2023年04月29日

工事か始まりました。


以前からこのブログでも度々紹介している青森工場の自動倉庫第二期工事
それが、このGWにいよいよ始まりました!

工事は既存自動倉庫に並列して新たに設置するのですが、工事するには資材を搬入する必要があり、業務を行っている時には工事が出来ません。

そこでGWに工場が1週間営業停止する、その隙を見て工事します。

加えて、生地の自動裁断機CAMも2台追加増設します。(これで当社のCAMは青森6台、山形1台、新潟4台です。)

そこで、GW直前の4/27-29で青森工場に行ってきました!

工事と言っても私は何が出来る訳でもないのでGWの期間中横で見ていても仕方ありませんから、工事の最初の部分だけ見てきました。

工事は4/28(金)に資材を敷地の外に運び入れ、4/29(土)から搬入、組み立てを行います。

写真は前日の外の様子。
柱のような資材が敷地内の道路上に置かれています。

20230428-1.JPG

そして、体育館(当工場は地元小学校の跡地利用のため、倉庫は通称“体育館”に置かれています。)では事前に、資材を運び入れやすいよう整理して空間を作っていましたが、工事前はこんな感じ。

20230428-3.JPG

20230428-2.JPG


それが翌4/29日には、資材を入れ組み立て始めてこんな風に・・・
(まだ工事初日ですので全体の1/10ぐらいしか組み立てられていません)

20230429-1.JPG

で、私はというと写真や動画を取る以外にはこれといってやることがない(はっきり言って邪魔)でしたので、この日はケルヒャーを使って校舎入口の清掃作業。

工場の入り口はタイル張りですが、その目地に経年の砂や土が溜まり、土の部分にはコケや雑草が生えるためこれをケルヒャーで吹き飛ばしながらお掃除です。
あとはガラス吹きとか・・・

私同様、工場の常務も工事の立ち合いで出勤しておりましたが、常務もやることがないため、常務は花壇の手入れ。

久しぶりの肉体労働で、作業後は二人して腰が痛い痛い!行っておりました。

出来上がりの写真は今度また掲載しますね!

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月18日

いよいよ増設工事(工場)


関東ではもう葉桜の時期になりましたが、東北も今年は桜の開花が早く、青森工場のある弘前近辺の桜も先週で見頃を終えてしまいました。(行ってないけど)

さて
そんな季節感が分かれる今の時期ですが、当社の主力工場である青森工場では、今年3年ぶりの大型設備投資をこの春行います。

何をするかというと7DAYSオーダーの原動力となっている自動倉庫の拡張工事自動裁断機CAMの増設工事(その他もろもろ)
総額7000万円もの投資を行います。(通常の更新需要の設備投資を入れると今年は1億か、、、とほほ)

ご参考:既存自動倉庫
https://oritech.co.jp/facility/images/facility-warehouse.mp4

そしてこのCAM増設、自動倉庫の工事は今度のGW期間中に行われます。

何故この時期かというと、縫製工場がまとまってお休みを取れるのはGW、お盆、お正月しかありません。
お正月は雪も深いし業者さんも嫌がりますから、GWかお盆休みしか工事が出来ないのです。

スケジュール的には一番大変になるのは自動倉庫の設置工事で、これを行う日を4/29-5/6に固定して、、、
事前に存設備の一部を移動。(4/15-16)
移動して空き地になったところに自動倉庫資材の搬入(4/25-28)
そしてGW期間中自動倉庫の工事(4/29-5/6)試運転を5/7
自動倉庫の工事が終わると、資材をおいていたスペースが空くのでそこにCAMを設置(5/13-14)


といった感じで、今(4/18)はまだまだ工事の序盤ですが1つ1つが緻密に組み立てられた内容だけに気が抜けません。

一方では、限られた敷地内での設備工事のため手狭になったと一部社員からクレームがあったり。(だったら増設工事の企画から意見出せよ〜)
まぁ、いろいろです。

そんなこんなですが毎年僅かでも前に進んでいる(進むよう心掛けている)ビッグヴィジョン・オリテックグループです。

工事に関して私個人は何も出来ませんが、今年のGWは青森に行って工事のさまを見てきたいと思います。

工事の画像などはGW明けにご紹介しますね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:37| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月16日

自由の代償

週末、岸田総理が選挙の応援演説の際に、暴漢に手製の爆弾を投げつけられる事件がありました。(詳細は報道の通りです。)
皆さんご存じの通り、昨年は安倍元総理が同様の手口で凶弾に倒れ、あれからまだ1年も経っていないのに同様の事件が起きたこと、犠牲者・負傷者が殆どでなかったことだけが幸いでした。

事件から1週間経ち少しずつ犯人像が見えてきましたが、何でも日頃から政治に不満を覚え、被選挙権が25歳以上だからこれが気に入らないから国を訴えていたとか。(しかも本人訴訟で、勝てる訳もない・・・)
また、取り押さえられた後も、黙秘しているとか。

あぁ、なんてことでしょうか。

黙秘も国を訴えることも権利ですから存分にやれば良いことです。
良いのですが、本当にそれで良いのでしょうか?

(善良な)人間を襲撃する。そんなことをしておいて権利だけを主張する。
どこかこの国、オカシクなっているような気がしてなりません。

だからといって即処刑というどこかの国も行き過ぎですが、それ以前に権利や自由だけを主張する今の日本の一部の人達に、私は全く共感できません。

自由というのは元来、制約が伴うものです。

盗みたいから盗む、傷つけたいから傷つける、そんな自由はありません。
盗んではいけないという法律があり、その制約の中で人は自由なのです。

人に危害を加える人が、自分に危害が加わることを権利で守ったりするのが自由ではないのです。

昨年からの2つの政治家襲撃事件や、人を不必要に言葉で攻撃し責任を果たさないドバイにいる元国会議員の所作を見ていると、本当に虫唾が走ります。

どうしてこの国は好き勝手をやる自由だけを自由とするのでしょうか?

こういった人達は(逮捕等)後からやってくる自由の代償を思い知るべきだと思います。

襲撃事件の2人は可哀そうに若いのに、残りの人生にレッテルを貼られてしまうでしょうし、ドバイの方も日本に帰れず、帰っても好奇の目でしか見られないでしょう。
真面目に仕事すれば良いのに・・・
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月05日

う〜ん、ちょっと違うな・・・

休憩時間にYahoo Newsを見ていたらこんな記事がありました。

タイトル:入学式前夜、やっと学生服…納品遅れ100人分 ギリギリ配達計画

https://news.yahoo.co.jp/articles/667ca6d08b8ef889d71c27a42f15eec2693232b0

そう、昨年の今の時期、高校生の制服が入学式に間に合わず、販売店が謝罪したニュースがありましたが、今年もこれが起きたようです。
(↑今回の報道ではギリギリ間に合ったとのことですが全国的に見ると納品遅れがあったことは必至です。)

このNews、何故私が反応したかというと、実は昨年縫製業界で、ちょっとした出来事がありました。

それは何かというと、昨春の納期遅れトラブルを受けて全国の大手制服販売業者が東北のスーツ縫製工場にこぞって3月末納品の学生服縫製を依頼してきたのです。

縫製工場は仕事を融通することもあり、横のつながりが強く、定期的に情報交換するのですが、あまりに隅々まで縫製依頼が来ていたため皆、一様に驚きを隠せませんでした。

ですが、、、
最初は何とか3月末にお手伝いして貰えませんか?と下手に出てこられたので、各社協力できるならば、、、と前向きに対応していたのですが、いざ製品見本等を作る段階になると、値段が全く合わず残念ながらどこも受注を断念せざるを得ませんでした。

実際その時の縫製業界から見た学生服業界の皆さんは、なんというのかな、、、昭和の時代というか「沢山注文するから安くして!」といった感じで、人件費や光熱費、その他資材がこれだけ高騰している中、価格が全く合わないのです。

きっと彼らは海外でこれまで縫製していたのでしょう。
でも、それだと納期が間に合わない。
だから、国内で縫製するけれど、値段は海外と同等の価格で、
数を出せば工場は涎を垂らして注文を受けるだろう、と考えたのかも知れません。

でも、世の中は昨年来のインフレです。
加えて、ここ10年最低賃金が鰻上りですし、光熱費、資材etc価格が上がっている訳ですからそれなりの工賃をもらわないと工場も成り立ちません。
まして、例年2-3月は繁忙期ですから、他のお客様も沢山来られています。
それを差し置いてまで、受注するような工場はなかったのです。

ですから、業界人から見るとこれは起こるべくして起きたことです。

世の中はインフレですし、人件費は上がっているのですから販売価格に転嫁しなければビジネスは成立しないのです。
消費者ばかりに良い顔をしようとしても、作り手がいなければこんなことになってしまうという良い例ではないかと思います。

何も工場は傲慢にふるまっている訳ではありません。

ですが物を売るためには、製造と販売の2つが必要で、両者とも欠くことの出来ない間柄なのに、利益分配では販売側が絶対的優位に立っているからこうなるのです。

学生服業界もこの辺をよく考えないと同じことを繰り返すことになるのではないでしょうか。

また、この生地の最後には

> 生産能力の限界を超えたメーカーが、小規模学校の受注を後から断ったという
> 話も耳にした。根底には、時代の変化に対応できない業界の構造的な問題もあ
> る。納品遅れや値段高騰のしわ寄せは、弱い立場の保護者や子どもが被ってし
> まう」と懸念する。


と最後に締めていますが、これも間違ってます

弱い立場は保護者や子供ではありません。
販売側が安く安くを追求する一方で、自分達の利益は確実に確保しようとするばかりに、製造現場で働く人たちに十分な利益を還元していないからこうなるのであって、弱い立場は零細な製造現場にあるんです。

制服が安く手に入ることも良いですが、制服を買うお父さん、お母さんの所得を増やすことも考えないといけないのです。

追伸:相当強烈なことを書いています。
学生服業界の方が読んでご不快にならないようどうか言葉が過ぎたことはご容赦ください。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月03日

新入社員諸君へ


4月新年度入りして、今日が会社の入社式だった方も多いのではないでしょうか?
当社にも僅かですが新入社員が入社し、フレッシュな気分を味わっています。

そこで、新入社員への訓示という程ではありませんが、自戒の意味を含めていくつかアドバイスを書きたいと思います。

マザーテレサの有名な名言に次のような言葉があります。

 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。


このことは誰が説法する訳でもなく素晴らしい名言ですので、私からコメントすることはありません。

ただ、私がこの中で一番身近に気を付けているのは

 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 の部分です。

この中で私はビジネスでいえば
性格ではなく実力ではないか?と考えます。

つまり、
 習慣に気をつけなさい、それはいつか実力になるから。ということ。

何故かというと、例えば朝夕の通勤電車の行動。

昨今はスマホをイジっている人ばかりで、読書をしている人はスマホイジリの人の1/4位しか見られなくなりました。

朝夕で往復90分間、読書して知識を増やす人とスマホゲームをする人の違いは、これから40年以上続く皆さんのビジネスキャリアでは、これだけの時間になります。

90分×25日/月×12か月×40年=18,000時間=750日=約2年間以上

この時間を遊ぶか、大切に使うか?で皆さんの人生は大きく変わります。

何でこんな偉そうなことを書くのか?というと、私の年齢になるとそろそろ自身自分のビジネスキャリアの賞味期限を考える年齢になります。

今が55歳ですから、あと10年しかありません。

そう思うと、やりたい事、やり残した事を成就するためには残り時間が短いのです。

だから若者は若さにかまけて貴重な時間を無駄にしないでください。
若いうちの努力は必ず皆さんの将来の糧になりますから。

後になって、若いうちに勉強して資格でも取ってキャリアアップすれば良かった×××と後から後悔しても無駄ですし、更には若い頃の自分の努力不足を棚に上げて、政治が悪い、世の中が悪いと吠えても誰も助けてくれませんから。

今からしっかり苦労すれば必ず将来利息を付けて自分に返ってきますから。

君たちは今、社会に入って暫くは弱者のように見えるかもしれません。
でも、将来の時間を持っているという点では一番の勝者なんです。

この時間を大切に!

残り時間の少ない年寄りのヒガミかも知れませんが、新年度にあたっての私から若者への言葉でした。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 09:00| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする