2021年09月27日

選挙


菅総理が退任を宣言されてから俄かに選挙色が強くなってきましたね。

岸田氏、河野氏、高市氏・・・

街頭では実感はまだありませんが、週末のTVは選挙色の強い物が多かったような気がします。
当社も何人かの国会議員の先生たちのご注文を頂いておりますので、政治的なコメントはブログ上では極力行わないようにいたしますが、ちょっと驚いたのが立件民主党の枝野党首が政権を奪取した際に

『年収が1千万円程度を下回る人の所得税を1年間実質ゼロにする』
「もうかっている超大企業や大金持ちに応分の負担をしていただく」


と発言したこと。

これには『お〜っ、民主党の再来か!』と驚きを隠せませんでした。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、給与所得者で年収1000万円以上となると、対象者の5%弱です。
これは給与所得者(256万人)ですから自営業者などを加えればもうちょっと増えると思いますが、立件民主党は日本国一国にかかる経費を、人口割合で5%の人達に全てを負担させようと主張しているようです。

ビックリポンです。

政治の政権公約や会社のプレスリリースではよくあることですが、驚くような数字を挙げることで聴衆の関心を得ようとする人が多くいます。

出来ること、少なくとも、やる道筋が出来るなら結構ですが、ハナから出来ない公約を上げても人を混乱させるだけです。

私は50代前半ですが、この世代で大企業に勤めている友人たちは、多くの人が年収1000万をクリアしています。

確かに全国平均で見れば圧倒的に高い報酬なのかもしれませんが、定年も近くなり、子供の養育費・住宅ローンを抱え、物価の高い首都圏に住んでいる人達は年収1000万円程度では立件民主党の言われる『大金持ち』ではなく、生活もそれほど裕福ではありません。

私は学生時代、経済学部で国の財政・税制を専攻していましたが、税の基本理念に公平性があります。

厳密にいうとこの公平性は、水平的公平(同じ所得の人からは同じ税負担をという考え)と垂直的公平(同じ税負担でも所得が高い人の税負担の重みと所得の低い人の税負担では負担する「税の傷み」の傷みが違うので、所得の多い人は多く負担すべし、という考え)に分かれますが、それにしても1000万円以下はゼロで、1000万円で残りを負担は凄すぎます。
そんなことしたら、孫さんや柳井さんは海外に移住するだけでは?

さて、選挙どうなるでしょうかね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:06| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。