2018年01月03日

戌年にあたって

読者の皆さんはこの切手をご覧になったことありますか?

180107-1.jpg

そう、今年は戌年ですから切手の図柄に干支が描かれたものって毎年ありますから、それです。

ではこの犬何をかぶっているのでしょうか?

見てみると青い竹の笠と、目を凝らしてみるとを頭に載せています。

これの意味をご存知ですか?

実は、これは竹を2つ頭に載せた犬。
つまり竹冠に犬を書いて、笑うという意味と、笠をダブルで被っているから重ね重ねという意味で縁起物なのです。

へ〜っ、、、でも何で吉村がこんなことを知ってるの?

...とお思いだと思いますが、実はこの“犬の人形”を売っているのが浅草は浅草寺仲見世の江戸趣味小玩具『助六』さん

180107-2.jpg

...で、その旦那と私が友人ということもあり教えてもらったのです。

因みに、私も1つお正月に買わせていただき、今はパソコンの前に鎮座しています。

180103-3.JPG

パソコンの上に置くことで、今年も一年笑顔でいられたらと思います。

180103-4.JPG

追伸;お正月に銀座の鳩居堂に行った際、鳩居堂の前にもこんな犬がおりました。
慌てて、助六さんに電話をしたところ、これは笠が1つしかないから、ダメだ、、、と言われてました。
どっちが本物なのか分かりませんが、どちらもなかなかキュートですね。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。