2023年02月02日

会社って不思議だ



仕事というのは誰の仕事でも、時代やその時の経済環境など外的要因で大きく変わりますよね。

外的環境も例えば新型コロナのように大津波のような外的要因があれば、どんなに業績が良かったとしても大打撃を受けるものです。
そういう点でいえば、ある特定の業種業態が時代に受け入れられ、見捨てられ業界全体が浮沈することはよくあることです。

例えばそれはオーダースーツ業界であれば、オーダースーツは世界的なSDGsの流れから既製服より時代にマッチしているからこそ、AOKIさんや青山さん、コナカさんもオーダースーツ業界に参入してきているのはそれが理由でしょうし、だからこそコロナで一時期大変でしたが、今持ち直してきているのは、その時代の流れに乗れたからだと思います。

同様にスーツを縫製する業界でもここ1-2年のサプライチェーン問題や過度な海外縫製依存への反動から、最近は近年見たことのないような繁忙をきたしています。

と、思っていたのですが今日、こんなNewsを見ました。

紳士服のタカキュー、全社員2割の希望退職を募集


昭和育ちの私から見るとタカキューさんがオーダーを中心に業態変更されていた?のもビックリでしたが、今は同じ業界で、リストラをしているとは。ダブルで驚きました。

それ以外にも、当社の縫製工場の近くの縫製工場が暮れに民事再生するという話を聞いて、正直驚きました。
ウチ、今、人手不足で大変なのに。(仕事が多くて、縫子さんが不足する状態)

オーダースーツの販売と製造とどちらのケースも当社グループと同じ業態なのに、こうも明暗が分かれる物かなと。

会社って不思議なものですね。

タカキューでリストラされた方、ウチに来てくれないものかしら。

補足:当社も左うちわという訳ではありません。念のため

posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:28| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月01日

社中協力の精神


ご存じの方も多いと思いますが、私は中学から慶応に通う、世間でいう慶応ボーイ(出身?)です。
そして慶應というと部外の方からはお坊ちゃんとかOB組織三田会があたかも現代のフリーメイソンのような言われ方をされることもあり、自分の実態(こう見てても意外と苦労してます。笑)との乖離に時々胸を痛めることがあります。

それはさておき、慶應義塾の創設者福沢諭吉先生が言われたことの1つに社中協力の精神ということがあります。

それは何かというと、慶應義塾が生まれた明治初期は、学問の中心は洋楽からの学びが中心で、当時は辞書も無ければ、異文化理解も足りず、試行錯誤の連続でした。
つまり、今のように体系立てた学問など存在せず、教授と言っても素人に毛が生えただけのような状況だったのだと思います。
そのような状況下で、福沢諭吉は、先生-学生という関係だけでなく、皆が協力し合って、時に優秀な学生がいれば分からない学生に教える、教えあいの精神が大切という事を説かれています。

その精神が『社中協力の精神』と言われるものですが、私が思うに、現代ではこれが欠けているような気がします。

現代は、福沢諭吉がいた明治初期からは経済的にはるかに豊かになり、また当時の身分制度・階級社会と比べれば現代は自由を謳歌する時代です。
でも、無責任なままの自由は、好き勝手・自由気ままとなり、それは我儘になり、最終的には自分だけが良ければ良いという社会になってきているような気がしてなりません。

そこで今日は会社で従業員に福沢諭吉の『社中協力の精神』について話をしました。

それは、社内で鍵当番があるのですが、その鍵当番を今まで固定された人だけがやっていた者を社員で平等に負担すべきでないか?と提起したところ、『私は●●だから出来ない』とか『私は嫌だ』という人が現れたためです。
※:●●は老親介護があるとか子供が小さいとかです。

社中協力の精神とは少し違いますが、私は日頃、【会社】は字をひっくり返せば【社会】になる通り、小さな社会だ。
社会は、出産・育児・介護etc一時期不遇な人がいればそれを助けることが必要だし、社会保険や年金制度も相互扶助の考えから必要だ。
会社も小さいながらも社会で、だからこそ一時的に苦しんでいる人がいるらなら助けて当たり前と言っています。(ですから以前から当社では育児休業等を拒絶したことはありません。当たり前ですが)

時代は自由な時代になりましたが、いついかなる時代でも、社会で人と人が交わる以上は助け合うことは重要です。

私はこの『社中協力の精神』を当社(グループ)共通の精神的支柱にしたいと考えています。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:50| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月17日

工場がパンパンです。


1月も下旬になろうとしている今の時期、実は縫製工場では大変なことが起きています。

それは、1年で最大の受注を抱えているのがこの時期なのです。

どういうことかというと、これはビッグヴィジョンが主原因で、年始からの初売り半額セールという年間最大のセールの影響です。
加えて、他のお取引先さんもお正月は初売りセールを行うところも多いため、1月の中旬まで受注が猛烈な勢いで増えていくのです。

どんな状態か?というと、当社の縫製工場は一日300着程度の縫製キャパがありますが、日によって一日1000着以上のご注文が入るため、あっと言う間にキャパオーバーというか、縫製に流せない順番待ち状況に陥ります。(これを未投入数量と言っています。)

つまり一日300着の生産能力で、例えば3,000着の未投入があるということは、10日間投入できず順番待ちになってしまうということ。
この場合は、順番待ち10日間(休みをいれれば14日間)に加えて縫製作業期間10日間で概ね1か月近い納期になるのです。

そしてこの未投入数量が3000着ぐらいまででしたら何とかしのげるのですが、これがどうやら今月は5000着近く未投入が積み上がりそうです。

こうなると工場が出来ることは、残業か休日出勤しかありません。

でも休日出勤には限界がありますし、残業も一日1,2時間は協力してもらえても、手作業には集中力が必要ですから、5時間も6時間も残業という訳にはいきません。

あとはひたすら頑張るしかないのですが、今年は暮れからの引き続きで地方ではコロナ陽性者・濃厚接触者が多く発生し、結果欠勤者が多く、一日の生産数量も目標まで上がらない状況。

あぁ、どうすれば良いんだ・・・

前で販売している店舗の皆さんは売上が欲しいのは当たり前。
工場も沢山のご注文を頂くのは嬉しいですが、能力の限界が目の前まで迫ってる。

目の前に積みあがった山を一つ一つコツコツと片付けていくしかありません。

みんな頑張ろうね。
私は生産に関しては何のお役にも立てないので心苦しいです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:23| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月25日

土曜日のひと時


私の場合、有給はおろか決まった休みがあるようなないような、いつも仕事をしておりますが、昨日は土曜日ということもあり自宅でゆっくり年賀状書きをしておりました。(日曜日に執筆)

そうしたところ、珍しく朝から携帯が鳴り、青森工場の役員から連絡が来ました。

聞けば、何でも新潟工場(シャツ)で大雪のため従業員が出勤できないどころか、NET環境も電話もFAXも不通になったとの連絡でした。

えっ?!確かに今週は日本海側(特に新潟)で大雪の報道があり、県南の柏崎の方は車が立ち往生した等の報道がありましたが、ウチの工場は県北(胎内市)なので、特に報告も聞いていなかったので大丈夫かと思っておりました。

それが、、、どうやら新潟県全域で大変なことになっているようで、ウチの工場も上述の事態になってしまいました。

ビッグヴィジョンやヨシムラでは、スーツは青森工場をメインとして秋田工場・山形工場と分担して縫製しています。
また、シャツは新潟工場だけで縫製していますが、新潟工場はそれ以外にもベストやスカートの縫製も担っています。

そして、近年は7Daysオーダーの受注で、スーツ・シャツセットでご注文されたお客様には、スーツ・シャツを同梱して配送する関係から、シャツが完成すると、店舗へではなく、青森工場へ出荷し、青森工場からお客様の個人宅へ送るシステムを取っておりました。

それ故、新潟・青森・秋田・山形の各工場が複雑に絡み合っているのですが、そうなるとどこか1か所にトラブルがあると全体に及んでしまいます。

今回の雪による影響で言えば、シャツの納品のみならず、スーツ・シャツセットの7DAYSオーダーや新潟に振り分けたベストやスカートの縫製など、影響は大きかったです。

しかもタイミングが悪い。12/24(土)です。

この時期は年内納期の製品が沢山あるし、週明け28日は御用納め(大掃除)で仕事になりません。
そのまま越年する訳にも行かないし。。。

どうすれば良いか思案していると、今度はヨシムラの佐野SHOPMASTERからLINEで連絡が、、、

『社長、新潟の件でビッグヴィジョンの店舗から問い合わせが来ています!
どう指示しますか?』


ビリヤードと同じで1つの球に当たった後、あちこちに影響が及びます。

あ〜っ、悩んでいても仕方ありません。
すかさず、佐野SHOPMASTERにBV各店へ、事情を知らせる全店メールをお願いしました。

幸い時期的に7DAYSオーダーを止めている時期でしたので、納期に影響がある方はそれほど多くないようで安心しました。
佐野SHOPMETER助かりました。

しかし企業を経営していると色んな突発的事象にぶつかります。
今回の悪天候はまだ可愛いもので、リーマンショックや震災、コロナなど外的要因の時は本当に予想外で後ろから頭を殴られるようなものです。

なかなかゆっくりできない週末でしたが、兎にも角にもとりあえず事態の収拾を図れて良かったです。佐野君ありがとう。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:23| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月05日

裾野市の虐待事件に思う


静岡県裾野市の保育園で保育士が虐待を繰り返したとのことで、刑事告発されましたが、このNews皆さんお聞きになりましたでしょうか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c69b2024f70eb8a4f9b5ea88fdde29c0de9b2c8

何でも
・保育士3名が1歳児クラスで虐待をした
・当人たちは既に退職していて
・園もこの事実を隠ぺいしようとしていた(様子)

そこで、
・県警が暴行容疑で容疑者を逮捕(12/4)

で、このタイミングで12/5、裾野市の市長が怒りの会見をして、市長が刑事告発をした。

私、この事件は大変ひどい事件だと思います。
1歳児というと、まだ適切に言葉で説明が出来ない赤ちゃんに近い状態の幼児です。

そんな嫌だ!という表現がきちんと出来ない幼児に対して虐待をするなんて、しかもそれを「しつけ」と言って正当化しようとしたこの容疑者には同情する余地はありませんし、まして彼らが退職をすることで「逃げ切り」を狙っているなんて言語です。

ですが、、、

刑事告発をするならばそれなりの根拠があるのでしょうか?
物的証拠に、信憑性のある証言など。
被害者が幼児なだけに、これらの証拠証言を準備するのは、それなりに時間も労力もかかると思います。

報道されていることが真実ならその通りですが、安易にポピュリズムに任せて、権力者が加担するのは、何のために法律があるのか?分からなくなり、危険だと思います。

その点、市長さんのこのタイミングでの登場に、私は「なんだかなぁ・・・」という気がしてなりません。

それより本当に大切なことは、今の日本の教育(今回は保育)の現場では、堂々と虐待や暴力行為がされていて、本来暴力行為は警察が介入できる問題であるにもかかわらず、学校や保育園という組織の中に入ってしまった時、これが暗黙の不介入要件になっていることではないでしょうか?

つまり、本来、生徒同士の虐めや体罰などこれ自体で刑事事件に匹敵する内容が、未成年だからとか、教育=愛だから、悪意あってやった訳ではないので警察は介入できない(≒法律は介入できない、ある種治外法権)となってしまっている現実に対して、蟻の一穴にしたい!というなら話は別と思うのです。

いずれにしても、仮に保育園であっても、学校であっても、会社であっても暴力は暴力で、暴力なら刑事事件にすぐ発展できる環境を整備することが先なのではないかと思います。

痛ましい事件を繰り返さないためにも。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:27| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月16日

朝のコーヒーから、、、雑感

実は、私は大のコーヒー好き。

朝、起きて自宅で一杯(もちろん豆から挽いて)
出社する際に、コンビニで一杯。
ランチの食後に喫茶店orコンビニで一杯。

という感じで最低一日に3〜4杯は飲んでいます。

そんな私にとってコンビニでのコーヒーは結構な頻度で購入するマストアイテム。

私のオフィスからはセブンイレブンが最寄なのですが、以前から100円コーヒーを飲んでいたのですが、半年?1年ぐらい前から100円コーヒーに加え、スプレモなる140円のコーヒーが発売され、折角だからとそちらにシフト。
そして、つい最近気づいたのはこの140円コーヒーとは別に220円のブルーマウンテンブレンドが新登場。

で、100円でも220円でもまぁ大したことないや、と思い、最近はそちらで購入するようになったのですが、良く考えると2倍の購入単価になってます。

で、本題ですが、私はそれほど高価でもないや、と思いコーヒー購入代金を気軽に2倍にしました。
でも、自分としては味は間違いなく良くなったので大変満足しています。

翻って、昨日夕方のワイドショーから続くNewsを見ていると、

11月(?)から紙の値段が上がりアレルギー性鼻炎の人は大変だとか、
どこそこの激安定食屋は値段を維持して頑張ってるとか、


こんなNewsばかりで、速攻でNETFLIXに切り替えてしまいました。

なんでそんなに耐え忍ぶのが皆さん好きなんでしょうか?
欲しがりません勝つまでは!は第二次大戦中のお話です。

それより皆さん所得を増やす努力をすべきではないですか?

こういうと多くの人は給料が増えないから!と反論します。

給料は会社が決めるから?
確かに表面的にはそうかもしれません。
でも、実力があれば社内でアピールすればよいし、それが通じないなら転職すればよいのではないでしょうか?

でも、それが出来ないのは自分の価値を上げる努力をしていないからだと思います。

調査によれば、日本人ビジネスマンの一日に勉強する時間は平均7分だそうです。
たった7分です。

ようは社会人になれば勉強をしなくなるのが日本人ということですが、これでは価値が上がる訳がありません。
朝晩の通勤電車を見ても、ビジネスマンの多くがゲームやSNSをやって遊んでいます。
そんな朝晩の往復2時間を読書に使えばもっと実力が付くのに・・・

と、考えるのは私だけでしょうか?

私はインフレで耐乏生活を強いられるよりも、インフレを受け入れ、同時に自分の給料がインフレ(上昇)する道を探りたいと考える側です。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 07:25| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月28日

全国旅行支援はありがたい!


先週は後半、大阪・名古屋へ出張しておりました。
最近は工場の立地の関係から東北出張が多いのですが、珍しく大阪&名古屋。

出張内容は、大阪では仕入れ先表敬訪問の他、BV・ヨシムラとも社員の面談。
名古屋では旧千種店跡地でマンション建設をしている関係から、進捗状況確認と定例打合せ。
間には、お取引先さんとの会食や大学同期の岐阜県メンバーとの会食など。盛りだくさん!

そんな中、今回大変ありがたかったのは全国旅行支援

ツアー会社を使えば新幹線代まで割引対象になるのですが、私はそれを使わなかったとはいえ、とても安く上がりました。

前回のGOTOでも感じましたが、クーポン良いですね!

普段は買わないお土産をたくさん買えて、周りも喜び、消費による支援にもなる!
クーポンによって普段買わない価格帯の(ちょっとお高め)土産を買えるのが何より良いです!

全国旅行支援は、平日の旅行客を増やそうということで平日のクーポンは多めに頂けるとのことで、これは実は出張族にはドンピシャ!
遊びの旅行ではありませんが、何よりありがたい!

聞けば会社によってはこのクーポンを受け取ることを許さないお堅い会社もあるようですが、これぐらいの私的流用は許してあげた方が、世の中上手く回るような気がします。

この旅行支援は何でも12/20まで、だそうで、丁度これからの時期地方出張が多くなる私にとっては何よりの政策です。

いっぱいお金を使うことにしよう!
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

いよいよMy First Order Suitsフェアが始まります。

topimage.jpg

今日夕方ホームページを更新して、明日からいよいよMy First Order Suitsフェアが始まります。
実はこの企画は自分が企画しました。別に自慢したい訳ではありません。

ですが、一番の当事者ですから、今日は何でこのイベントを思いついたか?、折角なのでその想いをブログで書きたいと思います。

このイベントを考えたのは丁度6月頃でした。
あれだけ猛威を振るったコロナも3年目になり、またウクライナ危機を前に少しずつ危機感が薄れてきた頃、ふと自分のコロナ前後での個人としての行動を振り返ってみました。

コロナ前は、、、
週に2〜3度、社員や友人と飲み屋に行って、22時位に帰宅していました。
行く場所も、事務所のある神田や家への通り道渋谷やさまざまです。
また、季節季節では会社で忘年会納涼会などオフィシャルなイベントもありました。
それが日常であり、当たり前でした。

そしてコロナ蔓延の時期は、もちろん外飲みは極端に減り、外飲みどころか外食も激減して、帰宅時には閉店間際のスーパーで割引弁当を買って帰るようになりました。
(帰宅時間が遅いため毎日3割引きで、3割引きの男!と呼ばれておりました。笑)

ですが、コロナの3年間を過ぎようやく日常を取り戻した時
あれっ、あれだけ通っていた居酒屋に行かなくなった自分がいたのです。

行きたくなくなった訳でも行きづらい訳でもなく、ただただ日常から外飲みという習慣が消えてなくなってしまった自分がいたのです。

こう考えた時、凄い恐怖心が湧き上がってきました。

何かというと、
消費というのは習慣でなされることが多いから、大きな変化があると習慣そのものがなくなる(変わってしまう)んだ、と。

つまり、我が社の業務でいうと、大きな社会変化(コロナ)があり、一度スーツを買う習慣がなくなった人は、コロナが終息してもすぐには戻ってこないのでは?という疑念です。

そう、自分があれだけ通っていた居酒屋に、悪気なく行かなくなってしまったからです。

でも、そこで考えました。
居酒屋に行かなくなった自分はどうしたか?
そう、スーパーで買い物し、家飲みをしている訳です。

人間には衣食住は欠かせません。
居酒屋に行かなくなったからと言って、ご飯を食べない訳ではなく食べる方法が変わった(家飯、家のみ)だけです。

そうか!!大きな社会変化があると人は予期せずそれまでの習慣を変えるんだ!
つまり、これまでスーツはどこどこの店で!と決めていた人も2〜3年買わなくなったりすると、スーツを買う習慣がリセットされて、ゼロから始まるんだ!

だったら自分のビジネスでは
【新規のお客様を増やす方策を取らなければ!】

こうした考えから My First Order Suitsフェアを立ち上げることにしたんです。

もちろん新規のお客様を集めるのは、リピーターの方を集めるよりも大変です。
ですからリピーターの方にもメリットが出るようにして、良い意味でリピーターも巻き込んでお祭りにしてはどうかな?と。
そうすれば新規の方もリピーターの方も満足されるイベントになるのではないか、と。

My First Order Suitsフェアは下期に今回を入れて3回行う予定です。

年内にもう1度。その時は来年成人を迎える若者に向けて
(成人年齢の引き下げで来年は今18歳19歳20歳の若者が成人を迎え、成人のお祝いは例年以上に盛り上がると言われています。)

そして、次は来年の2月か3月
この時期は、卒業・入学、入社、転勤など人が動く時期ですから、こういった方に向けてご提案したいと考えています。

3人集まれば63,000円もキャッシュバック貰えるので、自分だったらこのお金で仲間と温泉旅行でも行きたいものです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:26| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月07日

値上げの秋


為替がとうとう1ドル140円を超え、これが安定するようになってきました。
どうやら節目を超え、1ドル140円の足場固めが終わったようです。

そして、これに呼応する形でいろんな物の値段がこの秋上がっています。
一番わかりやすいのは身近な食料品ですがそれ以外もほぼほぼ全てでインフレの影響を受けています。

さて
そんな中ですが当社の周りでもあちこちで値上げが出てきました。

ファッション業界で、過去5〜10年間で値上げの話というのは、大抵の場合は、国内縫製の場合は最低賃金上昇によるコストアップから来る工賃の値上げか、
さもなくば、ユーロやドルの為替による生地仕入コスト上昇による値上げがほとんどでした。

が、今年はどうも様相が違います。
どこが違うかというと

為替の影響 ドル為替110円→145円(132%のコストアップ<
 ⇒1着当たりの従来の生地単価を@15,000円と仮定すると約5,000円のコストアップ
最低賃金引き上げの影響
 ⇒工場スタッフ1人が一日で縫える枚数を0.8着とすると1着300-400円のコストアップ

ここまでは上述の通りですが、今回はこれに加えて、、、

裏地、ボタン、糸などの付属品も約10〜15%の価格上昇
ミシン等設備も同様に値上げされて来ています。

ちなみに当社(オリテック青森)では来春、青森工場に自動倉庫をもう1基導入しますが、そちらは1基3500万円ぐらいのものが見積時期が遅れただけであっという間に4000万円に500万円アップ!!!

とにかく大変です。

そしてこればかりは、縫製業界では当社だけの影響ではなく、どこの販売店でも同じことですから、この秋はどこもかしこも製品価格値上げの秋になると思います。

ビッグヴィジョンの方は今春、為替が円安に大きく振れる前に生地を大量に仕入れた関係で為替の影響は、他社よりは少ないと思いますし、春夏物で価格改定を行いましたから、この秋冬の価格は変えません。(先はビッグヴィジョンの話で、ヨシムラでは価格改定の可能性あります。)

むしろ、上述安く仕入れた商品がありますのでこれを活用したキャンペーン※を行う予定です。

※:My First Order Suitsキャンペーン(はじめてのオーダースーツ、はじめてのビッグヴィジョン)というタイトルで下期に3回開催する予定です。詳しくは9月末ごろご案内します。)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:54| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

研修の夏

ファッション業界は夏のセールを終えると、しばらくの間、閑散期を迎えます。
といってもこれは販売側の話であって、商品を準備する裏方は忙しいのですが。

でも販売側がヒマになるのは事実ですので、このタイミングを見てビッグヴィジョンの本部Webスタッフに青森工場へ工場見学に行ってもらうことにしました!

時期も8月のねぶたまつりに合わせて・・・

なんと優しい社長でしょう。
(いやいやねぶた見学ではなく、ねぶた祭りはたまたまです。)

それはさておき、普段販売をメインに仕事をしている人にとっては、時にお客様の側に立ちすぎて工場の実情を知らないばかりに無茶苦茶なことをいう人も時にいます。

例えば、絵利回りのAFMステッチに糸のつなぎ目がある!とかが時々クレームになりますが、AMFのピックステッチのミシンを知っている人はお判りですが、1本60-70cmの糸でステッチを入れれば、裾〜襟〜裾になれば1m以上の糸が必要な訳で、糸のつなぎ目がないピックステッチは存在しえないことが分かります。
(ようは目立たないよう糸のつなぎ目を針で押し込んであげるだけのこと)

↑少々細かすぎて、なんのこっちゃ?!という人もいると思いますが、どんな仕事も人が作業することには何らかのミスもありますし、想いもある訳で、現場を知れば愛情も沸くということです。

そんなこんなで東京より女性2名が青森工場へ出向きますが、青森の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします!

私も行けば両手に花ですが、
×××ねぶたの時期はホテル代が高くて、今回は遠慮しました。(笑

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする