2020年12月16日

忘年会がないのは寂しい・・・


師走になりました。
師走の文字は、普段暇にしている師(=先生)ですら走る時期という事に由来しているとのことですが、最近は先生も忙しいですから言葉だけが残っているようですね。

いきなり脱線しましたが、師走の私の仕事というと、例年は青森・秋田・山形・新潟の各工場へ忘年会出張に行くことが大きな仕事でした。

忘年会?ただの飲み会に参加するのが仕事?と笑われてしまうかもしれませんが、1年頑張った社員に、また普段現場に入っていると声をかけることが出来ない社員に、平等に接することが出来るのは、仕事を離れたOFFの時だけですから、この忘年会は、私にとっては師走の一番重要な仕事なのです。

ですが、これがコロナによって全て中止

東京からの私に“来るな!”というのでしたらいざ知らず、忘年会そのものを開催できないのですから、工場の社員もきっと残念に思うことでしょう。

また、地元のホテル等宴会場は、ただでさえコロナで観光客が激減する中、地元の注文もなくなり死活問題だと思います。(可哀そうに・・・)

しかし、コロナだからといって本当に人の交流を途絶させても良いのでしょうか?
私には疑問に思います。

確かに、基礎疾患のある方や高齢の方は万が一の際に重篤になる確率が高いですから、人と人との接触は避けるべきだと思いますが、だからといって全ての人の動きを止めてしまえば、経済が途絶えてしまいます。

だからといって、人がバタバタ死んでいってしまう状況を野放しにすることもできません。

では、どの水準が妥当なのでしょうか?

未曽有の出来事ですし、正直これに対して誰も正解は用意できないでしょう。
だからこそ色んな意見が出てくるのだと思いますが、私は究極的には自己責任だと思います。

忘年会も私個人は、やりたければやれば良いと思います。
ただ、昔の大宴会場のような場所で、人がお酌に回らなければ飛沫が飛んでこないような環境で、です。

ただ、こんなことは(権力のある)社長の立場では絶対に言えません。
力には強制力があるため、意図せぬ強制につながってしまうからです。

ですから、忘年会の是非については私は一言も言わず、現場からの判断を聞くだけですが、結果が中止となったことは、とても寂しく思います。

あぁ、僅か1年でこうも社会は変わるものでしょうか。
とても残念で、寂しい今年の師走です。

〜おまけ〜
忘年会については、私は仕事だと思っています。
何故かというと、それは『現場の皆さんから1年間の不満を聞く場だから』です。
ですから、毎年忘年会になると私は針の筵の上に座らされているように、工場の女工さん達(総じて熟女)に囲まれ、イジられております。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:39| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。