2017年08月26日

秋田県大仙市の大曲花火大会

一昨日、山形県新庄市の『新庄祭り(宵祭り)』を観に行った私ですが、それから2日後の8/26は秋田県大仙市の大曲花火大会を観に行っておりました。

え〜っ、また〜、遊びすぎでは?とお思いかと思いますが、実は山形県新庄市と秋田県大仙市は電車で1時間ほどの距離で、私的には当社グループの縫製工場がある山形工場(新庄市)と秋田工場(大仙市)の2工場に出張するついでのお祭りです。

また、こちらも大仙市さんからのご厚意で桟敷席をいただき、特等席で観覧しましたのですが、花火大会の内容よりも今回は一連の顛末を書いた方が良いと思いますのでそちらをブログに書かせて頂きます。

顛末?なに?と思われるかと思いますが、ニュースになったのでご覧になった方も多いかと思いますが、実は今回の大曲花火大会は、直前の大雨の影響で当日の朝まで開催が危ぶまれたイベントでした。

またご存じない方も多いと思いますので補足しますが、大曲花火大会は全国の花火職人さん達のコンテストを兼ねていることから、日本一の花火大会とも言われ、
田舎の河川敷で行なうことの影響もありますが、東京(都市型)花火大会は住宅が密集しているため花火が高く上がりますが、田舎のためか花火を上げる高さが低く、火花が地面まで落ちてくることもあるほどの大迫力の花火なのです。

そして、主催の大仙市はこの花火大会を町おこしの中心に置いて、この日の花火は県内外から80万人もの人たちが集まるという日本最大の花火大会の1つなのですが、今回私が伝えたいのは、主催者側の情熱です。

今回の花火大会は、前々日に大雨が降って、会場の河川敷は土手が決壊寸前になるぐらい水というか泥まみれになっていました。

私が、前日に会場を見にいった時は、河川敷に用意した簡易トイレは溢れた泥水の中でプカプカ浮いている始末。
桟敷席として用意した板張りの席はもちろん泥水の中でした。

それを業者さんや市職員の皆さんが何と!当日の朝午前2時までかかって清掃、消毒をしてようやく会場を作ったのです。

花火を観るのはわずか数時間ですが、これを支える人たちは1年がかり。
河川敷という自然が相手の部分もありますから計画通りに行かないことも多々あります。

そんな中、このイベントを盛り上げようと皆必死なんでした。

冒頭にも書きましたが私はこのお祭り(花火大会)でも市から頂いた席に座らせていただきましたが、市から配布された席ということで市職員さんが挨拶に来られたのですが、本当皆疲れた顔をされながらもホストの大役をしっかり果たしていました。
前日よく寝てないのでしょう。
目を血走らせながら挨拶に来られる皆さんのお顔を拝見すると目頭が熱くなりました。
・・・更には、市長さんまで挨拶に来られ、、、本当に恐縮です。

気合や根性とはよく言いますが、それ以前に皆さんこの花火大会を大いに愛しているんだな、こういった愛情が難局を乗り越える原動力になるんだな、と改めて考えさせられました。

今日は大きなイベントを陰で支える人たちのことを少し書かせて頂きました。

花火の方は・・・?
もちろん圧巻でした!こちらも来年も行きたいと思います!

20170826.png

posted by オーダースーツのヨシムラ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。