2017年11月22日

ウチの業界の常識、世間の非常識

生意気な書き方をしますが、会社を経営する立場になりますと、会社ではなかなか正直に社長のことを批判してくれる人はいません。

だから多くの会社で、どこか自分が王様になったかのように誤解するワンマン社長が生まれるのでしょうけれど、
こういったことを、私は●●(例:ヨシムラ)の常識、世間の非常識、世間の常識、●●の非常識と言って批判し、自らを律するようにしています。

とはいえ、のように偉そうに書いていますが、実際実行できているのか?やはり気付かないのは本人だけなのかも知れません。。。

さて、
ちょっと変わった書き始めをしましたが、の話題で最近気になっているのが、横綱日馬富士の暴行問題

私はお相撲はあまり詳しくありませんが、聞けば、暴行は間違いないにも拘らず
・なかなか被害届を出さない
・被害届を出すのに、本人の意思だけでなく相撲協会や親方が出す出さないを言っている。
・警察の同席した力士への調べに対して“場所中だから”という理由で、休場した力士からだけ事情聴衆をする


などなど、おかしなことだらけだと思います。

こんな考え、私だけなのかも知れませんがよく空手や柔道の有段者は段位を持っているだけで喧嘩をしたら人間凶器で不利になると言いますが、今回のケースでは当事者両人が人間凶器だったとしても、脳震盪まで起こす暴行事件なのですから、即座に逮捕なり立件するなり警察も行動を起こすべきなのではないでしょうか?

そこに相撲協会や親方、部屋への気遣いなど無用で、場所中だから事情聴取しないというのであれば、ビジネスマンが刑事事件に巻き込まれたとき『仕事中だから休みの日に事情聴取してよ!』なんて言えますか?
あるいは警察の方が気を遣って『休みの日に来て下さい!』なんて言いますか?

被害者がどこかに置き去りにされているなんとも不思議な世界です。

まして相撲界は何年か前に、“可愛がり”によって若い力士を死に至らしめたこともあるのに、何を反省したのでしょうか?
素直に、司直の判断に委ねるべきではないでしょうか?

詳しいことは分かりませんが、相撲という狭い業界の中の論理を世間一般の論理に擦りかえるのは良くないことだと思いました。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。