2024年02月29日

株はどこまで伸びるかねぇ?

あまり話したことはないですが、、、
私には名刺に書かない肩書が2つあります。

それは
宅建士と証券アナリストの資格

それらは今から20ン年前の銀行員時代に資格を取得したのですが、実務で使っていないこともあり、お恥ずかしく自身の名刺の肩書からは消しております。
(厳密にいうと、宅建士は合格者研修を受けていないので正式に名乗ることはできません。が、証券アナリストは一応検定会員なので、名乗れるのですが名乗ってません。)

で、今日の話は証券アナリストの方というか日本の株式相場の今後についてです。

先に申しておきますが投資は自己判断ですから私のコメントなどで投資判断はされませんようお願いします!

どうでしょうか?日本株は?

個人的には多分3月中に一度日経平均が40,000円を付けた後、3か月位調整し、その後年末に向けて、伸び始めるのではないかと考えています。

根拠は?
1番は中国からのお金の回帰。ようは世界的なマネーがこれまでアジアでは中国に集まってきていましたが、これが今、中国から逃げようとしていてその受け皿が日本なので、外部要因で上昇すると思います。

2つ目は米国景気
日本の株は米国相場の影響が大きく、米国が伸びれは同様に伸び、米国がしぼむと米国以上にしぼむ傾向があります。
米国は引き続き世界経済をけん引して景気も良いのでこれはプラス。

3つ目は日本人の投資マインドの向上
これは新ニーサの影響もありますが、バブル崩壊以降、株式投資≒ばくち打ちみたいに忌避されていましたが、最近は若い人を中心に投資=必要なことと考える方が増え、新ニーサやインフレも追い風になって株式相場にお金が入ってきているのでプラスです。

でも一方で、一本調子に上がり続けるか?というと、私は今が天井ではなく暫く上がり続けた後、調整するだろうな。と思っています。
いつ?とまでは申せませんけどね。

ちなみに、今から30年前のバブル崩壊の直前の状況、もう記憶されている世代も減ってきましたが、あの時の社会状況で印象的なことを列挙するとこんな感じでした。

・シーマ現象
>>>日産の高級車シーマがバカ売れし、しかも高いグレードから先に売れていくという異常事態がありました。

・主婦が株式投資
>>>女性蔑視はしませんが、積極的に株式投資する女性は今でも珍しいですが、バブルのピークの時は百貨店で主婦向け投資セミナーを開催したり、百貨店に(主婦向け)証券会社の支店が出来たりしていました。

・タクシーが拾えない!
>>>最近はGOで呼べば良いのかもしれませんが、当時は夜の繁華街でタクシーを拾うことができませんでした。

こんな社会現象が出てきたら、バブルが弾ける直前だと思ったら良いのではないでしょうか?

最後に、証券アナリスト資格を取得して30年の投資家人生を一言で言うと


『 アナリスト、自分の株で、損をして 』

お粗末さまでした。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:32| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月17日

元気になりたいとき



年始から初売りでばたばたしていたからか最近ちょっと疲れているのかな?

あまり弱音を吐くタイプではないのですが、ちょっと最近グロッキー気味です。

まぁ、こんなことは誰でもあると思いますが、そんな時皆さんはどう気持ちの切り替えをしますか?

休みの日に郊外に出てリフレッシュ?スポーツ?色々あると思いますが、今日はそんな息抜きをする時間がない時のヨシムラ流息抜きを紹介(?)します。

私の場合は、通勤時間に読む本を代えます。

どんな本に変えるかというと、ワクワクするような、躍動感ある、そんな内容の本ですね。
何もこれまで呼んだことのない新しい本である必要はありません。
私の場合は、既に何回も読んでストーリーが分かっている本の中からワクワクするような本を選んでいます。
(ですから、こういった時に山崎豊子のような本はダメですよ。)

で、この1週間私が読んでいる本は水滸伝(北方謙三著)

特に、前半の梁山泊に各地の英傑が集まるところなんかが良いですよね。

林冲、武松、史進、李逵、楊志...

仕事でもなんでもそうだと思いますが、どんなに肉体的に疲れていても達成感や向上心がある時って疲労感が少ないじゃないですか。
でも、達成感を得られるようになるまでには長い下積みが必要だったりと、そう簡単に達成感は得られません。

だからこそ小説を読んで疑似体験をして、がんばるんです。

さぁ、108人の水滸伝の英傑から力を貰いました。
また元気に頑張ります。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:56| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月21日

ダイハツ問題

今日Newsでビックリしたことがあります。
それは、もう誰もがご存じだと思いますが、ダイハツの不正問題。

遡ると1989年に初めて不正を行ったとのことで、かれこれ34年に渡って不正をしていた訳ですから、スゴイの一言です。
1989年と言えばバブルのピークで、私はまだ学生でしたから、私が新卒で社会人になってからず〜っと、ダイハツは不正を続けていた訳ですから、ホント凄い!

昔から軽自動車は安全面で問題があると言われていましたが、それは価格が安く、安全対策にかけられるコストが厳しいのだと思っていましたが、どうやらダイハツでは違ったようです×××

記者会見でダイハツは当面、全車種、出荷を停止するとのことでしたが、どうなっちゃうんでしょうね。

全車種が対象だとすると、型式指定の取り消し&撮り直しが必要でしょうから、昨年似たようなケースで型式指定の取り消しがされた日野自動車への対応を例にとると、ダイハツは今後まともに販売が出来なくなってしまうのではないでしょうか?
ちなみに、日野自動車もダイハツも今はトヨタ傘下なんですね。トヨタもとんだババをつかまされたものです。。。

しかし、それにしても、最近企業の不正が多すぎます。。。

リコール問題は予期せぬことが起きてのことですから致し方ないとしても、許認可を受ける業務で不正が行われると、行政としても一罰百戒として厳しい措置を取らないと何のための許認可か分からなくなってしまいます。

ひるがえって、自社(ファッション業界)のことでこのような不正がないか?考えてみました。

この業界は考えてみると人の命に懸かる物ではありませんし、型式のような物はありませんから、行政が入ってくる余地は多くないのですが、良くあることとしては・・・

・産地偽装
⇒これは縫製する国の表記をごまかしたり、敢えて海外縫製のタグをハサミで切って納品するケースですかね。
昔はよくあったようですが、自分の周りではもうそれは見ないです。

・ブランド偽装
⇒こちらも昔はよくありました。
業界にいる者としては、「う〜ん、、、最近はあまり見なくなったかな?」といった感じです。
私の経験でいうと、10年ほど前、社員が安い生地でスーツを作りタグだけゼニアにしている者がいて怒ったことがありました。

・原材料の偽装
⇒これは今でも一定割合であるのではないでしょうか?
実のところ衣料品の原材料(例:ウール90%、カシミヤ10%などの表記)はメーカーからの証明があれば販売者側で検査機関に入れて調べることはありません。
このためアジアなどの海外製品でこういった偽装は時々あります。
私も引っかかったことがあります。

こうやって考えてみると、ファッション業界での不正というのはそれほど致命的な物はありませんね。

でも、ダイハツのような形で、もし大きな不正が見つかったらどうなるでしょうか?

正直なところ一発で倒産することになるのではないでしょうか?

この点、企業規模の違いはありますがダイハツの今後が気になります。
これがウヤムヤになってしまうなら、世の中はやりたい放題ということですからね。

私は、ダイハツと比べれば吹けば飛ぶような企業の社長ですが、自分の子供や社員が外で恥ずかしい思いをするような仕事はしたくないと常日頃から考えています。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:40| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月12日

来年の為替予想

今年も残りあと半月、師走も半ばになりました。

師走になるとよく出てくるのが今年の振り返りと来年の予想。
私の良く見る経済番組では、来年の株価の高値はいくらだとかをやってます。

私も株は少しはやります(こう見えても証券アナリスト)が、会社の金では株式運用はしませんので、今日は為替の予想。

実のところ昨年の早い段階で1ドル150円までは行くだろうと予想し、これは珍しくズバリ当たったので気を良くしての来年予想ですが、個人的には年間を通じた平均為替は1ドル140−145円を予想しています。

来年は1年間を通じて米国のインフレ低下、米国金利の低下、日本の金利上昇(ゼロ金利解除)があると思いますが、理論的にはこのような環境では円高が進行するため1ドル120−130円台を予想する人が多いと思いますが、私は良くて瞬間130円台に突入するぐらいで130円台で定着したり、瞬間で120円台にも行かないのではないかと予想しています。
(理由は色々ありますが、日本の景気回復が遅く、また日本が世界に対して先進国ではなく劣った国になっている(だから日本=円は強くならない)と考えているためです。)

さてさて、私の読みはどうなるでしょうか?
来年の12月のブログで改めてこの予想を評価したいと思います。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:30| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月05日

日大アメフト部は廃部にすべきか?

相変わらず世間を賑わせている日大アメフト部問題ですが、少しずつ収束の方向が見えてきたような気がします。

副学長らの責任問題は辞任で解決するも、でも今話題になっているのは日大アメフト部が廃部になるかということですが、当初はお咎めなしなんてとんでもないという雰囲気ですがここにきて、

・無関係の部員が可哀想
・スポーツ推薦で入学予定の子が可哀想

などと一部の不利益を被りそうな学生を盾に同情論で廃部すべきでないという論調を作ろうと、OBやアメフト業界がメディアを上手く操作しながら機運醸成をしているような気がします。

私は、個人的には存続には反対です。

何故なら今回はどんなに個人の責任問題にしようとも部の寮で、継続的に、何年も行われ、部員が複数逮捕され、ているからです。

これを組織的と言わずしてどうするのでしょうか?

会社だったら一発アウト。懲戒処分でしょう。
まして、もう18歳で成人ですし。

ところで私がここまで批判的なのには訳があります。

実は、私は高校時代に停学処分を受けたことがあります。
高校の夏休みの短期交換留学で海外に行った時に、後輩を殴りけがをさせたことがその原因でした。

日本では喧嘩ぐらいだったら停学程度で済みますが、その時に現地高校の先生から言われたことが衝撃的でした。

「アメリカなら一発退学だよ」と。

当時はバブルで日本は世界の最先端にいるかのように思っていた私でしたが、その時に日本の甘さ、ルーズさみたいな物を痛感したのをよく覚えています。

アメリカは自由の国です。自由を謳歌することは出来ますが、自由には責任が伴います。
人を殴っても拳銃を買って殺しても良いです。(良いは間違いですが文意からご判断下さい。)
でも、その責任は取らないと。というのが当たり前の発想だったんです。

だから、「学生だから」可哀想は通用しないのです。

実際、この10-15年で学生(若者)を取り巻く環境も大きく変わりました。
私の母校の大学では、未成年者の飲酒や飲酒にまつわる不祥事が発覚した場合、どんなに歴史のあるサークルでも一発お取り潰しです。
それが伝統あるアメフト部?、体育会だから?、学生が可哀想だから?ではないのです。

昔の価値観に守られて大人になった私が、今の世相で批判するのも良くないですが、時代の変化は受け入れないとガラパゴスになってしまいます。
あぁ、自分の黒歴史を語ってしまった。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:39| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月04日

少子化対策なんて必要なのかな?


師走に入り年末調整を意識するようになると、最近、給与から差っ引かれるものが増えてきたなぁととみに思います。

健康保険に、年金、介護保険にetc...
昔(昭和の時代)は、所得税の税率そのものが高かったですが、最近は税率は低くても付帯する天引きのアイテム(上述保険など)が増えてきたと思います。

また歳出の面では、やれ社会保険の原資としての消費税だ、などと言っていますが必要な物なら良いですが、そうでないものも多いのではないでしょうか?

私が個人的に思うのは、消費者対策への支出です。
これを言うと若い世代の方は怒られるかも知れません。

「子育ては時間もお金もかかるんだから!」
良く分かります。私も子供を育てましたから。

ただね、少子化の本質は、
女性が子供を産まない(男女で子作りをしない)ことです。

どうして子作りをしないのか?
確かに、所得面での不安さはあるでしょうけれど、もっと本質的に考えればセックスより楽しいことがあるからではないでしょうか?

暴論に聞こえるかもしれませんが、証拠を上げるなら、文明化に伴いどこの国でも出生率は下がります。
逆に、出生率の高い国は、発展途上国に多いことからも、文明化によりセックス以外の娯楽が増え、結果、営みをしないというのが一定以上いるのは確かなことです。(もっと貧しければ、夜になり電気がなければやることは寝るか、するかだけ)

ですから今の豊かな時代に出生率だけを大きく上げることなど、どんなにお金を給付しても出来ない事なんです。

でも先進国で人口が増えている国もあるのは何故?と言われる方もいるでしょう。

それは移民(あるいはそれに近い外国人受け入れ)を受け入れているからに他なりません。

少子化が問題になるのは、人口が減少するからです。
人口減少を防ぐなら、少子化にお金をかけるより移民に門徒を開くことが大切なのではないでしょうか?

何か、今の政策が100万円上げても増えないから200万円にしたら増えるはずみたいな感じでなんかおかしく感じます。

どうせ子供にお金をかけるなら教育の質を上げることにお金を使うべきではないでしょうか?
posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:58| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月16日

いよいよウインターセール始ります♪


今年は異常気象で11月でも夏日があった位ですがここにきて朝晩冷え込み、ようやく冬物スーツが活躍する時期になりました。


実のところ今年は、この異常気象の影響でアパレル業界はどこも大苦戦しており10月は前年比80%なんて売上の所もあったほどで、業界的には深刻でした。


が、ようやくここにきての寒波でお店の方は俄かに活気づいてきました。

特にビッグヴィジョンの方は週末から恒例のウインターセールを行うこともあり、お店は問い合わせや事前予約でてんやわんやのようです。

そして通常のオーダースーツのご注文なら問題ないんですが、ここにきてちょっと困っているのは、急に寒くなったために、早く冬物スーツが欲しい!というお客様が急増していること。


もちろん当社には7DAYSオーダーがあるので1週間待っていただければお仕立ては可能です。

ですが、あまりに7DAYSオーダーに集中してしまうと、工場にはキャパがあるためそれを越えての縫製はできません。そうすると7DAYSが8DAYS、9DAYSと伸びてしまうこともあるのです。

特に土日は工場が休みのため生産が進まない分、休み明けの7DAYSオーダーの枠を取ることは大変です。


暑い時には冷たいビールが欲しくなり、寒い時には鍋を食べたくなるのは誰も一緒です。

皆さん早めのご準備をお願いします!
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月15日

凄いなヒアリング拒否って

昨日のブログにも書きましたが最近興味深く見ているのが宝塚の自殺問題

昨日のブログは、記者会見前に綴った物でしたがその後会社側の記者会見がなされました。
結果は私の想像した通りのお茶を濁した内容で、一晩経って色々と各方面から批判をされているようですね。
私の意見は多分、一般的なメディア(≠NET民の声)よりは厳しい批判をしていて司直の手に委ねるべきというコメントをしましたが、正直それ見たことか!といった印象を持ちました。

どうしてか?と言えば、会社側が会見で言っていた加害者と言われる宙組のメンバーにヒアリングをしようとしたらヒアリング拒否されたというくだり。

そもそもあれだけ上意下達が厳しい宝塚にあって会社の構成員が会社側にヒアリング拒否が出来るというのもあり得ない話ですし、そもそもヒアリングって言葉が間違っているような。。。
事情聴取ではないんでしょうか?

どっちにしても本件は酷すぎます。

そもそもパワハラ・セクハラは一般の企業人の認識では、自分がどう思おうと相手がハラスメントと思うことをしたらアウト!(言われたらその時点でアウト!)というのが今の流れです。

これはこれで抗弁できないので酷いなと思う側面はありますが、今の大企業・一流企業ではそれが当たり前。

つい先日も大企業に勤める友人から聞きましたが、
彼は、飲み会の後にタクシーに乗る時、例え帰りの方向が同じでも異性とは同乗しないと断言していました。
もし、どうしても!という場合は、自分は助手席に乗る!と言ってましたが、これがビジネスの最先端の戦士たちの肌感覚です。

何故彼らがそこまでナーバスになるのか?
それは、並びで座って、後々万が一にも何か言われたら自分を守れないからです。

世の中それぐらい厳しいし、社会的立場のある人たちはそれぐらい自覚しなくては駄目ってことです。

それに比べて、宝塚というのは緩い組織ですね。
生徒を守るのであればなおさら膿を出さなければならないのではないでしょうか。
問題先送りでは同じ犠牲者が増えるだけです。

偉そうなことを書く私ですがそんな私でも失敗した経験は山ほどあります。

例えば、私がビッグヴィジョングループの代表になった直後の頃、新潟工場(シャツ工場)での私の初仕事は労働基準監督署に行くことでした。
初仕事ですから今でも覚えていますが、当時新潟工場では夕方17時に終業した後、従業員にタイムカードの打刻をさせた後、現場に戻し、サービス残業をさせていました。

とんでもない話です。
それを従業員から?労基に差されて、就任直後の社長の私が呼び出された訳です。
就任直後で分からないから、なんて言い訳は一切通用しません。
ウンもスンもなく労基から勧告を受け怒られたわけですが、私は即座に事実を公表し、従業員に謝罪の上、二度としない旨の表明をしました。
タイムカードの上に張り紙をしました。

私のモットーは是々非々、善いことは善いし悪いことは悪い。
悪いことはたとえ社長でも悪いですし、善いことは平社員でも善く、社長だから黒が白になることはありません。

そうやって正す方が、嘘をつきつつ胡麻化し続けるより楽なんです。

宝塚がジャニーズのようにならないと良いですね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:33| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月31日

実習生を招聘します。

(今日は縫製工場の話です。)
11月も目前となり秋も深まってきました。
当社の工場のある青森(弘前)でも、岩木山は冠雪しはじめ、市内は紅葉で、今は紅葉祭りの最終盤で、こうなると縫製工場も秋冬物の縫製がピークを迎えます。

さて
そんな青森工場ですが、近年少し困った状況になっています。

それは、、、少子高齢化によって従業員の確保が難しくなっているのです。

実のところ、青森工場は中堅都市である弘前市や青森市の間に位置しているため、まだベッドタウン的要素から比較的人口は多いのですが、
当社の秋田工場(大仙市)や山形工場(新庄市)では、人口流出&自然減が止まらず、近年人材確保が大変になってきました。

縫製工場は雇用の少ない場所(=僻地)に立地することが多く、この傾向は全国どこの縫製工場でも似たようなものですが、当社にとっても大きな経営課題です。

そこで、青森工場は来年からベトナム人実習生を招聘すべく今、色々と準備をしています。

この外国人実習生制度、あまり評判良くありませんよね?!
現代の奴隷制度とか、過酷な労働環境とか、脱走する人が出るとか。

でも、地方の一次産業等では結構浸透していまして、当社の実習生制導入はむしろ縫製工場の中では遅いぐらいです。

正直、よく報道される評判の良くない部分は私(当社)には良く分かりません。
何故なら、目いっぱい、真面目に、誠実に彼らを招き入れようとしているからです。
本稿のタイトルに「招聘」という言葉を用いたのも招聘=礼を尽くして人を招くからに他なりません。

今、私がやっていることは住居の確保

幸い、地方には空き家となった広い一軒家が手頃な値段で入手できますので、安く買わせて頂いて、その後、改装し、済みやすい環境を用意しています。
特に、住居は生活の要ですから、工場へ徒歩(自転車)で通えつつ、スーパーなどにも行けるような環境を手配するようにしています。

住居の確保は何とか10月中に契約に持ち込んだので、次は内装工事と備品の整備です。
一から住み始める訳ですから、食器から洗濯機・レンジにベッド、何から何までです。
そこは友人に協力してもらい、食器などは引き出物などで余った物や相続で余った物などを頂戴し活用することにしました。

年内に内装工事を終え、1月早々に備品を納品し、1月下旬に入居です!

文化が違うと色々お互いに戸惑うこともあると思いますが、真面目に、誠実に対応するしかありませんね。

〜おまけ 最近知ったベトナム文化〜
ベトナムでは何でも夜にお風呂に入るのは縁起が悪いそうです。
夜こそ温まった方が良いように思うんですけどね。。。
それ故、浴槽の他、シャワールームを作ることに。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:40| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月20日

講演会


最近出張がちだったので久しぶりの投稿です。

先日、ある集まりで講演会があるからというので参加してきました。

社長業をやっているとこういった講演会は時々あるのですが、夜に行われる講演会なら良いのですが、日中行われる講演会は仕事の都合で参加できないことが殆どです。
講演会というのは、概して、●●業界で有名な△△氏による「****戦略について」とか最先端の話題や積極的な話題が多く、今風には“ChatGPT”とか“生成AI”なんかが話題としては良いのでしょうけれど、一見するととても魅力的に感じます。

でも、実は私はあまり参加しないようにしています。

正直あまり魅力を感じないのです。

というのも、もし講演会の内容が極めて重要なノウハウのような物だったら・・・
それを教える人はいないでしょう。(自分だけのものに秘匿するはずです。)

では、どんな内容が講演会に出ているか?
確かに時代にマッチした魅力的な物でしょう。

でも、それは物の本を読んだり、自分で考えることです。

もし、自分で考えていることの延長線上にその話題があるのであれば、確かに話を聞く価値はあります。
でも、その場合に必要なのは、お話を伺った後、質問をする時間です。

もちろんそのためには準備も必要です。
それは事前の勉強。
質問をするにも、予習をしていない人からくだらない質問をされても講師に失礼ですからね。

先日、参加した講演会は非常に著名な方でした。
(名前を言うとどの講演か特定できてしまうので言えません。)

講演慣れしているのか、話も非常に面白く、魅力的でした。

でも、講演終了後、質疑応答なしに、スタスタ帰っていしまったのには閉口しました。(こっちは、事前準備もしていたのに・・・)

一方的な主張だけを聞くのであれば、本を読めば良いだけです。その方が深い理解が得られます。
本を読むのが面倒で、聞き流しが出来る講演会で有益な情報を得よう?世の中そんな甘くないですよ。

その場にいた多くの年寄り経営者がこの日聞いた俄か知識を、後日それで人に講釈垂れると思うと、思わず、クスっと笑ってしまいます。

今日は毒を吐いてしまった・・・
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:33| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする