2021年10月19日

あぁ、縫製工場悲哀・・・



消費者の皆さんは国内にあるオーダースーツの縫製工場にはどんな会社があるか?ご存じですか?
縫製工場の業界は収益性が低いですから上場企業はほとんどないし、業界そのものが下請け的な業務内容ですから、縫製工場の社名、その実体を知る人などあまりいないと思います。

30年前でしたら、東の花菱、西のグッドヒルが両横綱と言われ、そこに日本ソーイング(銀座山形屋グループ)、東京クロージングなどが加わっていたと思います。

それぞれ小売り業態を持ち(グッドヒルはエフワン、日本ソーイングは銀座山形屋、花菱縫製はHANABISHI)一時は各社百貨店のオーダーサロンとも提携して随分な売上を計上し、業界での発言力も強かったです。

しかし近年、大規模工場は、【大規模に】海外縫製をする販売店がどんどん海外移転したため非常に劣勢で、厳しい状況です。
むしろ中小規模の縫製工場の方が特徴を生かして頑張っているぐらいです。

特に最近は、新型コロナの関係で百貨店が振るいませんから、大手程影響が大きいのかもしれません。
(ご参考まで:当社グループの縫製工場は専門店様のお取引が多く、百貨店様からのご注文は少ないです。)

実際、直近では新型コロナで業況が厳しくなっていますが、実はそれ以前から悪化していて、当社グループ不正工場が秋田・山形工場を5年前に設立しましたが、それも上述4社の内、1社が廃業するからという理由でお引き受けした工場でした。

さて、
前置きが長くなりましたが、今日スタッフから、ある報告を受けました。

それは、H縫製が縫製工場を閉鎖するという話。

先述の通りH縫製と言えば、東の横綱で当社から見れば雲の上の存在でした。

それが、10年ほど前にとあるファンドに売り渡してからおかしくなりました。
5年ぐらい前には三井松島産業という昔の三井炭鉱の後継企業が買取り、昨年はコロナで業績が悪化したため、オーダースーツ事業は多額の特別損失を出したかと思えば、今年は埼玉の工場を売却するといったNews※が流れ、、、
工場売却してどこか少し奥地に規模を小さくして再スタートするかと思えば、縫製工場を廃業するとのこと。
(オーダースーツ販売のHANABISHIは存続するそうです。)

※:工場売却のIR(外部サイト)
https://www.mitsui-matsushima.co.jp/pdf/other_60e3f4742d96f.pdf


経済的には、需要と供給で価格が決まりますが、新型コロナの影響で需要が冷え込めば、当然ですが海外品と比べ価格抵抗力がない国内縫製工場は、供給過剰で厳しくなります。

当社は、こうなりたくなかったため数年前から、低価格の海外製品に負けないためには【時間を味方】にするしかない!
(つまり、海外製品は大量生産型で時間がかかるし、何より物理的にどうしても物流時間は余計かかってしまう。)

こう考えて、7DAYSオーダーを当社の今後の切り札にしよう!として行動し、まずまずのご評価をいただいていますが、こういった臨機応変さがなければ生き残れないのかもしれません。

業界外の方から見れば、「あぁ、会社が潰れたの。へ〜っ」って話かもしれません。

でも、縫製工場は雇用する人の数が非常に多く、その影響は地域に深く、大きく影響します。

今月から最低賃金がまた大きく上がります。
廃業・倒産する工場はこれからもっと増えると思います。。。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 09:51| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。