2021年07月24日

オリンピック始まりました。



いよいよオリンピックが始まりましたね。祝日となったこともあり、読者の皆さんも連日TVにくぎ付けではないでしょうか?

かくいう私は、というと、実はあまりオリンピックを見る気がありません。

何故かというと、オリンピックの精神は本来は「友情、連帯、フェアプレーの精神」ですが、コロナ禍での開幕ということもあるのだとは思いますが、どうにも友情とか連帯ではなく、(ちょっと概念的に違いますが)不寛容の精神がはびこっているため、本来の精神がすすけて見えてしまうからです。

とはいえ、開幕式は自宅で一杯やりながら見ました。

入場行進は、密を避けるうえでも間延びするのは止む無しと納得しましたが、その後、演出は、残念ながら微妙な感じでした。

確かに二転三転あって時間も予算もない中、頑張ったんだとは思いますが、そもそももう少し寛容になって、多少過去に問題があっても、その人材を使い切ることの方が良い物が出来たのではないかな?と思うことが多々ありました。

個人的に見ていてて素晴らしいな!と思ったのは、

ドローンの演出ピクトグラムのパフォーマンスでした。

ドローンは、技術の進歩の影響が大きいのでしょう。
これまでにはない演出で、素晴らしかったですが、多分次のオリンピックでは同様に技術の進歩でもっと良い物になるでしょう。

ですから私の一番は、ピクトグラムのパフォーマンスでしたね。

オリンピックという人種民族文化を超えたスポーツの祭典で、人種民族文化ゆえに相互理解が難しいからこそ、分かり易いピクトグラムのような物が必要でしょうし、それをお金をかけずパフォーマンスで分かり易く表現した。

これが本来のオリンピックの姿のように思えます。

何もお金を掛ければ良い物になる訳ではないのです。

その他の演出についてはあまり意見をしたくないのですが、日本文化の押しつけのような演出はイマイチで、一番ひどかったのは、TVの取材を模した演出でしたね。

あれって一体何だったんでしょうか?
マスコミがあまりにスキャンダルをあげつらうから閉口してあの演出?

こちらは意図が全く分かりませんでした。

そういえば、オリンピックが東京に決まった時、安倍総理がマリオの格好をしたり、滝川クリステルさんが『お・も・て・な・し』とプレゼンしましたが、あのプレゼンとの整合性はどうだったんでしょうか?

ドラクエのテーマ曲ぐらいが何となくゲームつながりで繋がった感じに見えましたが、う〜むっ、よく分かりませんでした。

大きなイベントを大勢の人がやる場合、観る人の想像をはるかに超える大変なことが沢山あります。
主催者側は、大事のために細事から1つ1つきちんと正確に積み上げます。

ですが、積みあがった1つ1つを崩そうとする悪意がはびこっていてどうにも大事が完成しないのが今回のオリンピックのように思えます。

東日本の震災を、絆や連帯で乗り切った日本人はどこに行ってしまったのだろう。
主催者側の問題よりも日本人1人1人の問題ではないでしょうか。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。