2018年11月07日

ベストは手間が掛かる?



ビッグヴィジョン、ヨシムラに限らず他社を含めての話ですが、

ベストを作ると納期に時間が掛かる!ことをご存知でしょうか?

これはつまり、スーツでは約4週間28日ぐらいで出来るものが、ベストを含めたM
3ピースだと1ヶ月以上の納期が掛かってしまうということなのですが、お客様目線で見ると凄く違和感があることではないでしょうか?

ちょっとオーダー慣れしたお客様なら

「何でベストを作ると余計時間が掛かるの?」
「流れ作業で縫製しているなら、スーツが出来るのを待ってベストの縫製をするのではなく、同時進行すれば良いんじゃない?」


なんて疑問を持つと思うのですが、実際にはベスト付きになると縫製に時間がかかってしまう。

実は、これには訳があるのです。

それは、コートの縫製と同じ理由なのですが、
ベストやコートは季節性が高いため、縫製ラインを作る時に、一年中安定的に仕事のある生産ラインを作ることが出来ないことが理由です。

つまり、一年中安定してオーダーが入ってくるアイテムであれば需要に見合ったライン人員を確保すれば良いのですが、そうでないアイテムは、需要のある時期だけ臨時でラインを作るためにどうしても十分に充足させることが出来ないのです。

臨時ラインとなるが故にどうしても実需期になると無理が利かなくなってしまうのです。

聞くところに因ると、某縫製工場では3ピースの注文があるとスーツ上下は4週間で出来るけれどもベストを入れたら+2ヶ月の納期になるとか。
あるいは、納期をスーツに合わせるためにはベストだけを海外縫製にしないといけないとか、

縫製工場側も需要のピークに合わせて人員を充足する訳ではないためあれやこれや大変です。

因みに、当社が縫製をお願いしている青森工場ではどうか?というと、11/5現在でベストだけで約1000着のバックオーダーを抱えていて、従来日産60枚ぐらいの生産体制ですが、これを上着ラインから人を異動して+30枚ぐらい増やし、バックオーダーの消化を図っています。

また、当社グループの良いところですが、実はベストの縫製は青森工場だけではなく、山形工場、そして新潟のシャツ工場(※新潟では専用ライン!)でも縫製しているので、これでも他工場よりは臨機応変に対応していると思います。

ファッションには少なからずトレンドがあり、メンズの場合それは3〜5年周期で大きく変わりますが、ベストがトレンドになって3〜4年、
『来年は少し需要が落ちるのでは?』と思うと、なかなか製造ラインの増設が出来ないのが人情です。

こういったところが意外と工場運営としては難しいものなんです。

消費者の皆さんから見ると全ては言い訳なんですけどね・・・



posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:57| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。