2021年05月27日

医療用ガウンの不正事件


ホットなニュースですが近い内に週刊文春に医療用ガウンの不正事件について記事が出るそうです。
この医療用ガウン、実は全国の縫製工場で携わっている工場が多く当社グループの縫製工場も受注が減る中の駆け込み寺的な注文として
昨年来、何万枚も縫製しておりました。

因みに、YahooでのNewsはこちら
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6394367

発注は国(厚労省・経産省)からなのですが、受注のためにはいくつか条件があり、その内の1つに国内で製造された物というのがあるのですが、今回事件を起こした企業は、国内で縫製せず中国縫製の物を国内縫製分に混入して納品したそうです。(間に丸投げ企業を入れたりと、確信的で相当悪質に思います。)

私は同じ仕事を携わった者として苛立ちを隠せません。

何故なら、この国内生産が発注の条件になっているのは国がコロナで疲弊する国内企業を守らなければならないという意図があるからこその条件なのです。

きっと海外生産の方が安いでしょう。ひょっとすると大量生産なら海外の方が早く仕上がるかもしれません。

にもかかわらず国内生産に限定しているのは、百貨店をはじめ一大消費地の首都圏でモノが売れなくなれば、その生産地である地方は、東京が風邪を引けば、地方は肺炎になってしまう訳で地方を疲弊させないための政策でもあるんです。

それを目先の自己の利益に囚われて、大義を忘れ私利私欲に走るなど言語道断です。

当社は新型コロナでは医療業界とは違い業種的に何もお役に立てない業界です。
だからこそ、グループ会社を通じ医療用ガウン縫製をしたことは数少ない社会貢献だと思い、誇らしく思っていました。

同じ仕事に携わった者がこのような不正に手を染めたこと本当に悲しく、残念に思います。
中国で生産した分を、地方の疲弊した縫製工場に回せば、従業員を帰休させず、仕事を与えられただけに残念です。

※:「残念」ではなく「怒りを覚えます」の間違いでした。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:17| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。