2020年03月16日

内定取り消し


相変わらずのコロナ騒動ですが、時期的なこともあるのでしょうけれど最近注目され始めたのがコロナによる内定取り消しです。

実は、私にも息子がおりまして今年社会人1年目なのですが、万が一にも彼が留年したらこの春卒業になっただけに他人事に思えません。

丁度1年前のリクルート活動ではインバウンドやオリンピック景気、アベノミクスで空前の人手不足、バブル期並みの売り手市場と言われていましたが、アレから僅か1年、新コロナによって内定取り消しが出るなんて、世の中ジェットコースターのようです。

確かに企業経営者として、当社がインバウンドの影響が高いホテルや旅行業界だったら、中国からの資材を扱う商社で自分が社長だったら、需要の回復が早期に見込めないならば同じように内定を取り消したかも知れません。

ただ、一方で近年は少子高齢化で若手人材が喉から手が出るぐらい欲しい面もあります。
それで簡単に内定取り消しなど出来るでしょうか?

こればかりは各社それぞれの事情があるでしょうから、私は内定取り消しをした企業を批判はいたしません。
(きっと企業の存続に関わる問題があったのでしょう。むしろ同情的です。)

ただ、可哀相なのは4月からの社会人生活(中途の人も含めては新生活)に胸を膨らませていた内定取り消しを受けた方たち。

当社では年間を通じて随時人材募集をしていますので内定取り消しで進路を悩んでいる方がいれば是非ご相談下さい。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。