2020年03月31日

BUY AMERICAN


読者の皆さんはBUY AMERICANという活動をご存知でしょうか?

このバイ アメリカンはその名の通り『アメリカ製品を買おう!』という活動で、私が一番記憶しているのは1980年代に日米貿易摩擦が苛烈になってきた時代に、米国の自動車工場勤務者が、日本車をハンマーでぺちゃんこにしたシーンが印象的ですが、要は国内産業を守ろう!という活動です。

で、私が今なぜこのBUY AMERICANを出したか?というと、昨今のコロナウイルスがらみで日本中(いや、世界中)で経済が麻痺してしまい、サプライチェーンも物流もボロボロになるわ、企業の営業活動は心筋梗塞を起すわ、で各国経済が疲弊していく中、いずれかの段階で、このBUY AMERICANのような国内回帰ムードが出てくるのでは?と考えているからです。

この内向的なムードは、経済学的には保護主義的で本質的には貿易立国の日本では忌むべきことと考えますが、今回に関しては私はやむなしなのではないかと考えています。

これは自分の死生観でもあるのかも知れませんが、人間生きるか死ぬかとなった時、究極の選択ですが他人を殺してでも生きたいと思うのが本能だと思うからです。
決して良い考えではありませんが、逆に本能というのはそういうものでもあるかと思うのです。

これを経済に当てはめてみると、一国経済が限界ギリギリの状況になった時には他国よりも自国の同胞を優先する必要があるのでは?ということです。

今日、とある業界新聞を見ていたところ、一面トップに中国の生産7、8割回復と報道されていました。

これはこれで結構なことですが、正直これを率直に喜べませんでした。

当社(グループ)は青森・秋田・山形・新潟に従業員を500名ほど抱えています。

平時は、工賃の安い海外縫製と熾烈な競争をしていますが、今回のコロナ騒動で相当受注が減少しています。

コロナ騒動で消費ムードが冷やされたり、直接的には週末の外出自粛を行うことで小売店の売上は前年比50%60%なんてザラです。
当たり前ですがその生産を担う全国の工場も同様に売上が落ちています。

こんな時だからこそ、本来は仲間である同胞を優先して仕事を回すべきではないでしょうか?

上記コメントは色々とご批判もあろうかと思いますが、製造業者としてギリギリの綱渡りをしている会社経営者の一意見としてご容赦下さい。

なお、当社では、ヨシムラは全商品国内縫製、ビッグヴィジョンは低額の商品のみ海外縫製で商品提供しておりますが、ビッグヴィジョンでは3月決算セール後半より国内工場を支援する意味合いから、低額商品も部分的に国内縫製に切り替えて生産しております。

私自身も当分、BUY JAPANESEに徹したいと思います。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。