2017年02月10日

社員旅行

社員研修旅行

吉村株式会社では、毎年2月に社員研修旅行を行なっていますが、今年も2/10-12で行って来ました。
(研修ではありますが、例年1日勉強、もう1日は遊びとなっています。)

今年の行き先は、山形県新庄市にある山形工場仙台・松島

山形工場は1年半ほど前に、廃業する縫製工場の設備一式を買い受ける形で買収した縫製工場なのですが、普通は新たに工場を設置した場合、品質や稼働率が一人前になるのに数年要しますが、わずか数ヶ月でそこそこの稼動になった、当社でも優等生の工場です。
(↑ちょっと褒めすぎかな?)

また工場へは以前ビッグヴィジョンの大阪ドーチカ店で勤務していた増田氏が工場管理の責任者として赴任したこともあり、皆、少なからず親近感がある工場です。

朝東京で集合し、山形新幹線に乗り、ビューンとアッという間に山形新幹線の終点新庄か!と思いきや、悲しきかな、山形新幹線は福島から先は急に速度を落とし在来線の急行状態。。。
加えて、風雪に弱いため、30分遅れとさんざんなスタート。
う〜ん、東北地方ならではの厳しさを実感。

それでも新庄につくと、工場見学前の腹ごしらえとばかりに、新庄名物『とりもつラーメンを食します。
う〜ん、なかなか美味しい(因みに、市内で一番の有名店にお邪魔しました!)

20170211.JPG

お腹が落ち着いた後、次は工場見学

山形工場は現在従業員約70名
スーツの上着とベストを1日約90着ほど縫っています。
ご参考:一昨年買収した山形工場は、同時に秋田工場も買収しましたが、山形工場が上着を縫い、秋田工場がパンツを縫うという役割分担です。

20170210-3.JPG

普段は仕上がったスーツだけを見ている我々ですが、縫製する現場を見学するのは大変勉強になります。

何故、勉強になるか?というと、スーツを販売しているだけですと、
スーツがあたかもベルトコンベアーに生地を置けば、ポンとスーツに出来上がるかのような簡単なイメージしか湧きませんが、
どんなスーツでも完全自動化されている訳ではなく、職人さんたちが1つ1つのパーツから手で縫い上げて、それをスーツに完成させている訳で、販売しているだけでは見えない“苦労”を垣間見ることが出来るからです。

これを見ると1着15、000円程度の仕立賃でよくここまでやってくれるな。。。と感服します。

長くなるので先を急ぎます。
工場見学が終わると、ホテルにチェックイン、そしてその後は懇親会です。
今回は、山形工場に赴任中の増田氏が参加してくれて盛り上がりました!

20170210-4.JPG

さぁ、明日はバスで仙台松島です!


posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

旅立ち

今日は、ヨシムラの方で送別会がありました。

退職する子は、5年半ほど当社に勤めたのですが、家庭の事情で実家のある北海道に帰らなければならなくなり、やむなく退職することになりました。

元々、北海道育ちだった彼は当社へは、当初は服飾系の専門学校を卒業した後、当社でははじめはアルバイトで勤め、真面目な働きっぷりから社員にならないかと勧めた結果、社員になった子でした。

彼の勤務したこの5年半という月日は、実は私がビッグヴィジョンの社長に就任した時期と見事に重なっていまして、
私が慣れない社長業で悪戦苦闘していた時、現場でビッグヴィジョンを支えてくれていたヨシムラ側のスタッフでした。
補足:ヨシムラはビッグヴィジョンの生地の商品手配などをしています。

また業務が慣れてくると、本来は服飾系専門学校卒だったため生地のバイヤーをやりたかったのですが、他のスタッフとの兼ね合いから、どうしても海外縫製分の再プレス工場へ勤務してもらったりと、会社に良いように使われていたのかも知れません。

それだけに私としても大変頼もしく、ありがたい存在でした。

その彼が退職です。

本音で言えば、残念ですし悲しく寂しい出来事です。
でも、それを言っては彼も新天地で前に進めません。
私が彼の後ろ髪を引いてしまうことになります。

頑張れよ!
この5年頑張ったんだから新天地でも大丈夫だよ!


送別会ではこういう言葉だけを掛けるようにしました。

K君、ありがとう!君なら出来るから頑張れよ!

20170120.JPG
posted by オーダースーツのヨシムラ at 20:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

嬉しいコメント

最近はビッグヴィジョンの社長業や、縫製工場の社長業が忙しく、どうにもこうにも接客が出来ない私ですが、昨日、たまたまヨシムラの店頭におりましたら、昔のお客様がご注文のお引取りにお越しなり久しぶりにお客様のご対応をいたしました。

そのお客様は私には印象が強く、以前↓でご注文の顛末を紹介したことがあるようなこだわりの強い方。

2008.09お客様ありがとう

それはさておき、7〜8年前のご注文で私がご担当したお客様が私が現場を引退?した後も引き続きご注文下さっていること、本当に嬉しいです。

で、そんなYさんが今回ご注文されたのが新商品のクールドッツ

20160609-1.jpg

もともとデザインにもサイジングにもストイックなYさんでしたが、その反動で着心地についてはやや苦しい思いをされておりました。
(つまり、タイトフィット好みなのですがタイト過ぎて“ゆとり”がなく結果、格好良さのためにパツパツで、快適さを捨てていたという意です。)

そんなYさんですから、今回のクールドッツ素材はストレッチ性が強いため、見た目と快適さが両立できるということでご紹介したのだと思います。


20160609-2.jpg
※:画像は私の私物から。どうですか?凄くストレッチする感じが分かりますか?

出来上がりは、、、素晴らしく格好良かったです!

ただ、残念なのが、私がたまたま店頭にいた時のために、写真を撮れなかったこと。

これではブログに載せられないな。。。と思っていたところ、今朝方玉岡さん宛てにこんなメールを下さりました。

********************************

玉岡様

いつも大変お世話になっております。

今回のパンツ、最高です

あの後、銀座に買い物に行ったのですが蒸し暑いコンクリートの上を歩いても風が通る度にスースーしてとても気持ちがいいですね。

また、しゃがんでもパッと生地が復元するのでヘンなシワが残らず、いつもシャキっとしてくれているので夏場は頻用させて頂きます。

機能性素材のパンツは初めてだったのでとても驚きと感動に包まれています。
いつも本当にありがとうございます。

取り急ぎ御礼と感動をお伝えしたくメールさせて頂きました。

それと、社長と久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです♪

※ ただ、一点だけ。
脇ポケットの深さが深かったです。今後は深さ12cmでお願いしますね♪


*********************************

最後にちょっとだけ宿題をいただいてしまいましたが、私のことにも触れてくださり、嬉しいコメントをありがとうございました。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 10:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

友人は部下の先生?

私には色んな友人がおりますが、誇れる友人の一人に明海大学のM理事長がおります。

明海大学:http://www.meikai.ac.jp/

彼とは中学、高校、大学と同じ学校に通ったのですが、クラスが一緒になったこともないのに意外と仲良く過ごし、でも社会人になってからはお互い住む世界が違うこともあり、疎遠になってしまっておりました。

そんな彼と最近大学卒業25年を前にしたイベントで再会する機会があり、お互いの近況を話しつつ、私の話をした際に、吉村は『今、スーツ屋をやってるんだ!』ということになり、スーツを作りに来てくれたのです

私 :おーっ、良く来てくれたね!ありがとう!
M君:吉村の会社、神田なんだ?迷ったよ?!
私 :うん、祖父が大阪で興した会社だけど、神田でももう60年だよ。

なんて、お互いの今の状況などを一通り話をしながら、スーツの注文
(さすがはM理事長!ロロピアーナとゼニア、ダンヒルの3着お買い上げ!)

それはさておき、M君と色々話をしていると、、、

私 :M君、明海大学ってどんな大学なの?
M君:浦安にある大学で、、、(色々と話す)

すると、横にいた玉岡氏が・・・

玉岡:えっ?!明海大学って、安藤君(ヨシムラのスタッフ)の出身大学ではないですか?

すると、裏で仕様書を作成していた安藤君が

安藤:M先生!!!

私 :えっ?安藤君が明海大学卒業なのは知っていたけど、まさか理事長と直接面識あったの?

安藤:えぇ、授業を取っていましたから!
M君:おぉ〜、安藤君、久しぶりだね。

いや〜っ、世の中狭いものです。

しかし、安藤君にとっては、直属の上司&昔の恩師が繋がってしまったから、相当バツが悪かったに違いありません。

ちょっと珍しいことがあったので紹介してみました。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

仮縫

紺屋の白袴ではありませんが、この秋冬、自分自身スーツをオーダーしていないことに気付きました。
正確には気付いてはおりましたが、なかなか時間が取れず検討する余裕がありませんでした。

私の場合、さすがにスーツ屋の社長さんですからそれなりに考えてオーダーしないと、皆さんの期待に反することになりますし、
今のところ、それほどスタイルも悪くなっていないので、私のスーツは1シーズンそのまま店頭用見本服になることもあるため、店舗スタッフ期待しているのではないでしょうか?
(実際、最近は高岡店長の物が多くなりましたが、ヨシムラでは以前は店頭に飾っているスーツ・コートなどは殆どが私の私物でした。)

で、先日ようやく少し時間が出来たのでオーダーしたのが、今期ビッグヴィジョンで話題となっている『絶対の逸品』シリーズからカシミヤ100%の黒地シャドーストライプ柄。

ヨシムラの方ではまだ公開していませんからご存じない方も多いと思いますが、なんと!カシミヤ100%の生地でスーツ地をオリジナルで作ってしまいました!
ジャケットやコートではカシミヤ100%は多いですが、スーツとして作る場合には、物性的に弱いカシミヤは一般的には繊細すぎて適さないと言われています

それは、ジャケットやカシミヤなどでは原毛が短いもの(紡毛糸ぼうもう)を使うため耐久性が劣るのですが、それをより高価な繊維の長いもの(梳毛糸そもう)を使うことで生地の織り密度を高め耐久性を上げるのです。

当然こうなると上質の原毛を、しかもたっぷりと使いますからどうしても高額になってしまうのですが、まぁ、私も一応社長ですし、これぐらいのものを着ないとそれこそ冒頭の『紺屋の白袴』になってしまいますからご容赦下さい。
(無論自腹ですが)

で、今日は土曜日ということもあり、朝一番ではお客様のご予約がなかったのでヨシムラのスタッフの研修をかねて自分自身の仮縫いをしてもらいました。

151017-4.jpg

151017-2.JPG

仮縫いを行うのはヨシムラのイ君
先生は、ビッグヴィジョンでも仮縫いを行っている福田君
その他、ギャラリーも数名

私の場合は、毎シーズン大抵1着フルオーダーで注文しますが、40台半ば過ぎになってもお陰さまで体重は殆ど変わらず、体型は維持しております。

・・・と思っていたのですが、仮縫は真実を語ります。

前回の型紙をベースに仮縫いをしたところ、、、
体重が変わらない=体型が変わらないはずが。。。
胸周りはサイズダウン+お腹回りサイズアップ


ということになっていました。 が〜ん×××

私のスーツが店頭の見本服に適さなくなる日が近いのかも知れません。
少し頑張って、筋トレしなくては・・・

まぁ、それはさておき、半月後、カシミヤ100%のオーダースーツの見本服が仕上がりますからどうぞ楽しみにしていて下さいね。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 09:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

業を守りて、創業の難を知る

私のもともとの出身会社は、吉村株式会社と言いまして、創業130年を超える生地屋(当時は羅紗屋)です。

この会社は明治初期に、私の祖父が大阪の谷町で創業したのですが、祖父の時代に大変な財をなし、私の父が子供の頃には宮家が家に遊びに来たことがあるぐらいの豪商でした

その後、父の代にはそこまで会社は大きくならず縮小し、今に至っていますが、それはさておき、先日、その祖父が足しげく通っていた割烹が大阪にあり、そこに行って来ました!

お店の名前は、とんぼと言って、大阪の昔の旦那衆には良く知れたお店。

創業はこちらは更に遡ること20年の創業150年!老舗中の老舗。

でも、残念ながら吉兆などと比べれば、吉村家同様時代の波に乗らなかったのか、今のお金持ちにはあまり知れてはいないのかも知れません。。。

その店に、先日久しぶりに行ってきました。

私は、吉村家ということもあり、大して通いもしないのですが、一応常連さんに加えて頂いていたのでこの日は個室に通されました。

そこで壁を見てみるとこんな立派な掛け軸のような焼き物が飾ってありました。

tombo.JPG

読んでみると

守業方知創業難


と書いてあります。

「???」そこで女将さんに聞いてみると、、、

この言葉は、

業を守りて、創業の難を知る』と読み

創業の頃の苦難を知って事業を守る』という意味なんだそうです。

大変意味深な言葉ですね。

忘れないよう、大切にしたいと思い、ブログに書かせて頂きました。
私も肝に銘じます。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:55| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

社員研修旅行 2日目

社員旅行 2日目

社員旅行2日目は場所を何と!北海道(函館)に移しての懇親旅行となりました。

実は私は北海道に行くのは高校の修学旅行以来、約30年ぶり。

当時は青函連絡船でしたが今は、青函トンネルの時代。
列車も白鳥というグリーンが鮮やかな格好良い特急列車で青森駅から出発です。

150207-1.JPG

それにしても凄いものです。
トンネルだけで50km以上ですからね、、、
スーツの世界には無い緻密さに改めて感心しました。

それはさておき、函館に到着すると、夜までの間は自由時間でしたから、私は色々悩んだ末、ヨシムラの高岡SHOPMASTERと共に郊外のスキー場に行くことに!

そこで半日スキー(高岡君はスノボ)をやったのですが、一日滑るとさすがに日頃運動していない成果、若い高岡君ですらこんな状態。。。

150207-2.JPG

疲れました×××

その後は、函館市内のホテルに戻り、近くのビアホールで皆と食事をした後、函館の夜景散策
函館山の中腹まで行きましたがその夜景も綺麗でした。。。

ですが、その日はスキー疲れでアッという間に陥落です。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 21:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社員研修旅行

ビッグヴィジョンでは年中無休の店舗があるためできないのですが、ヨシムラの方では古くからの伝統で毎年社員研修旅行を企画しております。

そこで、週末を利用して2/6〜8までヨシムラの社員研修旅行に行って参りました。

ヨシムラの研修旅行は服飾系専門学校卒業の人が多く、今で言う“工場萌え”するスタッフが多いこともあり、毎年研修旅行では、遊びだけでなく普段は行けないような工場などを見学するのがここ10年位の慣わしなのですが、
その関係で、今年は青森の縫製工場に見学に行って来ました。

こちらの工場はヨシムラおよびビッグヴィジョンのイージーオーダーの国内縫製主力工場で、ヨシムラとの付き合いはかれこれ30年以上という非常に関係の深い工場です。

...にも関わらずオーダースーツの販売に携わる者でも見学したことがないスタッフがいましたので良い機会でした。

早朝7:30に東北新幹線に乗り、新青森からチャーターバスで30分
藤崎町という弘前の隣町に工場はあるのですが、、、
皆さんご存じないですよね?
では、こういえば分かるかな?皆さんが冬にリンゴを食べると思いますが、その品種に“フジ”というのをご存知と思います。
その“フジ”の由来となったのが藤崎町の町名です。

まぁ、それぐらいしか目立つものがない田舎町ですが、それでも工場には220名近い縫い子さんを抱えて頑張っています。(町でNO.2の企業規模です。)

そんなところに行って来ました。

詳細は、、、というと、実は来客のため私は工場見学は出来なかったので割愛しますが、スタッフ皆、これまで色々疑問に思っていたことを相談でき、大変勉強になったようでした。何よりです!

初日はこんな感じで全日工場見学でお勉強でしたが、その日の夜からは、今度は社員研修旅行から社員旅行に早変わり。
青森市から少し離れた浅虫温泉に宿泊し、呑めや歌えやの大騒ぎ。

150206-1.JPG

これもまた社員旅行の楽しみです。
画像は宴会場での1コマですが、左向いには大阪店の南浦君も来ており、東京大阪でも交流が図れます。

元気なスタッフは二次会で外出するものもおりましたが、私の方はというと、可愛く女子スタッフを交え、大富豪をしておりました。

今では珍しくなった社員旅行ですが年に1度のことですがこうして打ち解けあうのは楽しいですね

posted by オーダースーツのヨシムラ at 20:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

東武百貨店 男のこだわり大バーゲン

4月は色んなイベント続きですが、
4月最後のイベントは池袋の東武百貨店での男のこだわり大バーゲンでした。

130428.JPG

こちらの方は、ヨシムラの方で3〜4年前から参加させて頂いているイベントですが、東武百貨店さんにとってはメンズの催事としては年に2回だけの最大催事になります。

そこで、ヨシムラの方が約1週間店舗を構えるのですが、
少々変わっていてヨシムラらしいのがインターネットで予約販売をして臨んでいること。

特に、ここのところはゼニアダンヒルロロピアーナを予約対象品としてお手頃価格で販売しているのですが、、、

お陰様でこの販売が非常に順調で、今年も大盛況のウチに終わりました。

あまり詳しいことを申し上げてはいけませんが、アベノミクスの好影響もあってのことでしょう、前年の1.5倍位の売上となって、主担当の玉岡氏としてもホッと胸をなで下ろしているところです。

でも大変なのは沢山頂いたご注文をきちんと仕様書にまとめて縫製工場に職出しすること。

これがキチンと出来るまで我々にGWは来ません!

さぁ、みんなあともう少し頑張って、職出しを片づけ、休みに入ろう!
posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

境界確認

今日は普段余りやらない仕事をしてきました。

それは・・・自社不動産物件の境界確認

ビッグヴィジョンの仕事は店舗を大家さんから借り受ける仕事が多いですが、ヨシムラの方は自社保有の不動産が多いため、今日はその仕事です。

行ってきたのは、はるばる大阪まで。
(ヨシムラは元々が大阪の谷町出身ですから、関西に不動産がいくつかあります。)

で、どんなことをしたかというと、大したことではありませんが上述の境界確認。

何でも、隣地の土地所有者が土地を売却し、買い受けた方が建物を建て替えるのに境界を画定したいのだそうです。

まぁ、当たり前の話なので、私も隣地地権者として協力しようと大阪まで行って来たのですが・・・

それが厄介なことに・・・

境界というのは余程古い物件でない限り普通は過去に境界確認をしているのでその資料をベースにすれば大した作業ではありません。

ウチの物件も昭和50年代の境界確認があったのでそれに基づいて杭や描が入っていたのですが、

ところが、、、この画像を見てください!

130416.jpg

真ん中にコンクリート杭がありますよね。。。

でも杭の右側を見てみると、、、

なんと!杭の下が陥没している!!(黒く見えるのはそのせい)

しかも位置が両隣の起点から図ると4〜5cmずれている。。。


ひょっとしたら阪神淡路の震災の時、陥没しずれてしまったのでは・・・?(これは推測ですが)


詳細は良く分かりませんが、気楽な気持ちで確認に行きましたが、境界が自分の土地に食い込んで来ていたので(つまり自分に不利益な形になっていたので)ビックリしました。

日頃はあまり意識しないことでもやはり定期的にチェックしないとダメですね。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする