2022年09月07日

値上げの秋


為替がとうとう1ドル140円を超え、これが安定するようになってきました。
どうやら節目を超え、1ドル140円の足場固めが終わったようです。

そして、これに呼応する形でいろんな物の値段がこの秋上がっています。
一番わかりやすいのは身近な食料品ですがそれ以外もほぼほぼ全てでインフレの影響を受けています。

さて
そんな中ですが当社の周りでもあちこちで値上げが出てきました。

ファッション業界で、過去5〜10年間で値上げの話というのは、大抵の場合は、国内縫製の場合は最低賃金上昇によるコストアップから来る工賃の値上げか、
さもなくば、ユーロやドルの為替による生地仕入コスト上昇による値上げがほとんどでした。

が、今年はどうも様相が違います。
どこが違うかというと

為替の影響 ドル為替110円→145円(132%のコストアップ<
 ⇒1着当たりの従来の生地単価を@15,000円と仮定すると約5,000円のコストアップ
最低賃金引き上げの影響
 ⇒工場スタッフ1人が一日で縫える枚数を0.8着とすると1着300-400円のコストアップ

ここまでは上述の通りですが、今回はこれに加えて、、、

裏地、ボタン、糸などの付属品も約10〜15%の価格上昇
ミシン等設備も同様に値上げされて来ています。

ちなみに当社(オリテック青森)では来春、青森工場に自動倉庫をもう1基導入しますが、そちらは1基3500万円ぐらいのものが見積時期が遅れただけであっという間に4000万円に500万円アップ!!!

とにかく大変です。

そしてこればかりは、縫製業界では当社だけの影響ではなく、どこの販売店でも同じことですから、この秋はどこもかしこも製品価格値上げの秋になると思います。

ビッグヴィジョンの方は今春、為替が円安に大きく振れる前に生地を大量に仕入れた関係で為替の影響は、他社よりは少ないと思いますし、春夏物で価格改定を行いましたから、この秋冬の価格は変えません。(先はビッグヴィジョンの話で、ヨシムラでは価格改定の可能性あります。)

むしろ、上述安く仕入れた商品がありますのでこれを活用したキャンペーン※を行う予定です。

※:My First Order Suitsキャンペーン(はじめてのオーダースーツ、はじめてのビッグヴィジョン)というタイトルで下期に3回開催する予定です。詳しくは9月末ごろご案内します。)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:54| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

研修の夏

ファッション業界は夏のセールを終えると、しばらくの間、閑散期を迎えます。
といってもこれは販売側の話であって、商品を準備する裏方は忙しいのですが。

でも販売側がヒマになるのは事実ですので、このタイミングを見てビッグヴィジョンの本部Webスタッフに青森工場へ工場見学に行ってもらうことにしました!

時期も8月のねぶたまつりに合わせて・・・

なんと優しい社長でしょう。
(いやいやねぶた見学ではなく、ねぶた祭りはたまたまです。)

それはさておき、普段販売をメインに仕事をしている人にとっては、時にお客様の側に立ちすぎて工場の実情を知らないばかりに無茶苦茶なことをいう人も時にいます。

例えば、絵利回りのAFMステッチに糸のつなぎ目がある!とかが時々クレームになりますが、AMFのピックステッチのミシンを知っている人はお判りですが、1本60-70cmの糸でステッチを入れれば、裾〜襟〜裾になれば1m以上の糸が必要な訳で、糸のつなぎ目がないピックステッチは存在しえないことが分かります。
(ようは目立たないよう糸のつなぎ目を針で押し込んであげるだけのこと)

↑少々細かすぎて、なんのこっちゃ?!という人もいると思いますが、どんな仕事も人が作業することには何らかのミスもありますし、想いもある訳で、現場を知れば愛情も沸くということです。

そんなこんなで東京より女性2名が青森工場へ出向きますが、青森の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします!

私も行けば両手に花ですが、
×××ねぶたの時期はホテル代が高くて、今回は遠慮しました。(笑

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

日本は買い負ける・・・


季節は夏真っ盛りですが、ファッション業界の裏方(仕入)をやっている所では7月は来年春夏物発注のぎりぎりの時期。

もちろん当社もほぼ全ての発注を済ませていたのですが、ここにきて色んな問題が出てきています。

1つは以前もブログに書きましたが中国ロックダウンの影響で物流に遅れが出て、生地の生産が遅れているところが多いというところですが、(この件は中国反物をあまり購入しなかった当社には影響はありませんでした。)

が、ここにきて別の影響が出てきました。

それは欧州系の生地メーカーから発注のお断りが入ってきたこと。

厳密にいうと、当社からの発注を受けて現地に伝える生地商社がなんと伊のビッグブランドから発注を断られてしまいました。

その生地商社はどことは言いませんが、専門商社としては業界で知らぬ人はいない程の規模の会社で、当社も30-40年ぐらいは付き合いのある日本有数の会社です。

そこがなんと現地メーカーから断られるとは・・・

聞けば、確かに発注が若干遅れたそうなのですが、それでも従来だったら十分許容範囲の中での発注だったのに、他国からの注文で生産キャパが超えてしまったので「もう作れない!」のでお断り、だそうです。

今、世界では日本の経済力低下がよく取りだたされていますが、普通遅れているなら「そろそろ発注してもらわないとダメですよ!」ぐらいは長い付き合いの中で言ってくれるものですが、それすらなく断られるとは、、、やはり日本の経済力低下なのでしょうね。。。

ということで、日本のアパレル業界全体で2023年の春夏物で扱う某イタリアブランドは数量が大幅に減りそうです×××
posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:03| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

友情



先日、安倍元総理が凶弾に倒れました。
このことについてコメントは他の皆さんも沢山されていますので控えますが、私もアベノミクスで会社経営が上向いた立場として、安倍元総理には深い感謝とご冥福をお祈りいたします。

さて
一連の安倍元総理の出来事ですが、私は麻生元総理の弔辞に心を打たれました。

麻生元総理は、安倍総理の時代の副総理。
年齢的には安倍総理より年上です。

その麻生氏の弔辞は、歴年のライバル、戦友、部下、上司であった安倍元総理に対し「友人代表」として弔辞を述べられ、その言葉には苦難を共にした仲間への尊敬・愛情・くやしさ等に満ちた言葉でした。

中でも弔辞の最後に
私の弔辞を安倍先生に話して頂くつもりでした。無念です。という言葉を読んだ時、涙を流しそうになると共に、自分が死ぬときこんな仲間が一人でもいてくれたら生きていたという足跡になるなぁ。そうなりたいな。羨ましいな。と率直に思いました。

人はいつかは死んで土に還りますが、何でもよいので誰かの記憶に残るような生き方をしたいものです。

話は変わりますが、昔、ある方の結婚式で森元総理とお話をする機会があった時のことです。(そういえば、その席に麻生元総理もいたな・・・)
丁度、安倍氏が総理大臣の時だったのですが、森元総理曰く

「安倍総理は人使いが荒くて困る!
退任した総理大臣は、現職総理が外遊する前の下準備で諸外国を事前に回る時、私(森元総理)は後期高齢者なのに、0泊3日で出張させる!」
補足:行き帰りは政府専用機を利用するんですが、そこだけが寝泊りの場という意)
こんなお話をいただきました。

そう、総理大臣を辞めたからといって仕事がない訳ではないのです。
(某民主党の元総理は除くと思いますが)

皆さん、お国のことを思って、粉骨砕身頑張ってるんです。

そう思うと、世界に顔が売れている安倍元総理が亡くなられたこと、本当に残念です。
私が力になれることは現実的にはないでしょうが、気持ちだけはお国を良くすることに協力します。
否、気持ちだけでなく微力でも協力したいです。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生地が仕入れられない×××



前回のブログでキュプラ裏地の工場が火災の影響で生産できない!という話題を書きましたが、今度は生地が問題になりました。

それは、、、
国内では最有力の某生地商社から某イタリアの有名生地メーカーの春夏物が仕入れることが出来なかったということ。

この影響は確実に来年の春夏シーズンに日本中に影響が出ます。
もちろんビッグヴィジョンも。。。

どうしてこうなったかというと、色々複合要因があるのでしょうけれど、
一番は、日本が買い負けているという事実でしょうか。
日本は何を決めるのも時間がかかり意思決定が遅く、このため先に手を上げた欧米企業に取られてしまう。
それだけならタイミングの問題だから諦めもつきますが、それ以外でも日本は@価格に厳しい Aロットが少ない B品質にうるさい ですから先方さんから見れば『面倒な客』なのです。

それでもこれまではJAPANブランドの信用力でお付き合いしてくれていたのですが、ここに来て中国のバイイングパワーに負け、更にはコロナで消費が疲弊し、簡単にいえば二等国に落ちたってことですね。

あぁ、悲しいことです。

でも、私(50代前半)と同世代(以上)の方ならお分かりいただけると思いますが、子供の頃はインポート品は車でも服でも靴でも高価で背伸びしないと手に入らない物でした。
ませた私は、高校生の時にバーバリーのコートを買うので親にねだったのを思い出します。

それが1$100円時代に、欧米輸入品でも普段使いで買える時代になってしまいましたが、単に昔に戻るだけのことです。

それにしても、コロナ以後の日本は、ウクライナの問題もあるのでしょうけど、散々な状況です。

生地が仕入れられないなんて×××
posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:17| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

工場の火災



わが社の工場で火災が起きた訳ではありません!

最近、話題になった工場火災の例では、新潟の三幸製菓の例がありますが、実はこの工場火災事故の常習犯だったそうです。

出展:https://news.yahoo.co.jp/articles/98eff528df7a7414d5c48661083ef16edc45484d

三幸製菓と言えば、松平健がCMに出ているほどの大手煎餅メーカー。
私も甘い砂糖を塗った「雪の宿」は大好きです。

ですが、この工場、火災事故の常習犯で今年2月火災が起きた後、なかなか消防から業務再開の許可が下りなかったのだそうです。
(上記URLでは過去に8回火災を起こしていたとのこと)

確かに、煎餅屋さんは米粉が飛び散りますから粉塵火災を起こしやすい職場環境なのだと思いますが、とはいえ、過去8回は多すぎ、消防が起こるのも無理はないです。

・・・と、ここまでは私の仕事には関係のない異業種の話なのですが、、、
実はここに来て、私共の業界でも同じようなことが起きていてこれが大問題になりつつあります。
(まだ殆どの人が気づいておりませんが)

旭化成IRより
https://www.asahi-kasei.com/jp/news/2022/ze220409.html

ご存じの方も多いと思いますが、サラッとした触感、通気性の良さ、発色の良さで人気のある【キュプラ裏地(ベンベルグ)】は旭化成の独占商品です。

このご時世において、中国等の国外での生産を一切行わず、日本国内の門外不出の技術としている所は、頭が下がる思いですが、実はこのベンベルグの工場が4月に火災を起こし、その後、復旧が出来ていないのです。

というのも、旭化成は宮崎の延岡市に工場を複数持っておりますが、同社は2020年にも半導体工場で火災を起こしていたため、法人としての旭化成に消防がなんらかの疑念を持ってか、再開の許可が下りていないとのこと。

このため少しずつですがキュプラ裏地の在庫が厳しくなってきているようです。

まぁ、原糸の工場ですから糸や生地での流通在庫はある程度あるため大丈夫とは思いますが、たった1工場の火事で商品供給が滞る(滞りそうになる)なんて少し驚きました。

縫製工場も、先ほどの三幸製菓や旭化成のようにホコリが多く発生しやすい工場ですから火の手には十分気を付けないといけません。
社内喫煙はないですが、タコ足配線などからの引火などは厳に注意しないといけませんね。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:39| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

震災から11年


日本人にとって3/11は忘れられない日ですよね。
そう、東日本の震災です。

あれから11年も経つんですね。。。
読者の皆さんは‟あの時”何をしていましたか?

私は、新幹線の中でした。
大阪でマンションを1棟買う売買契約をした帰りの新幹線でした。
ちょうど名古屋を過ぎて岡崎の辺りで新幹線が停車、
それから半日新幹線は動かず、携帯のワンセグで刻一刻と変わる被災地の状況を見ていました。
とんでもない日に高額な買い物をしたものだ』と後悔しながら・・・

あれから11年、世の中は大きく変わりました。
人の人生にとっても、会社の人生?にとっても10年はあっと言う間ですが、変化するには十分な年月です。

ビッグヴィジョンの社長としてのブログをご覧になっている方は、初耳かもしれませんが、実は、この東日本の震災をきっかけに私はビッグヴィジョンの社長になりました

簡単にいうと、私がそれまで(今もですが)経営していた会社(吉村株式会社)が東日本の震災による消費不振で経営的に苦しくなったビッグヴィジョンを買収したのです。
当時企業規模としては吉村がグループで年商5億程度。
かたやビッグヴィジョンはグループで30億近くありました。

ですから売上で5〜6倍もある会社を買収したのです。

えっ?どうしてそんなことが出来るの?と思う人も多いと思いますが、金融にお詳しい方ならお分かりかと思いますが、吉村の財務体質が非常に良いので問題なく買収出来ました。(無借金でしたから)

それで私の人生は大きく変わりました。

それまで社長とは言っても、所詮は先代から引き継いだ会社です。
財務体質が良く、簡単には潰れない会社でしたが、いかんせん知名度が低く、大企業に勤めていた友人知人と会う時はどこか劣等感を持っていたものでした。
年齢も40代になったばかりでした。

あれからもう11年か、、、
色々苦労しましたが、そんな話は楽しくないので止めておいて。
でも、この11年で1つだけ言えることは、大変大きなチャンスを頂いたなということでした。

しがない年商5億程度の社長が一気にグループ全体で年商40億規模ですからね。
私は恵まれているとつくづく思います。

震災で不幸な人が沢山生まれた中、私は逆に凄く大きなチャンスを貰ったのだと思います。

でも人の不幸の上に、自分にチャンスが来たのですから謙虚にしなければなりません。

いつも震災の日が来るとこのことを考えます。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:53| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

名古屋八事店ちょっと殺風景かな?


先日グランドオープンした名古屋八事店

開店前の引き渡しを受けに開店直前の2/25に行ってきました!
本当は店舗開発担当の別の役員が最終チェックに行く予定だったのですが、私自身が名古屋で所用があったため代わりに、確認をしてきました。

当日は、グランドオープンの前日ということもありお店は商品搬入でおおわらわ。

朝10:00に行きましたが、商品陳列がまだまだ半ばといった感じで、工事の引き渡し・確認には商品がなくやり易かったですが、お店としては商品不足で開店が危ぶまれる状況でした。

で、引き渡しの確認はどうだったかというと、ほぼ問題なく仕上がっておりました。

ただ、指摘したことが数点。

@レジ周りのコンセント不足
どこでも当たり前ですがレジ周りには色々電源が入ります。
ですが、コンセントの数がちょっと足りません。
昔は、レジ、カードリーダー、電話用等で4つ位で済んでいたのかもしれませんが、最近はPC、プリンター、携帯の充電用etc、昔よりずっと電源が必要です。
そこでこの辺の増設を依頼しました。

A天井の配線が雑
名古屋八事店は天井の高さを生かしたいということで敢えて天井を貼らず、上はコンクリートむき出しにしています。
そうなると、照明や空調の配線やドレン管などがどうしてもむき出しになりますが、それがどうにも見苦しい。
ということで、なくすことはできませんが、もう少し目立たないようにして欲しいと依頼しました。

まぁ、他にも何点かありましたが、全て公開すると、八事店へ行かれる方がそこばかり見てしまうので止めておきます。(笑

ところで工事とは違った所でちょっと気になったことが・・・

ンンン?何か足りない、寂しい、、、

それは商品陳列が少ない状態だったが一番の原因だと思いますが、どうにもお店が殺風景だったんです。

特に床は、タイルカーペットを木目色とコンクリート打ちっぱなし色(ようは灰色)にしているのですが、これが寂しさの原因だったようです。

そこで、カーペットを2枚追加することにしました。

そこで早速、NET通販で購入することに。

購入したカーペットは色は1枚が濃紺で、もう1枚はブラウン
大きさも200×250位はあるかと思うので、まぁまぁ大きいです。

20220225-1.jpg 20220225-2.jpg

さて、どんな風になったか?
グランドオープンセール最終日3/6までに間に合うかな?

実物の雰囲気は後日、名古屋八事店のブログをご覧ください。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:26| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月25日

オミクロン感染者



最近でこそ、コロナ陽性者が出ても差別をする/されたという話は減ってきましたが、一昨年の流行当初は「石を投げられた」とか「東京からの人はお断り」とかありましたよね。
(当社の工場のある山形(某市)では、早い時期に感染者が出て、人口が少ない都市だけに感染者が村八分になったという事がありました。)

あれからかれこれ2年近く経とうとしていますが、読者のみなさんの周りでは感染者はどうでしょうか?

私個人では、これまで累計で友人で数名、知人で10名程度がコロナ患者になりましたが皆、問題なく回復しております。

で、会社の方はどうか?というと、
ヨシムラの方は、人数が少ないこともありゼロ。
BVは昨年の早い時期に1名。(無事生還)
縫製工場の方は、青森2名、秋田・山形・新潟ゼロといった状況です。

でも、オミクロンが出るまでは青森もゼロでしたし、何分にも青森工場は大規模(従業員250名)ですから、結構頑張っているのではないでしょうか。

しかし、このオミクロン、感覚的にはこれまでのコロナと違って地方での感染の広がりが大きいような気がします。
もちろん、東京など首都圏は人口が多いですから絶対数は圧倒的に多いですが、今回はこれまでマンボウの対象とならなかった、青森が初めて要請するなど、相対的に地方に広がっているようです。

このため工場のスタッフが怖がってしまい大変です。

生産効率を高めなければならない工場では、本質的には人と人の感覚は密”にならざるを得ません。
それは、分業の中で1工程目から2工程目に物を運ぶ時距離があるだけで非効率になるからです。

それだけに沢山の工程のある縫製工場は構造的に密”状態が多く、席を間引くとか間隔を開ける、アクリル板を置く、などいう措置は容易には出来ません。

今できることは、会社を含めた日常生活における個人の基本的な密回避の行動と家庭内での感染をしない努力だと思います。

このため今工場では、家庭内で発熱者がいた場合は、原則休んでいただくことにしています。(もちろん家庭内に濃厚接触者が出た場合も、同様です。)

縫製工場は今が繁忙期。
今、稼がないと7〜9月の夏枯れの時期に死んでしまいます。

アクセルを吹かしつつ、無理をさせない、微妙なかじ取りが必要な難しい局面を迎えています。

※起こらないように最大限努力しますが、万が一工場内でクラスターが生じた場合、納期が1〜2週間想定より掛かることが起こり得ると思います。
その際には、即座に情報公開いたしますが、どうか明日は我が身ということでご理解・ご容赦ください。(そうならないよう努めるのが私の責務ではありますが)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

ビッグヴィジョン千種店のいま



先週末で初売りセールが終了しましたが、名古屋では昨年暮れに大きなセールを行っていました。

それは、ビッグヴィジョン千種店の完全閉店セール

完全閉店というと、通常の(改装)閉店と比べると在庫を一掃する必要性の高さから、セールの規模が1周り大きくなります。

そしてその千種店の完全閉店セールは暮れの12/25にひっそり終えたのですが、、、

クリスマスに閉店してから、お正月休みを経て、他のお店では初売りセールを行い、2週間のセールが終わった今の千種店の姿が、これ。


20220117-1.jpg

20220117-2.jpg


そう、解体工事中です。

名古屋のビッグヴィジョンには、実は古い歴史がありまして、今から20年以上前にビッグヴィジョンが名古屋地場の4〜5店舗を持つオーダースーツ店を買収したことに端を発します。

当時はマスヤという屋号でチェーン展開していたのですが、この千種店はそのマスヤの本社だったのです。

ですから、実はこの物件は自社物件
チェーン展開をしているお店で自社で不動産を持つのは珍しいですよね?!
それはここがマスヤの本社だったからなのです。

名古屋では千種区の覚王山とか本山というと東京の感覚でいうならば、世田谷区の高級住宅地
その中でも、姫池通りというと東京で言えば、駒沢通りのイメージ(かな?)

とても良い立地なのです。

ですが、築50年の寄る年波には勝てず、今回は建て替えをすることにいたしました。

といっても建替えには2〜3年かかりますし、この立地がオーダースーツ販売店として相応しい立地か?というと微妙ですので、近くの同じく高級住宅地の八事(やごと)という所に移転することにいたしました。

※実はこの八事、30年前私が銀行員時代に(名古屋勤務でした!)独身寮があった場所のすぐそばです!(ですので、とても感慨深い場所です)

八事店のご紹介はもう少ししてから内装が出来始めたらまたご紹介します!

今日は、閉店した千種店の今をご紹介しました!
ここは、グループ会社が賃貸マンションを建築し、2023年3月竣工予定です。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:44| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする