2018年10月18日

最近の仕事

最近、東京の本社に入社した方に変わった経歴?の人がいます。

その方は、青森出身の方なのですが、実は来夏青森に帰る予定の方で、将来的には青森工場に籍が移る予定です。

何故、その人が東京に半年間いるか?というと、ビッグヴィジョンと青森工場では来春、BVの受注情報をデジタルで青森工場へ送るシステム連動を予定しているのですが、いずれ青森側に立つその方に、受注者であるBV側の論理(工場の製造目線ではない、お客様目線)を知ってもらうために半年間東京で勤務してもらうのです。
(また、開発を東京で行なっているためその補佐的な意味合いもありますが)


で、本題に戻り今私が何をやっているかというと、その方にBVでの受注の流れを教えています

読者の皆さんには分かるはずもないと思いますが、
オーダースーツのご注文では、ありとあらゆる沢山の“可能性”に対して縫製工場は準備しています。

でもそれは全てを毎日使っているという訳ではありません。

日々動くものはトレンド感のある物だけで、トレンド遅れの物などはアイテムとしては存在しても、日々使われることはありません。

でも、システムを作るとなるとそういった“今は使われないアイテム”でも準備をしておかなければなりませんし、そういった全ての可能性を想定しなければならないため大変なんです。
:使われないアイテムのイメージとしては、例えばデザインパターンでいえば、トラッドとかVゾーンの高い3つ釦や4つ釦デザイン。アイテムではスナップで本切羽にすることなんかでしょうか。)

加えて新人さんはこのオーダースーツ業界では門外漢ですから、基礎的なことも教えなければなりません。

ということで、私が一日1時間ほどレクチャーをしています。

今やっているのは、縫製仕様書を使った説明

181018.JPG

先ほども申し上げましたが、オーダーの仕様は見た目以上に奥が深いので、縫製仕様書を1つ1つ詳しく説明するだけでも結構手間がかかります。
(縫製仕様書には普段使わない項目などは割愛されているのでその辺も説明する必要があるのです。)

そこで仕様書を枠ごとに分けて、1枠ごとに毎日一つ一つ教えていくことにしました。

人に物を教えるということは、自分自身が説明する範囲以上の知識がないと教えられません。
それだけに自分自身の知識もブラッシュアップされて、脳みそが活性化された感じです。

今週はこんな仕事をしています。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:27| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。