2022年06月15日

ユニクロの値上げ

先日、ユニクロが秋冬物から値上げを行う旨の報道がありました。

そして今日またその関連のニュースがあったので少しご紹介。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e2385903bf8fb34330bc7cd06dc5bab8b6ccf8c

この中で指摘していたのが、今回の値上げはユニクロに限らずですが、ウクライナ情勢に起因する原油高、国際的物流の混乱、円安によるものですが、ここにきて天下のユニクロが値上げに踏み切ったところが大きいという内容。

経済学的にはどの業界にも価格を左右する所謂プライスリーダーという存在がありますが、これはその業界の中で一番力がある企業のことを指しますが、アパレルではユニクロです。

そこが値上げに踏み切るということは、2位以下の同業他社はこれからこぞって値上げをしていよということを意味します。

まぁ、足許の為替動向を見ているだけでも今後は厳しくなるのは分かりますけどね。

さて、ユニクロと我々スーツ業界を比べてみるとどうでしょうか?
素材的にはスーツ業界はウール系が多く、ユニクロはポリエステルなど石油系素材や綿花が多いと思いますが、ウールの業界も今や青色吐息です。

○糸は手に入らない。
→糸はもはや国内では殆ど作れず中国からの輸入。それがロックダウンで入荷せず。
○石油由来の素材(ポリエステル生地・裏地、釦など)も価格上昇
○工賃は上昇
→中国縫製は円安で秋冬から円ベースで大きく上昇
(→国内縫製は、海外程ではないですが、最低賃金引き上げで若干上昇)

どちらにしても相当な困難が想像できます。

当社はというと3月に価格改定をさせて頂きましたので、秋冬で価格改定することは絶対にいたしません!
また、生地在庫も今年2月に向こう3〜5年分の生地を大量に仕入れましたのでシーズンに遅れることはないと思います。

厳しい中ですが、秋冬物の立ち上げ時期にはどこかで生活応援企画でもやってみたいと思います。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。