2018年11月20日

実習生の現実


今日は少し真面目な話。

今国会で与党が『外国人労働者の受け入れ拡大』を狙った議論をしている中、野党側(立憲民主党など)から外国人労働者(実習生)の現実として、実習先から失踪したりする事例や失踪技能実習生の聞き取り調査を行ったところ、時給300円で働かせていた例があるなどと指摘して、外国人労働者受け入れ拡大を阻む動きがあります。

当社(ビッグヴィジョンではなく青森工場)も実は4〜5年前まで中国人の実習生を雇っていましたので私には説明する資格があると思いますのでお話しますが、メディアは“失踪”“時給300円”の部分だけを採り上げて、あたかも現代の蟹工船のような労働搾取がなされているかのような論調ですが、一部の事例としてはあるかも知れませんが(私は不知)、
多くの外国人実習生を雇うケースとしては深刻な労働力不足があり、実習生はありがたい存在です。

また、実習生を外国から呼び込むためには、組合など第三者団体を通じ、申し込み、面接を行っている訳ですからここまで手間隙を掛けて、現代の奴隷労働をさせるほど暇ではありません。

とはいえ、現実的に10年前はそういうこともあったのでしょうが、昨今、雇用人数の多い労働集約型の工場(縫製工場だけでなく一般の工場を含む)では、何が怖い?!と言われたら、

労働基準監督署 と 工賃の引き下げ(←冗談)です。

外国人実習生の待遇は基本的には日本人と同じです。

ですから最低賃金を下回る賃金を支給することなどありえない話です。

だいたい失踪したはずの実習生をどこから見つけ出し(失踪しているはずでは?)、相手方工場の反論も表記せずどうしてその意見を正しいものとして取り上げられるのでしょうか。

私には全く疑問です。

当社に限らずどこの工場でも、昨今は人手不足は丁度昭和30-40年代の学生が金の卵と呼ばれていた集団就職の時代と同じような状況です。

そんな中、外国人だからという理由だけで賃金を最低賃金以下に抑えることなどありえないのではないでしょうか?
(もちろんヤ●ザが絡んでいるようなケースでは分かりませんが)

蛇足ですが、現在当社では外国人実習生は入れておりません。

何故かというと、中国からの実習生は中国の所得が上がったため日本の賃金では魅力がなく、相手方が希望しないのと、
もう1つの理由として、受け入れ側(日本側)が実習生を入れる場合、住居の世話のみならず日常の生活の世話までしなければならないため金銭以外の負担が重いからなのです。

日常生活の世話とは、例えば実習生から見れば外国で一人暮らしです。家族も呼べないから孤独です。加えて文化習慣が違う訳ですから、彼らだって色々困るのです。
昔、青森では冬(降雪時)に自転車で出掛けていた実習生に対して、警察へ通報した人がいました。(雪国で降雪時に自転車に乗るのはナンセンスだそうです)
彼らからしてみればビックリです。
自転車に乗ってただけで警察の職質を受ける訳ですから。

それ以外にも色々あります。
休みの日に気を使って釣りに連れて行ったら、釣ったブラックバスを焼いて食べてビックリしたとか、宿舎の庭を勝手に耕して野菜を作ってたetc

そんな彼らをどれだけ暖かく地域社会が受け入れ、仲間にするか?
我々も彼らを学び、彼らも我々と共生する。
それが実習生制度を安定して長く活用できるかの分かれ道だと思います。

個人的には最終的には家族帯同の問題と、そこで生まれた子供達を社会が受け入れるかでしょう。

自分達が人手不足で困っている時、労働者として来てくれる外国人に対して、それなりの礼を尽くさず、利用するだけでは長くは続かないと思いますし、
だからといって、時給300円とかエキセントリックな情報だけで全体の議論をひっくり返そうとする野党的な発想には閉口します。

仕事をするのに、国籍・文化は関係ないのではないかと思います。
あほな主張をしている評論家の皆さんには、その人たちの一日の生活の中にどれだけ外国人労働者の人関係しているかを良く考えるべきだと思います。

朝昼にコンビニに行き、外国の人がレジを打つ。
夜、ファミレスや居酒屋で外国人がウエイターをしている。
着ている服は中国製(あっ、これは外国で作ってますが)、使っているスマホは韓国・中国製、、、
ちょっと背伸びして呑むワインはフランス・イタリア製

日本人の純血主義は、生活面ではもうはや成り立っていないのですから、働く人だって同じで良いのではないでしょうか?




posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。