2020年08月30日

恐山(下北半島)



暑かった8月の最後は、久しぶりに青森出張に行ってきました。

丁度前年の8月は、工場の移転で、8月の半月以上を青森で過ごしていただけに、今年はコロナでなかなか出張できないことに少し戸惑いつつ、久しぶりの青森でした。

仕事の方は、今回はお客様の工場見学のアレンジのためと、秋冬シーズンに向けた営業会議が主目的でしたが、今回は夏休みを取り損ねていたこともあり、1日延泊してお休みを頂き、青森観光をしてきました!

青森観光と言っても、今年はそこまで行けないまでも以前は月に1〜2度は出張していましたから、観光地ならほとんど知っています。

が!そんな私にも未開の地がありまして、それが下北半島でした。
※:工場は青森県では日本海側の南側に位置する津軽地域で、下北地方は真逆。
工場からは車で3時間近くかかります。

鉞(まさかり)の形をしている下北半島は皆さん名前はご存じかと思いますが、有名な観光地では何が思い浮かびますか?

大間(のマグロ)?
その次が、イタコの恐山ではないでしょうか?
ちょっと青森を知っている人なら仏ガ浦でしょうか。

今回は、恐山と仏ガ浦へ行ってきました!

いや〜っ、恐山はすごかった。
まず、恐山に入るには、小さな川を渡るのですが、その川の名前は三途の川
そう、あの世への入り口の三途の川。

そこを渡ると大きな山門があり、中へ入ると色々な地獄が待っています。
火山の上にあるためあちこちから、硫黄を含んだ火山ガスが出ていて、それが地獄らしさを醸し出します。
でも、中には透明度の高い湖もあって、こちらは海外リゾートのような雰囲気

なんというのでしょうか、やはりこの世ではない厳かな雰囲気です。

とにもかくにも、日本の最果ての地の山奥の中に、こんな所があるなんて、皆さんも一度行ってみると良いと思います。

※:恐山は、お寺さんが運営する宿坊に泊まることが出来ますが、今年はコロナの関係で宿泊不可でした。
ですが、行かれるのでしたらこちらに泊まるのが良いかと思います。

その他は、仏ガ浦という、岩が切り立った絶壁があるのですがこちらの景観も素晴らしかった!

画像は、恐山の山門、湖、仏ガ浦です。

20200830-1.JPG

20200830-2.JPG

20200830-3.JPG



今年はコロナで鬱々としておりましたが、密を避け、エチケットを守り、観光するのも良いのではないでしょうか。


あと、<もう1つ、こちらは少々微妙な話

下北半島をめぐって思ったこと。
率直に言って、これといった産業がなく、経済的に大変貧しい土地だと改めて思いました。(青森全体も貧しいですが、特に)
でも、車で走っていると意外と家はあって人もいるようでした。

正直、主要産業がない割りに人がいるな?と少し違和感があったのですが、ある観光施設を見て納得。

下北半島は、原子力発電所が2か所、再処理施設等が2か所あり、これが雇用を支えているのです。

あぁ、やはり地方は原発を入れることで、生計を立てているんだな。
原発は欲しくない、でも食べていくためには仕方ない。
というのを改めて、見せつけられたような気がしました。
(私個人は、原発には反対しません。原発のある地方の方には感謝しております。)


posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。