2020年07月16日

究極の選択



そういえば昔、究極の選択という言葉が流行りましたね。

今日、ふとこの言葉を思い出しました。

それはどのタイミングでかというと『GoToキャンペーン』とその反対運動
反対運動はNotToGoToキャンペーンとでも言うのでしょうか?
何でも5日間で9万人超の署名が集まったそうです。

読者の皆さんはどうお思いでしょうか?
これって、結構究極の選択です。

まず、大きく2つの種類に人を分けてみましょう。

1つは主として都会の人でGoToキャンペーンで危険地域?の都市部から地方に旅行へ出る人達。

もう1つは、逆に危険度合いは低いが、観光客が来なくなり産業が成り立たなくなっている地方の人達

反対している人はどちらの人が多いのでしょうか?

正直、私も判断ができません。

私には苦いというか非常に嫌な経験をしたことがあります。

それは4月にやむに已まれずコロナ禍で地方出張した際に、こちらの言い分も聞かず『なぜ地方に来たんだ!』といわばバイ菌扱いされたことです。

当時は『不要不急の外出は避けるべき』と言われていた時期でしたが、『必要かつ緊急だから』警戒しつつ自家用車で行きましたが、そんなことを言われ深く傷つきました。

確か山●県では『県境で検温を実施する』なんて話もありました。


地方は首都圏の旺盛な消費需要がなければ経済的に確実に破綻します。

地方に住んでいる人で、自分は首都圏需要と関係ないから大丈夫という人もいるでしょうが、旅行業がダメになれば、観光業もダメになり、更には観光客が来なくなれば飲食業も悪くなるのは必定です。
それが続けば、設備投資もなくなり建設需要も落ち、結局地域経済全体が破綻していくのです。

また今は給付金や助成金などでモルヒネを打っている状態の経済も、これを長く続けられる訳もありません。(その後の増税は必至です。)

GoToキャンペーンを推進する人たちはそのことをよく分かっているから少しでも世の中にお金を回さなければ、と思って推進しているのでしょう。

一方、反対派は、感染予防の観点からですよね。欧米であれだけ死者が出ていますから、こちらも当然です。

しかし、、、私が受けたように地方へ行って拒絶されたりしたら、二度とその土地には足を踏み入れたくなくなるでしょう。

本当に難しい問題です。だから究極の選択なんです。


因みに、私個人はどうか?というと、生来人混みは好きでなく、孤独な釣りが趣味ですから自家用車で地方に行って、山の中に入り仙人のように過ごす予定です。

これはこれで落とすお金が少ないから一番不必要な行動なのかもしれませんね。

いずれにしても、不幸なことが続くと、どこか人間関係がギスギスしてきます。
東日本の震災の時に『絆(きずな)』が大切だ!といっていた日本人はどこに行ってしまったのでしょう。

難しい時代になりました。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:07| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

もう手一杯・・・



最初に久しぶりの投稿になることお許しください。

ブログは時間がある時や良い写真が撮れた時などアップするようにしているのですが3月の緊急事態宣言以降、ほとんどお休みを貰えていないため、また心に写真を撮る余裕がないためか、なかなかブログをアップできないでおりました。

まぁ、忙しい状況は何も変わっていないのですが、間が空いてしまいましたので何とかネタを作りつつブログを更新します。

タイトルのもう、手一杯・・・ですが、はいっ、私の今のホンネでございます。

3月の緊急事態宣言以降の売上の急減、
何かやらねばとあがきにあがき、
やったことと言えば、コロナ対策マスク生産医療用ガウン受注への働きかけ、そうそう新ビルのオープンもありましたが、とにかくこれまでやったことないことばかり。

社員は一時帰休で休んでいる人が多い中、私は3月からほぼ土日なく働き詰めでした。

特に、マスクの方は、自身が企画したこともあり、メール対応まで全て自分でこなしていて大変でした。
で、それが安定してきたら今度は医療用ガウンですから、本当自分が何屋なのか全く分からない状態です。

目先の仕事としては、医療用ガウンの受注を受けるにあたり、原材料の仕入れや生産までの流れを確立することなど、おおよそ仕立て屋の社長の仕事ではありません。

ですが、スーツのご注文も仕事、マスクも仕事、医療用ガウンも仕事。
今の時代に、当社を頼ってご注文を下さる方は何に増してありがたい存在です。

ということで、今、手一杯で仕事をしております。

私にとって今唯一の希望は

平日にお休みを頂き、友人たちとゴルフに行くこと

これが雨で流れたら、もう職場放棄でもしてやろうかしら。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:37| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

マスク第2弾



気が付けばGW前にブログをアップしたっきりしばらくご無沙汰しておりました。

この期間は丁度コロナの緊急事態宣言でどこにも行けず、
商品も売れず、私をはじめ多くの経営者は頭を抱えて、現実逃避していた時期ですが、実は私は大変忙しくしておりました。

GWも休めたのは2日間だけで後はほぼ全日仕事。
まぁ、都内は緊急事態宣言で車も空いていたので仕事という点では人もいないしはかどったんですが。

それはさておき、私が今やっているのは。。。

マスクのお客様対応』と『マスクの次なる商品について

お客様対応の方は、当社本部のNETスタッフは数名おりますが、実はマスクのご注文だけで1000件近く受けておりまして、とてもじゃないが人手が足りず、一番コストがかからず(固定給)、数をこなすのは⇒私ということで、GWはほぼ出ずっぱりで対応していました。

これだけ数が多くなると、誤って二重に出荷してしまったりと、色々お客様にはご迷惑をおかけしました。

そして、もう1つが『マスクの次なる商品』です。

こちらは、4月下旬から販売した今回のマスクは、当時の状況(ドラッグストアでマスクが買えなかった状態)から突貫工事でマスク企画をしたため、SMLのサイズ展開や、生地の色柄を選べる対応などが出来ませんでしたので、

次なる商品では、SMLのサイズ展開選べる色柄で展開していこうと思います。

⇒こちらは現在の受注が落ち着いてきたら、タイミングを見て切り替えます。(概ね5月下旬)

で、さらにその先まで考えていて、これは自分がマスクをしていて気になったのですが、

『マスクは暑い!熱い!』ということ。

当たり前と言えば当たり前なのですが、これから夏場になると暑くてたまらないのではないでしょうか?

で、それなら!と考えたのが冷感素材のシャツ地を使ったマスク作り!

「おぉ、さすが仕立て屋さんだ!」という声が聞こえてきそうですが実はこれがなかなか難しい。

何故、難しいか?
読者の皆さんは、冷感素材がどういう原料を使っているかご存じない方も多いと思いますが、冷感素材などのハイテク素材というのは、そのほとんどが、化学繊維です。
化学繊維というとポリエステルに代表される素材ですが、スーツの裏地で考えると分かり易いと思いますが、ポリエステルは『ムレる!

ということで、それをマスクにすると肌触りはヒヤッとするが、息が前に出ず、横に出るためつけ心地がイマイチになってしまいます。

加えて、マスクの口に当たる部分を従来のガーゼにすべきか?
(ガーゼは目の粗い繊維なので通気性が良い)
それとも冷感素材の表地を使い、ヒヤッと感を感じてもらうか?
(ヒヤッとはしますが前述のように蒸れる。)

この辺で今色々と悩んでおります


こうしてマスクのことを考えていると、どんどんアイデアが出てきて、今度はシャツをオーダーする際に、同じ生地でマスクのオーダーもできるようにしたらどうだろう?とか。

こちらも近日製品化する予定なんですが、ストライプの柄だと、従来の型紙で作ると柄合わせが必要になり、手間を考えると柄合わせまでは不可で、そのためには型紙を変えないといけないとか。

とにかく、社員は一時帰休していますが、私はなぜか?忙しいのです。

業績悪いし、仕事は忙しいしで、苦行の毎日です。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:03| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

7Daysパンツも大忙し・・・



ここの所、マスク作りに私の仕事が忙殺されているように思われるかもしれませんが、実はもう1つ今忙しくしているのが、ビッグヴィジョンが今、力を入れている【7DAYSオーダー】

特に、これからクールビズになってくると求められるのがパンツ単品需要ということで、先日、7DAYSオーダーのパンツ単品版【7DAYSパンツ】について送料がサービスとなる専用商品を発売したところ、これまた大ヒット!!!

本当なら大喜びのはずなんですが、折からのコロナで店舗は開店休業状態ですから、こっちがどんなに良くても、正しく『焼け石に水』です。

とはいえ、7DAYSオーダーや7DAYSパンツは特にWebからご注文いただくことが多く、メール担当を兼ねている私の仕事は大忙し。

加えて、つらいのが週末のご注文。

実のところ、7DAYSオーダーのような短納期の物は、一日の受注データを縫製工場側が深夜の内に、データ取り組みし、CAD処理を行っているからこそできる短納期なのですが、

これはつまり、週末の注文を月曜日に処理したのでは月曜日からの縫製には間に合わない!ということ、つまりは週末のオーダーは週末の内に確定して、工場にデータを渡せるようにしなければならないということ。

ということで、私は2週連続土日勤務。
(加えて今週は本社引っ越しで平日も当然出勤)

ということで、あれよあれよの14連勤という状況×××

落ち着けばシフトを組み、土日対応スタッフを配置することもできますが、今、コロナの時期で社員に一時帰休を求めることもある手前なかなか土日に、この仕事だけに出勤してもらう訳にもいきません。

あぁ、しんど。

でも、わずか7週間後に注文の品が出来上がってそれを受け取るお客様の驚くさまを見たいから、頑張ります。

7DAYSオーダー、コロナがなければ大ヒットすると思うのにな・・・

あっ、そうそう、5月からは【7DAYSシャツ】もやりますよ〜!




posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

マスク、マスク、マスク、、、



先日、マスクを作ります!とご案内(4/20)してから数日、いよいよそのマスクを販売することになりました!

何分にも慣れないマスク販売でしたので、最初はフリーサイズで、色柄も選べない(白・青中心に、ピンクをプラス)販売方法ですが、とにもかくにもマスク販売が今日を今日から行うことになりました。

で、HPにご案内をアップしたところ、、、

  詳しくは ⇒ https://www.big-vision.co.jp/news/detail.php?id=55203


凄まじい数のご注文をいただいてしまいました。
その数、一晩で200件ほど。

正直、びっくりしました

何故って、特別な広告を打たず、単にホームページの更新案内で新着情報としてアップしただけでしたから。。。

にもかかわらず、あれよあれよでご注文が増えていき、今朝は少し戸惑いました。

1つ600円ちょっととはいえ、大切なご注文です。

手を抜くことはしたくないですし、3枚2,000円≒1枚600円強のマスクは、不織布のマスクが1枚50円具合とするとそれよりはお値段も高いですから、これに見合った商品にしなければなりません。

また急に数が増えたので、用意する生地の色柄も増やさなければ需要にお応え出来なくなります。

加えてGWも直前ですからその前に全量は無理でもある程度は出荷しないと・・・

考えれば考えるほど、気を遣うことが出てきます。

アベノマスクは、ちょっとした糸くずを指摘されて、全量回収するとかなんとか。。。(髪の毛の混入もあったとか?)

不織布で作るマスクは全自動の機械でできますから人は手を触れないですし、糸も使いませんから糸くずは出ません。

でも、縫い物である当社のマスクは縫う=糸を使う訳ですからどうしても糸くず処理は必要になり、時には漏れもあるかもしれません。

正直気になるなら一度洗ってから使えば?とも思いますが、お客様に不快な思いをさせるのは本意ではありませんから、検品もしっかりしないと。。。

そんなこんなを考えると夜も眠れず、色々と悩んでいます。

予定になかったのですがGW前に一度工場に出向かなければならなくなりそうです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

マスク製作中



世の中は相変わらずのコロナ一色ですが、皆さんのお仕事は在宅でしょうか?それとも従来通りの出勤スタイルでしょうか?

私の方はというと、相変わらずの出勤スタイル。

ですが、さすがにこの時分ですので車通勤させていただいております。
(新ビルに駐車場が出来たので!)

それはさておき、今日のお話は、なかなか手に入らないマスクの話。

なんでも都内から先行して、例のアベノマスクが今週あたりから配られるそうですが、相変わらず街ではマスクが入手しづらくなっています。

そして、このマスク問題。

実は、当社グループの縫製工場でも話題になっておりまして、社員からもマスクを作ってはどうか?という話が出ておりました。

とはいえ、最近のマスクは縫い物ではなく、熱や圧力で接着している物ばかりですので、縫っていては時間効率が悪すぎる。
・・・ということで自社でのマスク生産には私はやや消極的でした。

が、とうとうというか、いよいよというか、とある自治体からマスク制作の依頼を受け、ただいま急遽マスク生産をすることになりました。

今日現在はまだ試作品で、サイズとかゴムの長さとかの確認をしていますが、今週中にはマスク生産が始まると思います。

で、折角作るこのマスク、ご注文頂いた自治体さんの分は別として、次のようにお配りしたいと考えています。

@ビッグヴジョンの社員への配布
Aビッグヴィジョンのお客様への販売


店舗には小型店10枚、大型店20枚を取り急ぎ来週ぐらいには用意したいと思います。
生産スケジュールの詳細が出来ていないため、ご希望の方は事前にご連絡いただければ幸いです。

追伸:防護服の話も来ております。。。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:19| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

コロナ、こんなことが、、、



新型コロナの影響は皆さんの周りで出てきておりますでしょうか?

大手企業などは最近はもう罹患者が1名もいないという企業はほとんどなくなってしまったのではないでしょうか?
金融機関も大手メーカーも会社全体でみれば数名の患者が出てきたのが現状ではないかと思います。

因みに、当社では今のところ罹患者は出ておりませんし、私個人の友人知人関係にも(多分)罹患者は出ていないと思います。

でもこれもあと1月もしたら、世の中に罹患者・元患者は当たり前のように居るようになるんでしょうかね。。。

ところでちょっと嫌なニュースを耳にしました。

それは、地方でのコロナ患者の話。

東京では身近に感じられるようになったコロナ被害。

でも、地方ではまだ患者が出ていない県もあるそうで、この話は患者がまだ“少ない”県での話です。

なんでも罹患者が出たら、罹患者を特定し曝し、家には嫌がらせ電話があったり、家の窓ガラスが割られたという話もあるそうです。

なんでこんな酷いことが出来るのでしょうか?

日本のどこがおもてなしの国?
東日本大震災で語られた『きずな』ってなに?

今こそ、力を合わせなければならないのに。

もし、自分の家族に患者が出たらどうする?
家族に移さないためにも、誰かに協力してもらわなきゃダメでしょう。

罹患した人は、きっと自責の念もあるだろうに、追い打ちをかけるようなことをするなんて。

真の友人と偽物の友人との違いはこういった時に違いが出るのだと思います。

嫌なことばかりが続きますが、皆さん心を強く持ちましょう。



posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:54| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

負けたままでいないゾ



私もそうですが、皆さんも、きっと世界中で新型コロナにやっつけられているこの頃ではないでしょうか?

BVも一部店舗を臨時休業し、工場も臨時休業が決定、

アパレルも大変ですが、百貨店とか飲食とかイベントとかは売上が70%とかではなく、売上が70%ダウンとかですから、本当にどこの業界もご苦労様です。

このように世の中は暗い雰囲気が蔓延して、なんでもフランスでは外出自粛で人が家にいる時間が長くなったせいで、DVが急増しているとか。
ほんと、世も末です。


そんな中ですが、私は出来るだけ前向きな気持ちで頑張りたいと思っています。

日本では前に同じような危機的な状況があったのは東日本の震災の時だったと思います。

放射能が漏れて、首都圏が被ばくするとか言われ、やれ海老●が九州に逃げたとかここぞとばかりに他者を攻撃することが増えて当時も殺伐としていました。

でも、私はそんな時にでも、前向きに考えてました。

そう、ヨシムラがビッグヴィジョンと青森工場をグループに付き従えたのは、あの震災の年の夏のことでした。

だから私は、生き残ることが最優先ですが、だからといって悲観はしません。
絶えず、できるところで前向きに頑張ります。


で、昨晩、今何が出来るかを何時間も考えていました。

出てきた答えは、ちょっと変わっていますが、

5月から国内縫製の全量を7DAYSオーダーで仕立てること!

これって実は大変なことで、7DAYSオーダーは能力的に一日70-100着が限界(今現在は20着/日)なのですが、ご注文のすべてを7DAYSにするというもの。

実際のところ、今の景気状況では緊急事態宣言が解消されても消費はV字回復はしないでしょう。
やや冷え込んだ状態で5月を迎えるなら、うまくいけば国内縫製分で一日100着程度というのはちょうど良いボリュームです。

だったら、7DAYSのオプション料を一時的にサービスにしても、やってみる価値はあるんじゃないかな?と。

これでオーダースーツを1週間で仕立てられるのはビッグヴィジョンだけ!というイメージが付くことの方がメリットがあるのでは?と考えたのです。

そうなるといろんなアイデアが出てきます。

5月になりクールビズが始まりスーツが売れなくなるなら
   ・・・7DAYSパンツ

夏になり、ファッションにおけるシャツの位置づけが上がるなら
   ・・・7DAYSシャツ

そうだ!コロナで外出が憚られるならWeb版7DAYSオーダーだ!

やることがいっぱい増えてきたゾ!




posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:14| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

10%なら可愛いものだ


最近はコロナの影響で不景気な話ばかりです。
当社の本部がある東京神田は都内でも有数の飲み屋街でもありますが、コロナの影響で土日はもちろん平日も閑古鳥となり、ほんと大変そうです。

そんな中、ネットのNEWSを見ていたら
ANA(全日空)は従業員の8割を対象に一時帰休を求めるような報道がありました。

一時帰休というのは調べてみたところ、職員を在籍のまま一時的に休業させることを言い、給料の6割以上を支払うことが条件なのですが、会社は6割を払ってでも休んでもらった方が助かるということなのでしょう。
大変な時代になりました。

一方、今日またネットのNEWSを見ていたら、今度はJ*Lが役員の給与を10%自主返納するという記事が載っていました。

正直、同じ業界のこの2社を見ると、×××といった感じです。

たった、10%

役員の給与を少し削っただけでは焼け石に水ですが、それにしてもたった10%とは。。。

実のところ、当社もコロナ関連で今期の業績は相当悪化することは確実視されています。

ですので、私は先日の役員会で、自身の給与を半額にすることを提案しました。

J*Lの役員と比べ、多分私の方が給与は低いでしょうけれど半額になっても死ぬ訳ではありませんから、わずかでも会社に、従業員に回るなら喜んで減額を受け入れます。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

危機における社会主義と資本主義、自由と責任


相変わらずコロナウイルス(最近では略して新コロというらしいので以下新コロ)で世界中に動揺が走っています。
EUでは人の移動に規制がかかったり、不必要な外出をした人は逮捕されうるといった話まであり、新コロ対応で世界中が右往左往しています。

そんな中で私は中国の対応と日本、そして資本主義世界の国々の対応について考えてみました。

一般に、資本主義国家である日本人の我々は資本主義>社会主義・共産主義というイメージでいるかと思います。
そうですよね。資本主義の方が自由を謳歌できますし、現実的にも豊かです。
だからこそ、よく中国や北朝鮮で人権を無視した行為がされると「非人道的」とか言って非難・批判します。

もちろん私もそう思っていました。

ですが、今回の新コロ騒動では逆に社会主義国家故の“良さ”が表れているようにも思えます。

つまり、今回のようなある種の“国家的な危機”が起きた時には、個人の利益(権利)よりも公共(国家)の利益が優先されるということにストレートに反応できるからです。

皆さんも覚えていると思いますが2月上中旬の春節の時期
中国はいきなり春節の延長(日本で言えばお正月休みを国家がいきなり延長)し、感染者の出た地区は封鎖しました。
まるで映画みたいでしたね。

でも結果的に、これで感染が蔓延するのを防げたのではないかと思います。

一方、日本ではどうか?というと、クルーズ船は限られた世界(また国で言えば微妙に日本ではない)ということもあり隔離が出来ましたが、その後の隔離は該当者の自主性で判断され、強制権がありません。

何でも聞けば、どこぞのオカシナ人は陽性反応が出ていることを認識しながら俺はコロナ陽性だ!といってキャバクラで遊びお店の人を感染させたそうで、こんな輩は、きっと社会主義国家では即刻牢屋にいらられてしまうのではないでしょうか?(因みにこの人は亡くなったそうです。)

私が思うに、この辺の間違った権利・自由の主張がまかり通ることが資本主義の限界なのかな?と思っていました。

・・・と思っていたのですが、ここ数日でまたまた状況が変わってきました。

私が注目しているのは米国の対応

米国は確かに2月の内は対岸の火事のような様子見でしたがここに来て感染が広がったと見るや否や、アッという間に国家緊急事態宣言を出したり、産業界に特定の物の生産を指示する国防生産法を発動したりしています。

非常事態宣言はいざ知らず、興味深いのは国防生産法です。

この法律の起源はきっと戦争に起因するのでしょう。
国家が危機の時に、資本主義(=自由な社会)に制限を加え、国家が優先することをするという趣旨だと思いますが、これって凄いことです。

何しろ資本主義の中心にいる米国が私権を制限するんですからね。

でも、危機においてこのようなことが当たり前ではないかと思います。

翻って、日本はどうか?というと資本主義で自由・権利と言っても、自由の裏側にある責任や権利の反対側にある義務を無視した自由と権利が目立ちすぎ、統率が全く取れなくなっているのではないでしょうか?
(マスク生産の会社の人が残業で大変だ!今年から月45hの残業時間規制があるのに!ブラックだとかいう批判もあるらしい)

救われているのは、人々の善意・民度の高さ

これがあるから震災の時や今回のような時でも辛抱強く我慢していますが、一部のオカシナ人が権利と自由だけを主張するのは国を滅ぼす元凶になるのではないでしょうか。

今は皆で寄り添いながらじっと貝になって我慢する時期です。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:50| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする