2016年06月21日

なかなか言えないよ。

6/20からしばらくは、3月決算上場企業の株主総会ラッシュです。
ビッグヴィジョンやヨシムラはもちろん上場していませんから、上場企業の総会対策とは無縁ですが、株式投資等を通じ興味がありましたので色んな会社の株主総会Newsに目を通しました。

今年話題になった企業では、粉飾決算や偽装をした東芝や三菱自動車が主だったところですが、私自身が一番注目したのはシャープ(実際には鴻海工業)でした。

ご存知のようにシャープは、台湾の鴻海精密工業参加になりましたが、鴻海工業の株主総会で、郭会長がこんな発言をされました。

『住む所を代えても、飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない。』
『シャープは金持ちの息子みたいな社風』


・・・と。

いや〜っ、よくこんな厳しいことを直接的に言えるな、、、
絶句、驚愕です。

このNEWS、ご存知の方も多いと思いますが、皆さんはどう思いましたか?

私はこのNewsを見たとき、全く逆のケースを色々と思い出してしまいました。

1つは、昔倒産した山一證券の社長の記者会見
たしか、「社員は悪くないんです、、、」と涙ながらに社員を庇う姿が印象的でした。

もう1つは、昔の雪印
食中毒事件のとき記者から責められて「俺だって、寝てないんだ!」と怒ったり。

最近で言えば、舛添前知事の「法的には問題ない」と言って押し通そうとしたことがメディアや市民の怒りを買ってしまったりと。

日本人は、企業のトップなど立場の上の人が公の場で威張ったり、金持ちぶったりすることをメディアや一般大衆がバッシングする悪癖があります。

それでいくと、買収した側のトップが、被買収側の従業員に対して、本音ではこう思ったとしても決してこんな発言は出来ないのが普通です。

それを、いとも簡単に、また堂々と発言するなんて、やはり外国だからできることなんでしょうね。

私には良いか、悪いか判断できませんが、小さいながらも数社企業買収を手がけた側から言いますと、
悪い経営状態の企業を買収する場合は、大抵の場合そのままで行くと倒産してしまいますから、やはり劇的な改革が必要になります。

ただ、それは買収側が単にお金を投入すれば良いのではなく、買収される側の社員が「これまでの非を改め、どれだけ改革に前向きに協力するか」で結果は大きく変わります。

そこを新しい経営者に対して「傲慢だ!金の力で物を言わせて!」と批判するようになってしまうと、きっとその買収は上手く行かなくなるでしょう。

シャープはどうなるのかな?
批判を恐れず申しますが、私は6:4ぐらいで鴻海工業の郭会長を支持します。

だって、これで改善できなければ、結局は社員はまた路頭に迷うことになるだろうし、鴻海工業だって慈善事業で多額の投資をした訳ではないですからね。

あ〜っ、うちの社員が読んだらビビッてしまうような内容を書いてしまいましたね。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:00| Comment(0) | 企業買収のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。