2016年09月02日

秋田という県

このブログでもしばしば書いているので皆さんも少し親近感を覚えて下さっているかもしれませんが、当社には秋田に縫製工場があり、最近よく秋田へ出張に行っています。

実は今週も私は秋田に行っていたのですが、今回の目的は秋田県に進出している企業の懇談会で、秋田県知事が主催するパーティーでした。

私は、というと本当は宿泊出張になるし、パーティーのような華やかな物より実務志向が強いため、当初欠席で依頼したのですがのっぴきならない事情で参加することになってしまいました。

その“のっぴきならない事情”というのは実は、昨年9月秋田に工場を出したのですが、過去1年間に秋田県に進出した企業の代表者はそのパーティーで挨拶をしなさい!ということで、私はスピーチのために行ってきました。

20160902-1.JPG

偉そうにスピーチ!といっても、時間はわずか1分と厳命されていましたから写真だけ見て頂ければ十分ですが、そのパーティー&講演会で配られた秋田の冊子がとてもユニークでしたのでご紹介したいと思います。

冊子のタイトルは『 のんびり 』

20160902-2.JPG

これは秋田県が発行し無料で配布しているフリーペーパー(冊子)ですが、はじめこれが配られた時、田舎の秋田らしい“のんびり”としたタイトルでよいなぁ、と思いました。

ですが、その冊子の思惑について講演を聞くとぜんぜん違っていてビックリしました。

“のんびり”はゆったりとしたという意の“のんびり”ではなく、NON-BIRI(=ビリではない)という意の『のん-びり』なんだそうで、
首都圏は今、少子高齢化などで苦しんでいるけれども、秋田県はそんなことは遥か以前から直面しており、こういった点ではビリではなくトップランナーなんだ!と。

へ〜っ、面白いことを言うなぁ。。。と思うと共に、話を更に聞くと、少子高齢化や過疎化の中で、それのどこが悪いの?人が沢山いる事が果たして良い事なの?

人口が増えること、所得が増えること、それが本当に良い事なのですか?と投げかけられ、ちょっとビックリしました。

確かに、お金が全てでもないですし、都会のように人が集まりすぎると息苦しくもなります。

そういう価値観ってものもあるんだな。と普段意識しないことに気付かされました。

私自身は秋田県とお付き合いを始めてまだ1年ですが、この県はなかなかユニークな県だと思います。

たとえば、↑で掲載した『のんびり』の表紙ですが、実は良く見ると知事がいるんです!

こんなところに。

20160902-3.JPG

どこかの前知事のように金の亡者にならず、飾りだてもせず、それでいて気さくな、良い意味で田舎の知事ですが、私はこの県が大変好きになりました。

因みに、当社の秋田工場は従業員わずか40名程度ですが、そんな工場の社長でも県主催のパーティーに呼んで貰え、かつ懇談会では知事と4〜5分お話できるなんて、こんなフレンドリーな県って他にはないような気がします。

早く秋田県に税金を落とせるよう業績を上げなきゃ!(笑


posted by オーダースーツのヨシムラ at 20:00| Comment(2) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
とりとめもなくブログを検索していて、こちらに辿り着きました。
秋田の企業交流、とっても面白いですね。
人と人との心が通う、素敵な時間だったことと思います。

秋田出身の友人(やはり秋田出身の子は美人ですね・・)から、いつも秋田に纏わる色んな話を聞いていましたが、今回吉村さんのブログを拝読し、また1つ秋田が好きになりました。佐竹知事のような方、秋田の歴代県知事の中でも、珍しいのではないでしょうか。
吉村さんも、秋田に新しい風を吹かせた1人ですね。

これからも、時々ブログ拝読させてください。
楽しみにしています。
Posted by 涼子 at 2016年12月01日 23:06
涼子さん コメントありがとうございます。
秋田県は良い意味で本当に変わった県だと思いますよ。
私たちの秋田工場は従業員もわずか40名です。確かにご縁があって県庁の方とも親しくなったのですが、それにしても知事にまでお会いできるなんて。しかも気さくに。なかなかこんな県はないのではないでしょうか?
私が思うに、秋田県のこういった対応は秋田の土地柄(=土地が豊かで自給自足が出来る)に、人の心が育まれているのだと思います。

私が秋田に新風...というか、自分の中に秋田県という新風を吹き込んで楽しんでおります。

大曲の花火、造り酒屋見学、玉川温泉、乳頭温泉、田沢湖etc 
最近は、知り合った北秋田市の方から北秋田もお願い!と言われています。

Posted by オーダースーツのヨシムラ at 2016年12月02日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。