転三転あって時間も予算もない中、頑張ったんだとは思いますが、そもそももう少し寛容になって、多少過去に問題があっても、その人材を使い切ることの方が良い物が出来たのではないかな?と思うことが多々ありました。

個人的に見ていてて素晴らしいな!と思ったのは、

ドローンの演出ピクトグラムのパフォーマンスでした。

ドローンは、技術の進歩の影響が大きいのでしょう。
これまでにはない演出で、素晴らしかったですが、多分次のオリンピックでは同様に技術の進歩でもっと良い物になるでしょう。

ですから私の一番は、ピクトグラムのパフォーマンスでしたね。

オリンピックという人種民族文化を超えたスポーツの祭典で、人種民族文化ゆえに相互理解が難しいからこそ、分かり易いピクトグラムのような物が必要でしょうし、それをお金をかけずパフォーマンスで分かり易く表現した。

これが本来のオリンピックの姿のように思えます。

何もお金を掛ければ良い物になる訳ではないのです。

その他の演出についてはあまり意見をしたくないのですが、日本文化の押しつけのような演出はイマイチで、一番ひどかったのは、TVの取材を模した演出でしたね。

あれって一体何だったんでしょうか?
マスコミがあまりにスキャンダルをあげつらうから閉口してあの演出?

こちらは意図が全く分かりませんでした。

そういえば、オリンピックが東京に決まった時、安倍総理がマリオの格好をしたり、滝川クリステルさんが『お・も・て・な・し』とプレゼンしましたが、あのプレゼンとの整合性はどうだったんでしょうか?

ドラクエのテーマ曲ぐらいが何となくゲームつながりで繋がった感じに見えましたが、う〜むっ、よく分かりませんでした。

大きなイベントを大勢の人がやる場合、観る人の想像をはるかに超える大変なことが沢山あります。
主催者側は、大事のために細事から1つ1つきちんと正確に積み上げます。

ですが、積みあがった1つ1つを崩そうとする悪意がはびこっていてどうにも大事が完成しないのが今回のオリンピックのように思えます。

東日本の震災を、絆や連帯で乗り切った日本人はどこに行ってしまったのだろう。
主催者側の問題よりも日本人1人1人の問題ではないでしょうか。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

あぁ、間違ったな・・・



私もそこそこの従業員のいる会社の代表ですので、あまりブログに政治的なことは書きたくないのですが、先日の新型コロナがらみの飲食店に対する金融機関からの圧力(←既に撤回されてます)に引き続き、今朝の報道にあった最低賃金の大幅引き上げについては、タイトルのごとく、菅政権あぁ、間違ったな・・・と思いました。

初めに、私の立場から言えば、企業経営者ですから最低賃金の引き上げは、人員を多く抱える縫製工場においては死活問題になりますから、基本的には反対とまでは言わなくても【慎重派】であることは間違いありません。
(ですからその点では多少割り引いてお読み下さい。)

ですが、私の経営方針としては、従業員と会社における関係は双方が幸福になることが大切だと考えていますので、従業員を労働強化(低賃金)で搾取すれば会社が儲かる的な発想は極力しないようにしています。

それ故、当社グループ内の縫製工場での(社内の)最低賃金は地域の最低賃金より一定金額以上、上にするよう努めておりますし、コロナ禍で会社が利益を大幅に減らす中でも、僅かでも賞与を支払う努力をしています。

注:全国の縫製工場では、企業内最低賃金は地域最低賃金か、地域最低賃金の5円程度の上乗せで経営している所が圧倒的に多いです。
縫製工場が九州や東北などの僻地に多いのは、従業員を数多く抱えるため人件費を抑えるためには最低賃金の安い地方に出ざるを得ないのです。

さて
本題に戻しますが、今回の最低賃金引き上げがなぜ『あぁ、間違ったな・・・』と思ったかですが、

それは、今現在、新型コロナで飲食業・観光業(そして縫製業)諸々給料が下がり、時に雇止めに合い皆さん苦労していると思います。

その点で言えば、最低賃金引き上げは一見すると良い政策と思います。

しかしながら、今、苦しんでいる皆さんは低賃金で労働搾取されて苦しんでいるのではなく、仕事そのものがなくて苦しんでいるのではないでしょうか?

つまり、お給料=時給×労働時間 だとすると

単価を上げて欲しいのではなく労働時間を増やして欲しいのです。
そう、働きたいのです。

私は、縫製工場の経営者の立場で、新型コロナ禍で受注が減る中、経産省・厚労省が旗振りで国内縫製業支援の意味合いのあるアイソレーションガウン縫製で随分仕事をさせていただきました。

この点では国の政策には大変感謝し、従業員にもその旨、国に感謝するように日頃から申しております。(多分、このブログにも記載したと思います。)

でも、今回のは間違いだと思いますよ。

これはあくまで私人としての吉村の一意見です。
当たり前ですが、読者の皆さんは、それぞれの立場で考え、ご自身の判断をなさって下さいね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月09日

怖い世の中になったものだ・・・



またまた東京は緊急事態宣言になってしまいました。
物販を行っている会社の代表としては、緊急事態宣言による購買心理後退(減退)による消費低迷は本当に辛く、このまま続くと企業経営の根幹に影響が出てきてしまいます。(既にある程度は出ていますが)

酒類提供をしている飲食業の方はもっと厳しいと思います。
お察しいたしますと共に同情いたします。

さて
そんな中ですが、読者の皆さんは今回の緊急事態宣言って、これまでと少しトーンが変わってきていることをお感じになられていますか?

今回は、緊急事態も4度目?にもなって、政府も単に緊急事態と声高に言っても効果がないことを察したんでしょうか、今回は相当シビアというか、陰湿なやり方をしています。

それは、、、酒類提供禁止命令に従わない飲食業者に対して

・酒類卸売り業者へ、商品を販売しないように圧力をかける ことや
・金融機関へ、禁止命令に従わない業者へ融資しないように圧力をかける

ことを言い出しています。

これって、どうなんでしょうかね?
私は以前から、『日本国民は民主国家だから何をしても自由なんだ』と世の中の人が勘違いしていると思っています。
(もちろん違法行為は別ですが、その違法性も程度の如何によっては自由が優先されてしまう(例えば駐車違反など)悪習があると思います。)

でも、権利の裏側には義務があり、自由の反対側には責任があり、自由には富める自由もあれば、貧しくなる自由もあるのです。

ここを勘違いして、言いたい放題やりたい放題の自由だけを謳歌するなんてことはありえないと思います。

話を戻します。

緊急事態宣言下で、政府が陰湿なやり方(取引業者への圧力)をすることに対しては、もし私が政府の役人だったら、やむを得ないと考えます。
何故なら、先の説明の通り、国民が国難に対して自由だと言って従わないからです。
これが近隣某国だったらどうでしょう?それこそ一発で刑務所です。
だから彼らは政府の命令に対して当然従います。

日本ではこんなことはしない・出来ないのだから、やむを得ない措置とも思います。

でも、一方で、一国民の立場になれば、あまりに陰湿かつ基準が曖昧で、政府が恣意的に企業の生殺与奪の権利を持っていることは恐ろしいことです。

だってそうじゃないですか?
飲食店が銀行に融資を申し込んだら、裏で政府が融資禁止って言うんですから。
銀行は、訴えられたくないから、絶対に融資が何故通らないか?などいう訳ありません。
知らぬ間に、融資を受けられなくなり倒産させられるのです。
(そして従わない金融機関があったら、今度は日銀にでも圧力をかけるのでしょうか)

私は酒類卸売業者への販売自粛要請はなんとなく受け入れられましたが、金融機関への働きかけはやりすぎだと思います。

ご参考(社外Newsサイト)https://news.yahoo.co.jp/pickup/6398190

大変な国難で、皆が協力し合わなければならないのは事実ですが、もう少しメディアも協力し、何をすることが国として大切なのか?
真剣に考える時期が来ていると思います。
それこそこの面からも憲法改正を考えても良いのでは?とすら思います。

でも、こんなことを政治家が言ったら選挙で負けるな。
でも、ここを改めなければ日本はこれから先も国力が衰え続け三流国に落ちるな。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

新規事業の責任者



今週は工場の営業(?)の1週間でした。

どんな仕事(?)をしていたかというと、とある昔からヨシムラでお取引があった方が、オーダースーツ事業を新規事業で始めたいから相談に乗ってくれと以前から言われ、今回、青森工場のご案内をしていたのです。

ある意味、当然ですが工場の営業でもあるその方への青森工場の工場案内。

一般に営業というと、何とかして自分の仕事につなげよう!という考え(悪く言うと、策略)の元に説明やら商談やらいたしますが、その方の場合は、先々代からのお付き合いで、付き合いが長すぎてヘタな営業はすぐこっちの下心がバレるだろうし、私も安っぽい営業はしたくなかったので、自身へ利益誘導的なことはせず、ニュートラルに他工場と比較して、当社(青森工場)のどこが他社より優れていて、どこが劣っているかなど、フランクに話しました。

また、先方が考えているデジタル受注については当社でできることを説明し、場合によっては当方で開発することも話し、先方がこれから苦しむであろうシステムや業務フローなどについて色んな提案をしました。

会社で色々見てもらい、説明をした上に、今回は同じホテルに宿泊したため、夜も酒を片手にお互い語らいました。

その方は40歳手前で私から見れば若い方でしたが、若いがゆえに、良い意味でのアグレッシブさがあり、また若さの悪い面での乱暴な部分がありました。

私より1周り以上下の方でしたが、世の中がコロナで重く停滞している今のご時世にはこういう若手が時代を切り開き、突破していくのでしょう。

微力ながら、、、ではなく、全力で応援したくなりました。

彼のような人がアントロプレナーになるんでしょうね!ガンバレ!

ご参考:この日のお酒、田酒4合瓶1本、豊盃4合瓶2/3
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする