2021年12月07日

価格改定×××



巷ではこの秋から色んな物が値上げになっています。
特に食料品が良い例ですが、小麦から牛肉などの食料品のみならず、石油が上がっているからガソリンから石油精製品まで殆どの世界では物価が上がってますね。
コロナで苦境に陥っていた飲食業界も、営業再開した際には結構値上げをしている店も多いように思います。

でもまぁ、その分給料が上がれば問題なしか・・・という鷹揚な方もいるかも知れませんが、実は私の知る限り上がっていない業界が・・・

そう、ファッション業界です×××

実際のファッション業界は、どうかというと、

輸入品は、、、、円安(105円⇒115円)に加え、海外縫製の工賃上昇、物流コスト増で海外製品もコストアップ

国内製品は、、、最低賃金上昇、物流コストアップ、石油製品価格アップによりこちらもコストアップ

されど、どこも値段を上げられない。

競合他社が上げていないからということもあるのでしょうが、それにしても厳しいです。
当社もまたしかりで、今年最低賃金は793円から822円に3.7%もアップ(青森県)しました。
実のところ、当社(縫製工場)ではこの上昇だけで年間15百万円の利益が吹き飛びます。

縫製工場は設備産業でもありますので、このコスト1年間設備投資を全くしなければ凌ぐことはできます。

でも、それをすると将来の成長力をそぐことになりますから短絡的には出来ません。
そうするとどうしても値上げが必要になってきます。

う〜ん、どうすれば良いか?

価格を改訂するとすれば、シーズンの変わり目に行わざるを得ず、多分これは来年の3月からの春夏物になると思います。

セールの時にオーダースーツがセールで(税抜き)1着2万円以下で手に入るというのは、この冬が最後になるかもしれません。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:05| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。