2020年06月17日

残業できることはありがたい


1つ下のブログでは最近の自身の状況について書かせてもらいましたが今日は会社のスタッフのこと。

多くの会社でもそうだと思いますが、新型コロナの影響で売上が低迷し、これに伴い業務縮小、一時帰休とここ3カ月ほど、仕事量が減った方が多いかと思います。

逆に、増えている人も業種業態、立場によってあるとは思いますが、一般に物販に属している人は大抵はマイナスですよね。

ですから当社のような物販、あるいはその元となる製造をしている縫製工場はここ3カ月仕事は例年より激減しております。

そんな中、当社(縫製工場の話です)ではビッグヴィジョンにマスクの小売りをして貰い、その生産をしたり、自治体から沢山のご注文を頂いたり、マスク以外では医療用ガウンの生産をし始めたりと本業が振るわない中、別口のご注文をやることで何とか頑張っておりました。

が、、、ここにきて何と!何と!!

一部の工場で残業が出来るまでご注文が増えてきました!!

とはいっても全ての工場がまんべんなくオーダーが増えて結果残業ではなく、ごく限られた工場(今回は秋田工場)だけの話なんですが、通常のご注文(秋田工場はパンツ専属工場。パンツはこの時期忙しい)に加え、マスクの別注注文が重なり、とうとう残業が必要になってしまいました。

ここ数年、縫製工場はこの時期ずっと毎日1-2時間残業していたのですがそれが戻ってきた感じです。

残業できることがこんなに有り難いことか・・・

ありがたいという言葉有る(存在する)ことが難しいから『ありがたい』なんだな。
それだけ感謝すべきことなんだな。と改めて感じました。

社長として、従業員に残業をさせることは、時として良くないこととも思えますが、今回は、皆、『残業させてくれてありがとう!』と言ってくれるのではないかな?
(自画自賛ですか?自分としては裏方の努力が実り、誇
らしく思っております。)



posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:57| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。