2021年02月24日

営業研修



週末の土曜日、青森出張でした。
でも、この日は工場がお休みの土曜日・・・
何故、私が、稼働しない土曜日の工場に居るのかというと、、、それは何と社内研修のため。

そう、私自身が講師となって営業スタッフを集めて社内研修を行ったのです。

『会社定休の土曜日に研修とは大変だな?』と思われるかもしれませんが、これには訳があって、今回は営業に携わる全員を前に『営業とはなんたるか?』を伝えたかったのです。
(つまり、営業日だと誰かしら留守番がいたり、途中で中断したりするため敢えて営業がない日に集中して行いたかったのです。)

行った内容を説明する前に、何故、営業会議にこんな力を入れるのかということから説明すると・・・

大企業に勤める方にとっては当たり前の従業員研修は【貧しい地方】や【儲からない業種業態】においては、何年も何10年も放置され、研修のケの字も行わない会社が世の中には多々あるのです。

残念ながら当社の縫製工場も同じで、経営的に厳しい業種業態である縫製工場では、バブル崩壊以降、最新設備等の設備投資はおろか、研修などの人材投資さえも出来ず、30年間そのままの状態になっています。

その間、時代は昭和・平成・令和と移り変わっているのにも関わらずです。

結果、当社工場も何10年も研修なんてやったことがありません。

ですが、今年のような苦難な時こそ研修を行い、個々人のスキルアップやチームとしての総合力を高めるべきと思い、10人ほど集め研修を行ったのです。

内容は、『営業とはなんぞや?というところから始まり、今年2021年春夏シーズンの戦略目標とその戦術まで。

小学生から大学生位までのことを一気にやりますから、大変でした。

特に、驚いたのは、『会社とはなんぞや?(会社の目的)』という問いに対して「自身の生活のため」「地域への貢献」「社会貢献」という言葉が出るのに、<「会社が利益を上げること」というのが出なかったこと。

これじゃぁ、利益は上がらないわな。と思わず納得してしまいました×××

朝8:00〜夕方16:00ぐらいまでたっぷり研修を行いましたが、さて皆さんどう変わるのでしょうか?
楽しみです。

20210206.JPG
posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:15| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

あぁ、またガウン・・・


緊急事態宣言の解除が今か今かと待ち焦がれるこの頃ですが、読者のみなさんの周りはどうでしょうか?

私の普段勤務する神田界隈は、どこも20時閉店(19時ラストオーダー)のためちょっと遅くまで仕事をしていると、晩御飯がカップラーメンになってしまうため大変です×××

食事のことはさておき、仕事の方も引き続き大変で、物販全体殆どのところがそうかと思いますが、厳しい状況が続きます。

そしてこれは販売をしているヨシムラやビッグヴィジョンだけでなく、それらの生産を行っている青森工場や秋田・山形・新潟の全工場がマイナスの影響を受けており、製造・販売どちらも大打撃です。

そんな厳しい中ですが、製造の方はアイソレーションガウンの特需があり、これのおかげで何とか従業員を帰休させずに頑張っています。

このガウンは昨年夏〜秋にかけても政府の備蓄用資材として生産をいたしましたが、ここにきて医療現場からの要請もあって、追加生産が決まったものです。

今回は国の予算の関係から3月中旬までに納品しなければならないため数量的には前回より少ないですが、それでも閑散期にこのオーダーはありがたい限り!です。

そこで、今日はガウンの生産が始まった新潟のシャツ工場へ確認のため行ってきました!

今回のガウン生産は秋田・山形工場に加え、新潟シャツ工場の3工場で生産体制を作りましたが、秋田・山形は一旦すべての他のオーダーを中断して、生産能力の全てをガウンに集中させましたが、新潟は通常のシャツの生産規模を半分にさせ、半数をガウンに充てています。

そのため、通常業務も行いながらのガウン生産ですので、管理が大変なのです。

20210219.JPG

新潟工場で撮った写真を見ても、通常のシャツに加えて、青いガウンが同時に流れているのが分かると思います。(厳密には違うラインで流していますが)

社員も新しいことに悪戦苦闘しているようですが、仕事がなく暇で一時帰休するよりはよっぽど健全ですので、皆さん不満を言わず頑張ってもらってます。

仕事があるというのは、ありがたいことです!

posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

たまには良いことを・・・



新型コロナに明け暮れた今年、仕事で何をしたか?といえば大した仕事はできなかった(出来る環境出なかった)今年ですが、1つだけ(?)良いことをいたしました。

それは縫製工場でのマスクの縫製や、医療用防護服の縫製などの仕事。

これらは、今でこそ供給過剰になっていたり(マスク)、裏方であまり知られていない商品(ガウン)ですが、困っている時にモノづくりでお役に立てたことはとても良い行いをした!と内心思っています。

・・・とまぁ、普通に心に秘めていたのですが、先日、経産省の方から連絡があり、 医療用防護服の生産に協力してことで表彰します!との連絡が入りました。

「えっ?」予想していない出来事だったので少し驚きました。

そうか、賞状貰えるんだ?!会社に飾っておけば社員が喜ぶかな?

いつ届くのかな?...程度に思っていたのですが、今朝、業界新聞(繊研新聞)を見てみると、梶山大臣が感謝状の授与式を行ったとのこと。

当社は数量的にも50万着と(凄い量ですが、お国的には最低ロット)少なかったこともあり、式にはお呼ばれされませんでしたが、あぁ、ここで表彰されたんだ・・・とちょっと実感が出てきました。


20201222-2.JPG


ガウンの縫製は年明けからまた復活する見込みで、今回も当社は協力すると思いますが、いずれにしても医療の最前線で働かれている方には頭が下がります。

我々なぞ、まだ表彰するに値しませんよ。医療現場の方に比べれば。

感謝状は素直に嬉しいですが、まだまだ大変な状況なだけにちょっと複雑な思いです。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

アイソレーションガウンの生産が終了しました。



この夏、私の仕事の中で大きな部分を占めていたのが、医療用防護服縫製の仕事

何度かブログにも上げましたが、厚労省から50万着という大量のオーダーをいただき、自社だけでは縫製しきれず、全国の縫製工場に依頼をして製造していた物でした。

オーダースーツ屋の我々としては正直、素材が違えば、工程も違う、しかもオーダーではなく既製品ということもあり、色々と難儀した一連のプロジェクトもようやく本日最終の出荷を済ませ、無事終了しました。

あ〜っ、、、
長かったようで短かった3カ月でした。

この防護服は色んな意味で、日本の、また日本全国の縫製工場を救った国の事業でした。
この点では安倍政権には感謝の言葉しかありません。

医療機関を救うという点では、防護服は3〜4月ぐらいにはコロナ患者の増加に伴い、マスク同様入手(主として中国からの輸入)が困難になったため、国が旗振りとなり、国内縫製工場に製造を依頼したことで、安定供給につながりました。
(今現在は、コロナ第2波、第3波に備えた備蓄が出来てきています。)

一方、縫製工場にとっては、新型コロナでファッション業界が壊滅状態になる中、この国からの仕事は工場運営にとっては生命線でした。
(工場を一時的に閉めれば、雇用調整助成金は貰えますので一応の維持はできますが、これが働く側にとって良いことかどうかは別問題です。)

実際、この50万着というのは、50-60名規模の工場で一日2,000枚×25日/月=5万枚ですから、500-600人規模の雇用を維持できた公算になりますので、コロナで受注が激減した(というか、ゼロになった)縫製工場にとっては救いの神でした。

弊社工場でもこの夏は売上が2/3になりましたから、コロナの打撃は大きかったのですが、工場の1/3相当をガウン縫製に充てたおかげで決算も赤字を逃れることが出来たのは、ガウン縫製様様でした。

20201013.JPG

画像は最後の出荷の際に撮った写真。

無機質な段ボールの画像ですが、東京の本社ビル内の会議室は一時、この段ボールでいっぱいになっておりました。

季節は秋になり、オーダースーツのご注文も少しずつ入るようになりました。
どこの会社も売上は前年対比で考えるところが多いと思いますが、ようやくここにきて前年の売上を上回るようになり、少し安堵できるようになりました。

空けた穴を埋めるにはまだまだはるか遠いですが。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:06| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

ガウンの出荷が始まりました。



今年はコロナの影響でスーツの販売が振るわず、販売のビッグビジョンも、製造する縫製工場もボロボロです。

というのは以前のブログにも書きましたがどこでも同じことだと思いますが、そんな中でも当社はアイソレーションガウンという医療用防護服のご注文をいただき、減った通常注文の分をそちらでカバーして何とか頑張っています。

そしてその生産も7月から始まり8月には生産も安定し毎日毎日そこそこの量が生産できるようになったのですが、
生産ができると次に起きてくるのは、そう、納品です。

ある程度生産数量がまとまった段階で厚生労働省の備蓄用の倉庫に納品するのですが、明日、その初出荷を迎えます。

今回の納品は、東京秋田山形から10t車で4台分
総数128,000着の納品です。

実はこれでも当初納品予定数量には達しておらず、その分は後日回しになるのですが、物凄い物量です。

20200826.JPG

写真は東京の会議室にうず高く積まれた段ボール箱
これで約350箱ぐらいありますが、これが10tトラック1台分です。

これが秋田からはトラック2台。山形からは1台。
これを9月末まであと各地区2〜3回トラックを出すことになりそうです。

因みに、防護服については一昨日の日経新聞の一面にも記載されていましたが、従来は中国からの輸入品が多かったのですが、コロナで@中国自身もガウンが必要になったこと Aガウンがマスクとともに中国の外交手段に使われていることもあり、直近では国内生産あるいは、中国以外第三国での生産が求められるようになっています。

その中で、ガウン自体は厚労省マターですが、国内産業保護育成の観点からは経産省が音頭を取って国内縫製工場での生産にも力を注いでいるのです。

オールジャパン総力戦でコロナを乗り切ろうとしている中、当社も少しはお役に立てると思うと、光栄に思います

一生懸命使ってそれを大切に使ってもらうのは仕立屋として嬉しいことですが、このガウンだけに関しては着用されることが良いことなのか、悪いことなのか、微妙で、嬉しいような悲しいようなです。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:02| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

医療用ガウンの縫製が始まりました。



最近私がやっている仕事の1つが医療用のガウン(アイソレーションガウン)の縫製

これは、新型コロナでオーダースーツ需要が減る中、縫製工場の稼働を少しでも上げようと苦肉の策でセールスしていたものが結実したもので、8月9月は秋田・山形の両工場は生産のすべてが医療用ガウンの生産に充てられています。

この件はこれまであまり大ぴらにお話しできなかったのですが、実は大変すごいことでして、何と!経済産業省・厚生労働省から当社(オリテック青森)が500,000着という大量のご注文を頂いております。

因みに、当社のオーダースーツの年間の生産キャパは10万着前後ですから、オーダースーツと比べれば格段と手間数が少ない医療用ガウンとはいえ50万着は量的にとても自社だけで生産しきれるものではありません。

そこで、これまで親しくしていた縫製工場さんや秋田県の縫製工場の組合さん達に声をかけ、皆で生産をしてもらうことにいたしました!

で、この日は原材料が入荷するというので、秋田まで視察に行ってきたのですが、医療用防護服はポリプロピレンという原料(早く言えば皆さんが使う不織布マスク)の不織布を原料としているのですが、

1反がなんと!500m巻き
その重量、1反で30キロ

それが輸入用の巨大コンテナにぎゅうぎゅう詰めに入って納品されていました。

30キロなら男性なら持ち上げられないことはないですが、これだけの数となるとゴロンゴロン転がして整理するのですが、それでも大変。

作業されていた方は本当に大変そうでした。(頭が下がります。)

これを北は津軽半島の先の大間の近くから南は九州宮崎の縫製工場まで、生地の反物を送って、そこから生産ですから大変です。

今年は新型コロナの影響で縫製工場は、どこも青色吐息ですが、一時帰休させず少しでもこれで従業員に仕事を与えることが出来れば万々歳です。

ただ、仕事の方は大変で、医療用のガウンですから衛生面には気を使いますし厚生労働省はアベノマスクで異物混入にナーバスになっていますから、とても気を使います。

儲かる儲からないではなく、仕事ができることの喜び、またそれが例え僅かであってもコロナで苦しんでいる人たちのお役に立てることであれば、こんな光栄なことはありません。

心して仕事をしたいと思います。

画像は、原材料の不織布をコンテナから出すところ。このコンテナの天井まで反物が入ってました!

20200730-1.JPG

20200730-2.JPG

・・・と言いつつ、久しぶりの秋田出張でしたので翌土曜日は秋田の八幡平温泉まで足を延ばしてきました。
(秋田市内からは3時間近くかかります)

温泉も素晴らしく良かったのですが、とんでもない出来事がありました。

なんと!車で帰る途中、道路脇に子熊がいました!

よく子熊の近くには母熊がいるから気をつけろ!と言いますので車からは出ずに思わずパチリ。

20200730-3.JPG


秋田は驚くほど自然が豊かです。

国内縫製のスーツはこんなところで縫っているんですよ!(もちろん山の中に工場はありませんが)


posted by オーダースーツのヨシムラ at 12:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

残業できることはありがたい


1つ下のブログでは最近の自身の状況について書かせてもらいましたが今日は会社のスタッフのこと。

多くの会社でもそうだと思いますが、新型コロナの影響で売上が低迷し、これに伴い業務縮小、一時帰休とここ3カ月ほど、仕事量が減った方が多いかと思います。

逆に、増えている人も業種業態、立場によってあるとは思いますが、一般に物販に属している人は大抵はマイナスですよね。

ですから当社のような物販、あるいはその元となる製造をしている縫製工場はここ3カ月仕事は例年より激減しております。

そんな中、当社(縫製工場の話です)ではビッグヴィジョンにマスクの小売りをして貰い、その生産をしたり、自治体から沢山のご注文を頂いたり、マスク以外では医療用ガウンの生産をし始めたりと本業が振るわない中、別口のご注文をやることで何とか頑張っておりました。

が、、、ここにきて何と!何と!!

一部の工場で残業が出来るまでご注文が増えてきました!!

とはいっても全ての工場がまんべんなくオーダーが増えて結果残業ではなく、ごく限られた工場(今回は秋田工場)だけの話なんですが、通常のご注文(秋田工場はパンツ専属工場。パンツはこの時期忙しい)に加え、マスクの別注注文が重なり、とうとう残業が必要になってしまいました。

ここ数年、縫製工場はこの時期ずっと毎日1-2時間残業していたのですがそれが戻ってきた感じです。

残業できることがこんなに有り難いことか・・・

ありがたいという言葉有る(存在する)ことが難しいから『ありがたい』なんだな。
それだけ感謝すべきことなんだな。と改めて感じました。

社長として、従業員に残業をさせることは、時として良くないこととも思えますが、今回は、皆、『残業させてくれてありがとう!』と言ってくれるのではないかな?
(自画自賛ですか?自分としては裏方の努力が実り、誇
らしく思っております。)



posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:57| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

取材


記事が出る前に書いてしまうことは良くないと思うのですが、、、
と前置きして書きますが、実は今日は業界新聞さんによる青森工場の取材の日でした。

私は恥かしがり屋ですので取材は緊張して好きではないのですが、年明けに知人の記者さんに青森新工場の話をして、『良かったら取材に来ない?』と伝えたところ、是非!ということになり、それが今日だったのです。

新工場は業界的にも珍しいため、近いうちに取材に来てくれるだろうと思っていましたが、立ち上げから数ヶ月経ち安定稼動になり、また業界では初となる7日間でオーダースーツを仕立てるという新システムが機能し始めたため丁度良いタイミングだったのではないかと思います。

取材のポイント
・IT、IoTの部分
・自動倉庫などの機械化
・規模感


でしたが、色々と話せてよかったと思います。

掲載は2/20過ぎとのことで、記事が出ましたらまた掲載させて頂きますね!

(掲載前なので説明が少なくスミマセン)

posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

新型コロナウイルスの影響



先週から中国武漢で新型コロナウイルスの蔓延によるNewsが続いていますね。

前回のSAASとか鳥インフルと違って今回は中国の旧正月“春節”中で、人がいつも以上に動く時期での蔓延ですから、中国当局も対応に追われ大変です。

この武漢ですが、実は私は少しだけご縁がありまして、、、
青森の新工場建築に当たって武漢の某縫製工場を参考にさせていただいていたため少しだけ親近感があるのです。

あの市場が今は閉鎖かぁ、連れて行ってもらったあの飲食店どうなってるのかな?

そんな思いをはせながらも、実はこのコロナウイルス問題当社を含めたオーダースーツ業界に大きな影響をもたらしそうなのです。

それは、、、中国の縫製工場が春節明けに動くかどうか?の問題

昨今、オーダースーツの業界は概ね4万円以下のスーツは大抵の会社が中国の縫製工場で縫製をしていると思います。
(既製品は7万円台ぐらいまでのスーツを中国で縫うことがありますが、既製服は作りおきが利くため、あまり影響は出ないと思います。)

で、どこに影響が出るかというと、ずばり納期です!

試しに読者の皆さんは、オーダースーツ各社のHPなどで確認いただきたいのですが、私の推測では納期が1〜2週間程度伸びる可能性もあるのでは?と考えています。

えっ?武漢にスーツの工場が集積しているの?というご質問もあるかと思います。
実際どうかというと、武漢にも縫製工場はありますが、広い中国ですから武漢だけに限らず、北京郊外や大連など各地にあります。

ですので新型コロナウイルスが中国全土に蔓延しなければそれほど問題は大きくならないのかも知れません。

が、報道や現地の縫製工場スタッフからの報告によれば、春節休みをお国から2日延期しろ!と既に命令が出ていたり、生活必需品以外の物流に遅れが出ているなどの報告を聞く限り、仮に武漢だけに収まったとしても、物流の遅れは避けられないのではないかと思います。

加えて、春節で縫製工場の作業員が田舎に戻ったりした場合、工場に戻れない可能性もあり、人が集まらず縫製が進まないということも想定されます。

読者の皆さんの中でも勤め先が中国と取引があったりして影響が出ているかも知れませんが、縫製工場でもこの影響は春節が明ける2/3以降、如実に出てくるのではないでしょうか?

青森工場はそうなると中国縫製から国内縫製への切り替えなどが行われる可能性もあり、情報が少ない中、色々と対策を協議しています。

一方で、取引のある大連、北京の工場へは『加油北京・加油大連』とコメントしてマスクを各1000枚ほど送りました。

ビッグヴィジョンでは、低価格帯の一部商品を中国縫製しておりますが、お正月の初売り前半(1/1〜3・4日位迄)のご注文分に納期が遅れる可能性がある、と考えていますが何分にも現地が春節中で情報が不十分のため現段階では正式なご案内が出来ません。
分かり次第、店舗やHPに掲載いたします。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 17:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

久しぶりの山形工場



私はビッグヴィジョンの代表の他、縫製工場の代表もやっていますが、この時期、私にとって一番の仕事は。。。

忘年会

そう、1年間頑張った社員の皆さんの労を労うため、忘年会に参加し、皆を慰労するのです。
普通忘年会に社長が参加するとなると、上座で偉そうに振舞って・・・とお思いかと思います。
確かに、会社のイベントでは上座には座らざるを得ないのですが、私にとっては忘年会はホスト。
先述のように、社員の労をねぎらうための接待の場です。

ということで、12月になると山形、新潟、秋田、青森と毎週忘年会出張をすることになるのです。

で、師走を目前にした今日11/30
今日から忘年会の第1弾として山形工場まで行ってきました。

普通、忘年会は市内のホテルとか結婚式場のようなところでやるのですが、今年の山形はなんと!一泊で瀬見温泉まで!

温泉というのが何ともありがたい響きで、飲み会はともかく温泉は良いですよね〜

一方、飲み会はというと、滅多に来ない社長が来た!ということで社員がビール瓶片手に列をなし、さながら学生時代の飲み会or披露宴での新郎状態で、全てのビールを片っ端から飲んでいきます。

いや、ホント死ぬかと思いますよ×××

これではマズイ!ということで今度は私がビールを片手にb>逆襲です。
皆のテーブルへ攻め入って、熟女の皆様を接待するですが、これが大抵返り討ちに遭ってしまい、最後は轟沈。。。

とまぁ、大きな流れではこんな感じなのですが、所々で意識のある内には真面目な話もしておりまして、山形工場ではこんなことをお話しました。

<<山形工場で言いたかったこと>>
@ごめんなさい!
⇒今年は青森の新工場にかかりっきりで山形へ行けずごめんなさい

A会社の決算
⇒(詳述できませんが)とりあえずは、まずまずの決算でした。(安心してね)

B7Daysオーダーを山形でも導入します!
⇒ 物流面を考えると本当に厳しいくなりますが頑張ろう!

皆、真剣に話を聞いてくれてよかったです。

この日は結局、25時までお姉さま方の部屋で飲んでおりました。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 22:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする