2020年03月10日

ローマ人の物語


意外に思うかも知れませんが、私は結構読書が好きで、しかも読書は同じ本を何度も何度も繰り返し読む習慣があります。

愛読書で言えば、「甘えの構造」(弘文堂:土居健郎著)10回以上。「三国志」(北方謙三著)10回、「失敗の本質」(中公文庫:戸部良一他著)7-8回といつも同じ本をぐるぐる読みまわしています。

そんな私の読書ローテーションは時々間に、別の本を入れますが、なかなか一軍に残る本は少ないのですが、最近そこに期待の4番バッターが登場しました。

それは
新潮文庫のローマ人の物語(塩野七生著)

超〜長編小説のため本屋においていても存在感があるのでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、実は先日ヨシムラのお客様と酒を飲みに行った際に、自分の読書遍歴を話したところ、その方(Iさん)が僕は『塩野七生のローマ人の物語だよ!』と仰ったので、何となくアマゾンで購入してみました。

NET通販の悪い部分ですね。
画像だけでしか見ていないので、、、

家に届いて後悔しました。

文庫本ですが、なんと!30冊


20200306.JPG

一気に蔵書が30冊増えました!

買った以上は読まなければ!と思い、読み始めたのですが、これが面白い面白い!
ローマ帝国はそれ以前の共和制ローマの時代から語っていますので紀元前300年ぐらいから物語が始まります。

紀元前300年ですよ?!

その頃、日本は弥生時代じゃないですか?
そんな時代に、ギリシャではパルテノン神殿があったり、ローマでは舗装道路を作ったりしてるんです。

文明がただ単に進んでいただけではありません。
地続きのヨーロッパでは絶えず他民族が侵入し、領土を争う戦争がありますが、共和制ローマの時代は、敗者を奴隷にして搾取するのではなく、市民権を認め、彼らの文化を尊重して、その文化をローマに取り込んで、ローマは拡大していくのです。

この考えの先進性は、現代でも通じることで、とても勉強になりました。

何故、アメリカが世界の覇権国家になったのか?
何故、日本はダメなのか?

読了まで時間が掛かりますが、↑の問いに1つの答えを与えてくれそうな本です。

通勤電車の往復2時間×何日で読了できるだろうか・・・?がんばります。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:27| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

コロナウイルスの影響 その3



何度か私のブログでご案内している新型コロナウイルスの影響ですが、これまで当社の直接関係するところでは、マイナスの要因はあまり出ておりませんでした。

参考まで他社や海外動向を簡単にまとめてご案内しますと

・中国縫製が多い販売店は納期が1〜2ヶ月と大幅遅れ
・万が一感染者が出たら工場の操業が止められるため納期の約束が出来ない
・当社は海外縫製が少ないため影響あまりなし。
・ また当社が出している海外工場は比較的影響が軽微)


といった感じでしたが、昨日総理大臣から全国小中学校の臨時休校の要請がされると事情が変わってきました。

それは、青森工場で小さいお子さんがいる若手スタッフが工場を休まざるを得ないスタッフが出てきたことです。

実際、当社青森工場は全国の他の縫製工場と比べると若手スタッフが多く、これまで手先が器用とか、これだけ若い娘が多い縫製工場は最近は見たことがない、と言われ、工場としては大変な武器でした。
(高齢化の進んだ工場ですと、目が利かなくなり、正確性や生産性が落ちてしまうのです)

なんということだ・・・

青森工場の武器だった年齢の若さが仇となるとは・・・

しばし絶句しておりました。

とはいえ全社員が未就学児を抱えているわけではなく20-30人ぐらいだけのようですので影響はそこまで大きくはありません。

日産310着のところが日産-20〜-25着になる程度。

とはいえ、こんなところに落とし穴があるとは・・・

残ったスタッフで、欠員者の穴は残業体制で埋めようと話したこの日の出来事でした。

お勤めになられている方には、皆さん、各社各様色々と影響が出てきていると思います。
さながら東日本震災直後の消費の冷え込みのようなネガティブな空気が流れていますが、誰に文句を言っても始まりませんから、頭を使ってこの危機を乗り越えましょう。

そういう点ではワイドショーで政府が悪い!どこどこが悪い!と言っている報道?を見ていると気分が悪くなります。(そんなことを言うヒマがあれば、解決策を自らで考えたら?という意)
posted by オーダースーツのヨシムラ at 08:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

良い傾向



仕事に良い兆候が出るのは嬉しいことですが、逆に悪い兆候が出るとその傾向はなかなか好転しないものです。
まぁ、良いも悪いも勢いがありますからね。

何の話をしているか?というと、正に仕事の話。

私達のオーダースーツ業界は広義のスーツ業界で言えば既製服市場がメタメタの状態で、あの王者AOKI・青山ですらスーツセグメントでは赤字を計上しているぐらい、昨年秋以降は業績的に酷い状態です。

原因は何かと言えば

・スーツ離れ
・消費税増税
・10月の台風で電車が止まり連休の売上がパーに
・即位の礼で休日は増えたが皆さん自宅でTVを見てアウト
・暖冬


と小売、特にファッション業界はこの秋冬商戦は惨憺たるものでした。
コート業界の話など聞くのも恐ろしいです×××

そんなこんなでオーダースーツ業界も概してどこもかしこも今期の業績は芳しくありませんが、そんな中で当社も推して知るべしの状態でした。

そうなると皆さんグチグチ愚痴を言い、憂さ晴らしをするものですが、私は他人様のことにはあまり興味がなく、ただただ自分の仕事に邁進しています。

で、何をしているかというと、3年前からず〜っと、ぶれずに短納期の仕組みづくりをしていました。
そう、ビッグヴィジョンで昨秋から始めた7DAYSオーダーです。

これだけのために数億かけて青森工場を新設しましたし、ビッグヴィジョンもタブレット端末でご注文が出来るよう設備投資もしました。
スタッフもようやく慣れてきて、そう今年が本番なのです。

道具(設備)を揃え、スタッフも教育し、さぁ、これからが本番というのが正に今。

次は一番良いタイミングで効果的に広告宣伝をするのが常套手段でしょう。

ということで、先日は横浜エリアでちょっとだけお試しの駅動画広告を。
来週2/24からはJR山手線のトレインチャンネルで、7DAYSオーダーの動画
配信
をいたします。

折からの中国工場の操業低下で他社さんの納期がグッと長くなっている中(海外生産が中心の某社は今日のご注文で仕上がりが4月だそうです。)1週間できちんとできるのは魅力のようで、お陰様で今月はご新規のお客様が大変多くご来店なさっています。

丁度、2/20締の売上を見てみると、驚いたことにリピーターのお客様よりも新規のお客様のご来店が多い結果になっていて、こんなこと何年も見ていなかったので驚いています。

大変良い傾向です。

ご新規のお客様には、これから長くお付き合い頂けるようしっかりとした接客いたしたいと思います。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:22| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

反響がぞくぞく

10月からビッグヴィジョンの方で始まった7Daysオーダー

生産する青森工場のキャパの問題があり、当初はスロースタートでじっくり行こう!と関係者に話しておりましたが、
10月には10着/日だったものが、11月には15-20/着、週末土日で50着とご注文が増え少しずつですが反響が出てきました。

どうやらここ1〜2週間急に寒くなったことも影響しているようで、店舗では

『夏物で冬を乗り切ろうと思ったけど、急に寒くなったからね、、、
 早く秋冬物スーツが欲しくて、、、』

なんて言葉を頂くことが増えてきました。

生産キャパも10月は20着/日でしたが、11月は30着/日となり、12月からはベストも7Daysで仕立てられるようになり良い感じです!

と思っていたところ、先日 HPからの問い合わせにこんなコメントを頂きました。

お問い合わせ種別:注文内容について
お問い合わせ内容等:成人式で着るスーツを頼みたいです。
他のメーカーに問い合わせた所、時期がギリギリなので間に合わないとのことでした。
12月8日に採寸をして、成人式に間に合わすことは可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

※:個人情報部分は除外しております。

確かに年が明けたらもう成人式ですよね。(来年は1/13)

一般的なオーダー店ですと12月の第1週が年内納めの限度ですから、12月になると納期が厳しくなってきます。

そこで、7Daysオーダーの年内納めの最終期限を調べてみました。

なんと!12/22(日)

まだまだ半月以上余裕があるんです。

まぁ、ぎりぎりになってご注文されるのもどうかと思いますが、成人式に限らず、暮れのパーティー用のスーツやちょっと先ですが卒業式。入社式用スーツなど出来上がりまでの日にちでお困りの方ご相談下さい。

あっ、それと、この7Daysオーダーですが、12月からはシャツも出来るようになりました。
まだまだ一日あたりのキャパは少ないのですが、7Daysオーダーのスーツと一緒の方に限り、シャツも7日間でご自宅まで届きますので、是非ご活用下さい!(スーツとシャツ一緒にお届けします!)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:12| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

7Daysオーダー始まりました!



今日から10月、クールビズも終わり久しぶりにネクタイを手にした方も多かったのではないでしょうか?

いよいよ本格的な秋ですね!

さて、そんな物思いにふけることが多くなる秋ですが、今年の私はというと全然そんな風ではありません。
いつもなら、秋風に吹かれて少しのんびりと、、、なんて思うのでしょうが、今年はそうではないのです。

何故か?というと先日紹介したビッグヴィジョンの7Daysオーダー
これが今日から正式スタートとなったからです。
(先月までは試験的に行っていました。)

191001.jpg

この企画、実は丸々3年がかりで仕込んだ仕事でした。
仕事も、ビッグヴィジョンだけでなく、青森工場も絡めて、いろんな方にご助力いただき、もちろん社員にもTOYOTA式カイゼンの勉強会から始めて意識改革をして、、、ようやく今日に至ったんです。

オーダースーツは時間が掛かるから、待てない・・・
それでも昔は2〜3週間で仕立ててたのに最近は1ヶ月以上掛かる・・・


オーダースーツが身近な存在になったことは良いのですが、その弊害として、↑のように言われて、ここ数年、お客様に不便を掛けていたと思います。

それが今回の7Daysオーダーでは毎日着数の限定はありますが、それでもご注文からわずか1週間で商品をお届けできる体制を作りました。

手前味噌ですが、これって凄い画期的な試みなんです。

何故かというと、オーダースーツが既製服のマーケットに挑戦するんですから。

『えっ?どういう意味?』

と、疑問に思われると思います。

それは・・・
既製服を買う時、その場で物を受け取れるのが既製服の良い面ですが、実はその場で物を受け取れることは滅多にありません。

何故か?

既製のスーツを買う時には、必ずズボンの裾上げがありますし、希望者にはネーム刺繍などを施しますから、その場では受け取れないんです。

専門店や百貨店では週末の売り場では多分こういわれるでしょう。

『出来上がりは月曜日(1〜2日後)になります』と

でも、皆さんは、週末買い物をしたものを平日の月曜日に受け取りに行きますか?
確かに楽しみにしている方は月曜日に受け取りに行くかも知れません。

しかし、現実には次の週末ですよね?

そうなると1週間

でしたら、オーダースーツが7日間で出来れば、既製服を買うのと同じ期間で手に入るんです。
それなら、気に入った色柄の生地で、自分のサイズで作った方が良いですよね?

・・・ということは、オーダースーツが既製スーツのマーケットに進出できることになるんです。

聞くところに因れば、スーツの市場の中でオーダースーツが占める割合は1割程度と言います。

そう、これまでは全体の1割の小さな池にいたんです。
それが、10倍の大きな湖で勝負することが出来るようになるんです。

そう思うと、この7Daysオーダーに社運をかけて勝負したくなります。

7Daysオーダーはそんな思いを3年間温め、ビッグヴィジョンと青森のスタッフで作り上げた地と涙の結晶です。

納期は短くなりますが縫製の工程は減らさず、むしろ増やしてます。

機会があれば是非お試し下さい!

posted by オーダースーツのヨシムラ at 09:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

タブレット導入に向けて


ビッグヴィジョンでは毎月首都圏の店長を集めた店長会があり、今月は今日がその店長会の日でした。

店長会で何をするかというと、月々の売上報告に始まり、来月の施策(キャンペーンや新商品の説明など)の説明なのですが、その中の1つにファッション感度テストがあります。

これは、各店スタッフはもちろん自主的にファッション感度を挙げるべく日々努力はしていますが、自主的な努力となるとどうしても自分に合った世代のファッションや自分が好きなブランドに固執してしまうため、プロとして全世代型でファッションを理解するためには一定の範囲内で全員を対象とした教育(テスト)が必要だと考えているためです。

正直、これは社員から見れば不満なんでしょうけれど、スタッフがお客様に一定以上の均質なサービスを提供するためには必要不可欠と考えて、私が社長になって以降ずっと継続しております。

前置きが長くなりました。

その店舗会議とファッション感度テストが今日行われましたが、今月は会議も時間を普段の半分ぐらいにして、テストもいつものファッション関係のテストではなく、10/1から始まるタブレット端末の使用に関する質疑やテストが中心でした。

世の中のどの業界でもそうだと思いますが、昨今のIT化によって、色々な仕組みが変わってきています。

スーパー、コンビニなどが一番分かりやすいですが昔はレジで1点1点金額を入力していたものが今ではバーコードリーダーが当たり前ですし(←かなり昔のことを言っています)、ITにより社会その物が大きく変わってきています。

そんな中、私達オーダースーツ業界は手作業が多いこともあってか、こういうIT系の仕事が苦手な人が多く集まっているため、こういった新しいシステムを導入する時には、出来るだけ丁寧に、そして漏れのないように教えるようにしています。

が、、、人間、目先の仕事に追われ、先々の仕事を後回しにするもの

10/1から導入するよ!
タブレット端末のテスト環境は出来ているから、時間のある時店舗で練習してね!


・・・と言い続けてはいましたが8〜9月は決算セールや増税前の駆け込み対応などで店舗も慌しくしていましたからなかなかタブレットの練習が進んでいません。

ということで、改めて質疑の場習熟度確認のテストをしました。

テスト結果は予想通り、、、(イマイチの結果)

あと数日しかありませんが、突貫工事でレクチャー、練習、テストの繰り返しです。

私はというと、10/1からの7Daysオーダーの仕組み作り(工場側)が担当だったため、7Daysオーダーのご注文の元となる販売側のタブレット端末入力については、担当外で少々疎いのですが、いずれにしても全てが整わないとスタートできないため、ここ1週間少し焦っております。

190926.JPG

写真は習熟度確認テスト中の様子。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 21:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

次への始動



ようやく青森新工場が私の手を離れはじめましたので、そろそろ今度はビッグヴィジョンの社長に戻らなければなりません。

そう!ワタシ、ビッグヴィジョンの社長でもあったんです。
(加えてヨシムラの社長も)

いや、本当にここ数ヶ月青森にかかりっきりでBV及びヨシムラ関係者に迷惑を掛けておりました×××

そこで、お盆明けからはBVの社長に戻りますが、今、BVでどんな事をしているかというと、これも青森工場との連動になりますが、オーダースーツを7日間でお客様の手元にお届けしようという、7Daysオーダー】プロジェクト


7daysオーダー.jpg


以前もブログに掲載しましたが、これはビッグヴィジョンの店頭でご注文を受ける際に、IPAD等でデジタルで受注を受けることで、人の手を介さず、一気に縫製工場のCAMにまでデータを送り、縫製開始までをスピーディーにしようという発想です。

詳細のイメージは、この秋のファッションカタログ(R1.9発行予定)で見開き1ページで紹介する予定ですのでそちらをご覧頂きたいのですが、7日間でオーダースーツが出来るということは、既製服と比べ納期面で不利なオーダースーツが、その弱点を克服する!、そう思っているのです。

つまり、百貨店や専門店で既製スーツを買う場合も、メンズの場合、ズボンの裾上げやネーム刺繍があるため、購入初日にそのまま受け取れることは殆どありません。
裾上げやネームに1日2日掛かるのが一般的です。

でもお求めになる方は、土日に既製スーツを買っても月曜・火曜に出来るからといっても、平日は忙しく、取りに行けるのは翌週末。

・・・ということは、結局1週間掛かってしまうのです。

それがオーダースーツで7日間で受け取れるのであれば、既製スーツと実体的に同じになるのです。
それで、自分の身体にあったオーダースーツなんですから、絶対に需要はあると思います。

・・・という企画を改めて今日から力を入れて頑張ります!

こちらは稼動開始(予定)は10月下旬

安定稼動は12月から。
需要のピークになるのは来年2-3月を見込んでおります。

さぁ、次の仕事だ!
posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:37| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

いよいよお引越し

引越し作業

いよいよ引越し作業をする日になりました。

8/14-17の4日間です。

この間は色んな物を運びます。
大物で言えば、ボイラーや1台何100kgもするようなプレス機や、それこそヨドコーの倉庫まで。
中ぐらいの重量物でも各ミシンは100kgは軽く超えるものがありますから大変な作業です。
精密機械で言えば、自動裁断機CAMはバラバラに分解して運搬、専門業者でないと組み立ても出来ないですし、その組み立ても水平を測ったりと結構大変。

因みに、工場は、1Fは事務所やCAD入力、検査、出荷場などで、縫製関係は主として2Fで行っています。
つまり重量級のミシンなどは殆ど2階の配置なんです。

加えて、わずか2階建ての建物ですからエレベーターはありません

...ということで、これら重量物はどうやって2Fまで持ち上げるか?が引越しの上で重要事項だったのですが、これらは全て、仮設の櫓を建て、クレーンで吊るし上げ、ベランダから搬入することにしました。

190817搬入.JPG

いや〜っ、大事(おおごと)です。

また、運び入れたからそれでお終いではありません。

これを所定の場所に移動して、設置して、電源を接続し、試運転してようやく出来上がり。

ミシン類は精密機械ということもあり移動して再設置すると、どうしてもヘソを曲げて故障する機械が出てきます。
こういった機器のメンテナンスに保全係は大奮闘

更には、8/16〜はハンガーシステム(縫製ラインの工程間を簡易に移動させるシステム)の導入で、そっちの工事も始まるし、、、(因みに外国製のため英語対応スタッフも手配)

全てが同時進行です。

私はというと、機械に強い訳でもなく、力がある訳でもなく、蚊帳の外。

今日は、工事で汚れていた玄関の掃除をしておりました。
自分は役に立っているのか?少々不安です。とほほ。。。

画像は一仕事終えた後に見た岩木山。
工場からも良く見えます。

190817.JPG
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:00| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

駐車場舗装



青森新工場の稼動をお盆明けに控え、いよいよ色々な準備が大詰めになってきました。

先週に引き続き今週も青森新工場へ行って来ましたが、10日前までは↓のような新工場駐車場でしたが、今回行ってみれば、もう1つ下の画像のように綺麗に舗装が出来ておりました。

190717-2.JPG



190801-2.JPG

駐車場の隅から新工場を臨むと外観はこんな感じ。

加えて、新工場の看板もできましたが、入り口はこんな感じ

190801-1.JPG

あぁ、ようやく形になってきましたね。


しかしながら、今の時期は生産には一切関係のないただただお金が流れ出る時期。
毎月、いや毎週のように多額の現金が出て行きます。

撮影した日は、外は夏の陽射しで明るい一日でしたが、気持ちは夜明け前の一番暗い時間帯です。

早く新工場を稼動させ正常軌道に乗せないと、、、
でも、そのためには引越しやら何やらまだまだ問題山積です。

青森新工場はお盆休みに大々的な引越しを行い8/19〜新工場で稼動を開始します。

来週もまた青森だ・・・

190801-4.JPG

PS:8/1-4まで青森の各所でねぶた祭り(ねぷた祭り)が開催されます。
出張した8/1は弘前泊でしたので弘前ねぷたを見てきました。
弘前のねぷた(弘前は“ねぷpuた”といいます)は荒武者が凄むような張り出しの利いたイメージのねぶ(bu)たと違い、扇型です。
各所それぞれのご当地ねぶたがあります。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:17| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ファッションカタログの撮影



海の日を明後日に控えているのにすっきりしない梅雨空が続きますね。
皆さん、洗濯物とかどうしてます?

そんなすっきりしない天気のこの頃ですが、今の時期、ビッグヴィジョンでは秋冬物の商品準備の裏で、小さな、小さいけれど大切な“とある仕事”をしている人たちがいます。

それは、、、秋冬物のファッションカタログの撮影

ビッグヴィジョンでは春夏物、秋冬物とで年2回、新柄商品のご紹介やトレンドデザインの紹介を兼ねてファッションカタログを作成していますが、丁度、夏前の今の時期に秋冬物の撮影をしているのです。

ご参考:ファッションカタログ
 https://www.big-vision.co.jp/catalog/index.php

で、この日は本部はお休みの日曜日でしたが、店舗スタッフ&本部スタッフの有志が集まり撮影をしていました。

参加したスタッフは、本部はWeb担当珠玖氏土屋氏玉岡氏
店舗スタッフは、赤坂店の正田店長ジョイナス店の三上店長鉄鋼ビル店の荻原店長横浜エリアの紅一点K田さん
熱意があって、前向きな気持ちで頑張るメンバーが集まりました。

で、私はというと週末本部で仕事があったため、顔だけ出して来ました!

撮影上手く行ってるかな???

・・・なんて能天気に思いながら現場にいければ良いのですが、この日は行く前から問題が勃発しておりました。

それは、撮影にありがちな、悪天候
やはり梅雨時ですからね、、、本来だったらカラッと晴れた日の光の下で撮影するつもりだったのですが、、、この梅雨空で、予定が大きく変わりました。

それでも、スタッフ達は雨の場合に備えて、雨の日版のスケジュールも作っていたので問題ありませんでした。

さて、そろそろ渡しの拙い文章にも飽きたでしょうから、撮影時の写真を幾つか上げてみますね!

カタログには掲載されることのないスタッフ目線での写真です!


●地べたをはいずりながら画像チェックをする土屋リーダー

190714-1.JPG

●中央白いロンTはジョイナス店の三上店長
スタッフ紹介ではロン毛ですが、最近は梅雨だからか、ポニーテールにしています。
右奥には鉄鋼ビルの荻原店長と本部:珠玖氏
撮影場所が東京駅鉄鋼ビルでしたので大家さん対応に勤しむ荻原店長

190714-2.JPG


●この写真のどこかに赤坂店の正田店長がいる???
実は真ん中で下を向きつつ難しそうな顔をしているのが正田店長
慣れない仕事でテンパってます。

190714-3.JPG


●紅一点横浜エリアのK田女史は、メイクさんに髪をセットしてもらいつつも少々緊張気味です。

190714-4.JPG

●緊張をほぐそうと下らない話をして少し笑わせたら良い笑顔が撮れました!(吉村撮影)

190714-5.JPG

さてさて、どんなカタログが出来るのでしょうか?

撮影や照明、メイクさんはプロにお願いしていますがストーリーの構想や構図等は社内で色々検討してやってます。
カタログをお手にされた際は是非裏方のことにもちょっとだけ気にして頂けると幸いです。

撮影に協力いただいたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございます。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:56| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする