2016年02月02日

市長さんがお越しになりました。

今日は強行軍ですが日帰りで秋田工場まで出張して来ました。

秋田・山形の工場といえば、昨年9月に立ち上げて以来、昨年の内は月に1〜2度は必ず出張していたのですが、最近はスタッフも生産数量も安定してきたため、実は今年に入って初めての工場出張でした。

で、何が目的だったかというと、なんと!タイトルの通り市長さんが工場視察にお越し下さるというのでお出迎え&ご案内係として行ってきました。

工場は、秋田県大仙市というところにあります。
大仙市といっても分からない人は、日本一の花火大会で有名な大曲がある市といえばお分かりいただけますか?
そんな市町村の市長さんです。

大曲市のHP:http://www.city.daisen.akita.jp/

大仙市の栗林市長さんとは、昨年の秋田工場進出以来何度かお会いしている内に親しくなり、暮れの会合の際、たまたま市長が隣の席でしたので、思い切って工場視察にお越し頂けませんか?とお話したのがきっかけでした。

実の所、市長に当社従業員に『何を訴えて欲しい!』という意図や下心は全くなく、私としては秋田工場の従業員の皆が、やや自信をなくしているように見受けられるので、市長の来社を通じて、自分達も社会に役立ち、注目されていることを知ってもらいたい、元気になってもらいたい、と思ってのことでした。

※ 補足 ※
秋田工場の従業員の大多数は、昨年9月以前は某縫製工場の従業員だったのですがそこの縫製工場が廃業(=会社都合退職)となったため、どこか悲壮感漠然とした将来への不安感が見え隠れしていました。(と私が感じていました。)

で、折角市長がお越しになるので、市長にもしっかりご案内を差し上げなければと思い、この辺は私からご案内差し上げました。

(秋田工場はパンツ専用工場ですが)
:パンツは簡単に言うと、右足と左足があって、それを縫い合わせて・・・
市長:ほうほう...
:縫い合わせるといってもその他にもファスナーやベルトループ、ポケットetc沢山パーツがあって、、、
市長:ほうほうほう...
:ポケットの縁取りなどは閂(かんぬき)処理といって補強したり・・・
市長:ほうほうほうほう...

などなど(スミマセン。市長のコメントは創作です。)

そして、一通り工場内をご案内した後、栗林市長から工場従業員に激励のお話をしてもらいました。
その時の写真がこれ。

20160202-4.jpg

こういった話の時は、普通は皆緊張するのですが、そこは栗林市長のお人柄なのか、スタッフの笑顔が印象的でした。

20160202-2.JPG

栗林市長、またアレンジして下さった大仙市農林商工部の皆様、雪が降りしきる中、本当にありがとうございました。
スタッフも皆、喜んでくれ、また私も勉強になりました。

20160202-3.JPG

最後の写真は、工場の駐車場。秋田は(お酒がうまい!)雪国です。


posted by オーダースーツのヨシムラ at 15:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

直販だからできる! って

先週末、軽井沢の碓氷峠でバスツアーの事故がありましたね。

私には大学生の子供がおりますが、あの事故は子供を持つ親として本当に痛ましく、怒りを禁じえない事故でした。
(個人的には事故ではなく事件ではないかとすら思います。)

ではこの事故(事件)どうして引き起こされたのでしょうか?考えてみました。

このバス会社は直販だからできる! 激安&格安バスツアー!と謳ってお客を集めていました。

きっと格安だからこそお金のない学生が殺到したのだと思います。
(私が若い頃もそうでした。当時はサミー●アーというのがあり、お金がない時代でしたから良く利用しましたっけ。)

事故から数日たつと、色んな情報も出てきます。

例えば、事故を起こした下請けバス会社へは国交省が決めた最低運賃を下回る価格で引き受けさせたとか、運転手は転職したばかりで、健康診断も受けていなかったとか。

皆さんもご記憶にあろうかと思いますが、数年前関越自動車道で同様の事故(事件)があった後、バス会社の運行規定が厳しくなり長距離のワンマン運転体制を改めたり、低価格ゆえに基本的なサービスが劣化しているということで国交省が最低運賃を決めたりと色々行政も動きました。

にも拘らず、このようなことが起きて、、、
で、ツアー会社はバス運行会社が安く提示してきたから出してしまったと言い、
一方、バス運行会社は安く叩かれた。だから適切なことが出来なかったと言い訳し、、、
...かようにも悪質な業者がいるのだと思うと本当におぞましいことです。

ですが、私には1つ気になるコメントがありました。

それはタイトルにも書きました

直販だからできる! 激安&格安バスツアー! っていう言葉です。

この会社、どこが直販なのですか?

直販(直接販売)というのは、他者を通さず、全てを自社で行うことで中間マージンを省き、効率的に安く出来る会社(体制)のことを言う言葉です。

ということは、旅行企画会社とバス運行会社は同資本か少なくとも同グループでなければこのような表記は出来ないはずです。

この直販という言葉、どうでしょうか?皆さん確認してますか?

実は、スーツの業界でもこういう表記をしているところが沢山沢山あまりにも沢山あります!
スーツの業界で言えば、これはスーツ屋(販売)と縫製(物作り)が一体として初めて直販と言えますが※、しかしながらこの虚偽表示があまりに多いこと。
※:それ以外でも生地屋と販売がセットになっているのも直販かも知れません。

事故は起こしてから、文句をつけてもバスであれば人の命は取り返せませんし、不快な思いをしないに越したことはありませんから、事故は起こさないように事前に回避することが大切です。

この点、『直販だから』という言葉の信憑性を消費者としては今後考える必要があるのではないかと思ってしまいました。

皆さんはどう受け止められますか?

同様に、究極の...という言葉を多用する会社も疑って掛かるべきかも知れません。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

友人は部下の先生?

私には色んな友人がおりますが、誇れる友人の一人に明海大学のM理事長がおります。

明海大学:http://www.meikai.ac.jp/

彼とは中学、高校、大学と同じ学校に通ったのですが、クラスが一緒になったこともないのに意外と仲良く過ごし、でも社会人になってからはお互い住む世界が違うこともあり、疎遠になってしまっておりました。

そんな彼と最近大学卒業25年を前にしたイベントで再会する機会があり、お互いの近況を話しつつ、私の話をした際に、吉村は『今、スーツ屋をやってるんだ!』ということになり、スーツを作りに来てくれたのです

私 :おーっ、良く来てくれたね!ありがとう!
M君:吉村の会社、神田なんだ?迷ったよ?!
私 :うん、祖父が大阪で興した会社だけど、神田でももう60年だよ。

なんて、お互いの今の状況などを一通り話をしながら、スーツの注文
(さすがはM理事長!ロロピアーナとゼニア、ダンヒルの3着お買い上げ!)

それはさておき、M君と色々話をしていると、、、

私 :M君、明海大学ってどんな大学なの?
M君:浦安にある大学で、、、(色々と話す)

すると、横にいた玉岡氏が・・・

玉岡:えっ?!明海大学って、安藤君(ヨシムラのスタッフ)の出身大学ではないですか?

すると、裏で仕様書を作成していた安藤君が

安藤:M先生!!!

私 :えっ?安藤君が明海大学卒業なのは知っていたけど、まさか理事長と直接面識あったの?

安藤:えぇ、授業を取っていましたから!
M君:おぉ〜、安藤君、久しぶりだね。

いや〜っ、世の中狭いものです。

しかし、安藤君にとっては、直属の上司&昔の恩師が繋がってしまったから、相当バツが悪かったに違いありません。

ちょっと珍しいことがあったので紹介してみました。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 16:00| Comment(0) | ヨシムラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

あぁ、しんどい・・・

会社を運営しておりますと、時には現場を見に行かなければならないことがあります。
当社(グループ)の場合、結構全国各地にお店や工場があり、青森・秋田・山形・新潟の工場のほか、ビッグヴィジョンの名古屋エリア各店や大阪エリアの店舗など回ろうと考えればそれだけで一月終わってしまうぐらい守備範囲が広いです。

で、当ブログでも何度もご紹介しましたように、昨年は私は工場新設のことがあり青森・秋田・山形へ何度も出張しましたが、今、ここに来てその弊害が出てきてしまいました。

それはつまり、、、
他にも行かなければならない先に行けなかったことの弊害

そう、昨年は殆ど大阪や名古屋エリアには行けなかったため色んな点で問題が勃発しておりました。

そこで、一瞬のスケジュールの空きを見て、今日は大阪・名古屋へ出張。

160113-shinosaka.jpg

でも、、、どうしても時間が取れず、日帰り出張×××

で何をしたかというと、1つは新人の面接

東京管轄でしたら面接の際、私が立ち会うことも多々ありますが、さすがに面接だけの為に出張する訳にもいかず、他のエリアでは採用後、暫く経って私が出張する際に、面接します。
私もその人を良く知りたいですし、当人も社長をきっと知りたいと思うからです。

で、ドーチカ店と名古屋名駅店で新人が入社しましたので一寸だけお話をして来ました。

また別の仕事としては、折角地方出張したことですから現地のマネージャーや店長に、普段は資料でしか説明できない会社の経営方針の説明や、マネージャーの仕事の遂行状況のチェックなどをしております。

で、これだけならまだ余裕なのですが、今回はこれに加え、物件開発の話があり現地視察を大阪、名古屋それぞれで行い、業者さんとも少々打ち合わせ・・・

アッという間の一日でした。

直前に出張が決まったこともあり、行きも帰りも新幹線の席は3人掛けの真ん中
さすがにこの歳になるとキツイですね・・・
ということで、帰りはさっさと寝てしまえ!と考え、ビール1本+柿ピーで睡眠学習をすることにいたしました。

あぁ、疲れた。。。

160113-nagoya.jpg

160113-osaka.jpg
posted by オーダースーツのヨシムラ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

新年おめでとうございます。

geisyun4.jpg
読者の皆さん 
新年明けましておめでとうございます。
2016年も穏やかにスタートしましたが皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私はというと毎年のことなのですが新潟の某スキー場でスキーをしながら年越しをしております。
都会を離れ、昼間はスポーツを、夜は温泉に入ってしんしんと降る雪を見ながら雪見酒を飲むのが一番の楽しみです。

まぁ、そんな感じでのんびり過ごしていますが、年が明けると大変です。

実はお正月休みをスキー場で、、、といえば聞こえは良いのですが、今年は正月休みが短く、旅程はこんな感じでした。

12/29 青森出張から戻り
12/30 一日残務整理&年賀状作成
12/30 深夜夜行バスで新潟へ
12/31 一日スキー&温泉
1/1  午後バスにて帰宅


バスを使うのは路線の関係でこちらが便利だからなのですが、それにしてもスキー場には丸一日半しかいられない、という強行軍でした。

えっ?なんで一日半なの?

って思われると思いますが、実はビッグヴィジョンでは元旦から初売り半額セールを実施しておりまして、一部店舗は元旦から営業しておりますし、ヨシムラの方も1/2〜お年玉企画が始まります。

最近私は売り場には立っていませんが、他のスタッフが頑張っている中、不測の事態に備えた予備のスタッフぐらいには働けますから、皆に年賀を配りつつ、スタンバイしていないといけないのです。

販売状況は、今年は暖冬のためアパレル関係は商況は良くないのですが、当社に限っていいますとお陰さまでまずまずの販売状況のようです。

ビッグヴィジョンの初売りは1/17まで
ヨシムラの方もそれに遅れてセールが始まります

最近は冬物と言っても合い物といって3シーズン対応可能な商品が殆どですので初売りで年間の準備を済ませてしまう人も多いようです。
是非一度お店に足を運んでみてください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

青森工場年内最終日

今年も残すところあと4日となった12/28(月)。
人によってはもう年末年始休暇に入っている人もいるかも知れません。

そんなこの日は青森工場の年内最終日でした。

私は、青森工場の代表も兼務しているのですが、何分にも縫製には疎いことと、普段東京に勤務していてなかなか遠地出張をする時間が取れないため、例年工場の御用納めの挨拶などは遠慮しておりました。

・・・が、今年は事情が変わり、1年間本当に沢山沢山青森のスタッフと一緒に仕事をしたため、師走で帰省客が多い中、御用納めの挨拶忘年会参加のため出張して来ました。

12/12の日記にも書きますが忘年会だけの出張など、個人的には収益に貢献しない出張は無意味だとこれまでは考えていましたが、今年は一緒に頑張った皆と酒を酌み交わすのも大切なことだと思い、行ってきました。

御用納めの日の工場はどんな一日でしょうか?

読者の皆さんは想像付かないと思いますが、縫製工場って大変ホコリっぽい職場です。日頃から生地を縫っていれば生地から出るホコリや糸くずなど、大変です。

ですから、この日は朝8:15から業務をして11:00に終了。

その後は大掃除です。

大掃除といっても↑で書いたホコリを床を掃いて掃除するだけではありません!

ミシンを分解して中に溜まったホコリや糸くずを綺麗に取り、油を入れ替えます
(イメージとしては、車のエンジンオイルの交換のイメージです。)

それをしてから、もう一度セッティングし直して、最後は白い布をかけて休み中、ホコリが付かないようにしてお掃除終了。
もちろん蛍光灯や床のホコリなども掃除します。
意外とというか、かなり大変な作業です。

さて、大掃除も終了しました。
20151228-3.JPG 20151228-4.JPG

この日は、半ドンですので、後は忘年会を待つのみ。

忘年会は、青森工場の場合はちょっと贅沢にホテルで大宴会
田舎は車社会で皆車通勤ですが、今の時代ですから、車での参加はNG。
ホテルまではなんと!バスをチャーターして皆を乗せていきます。
(皆は、一旦帰宅してから、バスに各地区を回ってもらいPickUpしてもらいます。)

20151228-2.JPG
宴会は16:00〜。
ちょっと早めの時間ですが電車の人もいるので東京と比べると終電が早いからこんな幹事のスタートです。

結婚式場を使い、円卓を囲んで、さぁ、カンパ〜イ!

・・・と、その前に、社長(私)から一言

『今年は、稼働率も高く皆大変だった上に、
秋田・山形工場立ち上げに協力してくれてありがとう!
僕ら(管理職)は秋田山形のことでこれまでより2段も3段も階段を上るけど、
僕らが業務範囲が広がった分、皆も責任感をもって階段を1段でも上がって
くれないとダメなんだ。
だから皆で協力して、来年も頑張ろう!』


・・・なんて話をしたと思います。

で、カンパ〜イをした後は、、、正直良く覚えていません。。。

20151228-1.JPG

20151228-5.JPG
この半年、沢山の人に怒り、怒鳴っていた自分としては、こういった場では自分が皆をいたわる場だと思ってます。
それ故に、酒が進んでしまい、、、良く覚えていないのです。

えっ?!山形の忘年会のような格好をした?

・・・ええ、しましたとも。。。

151218-2.JPG
※:画像は山形での忘年会

とまぁ、そんなこんなで年内の最後の仕事が終わりました。

今年一年、グループ全社ともフルスロットルで1年を過ごしたと思います。
頑張った社員に、支えてくれたお客様に、感謝しつつ、1年の締めくくりといたしたいと思います。

皆さん、良いお年をお迎え下さい。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 21:00| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

自分の能力

昨日は師走で忙しい中、青森まで日帰り出張して来ました。
何で日帰り?と思われるかも知れませんが、実はグループ会社の縫製工場で最近新規取引が出来ることになり、相手方の部長さんがお越しになるということで急遽、出張することになりました。

今日のブログはその内容を書く訳ではありません。

今日書く内容は、その新規取引さんから頂いた言葉が胸に刺さったためそのことを備忘がてら書きたいと思います。

そのお客様には、取引内容はさておいて1つお聞きしたことがありました。

『どうして当社をお選びになったのですか?』ということ。

自分のことというのは意外と本人は分からないものです。
これは会社でも同じことが言えて、他人から見た当社の魅力ってなんだろう?という純粋な気持ちで伺いました。

すると3つある。と回答され、それは次の内容でした。

@全てが内製化されている工場である。
・・・消費者の方はあまりご存じないと思いますが、縫製工場では上着だけとかパンツだけという工場が結構あります。
スーツは上下ですからこういった場合、上着工場はパンツ分を下請け工場に出していくのですが、最近パンツ工場が少なくなって上着しか出来ないという工場が増えてきているのです。
その点、BVグループでは上着もパンツもシャツも全てがグループ内で完結しているのでそれが魅力的なのだと思います。

A当社がこの秋に秋田・山形の2工場を立ち上げ稼動させたこと。
・・・実は結構業界では話題になったのですが、今の時代に縫製工場へ積極投資するなんて・・・気合が入っている!とでも言うのでしょうか、それが良い評価に繋がったようです。
また、秋田工場は現在パンツ専用工場として稼動していて@に書いたようにパンツ工場が少なくなっている中の積極投資に期待されたようです。

B経営者吉村の手腕に期待
・・・正直、これはビックリしました。
私は昔、銀行員でしたから、実は仕事の中で個人のカリスマ性とか一人の天才というのはあまり認めていません。
もちろん楽天の三木谷氏やソフトバンクの孫社長のようなカリスマ経営者もおりますが、私自身は農耕民族でコツコツ型人間ですからそんな風には全く思ってなかっただけに驚きでした。

個人的にはBが響きました。

私は、友人知人が大企業に勤め、若いうちからやれ○○資格を取得したとか、MBAに行ったとか、企業のM&Aをやって新聞に出るような大型案件を友人が担当していた、、、なんて大きな話を聞いて今まで20年過ごしてきましたが、実はそれが自分自身にはある種コンプレックスでした。

自分は今まで何をやっていたのか?
銀行時代はそれなりに資格も取得し、日の当たる所を歩いていましたが、いざ中小企業の社長になると光が当たる仕事なんて滅多にありません。

同世代の友人が資格や大型案件で実績を上げる中、私がやったことといえば、オーダーという『ニッチな業界での販路拡大』と社内的には『ひたすら人の教育』ばかりで人様から注目されるようなことなど出来ているとは思っていなかったからです。

ちょっと嬉しく思うと共に『自分の能力って一体なんだろうか?』と思わず考えてしまいました。

最近したことといえば、、、
工場の忘年会で着ぐるみ着て盛り上げたぐらい。
これが仕事か?でも社員が気持ち良く働ける環境を作るのも経営者の仕事だから、、、?
とつくづく考えてしまいます。

151218-2.JPG

画像は山形工場での忘年会(12/11)の写真

posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただ今、勉強中

今日2つ目のブログは手短に。。。

昨日青森工場に出張してきた話は先ほどの通りですが、この日はお取引様への対応だけで青森へ出張したのではなく、実はもう1つ大きなことがあって出張しています。

それは。。。青森工場スタッフの教育です。

どこのメーカーでもそうだと思いますが、現場というのは概して物作りだけに没頭し、将来を見据えた勉強(研究・開発)というのはなかなか出来ないものです。

その点、青森の工場も似たようなところがありまして、これではイカン!と思い、今日は東京からパターンの専門家をお呼びしてレクチャーを受けておりました。

先生は、文京区でテーラーを営んでいる伊丹先生

ヨシムラの生地のお客様でありつつ、テーラー組合の行事では昨年のマスターテーラーアジア大会では一緒に事務局を運営した仲間であり、三久服装(ハンドメイド工場)でもパターンについては色々ご指導頂いている先生でもある方です。

実は、青森の工場は技術顧問の先生がいらしたのですが、急なご不幸があり今夏以降技術顧問不在になってしまっていました。
そこで、伊丹先生にお願いしたのです。

151218.JPG

マンツーマンで教わるのは、パターン開発をしている山田君(独身!)です。

この日の私は、同じ工場内で新規取引先さんと伊丹先生の間を行ったり来たり。。。

何とも慌しい一日でした。
posted by オーダースーツのヨシムラ at 13:35| Comment(0) | 仕事(縫製工場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

賞与に思う(雑記)

ビジネスマンの皆さんは今週あたり賞与支給があったのでしょうか?

ここのところブログを書く暇がなく少しご無沙汰してしまっていた私ですが、実はここ2〜3週間はずっと社内で賞与がらみの仕事をしておりました。

ビッグヴィジョン(BV)のグループもお陰さまでBVが約70名、吉村が20名、青森工場が220名、秋田山形工場が100名、新潟が60名と結構な大所帯となってきました。

当然、この時期になると社員の皆に賞与支給をするのですが、賞与というのは従業員に対して労働の対価ではなく、業績の貢献に対する対価として支給しています(※1)ので、私は必ず次のことを実行するようにしています。
※1:賞与の考え方には、業績の対価という考えと給与の後払いという考えが学説的にはありますが、細かいことはここでは無視しますね。

それは、、、業績に対する報告

大企業や上場企業では業績は公知情報ですから従業員もすぐ分かります。
ですが、一般的な非上場の中小企業は業績を正確に把握できている社員はほとんどいません。

ですが私は賞与は業績貢献への対価と考えていますから『何故、今期の賞与がこの金額なのか?』について社員に対して説明する責任があると思っています。
もちろん決算書を用意して説明するようなことはしません。

ただ、売上と利益や利益率etcを説明するだけですが、それでも従業員には業績を意識して貰いたいので、出来るだけ説明するようにしています。

そして、これは小売業であるBVだけでなく縫製工場の社員に対しても同じ事を行います。

ただ、その場合、縫製工場は受注数だけではありません

工場の場合、殆どの人は縫い子さんですから受注を取るかどうかよりもどれだけ効率的に縫製したか?という指標です。
具体的にいうと、1人あたりの人件費を意識してもらい、それに対して縫製工賃がいくらだから一日何着作れば損益分岐に乗るか?というのを教えるようにしています。

そこから考え、今自分が、今自分の所属する工場が、赤字か黒字か?あるいはどうすればもっと儲かり賞与を貰えるようになるか?を考えてもらいたいのです。

昨今、人件費の低い地方の工場は毎年各県の最低賃金の引き上げで、賃上げ圧力が高まっています。
アベノミクスでも最低賃金を1000円まで上げようと試みていますが、縫製工場の損益の中では減価償却が大きくなければ経費の中での最大要素は人件費ですのでこれが上がると一気に経営状態は悪くなります。

だからこそ、より収益を上げるためには労働時間ではなく生産性を高めるしかないことを皆に知ってもらいたいのです。

・・・というようなことを考えながら、BV、工場の各スタッフの賞与を決め、また業績報告を考えていました。

最近はなかなか外に出れず、PCを前に文章を書くことばかりです。ふ〜っ。

posted by オーダースーツのヨシムラ at 14:38| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

鉄鋼ビル&横浜ジョイナス店オープン

月が変わり今日から師走になりました。
年末はどちら様も忙しくなりますから大変ですね〜。
あと1月頑張りましょう。

それはさておき、今日12/1はビッグヴィジョンではなんと新店が2店舗同時にオープンします。

1つは東京駅八重洲口からすぐの鉄鋼ビル
>>>まだ部分オープンですが来春までには地下鉄通路とも繋がり利便性もあがりますし、上層階にはセレブ(外資系企業向け?)サービスアパートメント(高級ウィークリーマンションのような物)があったり、下にはエアポートリムジンが発着する高級感ある最新のビルに出店が決まりました。

どんなお店か、写真で紹介するとこんな感じ・・・

tekko-1.JPG

tekko-2.JPG

tekko-3.JPG


続いては、横浜ジョイナス店
横浜ジョイナスは、旧ダイヤモンド地下街が親会社の相鉄さんの関係でジョイナスとなり、それを機に大改装するとのことでしたので、なんと3ヶ月も休業して改装いたしました。

ですから、場所は以前のダイヤモンド地下街店の場所での改装オープンのようなものですが、お店はこんな感じになりました。

1201yokohama.JPG

1201yokohama-1.JPG

1201yokohama-3.JPG

ビッグヴィジョンでは昨秋の日比谷店の改装を皮切りにエソラ池袋店、渋谷店、
とよりファッション感度の高いBigVisionに生まれ変わりつつあります。

従来のお店とは商品面では変わりありませんので、お値打ちゾーンの商品も沢山あります。
が、何が違うかというとスタッフを含めたファッション感度商品群、そしてくつろぎ感でしょうか?

カフスやシューズ、ファッション小物などトータルファッションのご提案が出来るようにしているのと、ソファーなど着座でご注文頂けるところです。

今までの店舗と比べるとちょっと敷居が高い???

いえいえ、そんなことはありませんからお気軽にどうぞ♪


posted by オーダースーツのヨシムラ at 18:29| Comment(0) | ビッグビジョンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする