2020年01月29日

新型コロナウイルスの影響



先週から中国武漢で新型コロナウイルスの蔓延によるNewsが続いていますね。

前回のSAASとか鳥インフルと違って今回は中国の旧正月“春節”中で、人がいつも以上に動く時期での蔓延ですから、中国当局も対応に追われ大変です。

この武漢ですが、実は私は少しだけご縁がありまして、、、
青森の新工場建築に当たって武漢の某縫製工場を参考にさせていただいていたため少しだけ親近感があるのです。

あの市場が今は閉鎖かぁ、連れて行ってもらったあの飲食店どうなってるのかな?

そんな思いをはせながらも、実はこのコロナウイルス問題当社を含めたオーダースーツ業界に大きな影響をもたらしそうなのです。

それは、、、中国の縫製工場が春節明けに動くかどうか?の問題

昨今、オーダースーツの業界は概ね4万円以下のスーツは大抵の会社が中国の縫製工場で縫製をしていると思います。
(既製品は7万円台ぐらいまでのスーツを中国で縫うことがありますが、既製服は作りおきが利くため、あまり影響は出ないと思います。)

で、どこに影響が出るかというと、ずばり納期です!

試しに読者の皆さんは、オーダースーツ各社のHPなどで確認いただきたいのですが、私の推測では納期が1〜2週間程度伸びる可能性もあるのでは?と考えています。

えっ?武漢にスーツの工場が集積しているの?というご質問もあるかと思います。
実際どうかというと、武漢にも縫製工場はありますが、広い中国ですから武漢だけに限らず、北京郊外や大連など各地にあります。

ですので新型コロナウイルスが中国全土に蔓延しなければそれほど問題は大きくならないのかも知れません。

が、報道や現地の縫製工場スタッフからの報告によれば、春節休みをお国から2日延期しろ!と既に命令が出ていたり、生活必需品以外の物流に遅れが出ているなどの報告を聞く限り、仮に武漢だけに収まったとしても、物流の遅れは避けられないのではないかと思います。

加えて、春節で縫製工場の作業員が田舎に戻ったりした場合、工場に戻れない可能性もあり、人が集まらず縫製が進まないということも想定されます。

読者の皆さんの中でも勤め先が中国と取引があったりして影響が出ているかも知れませんが、縫製工場でもこの影響は春節が明ける2/3以降、如実に出てくるのではないでしょうか?

青森工場はそうなると中国縫製から国内縫製への切り替えなどが行われる可能性もあり、情報が少ない中、色々と対策を協議しています。

一方で、取引のある大連、北京の工場へは『加油北京・加油大連』とコメントしてマスクを各1000枚ほど送りました。

ビッグヴィジョンでは、低価格帯の一部商品を中国縫製しておりますが、お正月の初売り前半(1/1〜3・4日位迄)のご注文分に納期が遅れる可能性がある、と考えていますが何分にも現地が春節中で情報が不十分のため現段階では正式なご案内が出来ません。
分かり次第、店舗やHPに掲載いたします。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。