2022年07月14日

友情



先日、安倍元総理が凶弾に倒れました。
このことについてコメントは他の皆さんも沢山されていますので控えますが、私もアベノミクスで会社経営が上向いた立場として、安倍元総理には深い感謝とご冥福をお祈りいたします。

さて
一連の安倍元総理の出来事ですが、私は麻生元総理の弔辞に心を打たれました。

麻生元総理は、安倍総理の時代の副総理。
年齢的には安倍総理より年上です。

その麻生氏の弔辞は、歴年のライバル、戦友、部下、上司であった安倍元総理に対し「友人代表」として弔辞を述べられ、その言葉には苦難を共にした仲間への尊敬・愛情・くやしさ等に満ちた言葉でした。

中でも弔辞の最後に
私の弔辞を安倍先生に話して頂くつもりでした。無念です。という言葉を読んだ時、涙を流しそうになると共に、自分が死ぬときこんな仲間が一人でもいてくれたら生きていたという足跡になるなぁ。そうなりたいな。羨ましいな。と率直に思いました。

人はいつかは死んで土に還りますが、何でもよいので誰かの記憶に残るような生き方をしたいものです。

話は変わりますが、昔、ある方の結婚式で森元総理とお話をする機会があった時のことです。(そういえば、その席に麻生元総理もいたな・・・)
丁度、安倍氏が総理大臣の時だったのですが、森元総理曰く

「安倍総理は人使いが荒くて困る!
退任した総理大臣は、現職総理が外遊する前の下準備で諸外国を事前に回る時、私(森元総理)は後期高齢者なのに、0泊3日で出張させる!」
補足:行き帰りは政府専用機を利用するんですが、そこだけが寝泊りの場という意)
こんなお話をいただきました。

そう、総理大臣を辞めたからといって仕事がない訳ではないのです。
(某民主党の元総理は除くと思いますが)

皆さん、お国のことを思って、粉骨砕身頑張ってるんです。

そう思うと、世界に顔が売れている安倍元総理が亡くなられたこと、本当に残念です。
私が力になれることは現実的にはないでしょうが、気持ちだけはお国を良くすることに協力します。
否、気持ちだけでなく微力でも協力したいです。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。