2017年10月02日

クレイジージャケット見本服

いよいよ本格的な秋冬シーズンが始まってきました。
皆さんはこの秋冬をどんな格好で過ごされますか?

トレンドを外さず、さりとてあまり尖らずコーディネートするのは、意外と悩みの種ですよね。
特に、スーツは分かりやすいから良いけれど、ジャケットが難しい...という声をよく聞きます。

お店ではそんな時のためにお店のショーウインドウの飾り用に各シーズン何着かイメージ見本となるスーツやジャケットを作るのですが、今シーズンは特にジャケットに力を入れよう!ということで、数店舗でジャケット見本服を作っています。

えっ、そんなの普通では?
と思われると思いますが、今回は少しひねりを加えたジャケットです。

それは、、、クレイジージャケット

クレイジー●●といってもピンと来ない方も多いと思いますが、クレイジー●●というのは、普通は1枚の生地でジャケットやシャツなどを作りますが、これを全く色柄の違う生地でそれぞれのパーツを作って1着に仕上げたものを、クレイジー●●というのです。

一般的には、クレイジーシャツが有名ですが、それをジャケットで仕立てたからクレイジージャケットなのです。

ただ今、縫製中のため画像の用意がまだできないのですが、例えばABCDEという柄の生地があったら、右袖はA、左袖はB、右の前身頃はC、左の前身頃はD、背中はEなんて感じで生地をバラバラに仕立てるのです。

出来上がりは、通常のジャケットの何倍もの存在感があり、これを店頭に飾れば、前を通る方が注目すること間違いなし!

そんなクレイジージャケットを作っているのですが、実はこれを仕立てるのが超大変

何と言っても、パーツ毎に使う生地が違う訳ですからCAM(自動裁断機)を使う訳にもいかず、全部手裁断ですし、作業する人も、あれこれは袖だったっけ?と訳が分からなくなります。

当然、1着あたりの加工賃もイレギュラー対応のため割高になってとても無駄の多いオーダーになります。

それを、、、ただ今作っているのですが、さてさてどんな見本服になるのか?
出来上がりが楽しみです。

あれっ、冒頭、お客様は『トレンドを外さず、さりとて尖らず...』を求めるって書きましたっけ?
クレイジージャケットはあまりに尖りすぎて参考にならないかもしれませんね?!



posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:12| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。